コンサータ 流通 委員 会。 厚生省「ADHDは今度から患者登録しないとコンサータやんね」ADHD「え……急に?」【流通規制・管理と登録要件の変更はいりまーす♬】

コンサータ処方の流れが変わります

コンサータ 流通 委員 会

ADHDの注意欠陥に著効するコンサータを成人に処方して良いのかどうかについては、成人発達障害当事者には非常に切実な思いであり、現に私は18歳以上と18歳以下のそれぞれに十数名の処方をしている。 コンサータは12歳までの「小児」として承認されており、13歳から18歳までも厳密には「適応外」になると私は思うが、私の処方は「適応外処方」であることは否定の仕様が無い。 コンサータは中身は物議をかもした「リタリン」と同じものであり、成分は覚せい剤に近い。 実際「薬物依存者はコンサータのカプセルを砕いて焙りで使用することもあると聞いて私も驚いた。 徐放剤であるため、リタリンと比べれば退薬症状は弱いとはいえるが、依存性は確かにある。 という意味では成人への処方は軽々にすべきでないというのが当然の見解であろう。 平成21年3月、私は沖縄での「コンサータ流通管理委員会」の研修に出損なったため、高い飛行機代を払って東京女子医大まで日帰り出張して「コンサータ処方の登録医」の資格を得た。 流通管理員会の先生方が法的、医学的、社会的なお話をされ、私はほとんと全部の先生に「コンサータを成人に処方することは?」と質問したが、全部の先生は「処方してはならない」とはお答えにならなかった。 その後、実際私は本年3月以降にコンサータを処方しているわけであるが、私は成人への処方に先立ち、流通委員会の全先生に成人への処方についての助言をお願いする手紙を書いた。 お返事は予想外に早く委員長先生よりあり、内容は「近く発足するADHD研究会で議論したい」というものだった。 最近上記流通委員会が「議事録」を公開している。 その中に「成人への処方を希望する医師よりの手紙」という形で議題に上っているが、おそらく私の手紙のことであろう。 ad-hd. html (つづく) ヤンバル先生。 まずありがとうございます! 過去に、発達障碍と分かってからの新たな人間関係作りに失望してからというもの、精神安定や集中力の消耗等を避けるため、物事に感動するということを最小限にしていましたが、久しぶりに胸からこみ上げるような感謝を感じました。 こういう話は脱線であると思いながらですが。 ・・・素晴らしい映画を見ても、半年に一回目が潤むかどうかでした。 直面した人間には心の距離を取る一方が当然になってきていて、素直に感謝するよりも感謝すべき事をさせた私の落ち度はどこ、今後の私の義務は何、私に伝えるために選ばれた言葉の裏の感情的な真意は何、と頭の中がせっせと走ってる状態でした。 何をしていても、心を乾燥させる もっと具体的な表現もあると分かっていながら、心などと使ってごめんなさい。 ことで見せかけの安定をさせ、相変わらずの過剰適応に努めていたようなものでした。 でも、ファンタジーでない、仮想ではない、実在の人間がしてくださったことで胸や涙腺が痛くなる程嬉しくなったのは、本当に何年かぶりです。 私のように、既にリタリン無しでも現実に 生活と仕事の質を落しながら 対処してしまっている者にとっても、リタリン問題は生活に大きな動揺と不便を起こされた災難でした。 リタリンが無くなったことで就労も断たれた人にとっては、損害賠償請求にも値する国の過失です。 私達が生存する権利にも値する問題だと思っています。 是非、追求し続けていただきたいですが、ヤンバル先生のお立場や風当たりが心配です。 ご無事を祈っています。 それにしても、コンサータがカプセルということも今知ったのですが、そのように開けてまで飲む者がいるのは聞き流せませんね。 私にもっと感情的になる余力が残っている頃であれば、怒りに任せ直に挑んでかかって説教してやりたかった程です。 更新をお待ちしながら、私はヤンバル先生のインフルエンザを疑っていたのですが、外れていて良かったです。

