ハクビシン 鳴き声 夜。 ハクビシンとタヌキとアナグマの違い

ハクビシンの生態と習性をチェック

ハクビシン 鳴き声 夜

ハクビシンは元は東南アジアに生息する動物です。 ジャコウネコ科に属します。 明治以上に外国から毛皮用の動物として輸入されたものが野生化した、と言われています。 日本全国に住み着いており、都心でも被害例が増加しています。 アライグマと区別が難しい場合がありますが、 ハクビシンは「白鼻芯」という名前のとおり鼻筋が白いのが特長です。 体重は2キロから3キロ程度で、大きさは頭と胴をあわせた長さが60センチ程度、尾の長さが40センチ程度になります。 しっぽは黒い色をしています。 夜行性なので、昼間に人間がハクビシンを見かけるといったことはあまりまりません。 道で見かけることが無い代わりに、家の中に入ってくるとバタバタと大きな音で走り回るのですぐにわかります。 木登りが得意で電柱にも器用に登っていきます。 身体の割に、細い電線や木の枝を伝って人間の家に入ってきます。 ジャンプ力もあり、垂直に1メートル程度は軽く飛ぶことができます。 電柱から屋根まで1メートルしか無かったら、ハクビシンは平気で家の中に入ってくることができるのです。 何でも食べる雑食性のため生命力もあり、野菜や果物の他、昆虫、ネズミ、蛙、鳥なども食べます。 可愛い顔をしているので油断してしまいがちですが、ハクビシンは凶暴なのでペットが被害にあわないよう注意してください。 噛まれたり、ひっかかれたりすると感染症にあう危険性もあります。 天敵の尿のニオイでハクビシンを寄せ付けないようにするというもので、オオカミのオシッコで撃退します。 動物は天敵のニオイをかぐと、その場所は天敵のテリトリーだと考えて侵入することをストップします。 オオカミが天敵であるハクビシンの他に、野ネズミや野良犬、シカやクマなどにも有効的オオカミが天敵であるハクビシンの他に、野ネズミや野良犬、シカやクマなどにも有効的です。 <設置場所について> ハクビシンが家に入ってくるルートには、間隔を狭くして設置すると良いでしょう。 家のまわりをボトルで取り囲むようにすると、ハクビシンは家の中に入ってきません。 <効果と実例> アメリカでは20年以上前から実用化されていて、果樹園や畑、ゴルフ場などで使用されている実績があります。 動物が天敵のニオイを嗅ぎ分けることは、脳の神経回路によって行われているため、ハクビシンがニオイに慣れてしまうこともありません。 ウルフピーには「シート」と「液体(尿そのものです)」の2タイプがあります。 <シートタイプの使い方> シートタイプは吊るすだけで使用する事ができます。 効果は約2ヶ月持続します。 <液体タイプの使い方> 液体タイプはボトルに入れて家の周辺に吊るして使用します。 屋外での使用専用なので、家の中では使わないようにしましょう。 オオカミの尿を、穴のあいたボトルに入れて、高さ30センチから60センチ程度の場所に吊るしておきます。 ボトルとボトルの間は4メートルが理想的です。 ボトルの中のオオカミの尿が蒸発したら、また注ぎ足します。 散布してしまうと、すぐに蒸発してしまって効果がなくなってしまうので、100ミリリットル以下の小さめの容器に入れて、直径1センチ程度の穴を側面にあけるようにします。 雨が容器の中に入ってしまった場合には、中のものは捨てて、新しくオオカミの尿を入れ直しましょう。 小分けのボトルに入れて約一ヶ月間効果があります。 オオカミの尿は強い酸性なので、かかると色が変色する場合があるので気をつけましょう。 屋根裏や壁の中でバタバタとうるさいハクビシンを、ワナで捕まえてやりたいと思いますよね。 しかし、 残念ながらハクビシンを許可なく捕まえてはいけないのです。 ハクビシンは「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」といういわゆる鳥獣保護法の対象となっています。 農作物に被害を及ぼしているのであれば、市や県に申請して許可されれば捕まえることができます。 しかし、一般家庭に出たからといって、ワナを仕掛けて取ることはできないですし、殺すこともできません。 そのため、ハクビシンの駆除は最終的にはプロに頼むことになります。 業者によってハクビシンに詳しい業者と、ネズミの駆除には詳しいけれどもハクビシンはあまり知らないといった業者もいます。 基本的には、最初にハクビシンを家から追い出して可能であれば捕獲を行います。 ハクビシンは巣を何箇所かに分けているので、留守だった場合は追い出し作業と捕獲は行なえません。 追い出し作業は、場合によっては霧状になる薬品をたいたり、噴霧したりします。 それでも出てこない場合には爆竹で驚かして出すこともあります。 値段は家が広くなると料金もアップしていきます。 ・60平方メートルまで :18,000円〜30,000円 ・120平方メートルまで:25,000円〜50,000円 ・180平方メートルまで:30,000円〜100,000円 ・240平方メートルまで:30,000円〜130,000円 ・300平方メートルまで:40,000円〜160,000円 という具合です。 かなり業者によって値段の開きがありますので、あわてて最初に電話した業者に決めるのではなく、少なくとも3社からの見積もりをとったほうがコストダウンできます。 ハクビシンの巣は1カ所ではなく、近隣の数カ所にまたがっているため一回だけの処置では駆除しきれないのも現状です。 親身になって一緒に考えてくれる業者を選ぶことをオススメします。

