ジュラルドン 持ち物。 【ポケモン剣盾】ランクバトル・シーズン1終了!ダブル最終パーティ「ジュラルドンスタン」が強すぎた!!【ソードシールド】 │ 黒白ニュース

【剣盾シングル】Gen8カバギャラ

ジュラルドン 持ち物

ジュラルドン 種族値 HP 70 攻撃 95 防御 115 特攻 120 特防 50 素早 85 ドラゴン はがね 合計種族値 535 特性 ライトメタル 自身の重さが半分になる ヘヴィメタル 自身の重さが2倍になる 隠れ特性 すじがねいり 特性の「ひらいしん」や「よびみず」、技の「いかりのこな」や「このゆびとまれ」「サイドチェンジ」「スポットライト」の効果を受けず攻撃できる ジュラルドンの特徴 ジュラルドンの長所 半減できるタイプが豊富 はがね・ドラゴンタイプの組み合わせを持つジュラルドンは、10種類のタイプ いわ・くさ・でんき・はがね・ひこう・どく・エスパー・むし・みず・ノーマル のダメージを軽減できる優秀なタイプです。 弱点をつく特殊技が少ない ジュラルドンの弱点タイプは、かくとう・じめんの2種類のみ。 特防が低いジュラルドンは特殊攻撃に弱いですが、弱点タイプをつける特殊攻撃のかくとう技「はどうだん」、じめん技は「だいちのちから」など、弱点タイプで使用できる特殊攻撃技が少ないので、弱点を恐れずにバトルへ登場させることもできます。 特殊アタッカー・物理耐久のどちらもこなせる C種族値120、S種族値85と、どちらのステータスもアタッカーとして申し分ない数値を持ち合わせています。 またB種族値も115と高いので、物理アタッカーを相手にして攻撃を受けながら、高い特攻を利用した特殊アタッカーとして十分な活躍を果たします。 ジュラルドンの短所 特防がかなり低い ジュラルドンの種族値が偏っているため、特防がかなり低いステータスとなっています。 タイプ相性が等倍 ほのお・ゴースト・あく・フェアリー のタイプ一致特殊攻撃を受けると、ほとんどの場合確1でひんしになってしまいます。 ジュラルドンの育成論一覧 壁張り型 わざ 採用理由 りゅうせいぐん タイプ一致のメインウェポン。 ドラパラルトを刈り取れる武器 がんせきふうじ 相手のすばやさを下げて、ジュラルドンの素早さを生かすために採用 てっていこうせん タイプ一致のメインウェポン。 フェアリー対策に採用 10まんボルト ギャラドスに対して先手で弱点タイプの攻撃を与えるために採用 基本的な動きは、ダイマックスして相手の弱点タイプをつく攻撃を放ちます。 ジュラルドンは優秀なタイプ相性を持っているため、対戦で1匹目として選出しやすく強力なドラパルトやミミッキュを相手に勝つことができる性能を生かします。 ジャラランガ• ゴリランダー• ウッウ.

