モルディブ ツアー。 モルディブ現地発着オプショナルツアーはどこに泊まるかで決まる?!

エミレーツ航空で行く、モルディブツアー|海外旅行・海外ツアーなら「旅工房」

モルディブ ツアー

モルディブの 人気ホテルを探す! モルディブへ行ったならぜひ泊まってみたい憧れのホテルや人気ホテルをご紹介します。 航空券をすでにお持ちの方、宿泊のみでお探しの方はホテルのみのご予約も可能です。 ツアー詳細にてご確認ください。 ご紹介しているホテルに宿泊しない場合もございますので、必ずツアー詳細にて利用ホテルについてご確認下さい。 ヨーロッパ• アジア• ビーチリゾート• オセアニア• 北米・中南米• 中近東・アフリカ•

次の

格安のモルディブ旅行・モルディブツアーを探す(ビーチ)【日本旅行】

モルディブ ツアー

モルディブ発着のオプショナルツアー、実は3種類あります。 1.リゾート島発着 2.ローカル島(住民島)発着 3.首都マレ、フルマーレ発着 なにがどう違うの? どんな現地ツアーがあるの? 参加方法は? 今回はそんな質問にお答え致します。 1.リゾート島発着 モルディブには1,200もの小さな島々があり、内リゾート島は130島ほど。 1島1リゾート、モルディブならではのスタイルです。 リゾート島内には水上コテージをはじめとした宿泊施設、レストラン、バー、スパー、ダイビングショップ、マリンスポーツなどがあり、リゾート宿泊ゲストはずっとその島内で過ごすことになります。 ボートに乗っていくシュノーケルツアー、サンドバンクツアー、フィッシングツアー、無人島ツアーなどリゾート島が催行してるツアーが様々あり、宿泊ゲストのみ参加することができます。 リゾートによっては、他のリゾートにはないようなツアーも催行しているようです。 以前ギリランカンフシに宿泊した際、ワインスペシャリストによるワインテイスティングや、チョコレートテイスティングに参加しました。 他にもチーズテイスティングなんかもあるそうです。 なかなか日本では参加する機会のなさそうな内容でとっても新鮮でした。 ツアーのスケジュールや料金はリゾートのフロント付近に掲げられていることが多く、基本的にはリゾートに到着してからの予約となります。 ツアーの価格帯はリゾートによって多少の違いがあるようです。 リゾート発着ツアー詳細については、リゾートを予約した旅行会社、もしくはリゾートに直接お問合せとなります。 2.ローカル島発着 ローカル島=現地の人が住む住民島。 モルディブはイスラム教。 その関係もあり、つい10年ほど前までは外国人観光客は許可なくローカル島に上陸はできませんでした。 それが10年前にローカル島ツーリズムが解禁され、外国人向けの宿泊施設が多く建設されています。 首都マレ、フルマーレ(空港島から陸続きの住民島)もローカル島に入りますが、ここで言うのは2島以外のローカル島。 ローカル島ではゲストハウスやホテルでの宿泊となりますが、その宿泊施設でそれぞれ現地ツアーが催行されています。 観光客が多く集まる島では、宿泊施設外に現地ツアーデスクも設置されています。 ツアーはリゾート発着のものとほとんど同じ内容のものがあります。 料金はリゾート発着のツアーよりも割安で、ツアー時間や催行日も融通がきくことが多いのが魅力です。 リゾート発着ツアーはツアーによって、あらかじめ催行曜日や最少催行人数が決められていることが多いです。 ローカル島発着のツアーもリゾート同様、宿泊施設に到着してからの予約となります。 3.首都マレ、フルマーレ発着 弊社 が催行する現地ツアーは、こちらです。 マレ発着のツアーも同じく、シュノーケルツアー、サンドバンクツアー、フィッシングツアー、ダイビング、潜水艦ツアーといったマリンアクティビティや、以前ご紹介した日帰りリゾートツアーも。 それに加え、日本語ガイド首都マレツアー、モルディブ料理体験やローカルお宅訪問などの体験型ツアーもあるのが特徴です。 最近人気のフルマーレに数泊滞在される方はもちろん、リゾートやローカル島から戻って帰国フライトまでの待ち時間を有効利用して参加される方も。 予約方法は前日までに となります。 なかなか距離的、料金面で頻繁に訪れるのは難しいモルディブ。 日本ではなかなか体験できないことを楽しみたいですね!.

次の

モルディブ(インド洋ビーチ)の旅行・格安ツアーを786件からお得に比較|エイビーロード

モルディブ ツアー

空港でのお出迎えや、ご滞在中のご案内はもちろん、万が一のトラブルの際にも安心。 ご了承下さい。 ・モルディブへの酒類の持込は禁止されております。 ・モルディブのリゾートは(基本キングサイズの)ダブルベットになります。 ・幼児用無料ベッドにつきましては、数に限りがある為、手配できない場合がございます。 ・リゾートではUSドルが使われています。 バンコクご出発前にUSドルをご用意下さい。 ・モルディブ国内線は当日の運行状況により他の島を経由する場合があり、 記載の所要時間を大幅に超える場合がございます。 5~10月が雨季、11~4月が乾季でベストシーズンと言われています。 雨季、乾季に問わず熱帯特有のスコールが1日1~2回程ありますがそれ以外は日差しが強く日本の真夏のような感じです。 又クレジットカードの利用もほとんどの場所で可能なので現金はチップ等の小額のみで結構です。 尚、両替は空港、各リゾートで可能です。 チップの習慣 モルディブではチップの習慣が御座います。 そのような場合はチップの必要は御座いません。 電圧とプラグ 電圧は220~240Vの為、日本から持参された電気機器のそのままの利用は難しくなっております。 又プラグタイプもBFとなっております。 ホテル内で変圧器を用意しているホテルも御座いますが数が無い為ご自身で持参されるか、現地の電気機器を利用する事をお勧め致します。 プラグに関してはほとんどのリゾートでマルチプラグの用意があるので日本から持込んで頂いた物も利用頂けます。 お酒の持込 モルディブは厳格なイスラム国家の為、アルコールの持ち込みは一切不可となっております(豚肉も不可)。 リゾートに行けばアルコールは御座いますのでご安心下さいませ(マーレ本島には御座いません)。

次の