次の

ハクビシン退治に効果的な対策と駆除方法まとめ

ハクビシン 鳴き声 夜

ハクビシンの鳴き声ってけっこううるさいですよね。 最初に聞いたときは、「猫が喧嘩でもしているのかな?」とも思えるような感じがします。 ハクビシンが鳴き声をあげるときや低い声で唸っているときは、おそらく複数のハクビシンがいて、喧嘩をしていたり、威嚇し合っているのではないかと考えられています。 つまり、 何らかの理由によって興奮しているときに大きな鳴き声や唸り声をあげる…というわけなんです。 また、ハクビシンは夜行性ですので、基本的には夜~朝にかけて活動します。 我々にとっては寝静まったリラックスタイムにこのような騒音が聞こえてくることになる訳ですが、これには本当に困ったものです。 ハクビシンはどんな鳴き声? あなたの屋根裏や天井裏から聞こえてくる鳴き声はハクビシンのものなんでしょうか? 本当にそうなのかどうかは実際に見てみないことにはわからないかもしれませんが、直接ハクビシンに遭遇するのはちょっと恐いですよね。 ということで、 まずはハクビシンが鳴いている実際の動画をご覧になって、チェックしてみてください。 ところで、ハクビシンが家に住み着いたらいったい何が危険なのでしょうか? ハクビシンは毎回同じ場所に糞をするという習性があるので、一度でも屋根裏や天井裏に糞をしてしまったら、その場に住み着いてしまう事があります。 見た目はペットにしてしまいたいと思うくらい可愛らしかったりもするのですが、家に住み着かれてしまうと大変なことになるんです。 では、いったいどんな被害を被る恐れがあるのか、詳しくまとめましたのでご覧ください。 ハクビシンが害獣と言われる訳 ハクビシンがタヌキやアライグマなんかと同じ害獣と言われているわけについて、まとめました。 ハクビシンと言えば山や森、畑、田んぼ…などの自然豊かな環境を住みかにするイメージがあるかと思いますが、 実はコンクリートだらけの都会にも頻繁に出没するんです。 ですから、「うちは都会だから関係ない」という事は全くありませんので、どんな環境の方も注意してみてください。 うるさくて眠れない まず差し当たって迷惑な被害といったら、何といっても鳴き声がうるさくて眠れなくなり、不眠症になってしまうことでしょうか。 先ほど解説したように、 ハクビシンは夜行性で夜中に活動するため一番静かな時間帯に騒ぎ出してしまうのです。 また、基本的にハクビシンは親を中心とした群れで行動するため、家に住み着いたハクビシンは複数である可能性が高いと考えられます。 複数である場合には被害がその分拡大していく事はもちろん、喧嘩や威嚇などの騒音もそれだけ大きくなります。 不衛生な環境を引き起こす ハクビシンは毎回決まった場所をトイレにしています。 つまり、屋根裏や天井裏などを住みかにされた場合には同時にその場所はハクビシンのトイレになってしまっているという事です。 したがってそのまま放置してしまうと好き放題糞や尿をされ続けてしまいます。 これが何を意味するかというと、 糞尿によって家の中には様々な雑菌がばら撒かれているという事になるわけです。 それだけではなく、 ハクビシンの身体には沢山のダニやノミが付いていますので、それらも大量に家の中に入ってきてしまいます。 ダニやノミに食われたら皮膚が赤く腫れ上がったり、痒くなったりしますし、何よりもアレルギーを引き起こす原因となってしまう可能性があります。 恐ろしい感染症を媒介する このように不衛生な環境を引き起こすハクビシンですが、中でも特に恐ろしいのは命に関わる感染症の媒介となってしまう可能性があるということです。 とある報告では、 あの一時期世界中で話題となったSARS(重症急性呼吸器症候群)を媒介する動物なのではないか?とも考えられています。 どうやら、ハクビシンの糞から検出されたウィルスの配列がSARSのウィルスと非常に似ていたんだとか。 いまだにハッキリと解明されたわけではありませんが、可能性がある限りは気をつけておく必要がありそうです。 