次の

【ポケモン剣盾】「ジュラルドン」のシングル・ダブル単体考察まとめ【ソードシールド】

ジュラルドン 持ち物

ランクバトルシーズン1で使用したパーティです。 元となるパーティに改悪を加えたうえで基本選出を崩さないようにすることを心がけています。 参考記事は以下のとおりです。 元々でも全体技で詰めるのではなく単体技で1体ずつ倒していくパーティが好きで、ジュラルドンの性能はとても好みで使ってみたいと思ったことからパーティの組み始めとしました。 パーティ全体で誘いやすい水タイプや地面タイプに対して打点が持てるサブウェポンの「」と「10まんボルト」をックス技で使うのが強力です。 火力を最優先としたかったためCに補正をかけて最大とし、相手のジュラルドンを見たらこちらのジュラルドンを積極的に繰り出していくため、準速として耐久調整は行いませんでした。 技についても「ラスターカノン」や「10まんボルト」を「てっていこうせん」や「かみなり」にすることも考えられましたが、比較的ックスが切れた後でも戦うことが少なくなかったことから安定性を求めました。 火力が最優先というコンセプトにはマッチしていないので要検討です。 耐性が非常に優秀なので準速ではなく様々な耐久調整を施して「」をスイッチ気味に扱うことも選択肢として考えられるなど、幅広い扱いができる優秀なだと感じました。 「」でジュラルドンが打点を持ちづらい鋼タイプの弱点をつけ、格闘タイプにも強いことからタイプ相性補完としても優秀です。 攻撃性能よりも長く場に残りサポーターとして徹することを優先させHSベースでの配分とし、技もジュラルドンの補完のような扱いで決めました。 全体技である「」の優先度は高く、ジュラルドンが1撃で相手を仕留められなかったときに重宝します。 一番撃たなかった技は「」ですが、の単体性能を非常に高めている技なので切ることもできず、この4つに収まっています。 持ち物はジュラルドンが「ダイサンダー」を使えない場合に相手の「ねむりごな」などからジュラルドンを守る「」を選択。 すなあらしのダメージを受けないことは想定外の恩恵がありました。 基本的にはジュラルドンとセットで選出したいですが後発から繰り出すなど柔軟な選出が求められるでもあります。 「ダイジェット」を使いたい場面もあるので攻撃性能と耐久力のバランスを考えた配分も検討の余地があると感じました。 ジュラルドンのックスが切れた後に草タイプのアタッカーとしても重宝するためCSベースで「」を覚えさせています。 このことから耐久力が非常に低いため「」を持たせて運用します。 また、攻撃技に「」を覚えさせ、ウオノラゴンやに対する打点としました。 「てだすけ」はウオノラゴンでドラパルトを倒したいときなどに重宝し、ジュラルドン及びウオノラゴンの両方を強化する手段として優秀でした。 多くのトレーナーがを最上位ランクに据えていることが納得できる便利な性能で、無理なく自然とを採用できたことがこのパーティの長所と言っても過言ではないほど、この環境では強力なだと感じました。 パーティ全体を高速に寄せたいことと、ジュラルドンが対「」を軸としたパーティに強いため「」を持ったウオノラゴンは相性が良いです。 配分については単体火力を重視したAS配分。 性格はAに補正をかけて1発で倒せる範囲を広げました。 攻撃技については様々な選択肢がありますが、草タイプに対する「こおりのキバ」、相手のウオノラゴンを倒すための「」、に打点を持ちつつ追加効果の強力な「」としました。 パーティ全体のサポーターとアタッカーの役割がハッキリしており、ウオノラゴンは物理アタッカーとしてなるべく選出して力負けしないように戦うことを心がけたいです。 相手のパーティによっては固定する技にリスクが生じる危険性もありますが、序盤のイニシアチブを取りに行く他、終盤の詰めまで幅広く行えるであるため、ジュラルドンと同様に柔軟に繰り出して行動回数を増やせるよう立ち回ります。 ジュラルドンが水タイプ、草タイプ、飛行タイプに耐性を持つため、「」「すいすい」をベースとした雨パーティに対して戦いやすいことから、で天候を取りつつジュラルドンで有利に戦いやすくするのも重要な役目です。 はじめはAS配分で「」を採用していましたが、「まもる」が欲しい場面が比較的多かったこと、後述のによる「」を自発的に使うことが活かされる場面が欲しかったことから、HAベースとしました。 「」による「ダイアーク」でやに大ダメージを与えることも重要であるため、Aは最大としています。 遂行技である「」は「」を無視して使える需要な攻撃技で、最後の技は「ほのおのパンチ」としてジュラルドンが打点を持ちづらい鋼タイプへの決定打としました。 「」がないため単体性能は低めで、パワー不足に陥りやすいこのパーティにおける補完としての役目が務められいるか怪しかったので「」を持たせて少しでも決定力を補助できるようにしました。 