また、 SARSの他にもトキソプラズマやサルモネラ症、E型肝炎、レプトスピラ症などを引き起こす恐れもあるとされています。 いずれにしろ、様々な病気の原因となり得ますのでハクビシンが家に住み着いてしまった場合には早急に対処しなければなりません。 糞による悪臭被害 屋 根裏や天井裏に糞尿を撒き散らしてしまうため、家中に悪臭が広がります。 すぐに片付けない場合には排泄物の雑菌がどんどん増殖していきますので、時間が経てば経つほど悪臭は酷くなっていくのです。 このような状況は不衛生なだけでなく、様々な害虫も発生させてしまいます。 天井が崩れる またハクビシンが棲みつくようになると排泄物が溜まり、最終的に家の傷みが酷くなることも大きな問題となっています。 特に天井裏や屋根裏に排泄物が溜まった場合には、徐々に木が腐ったりカビが発生したりして傷みが進み、隙間があいて雨漏りするようになってきます。 さらに傷みが進行すると、 最終的には天井が抜け落ちてくることもあるので注意が必要です。 もしも天井にシミが出ていたら、排泄物による建物の傷みが進行し始めている可能性があります。 家庭菜園が荒らされる また家庭菜園などがある場合には、せっかく栽培した作物を荒らされてしまうこともあります。 ネットを張ったりビニールハウスを作ったり、いくら対策をしてもあらゆる方法で侵入してきてしまうためあまり意味がないんだそうです…。 ペットがいる場合は要注意 またハクビシンは雑食性でなんでも食べるため、ペットを飼っている方は注意が必要です。 特に 金魚などの小さなペットは、ハクビシンに食べられてしまう被害が続出しています。 また猫や犬などのペットの場合には食べられるということはありませんが、餌を取り合って争い事が発生してしまうこともあります。 ハクビシンは凶暴でけっこう気性が荒いため、あなたの大切なペットが傷付けられてしまう可能性があるんです。 ハクビシンによるペット被害はこのような直接的なものだけでなく、間接的なものもあります。 それは、 ハクビシンが持ち込んだダニやノミによる被害が引き起こされてしまうことです。 また、さらに恐ろしいのはハクビシンが媒介する感染症の影響でペットが病気になってしまう恐れがあるということです。 特に動物は、人間には影響のないような菌やウィルスにも簡単に感染してしまう事もあるんです。 あなたの大切なペットを守るためにも、一刻も早くハクビシンを家から追い出さなくてはいけません。 ハクビシンが有害動物であるという事はよくわかっていただけたかと思います。 まだハクビシンが棲みつく前であれば侵入されないように予防策を行ないましょう。 もしもすでに棲みついてしまった場合には、早急に何らかの対策を講じなくてはなりません。 まずは、そもそも「ハクビシンを見たことがない!」という方のために、ハクビシンの特徴をまとめました。 そして有効な対処法をいくつかご紹介していきますので、是非参考にしてくださいね。 ハクビシンの特徴は? ハクビシンとは、ジャコウネコ科ハクビシン属に分類される、日本で唯一のジャコウネコ科の動物です。 もともとは外来種で、東日本や四国、北海道辺りにのみ生息しているとされていましたが、近年では比較的全国で見かけるようになりました。 ハクビシンを漢字で書くと「白鼻芯」と表記しますが、その名の通り鼻に白い筋が通っているのが特徴です。 体長約50〜75センチで、体重約2〜3キロです。 基本的には夜行性で昼間はどこかに潜んでいるみたいなんですが、最近は昼間でも活動する姿が目撃されてたりもします。 見た目は猫みたいでけっこう可愛らしいんですが、 なんとハクビシンの肉は食べることもできるんだそう。 中国のとある地域では昔から伝統的なハクビシン料理があるみたいですよ。 とはいえ人間との関わりの中では、先ほど解説したように有害な動物とされていますので、もしも家の中に棲みついてしまったら駆除する必要があります。 駆除するときの注意点 ハクビシンは一刻も早く駆除しなくてはならない…という話をしましたが、その前に注意しなければならない点があります。 実はハクビシンは「鳥獣保護法」の対象となっている動物ですので、勝手に捕まえてはいけないことになっています。 ハクビシンのように鳥獣保護法の対象となっている動物は、特定指定外来生物のように片っ端から駆除してはいけない決まりになっているんです。 それでは、「もしもハクビシンが棲みついてしまったら泣き寝入りするしかないじゃないか!」…といえば、そうでもありません。 きちんと自治体に申請して許可をもらえば、駆除ができるようになる事もあります。 事前にお住まいの自治体の専門窓口に確認をとってから、駆除するようにしましょう。 専門の業者に頼むのが安心 一番手っ取り早く、安全な方法は専門業者にハクビシンの駆除を依頼することです。 ハクビシンの駆除には地方自治体の許可が必要である…という話をしましたが、専門の業者に頼むとその申請を代行してくれたり、そもそも最初からハクビシンの狩猟を許可されている狩猟免許取得者がいたりします。 また、ハクビシンの駆除はある程度専門知識も必要ですし、色々な罠などの道具も揃えなくてはなりません。 慣れている人ならまだしも、 素人の場合には下手すると怪我をしたり雑菌に感染するようなリスクもあります。 しかし専門の業者に依頼することができればそのような問題もすべて解決しますし、今後の対策なども教えてくれますのでオススメです。 とはいえ、ハクビシンを一刻も早く追い出したい! とお考えの方には、家庭でできる応急処置的な対策方法もあります。 それは 住みかにしている場所に、ハクビシンが嫌う燻煙剤で煙を焚くことです。 うまく煙を充満させることができたら、屋根裏や天井裏から追い出すことができます。 しかしこの方法はちょっと難しいので、うまく成功させるためにはコツがあります。 天井裏の隅など、煙が届かないわずかな隙間に逃げ込まれたりしないように、最初は出口から遠い場所に煙を流すことです。 それから徐々に追い込むように出口に近づきながら煙を流します。 燻煙剤だけでなく、酢液やハッカ油なども効果があるようです。 そもそも入られないよう対策するのが肝心! また普段からハクビシンが侵入しにくい環境を作って、あらかじめ対策しておくことも重要です。 侵入経路を塞ぐ ハクビシンは7センチほどのこぶし大の穴や隙間があれば、簡単に入り込むことができるとされていますので、 まずは家中の隙間をきちんと塞ぐことが大切です。 具体的にハクビシンがよく侵入してくる隙間は、屋根や床下などとされていますので、よくチェックしてみましょう。 それから木の枝が伸びたりしていると、そこが足場となって家の中に入りやすい侵入経路となってしまうことがあります。 ですから、 木の枝の剪定などもきちんと行なっておきましょう。 寄せ付けやすい環境にしない また、生ゴミなどが処理されずに置いたままになっていると、ハクビシンを寄せ付けやすくしてしまうので、処理は徹底しておきたいものです。 それだけ対策をしていても想像もつかないようなところから侵入してくる可能性もありますので、家中に忌避剤を設置しておくとさらに効果的です。 専用の忌避剤などを使用しても良いのですが、 ハクビシンはニンニクや木酢液、石油などの臭いも嫌いますので、そのような身近なものを使った忌避剤を設置しておいても良いでしょう。 青色LEDライトがオススメ それから、 ハクビシンに限らず夜行性の動物には青色LEDライトやストロボが効果的とされています。 これは、夜行性動物の目は色覚の認識が未発達なため、青色の光に反応しやすいという習性があるためです。 また、畑の作物を荒らされることに関する対策には「電気柵」がもっとも効果的とされています。 とはいえ、これらの方法はあくまでもハクビシンを寄せ付けないようにするための予防策です。 すでに家屋に住み着いてしまっている場合には、やはり専門の業者に頼むのが一番良いでしょう。 まとめ.