ックスとの相性もよくが高いおかげで活躍の場面は少なくなく、数値に見合った働きができるでした。 まずを筆頭とする地面タイプに対しての耐性が欲しく、無効にできるが欲しいと考えました。 次に対「」に対して成功を許すとその時点でかなり不利となってしまうため切り返しの手段が欲しいと思いました。 そこで「」を「ふういん」してしまえば圧倒的に有利になれるのではないかと考えました。 また、仮に「ふういん」ができなかったとしても、立ち回りを工夫すれば2ターン目に「」をこちらが使うことで通常のフィールドに戻すような展開も考えられるので、それも選択肢に組み込みたいと考えた結果、がいずれも満たせることから採用に踏み切りました。 耐久力がそこそこにあるなので切り返しの「」を成功させやすく、使われるだけで圧倒的に不利な状態が続くという展開に一矢報いる選択肢が生まれます。 また、地面タイプを無効としながら自らも「だいちのちから」で相手のの弱点がつけるためやジュラルドンとの相性も良いです。 格闘耐性があるのも重要なポイント。 自ら「」を使うことも重要な場面があります。 パーティ内でS操作手段は基本的にはの「おいかぜ」のみであり、「こごえるかぜ」や「ダイジェット」などを重ねられると素のが微妙なジュラルドンやウオノラゴンでは上を取られてしまうこともあるため、場合によっては「」で上を取ることもあります。 その際にはをうまく使うと相手に負担をかけやすいです。 ジュラルドンやウオノラゴンが単体技を使うであり、これらは「まもる」で行動を無駄にされるだけで大きくアドバンテージの損となってしまうことから「まもる」を「ふういん」することができれば立ち回りに大きく余裕ができるという点でもこのパーティにマッチしていると考えました。 「だいちのちから」を「ふういん」することができればジュラルドンがに致命傷を受けづらくなるという点が副産物としてあります。 を相手にしたいためBに補正をかけ最大限まで物理耐久を伸ばしました。 持ち物も場に長く居座りたいであるため「オボンのみ」を持たせて2~3ターン程度場にいることを目指します。 配分や持ち物についてはまだまだ考察しよりマッチしたものがあるかもしれません。 サポーター寄りのであり、決定力が低いため、ジュラルドンやウオノラゴンの負担がより大きくなってしまい、立ち回りを難しくしていることが欠点として大きなものです。 を採用したことでパーティパワーは低くなりがちですが、当初の目論見よりも多くの補完性能を持っており、非常にパーティにマッチしたとして選択肢となりうる点は優秀でした。 【終わりに】 stoicさんの並びに比べて圧倒的にパワー不足である点は否めません。 しかしこういった並びも選択肢として残すことで何かの参考になれば幸いです。 まだまだ考察途上ですし、より完成度を高めて納得のいく内容まで詰められればと思います。 ちなみにマスターランクでの最高順位は2254位ですがその後対戦をしていないため最終順位は不明です。 記事は以上です。 最後までお読み下さり、ありがとうございました。 meikaizerogin6y.

次の

ジュラルドン

ジュラルドン 持ち物

技『けたぐり』『くさむすび』対策などで有効 自分の『おもさ』が2倍になる。 野生のジュラルドンを捕まえる• 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 相手の『とくぼう』ランクを2段階下げる。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 ダイマックスしている相手には追加効果は無効。 5倍をその相手に与える。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 ただし最大威力は150。 小数点以下は切り捨て。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる 第7世代以降。 ダイマックスしている相手には無効。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『あく』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 いずれの状態でもない時は技が失敗する。 『まもる』などで技が防がれた場合も、自分のHPは減る。 相手全体のそれぞれが最後に使用した技のPPを2ずつ減らす レイドでは1。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 レイドでは相手の不思議なバリアのゲージを2つ減らす。

次の