次の

ハクビシンは危険性が高い!存在確認ができる特徴的な鳴き声とは?|アライグマ・イタチ捕獲・屋根裏ハクビシン駆除対策撃退|害獣駆除110番

ハクビシン 鳴き声 夜

早めに対策をしないと、どんどん被害も増えていってしまいますよね。 でも安心してください! 今回は、屋根裏に住み着くハクビシンを追い出す対策方法を分かりやすく解説します! 追い出す際の注意点も合わせてお伝えするので、ぜひ正しく安全な対策を行ってくださいね。 なぜハクビシンは屋根裏に住み着くの? もともとハクビシンは中国大陸南部の山林や樹洞、他の動物が掘ったほら穴などを住処としていました。 木登りも得意で食性も雑食なハクビシン。 安全な場所で子育てをしようとするのがハクビシンの本来の性質で、 今の日本で一番安全に快適に子育てできるのが、住宅の屋根裏でした。 というのも、 日本家屋の屋根裏は外敵に見つからず、雨風にさらされず、さらに断熱材の進歩で一年を通して温度も一定という最高の住環境になっています。 ハクビシンに限らず、森林開発によって住処を奪われた動物たちが行き場をなくしてしまっているというのも、屋根裏に住み着く一因です。 屋根裏にハクビシンが住み着いている鳴き声や音、サイン 「天井の上から物音がする・・・何か害獣が屋根裏にいそう」と思っても、なかなか家の天井を開けて屋根裏を確認する勇気はありませんよね。 開けた途端、害獣が襲ってきたらと思うと恐怖感もあります。 今、都心部を中心にハクビシンによる住宅被害が多くなってきているのはご存知でしょうか? 環境省が制定する「我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト」(通称「生態系被害防止外来種リスト)で総合対策外来種(重点対策外来種)として記載されているハクビシン。 ハクビシンが屋根裏に住み着いている場合、泣き声や音、臭いや天井部のシミといったサインがあります。 ここではハクビシンが屋根裏にいる可能性が高いサインについてご説明していきます。 鳴き声 屋根裏から聞こえるハクビシンの鳴き声は特徴的です。 「キュンキュン」という独特な声でハクビシンは鳴くため、他の生物が屋根裏にいるときのサインとは異なります。 しかも比較的大きな鳴き声で連続して鳴くため、ご近所の奥様から指摘されて気付くという方もいらっしゃるほどです。 1頭だけでもハクビシンが天井裏にいるのは厄介なのですが、家族を作って数頭いるとなると、さらに迷惑な鳴き声で喧嘩しはじめるハクビシンもいます。 喧嘩中のハクビシンの鳴き声はまるで猿が天井で大暴れしているかのような声だと例えられることもあるくらい騒がしく、日々の静かな住宅環境を著しく害することになってしまいます。 屋根裏を走る音 ハクビシンが屋根裏にいる場合、鳴き声で気付くことも多いですが、足音で存在に気付くことも多いです。 ハクビシンは夜行性なので、私たち人間が寝室で寝静まったころに動き出します。 ドタドタと激しく天井裏を駆け回るため、私たちの安眠時間をも妨げる非常に厄介な害獣と言えるでしょう。 ハクビシンが屋根裏で毎日運動会をしているようなドタドタ音で睡眠時間が害され、日中の仕事や家事に影響が出ている方も多くいらっしゃいます。 ハクビシンが原因で眠れなくなってしまっては、日々の生活を快適に暮らすことはできなくなるでしょう。 断熱材の破壊 ハクビシンが外部から枯れ草を持ってきて屋根裏に営巣することはさきほど申し上げましたが、 住宅の屋根裏に住むハクビシンたちは、屋根裏の断熱材を力技で剥がして、巣の材料としてしまうということも多々報告されております。 ハクビシンたちに屋根裏から住宅を破壊された被害によって、リフォームを余儀なくされた方も。 断熱材まで剥がして巣を作るという、人間の生活環境に適応したハクビシンに脱帽してしまいますが、マイフォームという資産を守るためにも早めの害獣駆除をおすすめいたします。 ハクビシンによる詳しい被害事例はこちらの記事で解説しているので、詳しく知りたい方はぜひご覧ください。 >> 菌やウイルスによる感染症 「溜め糞」による被害は屋根裏の天井が抜けるということだけではありません。 糞や尿の中には、人間にとって有害な菌やウイルスが大量に存在しています。 屋根裏がハクビシンだけでなく有害な菌やウイルスの棲家となってしまっては、室内の住環境への侵入も時間の問題です。 直接的な人体への被害も考えられますので、ハクビシンの糞尿被害は非常に厄介な問題でしょう。 菌やウイルスだけでなく、ハクビシン自体に取り憑いているダニもいますので、そちらにも気をつけなければなりません。 ハクビシンによる病気やウイルスについてはこちらの記事で詳しく解説しているので、より深く知りたい方はぜひご覧ください。 >> ハクビシンを屋根裏から追い出す対策方法 ハクビシンを屋根裏から追い出す方法のキーワードは 「臭い」です。 ハクビシンは非常に嗅覚が優れた害獣ですので、屋根裏から追い出すためには 嫌いな臭いを使った忌避剤やバルサンなどの煙、ハクビシン用の蚊取り線香を使うという方法が一番よく使われています。 学習能力も高いため、ハクビシンは一度味わった恐怖を忘れません。 その学習能力の高さも利用し、ハクビシンを追い出した上で、 屋根裏に侵入できてしまう経路を見つけ塞いでいくということが重要です。 以上の対策がハクビシンを屋根裏から駆逐するために有効ですので、ハクビシンを屋根裏から追い出すためのそれぞれの対策を一つ一つ丁寧にご紹介していきましょう。 嫌いな臭いを使った忌避剤で追い出す 嗅覚が非常に優れたハクビシンは、 天敵のオオカミの尿の臭いや唐辛子のような刺激臭、山火事を思わせる木酢液(炭を作る際に生じる煙を冷やして作る液体)を忌避剤として利用することが重要な対策になります。 ハクビシンは学習能力が高いので、一度不快な臭いを感じた場所には寄り付かなくなり、追い出すことが可能です。 屋根裏に忌避剤を撒くことで、ハクビシンの屋根裏への侵入をやめさせることが目的になる対策です。 ハクビシン用のオススメ忌避剤や使用の注意点などはこちらの記事で詳しく解説しているので、興味のある方はご覧ください。 >> バルサンなどの煙を焚く 本来バルサンは害虫駆除が目的で使われる薬品ですが、ハクビシン対策にも効果的です。 ハクビシンの視覚に煙がでる場所なんだと学習させることで、 山火事を嫌うハクビシンに屋根裏が危険な場所だと理解させます。 さらに 嗅覚の鋭いハクビシンはバルサンの薬剤の臭いに警戒心をもつため、屋根裏に寄り付かなくなるでしょう。 ハクビシンは木を登って屋根裏に侵入してくるケースもあるので、屋根裏に隣接している木の枝も切っておきましょう。 害獣駆除業者に依頼する 臭いで追い出して侵入経路を塞ぐといった対策は素人にはなかなか難しいですし、お年を召した方にはかなり困難な作業になるのではないでしょうか。 自分で害獣駆除をした結果、火事になったり不要な箇所を塞いでしまったりした事例もございます。 適切な方法で効率よく、かつ安全にハクビシンの屋根裏への侵入対策を行うためには、専門の害獣駆除業者に頼むことが最もよい選択肢なのではないでしょうか。 経験豊富で地域で信頼のある害獣業者に依頼することで、ハクビシンによる屋根裏への再度の侵入を確実に防ぐことができます。 自分が思っていた以上に被害が深刻な場合や、駆除中に他のハクビシンが出てくるという事態も想定されます。 個人でハクビシン駆除をされているとこうした不慮の事態に対応することが難しいのではないでしょうか。 その点、 駆除経験も豊富な専門の害獣駆除業者に屋根裏のハクビシン一掃をお願いすることは合理的で安全な方法だといえます。 糞尿の清掃や消毒をする際はウイルスや菌の感染を防ぐために、 必ずゴム手袋とマスクをつけて行うようにしましょう。 ハクビシンの糞尿処理についての詳しい方法はこちらの記事で解説しているので、詳しく知りたい方はぜひご覧ください。 >> 昼間は寝ているから夜に対策するのがオススメ ハクビシンを屋根裏から追い出す時間にも気をつけてください。 ハクビシンを追い出すのにベストな時間は夜です。 昼間の間、ハクビシンは屋根裏で寝ながら夜を待っています。 昼の間に屋根裏からハクビシンを追い出そうとしてもなかなか出てこなかったり、出てきたと思ったら人間に襲いかかってきたり、危険を伴うこともあります。 不慮の怪我や事故をなくすためにも、夜行性であるハクビシンが屋根裏から出て外で活動している夜間の間にハクビシン対策を施していくことが重要です。 夜間の作業となるので、足場など危険なことも多いでしょう。 個人で対策をなさるよりも、専門の害獣駆除業者にご依頼なさる方が安全かつ確実にハクビシンを屋根裏から追い出すことができます。

次の