次の

コンサータ登録医師確認窓口と調剤手順を解説

コンサータ 流通 委員 会

その後、該当の様式にご記入のうえ、下記登録事務局へご送付ください。 クロザリル適正使用委員会 登録事務局 〒192-0364 東京都八王子市南大沢2-27 フレスコ南大沢14階 クロザリル適正使用委員会事務局 (2011年11月14日より変更になりました。 事務局から受領の連絡がない場合は、お手数ですが、メールにてお問い合わせください。 本承認に際して,下記承認条件が付され,適正使用を図るための流通管理等の実施が義務付けられておりますので,ご理解,ご協力をいただきたくお願い申し上げます。 本剤による無顆粒球症等の重篤な有害事象に対して,他の医療機関との連携も含めて十分に対応できる体制が確認できた医療機関・薬局において,統合失調症の診断,治療に精通し,本剤の適正使用について十分に理解している医師によって,白血球数,好中球数,血糖値等の定期的な検査が実施されるとともに,その結果を評価した上で本剤の処方が行われ,これら検査が適正に行われたことを確認した上で調剤が行われるよう,製造販売にあたって本剤に関する管理者の設置も含め必要な措置を講じること。 本剤の投与が適切と判断される患者を対象に,あらかじめ患者又は代諾者に安全性及び有効性が文書によって説明され,文書による同意を得た後のみに本剤の投与が開始されるよう,厳格かつ適正な措置を講じること。 国内での治験症例が限られていることから,製造販売後,一定数の症例に係るデータが集積されるまでの間は,全症例を対象とした使用成績調査を実施することにより,本剤使用患者の患者背景を把握するとともに,本剤の安全性及び有効性に関するデータを早期に収集し,本剤の適正使用に必要な措置を講じること。 なお、具体的な流通管理及び安全管理の手順は、「クロザリル患者モニタリングサービス(CPMS)運用手順」に定められております。 有識者(医師,薬剤師,倫理または法律の専門家等)からなる第三者委員会を設置。 本剤の適正使用に係る情報管理・連絡等を行う管理者の設置。 医療機関及び薬局並びに医師,薬剤師,その他の医療従事者(調剤の可否の確認及びその連絡を行う者に限る。 )ごとに,適正使用の実施,無顆粒球症等の重篤な有害事象への対応等について,同委員会で検討し,管理者はリストを作成。 販売は,リストに掲載された医療機関・薬局に限定。 委員の構成 ノバルティス ファーマ社が委嘱した委員長,5つの学会(日本精神神経学会,日本臨床精神神経薬理学会,日本統合失調症学会、日本血液学会,日本糖尿病学会)から推薦された有識者5名,薬剤師(日本薬剤師会,日本病院薬剤師会),弁護士及び生命倫理関連の専門家それぞれ1名の合計10名で構成されています。 ノバルティス ファーマ社は,第三者委員会を設立するために関連する学会に有識者の選定を依頼し,3つの学会からそれぞれ1名づつ委員が参加しています。 薬剤師は日本薬剤師会及び日本病院薬剤師会から推薦を頂き,弁護士及び生命倫理関連の専門家は,それぞれ厚生労働省の諮問委員の経験や医薬品の適正使用に詳しい方の中からノバルティス ファーマ社が委嘱いたしました。 委員長 山内 俊雄先生• 日本精神神経学会 三國 雅彦先生• 日本臨床精神神経薬理学会 石郷岡 純先生• 日本統合失調症学会 住吉 太幹先生• 日本血液学会 神田 善伸先生• 日本糖尿病学会 渥美 義仁先生• 日本薬剤師会 島田 光明先生• 日本病院薬剤師会 松田 公子先生• 生命倫理 樋口 範雄先生• 弁護士 畠澤 保 先生.

次の

日本児童青年精神医学会 2019.6.11注意欠陥/多動性障害に対する中枢刺激薬の適正使用について

コンサータ 流通 委員 会

我々の活動は実際に影響を作り出しています。 例えば、我々は誰も手出しのできなかった精神科医について、その犯罪を告発し、警察や行政機関を動かしました。 厳しい流通管理がなされているはずのコンサータがその精神科医によって横流しされていたことも暴き、その流通管理がザルであることも示しました。 その結果、コンサータ流通管理委員会は慌ててルールを新しく設けてその精神科医の資格を一時停止しました。 我々はそんなザルな流通管理の下、さらに乱用の恐れのあるビバンセが承認されることに対して真っ向から抗議しました。 抗議した唯一の団体でした。 mhlw. ビバンセは承認されてしまいましたが、我々は爪あとを残しました。 「すでに、コンサータ錠(塩酸メチルフェニデート徐放錠)については、薬物乱用及び薬物依存等のリスクがあること等から、医師や薬局の登録や第三者委員会の設置等の流通管理が行われていますが、登録医による営利目的での不正譲渡等の事例が判明しており、コンサータ錠についても流通管理を強化することが検討されているとのことです。 」と書かれてあります。 pmda. pdf もちろん、これらは勝利などではありません。 しかし、無抵抗で敗北することを断固拒否し、反撃の布石を残すことはできました。 ここであきらめなければ敗北ではありません。 引き続きこの問題にも取り組んでいきます。 我々の活動は実際に影響を作り出 しています。 例えば、我々は誰も 手出しのできなかった精神科医に ついて、その犯罪を告発し、警察 や行政機関を動かしました。 厳しい流通管理がなされているは ずのコンサータがその精神科医に よって横流しされていたことも暴 き、その流通管理がザルであるこ とも示しました。 その結果、コンサータ流通管理委 員会は慌ててルールを新しく設け てその精神科医の資格を一時停止 しました。 我々はそんなザルな流通管理の下 、さらに乱用の恐れのあるビバン セが承認されることに対して真っ 向から抗議しました。 抗議した唯 一の団体でした。 ビバンセは承認されてしまいまし たが、我々は爪あとを残しました。 「すでに、コンサータ錠(塩酸 メチルフェニデート徐放錠)につ いては、薬物乱用及び薬物依存等 のリスクがあること等から、医師 や薬局の登録や第三者委員会の設 置等の流通管理が行われています が、登録医による営利目的での不 正譲渡等の事例が判明しており、 コンサータ錠についても流通管理 を強化することが検討されている とのことです。 」と書かれてあり ます。 そして、ついにコンサータについ てもビバンセを承認した条件と同 じくらい厳しい流通管理がなされ ることになりました。 もちろん、これらは勝利などでは ありません。 しかし、無抵抗で敗 北することを断固拒否し、反撃の 布石を残すことはできました。 こ こであきらめなければ敗北ではあ りません。 引き続きこの問題にも 取り組んでいきます。 精神科医あるある 「自分自身が一番病んでいる」 「自分自身が薬物中毒」 世間は、精神科医のことを「メン タルヘルスの専門家」「こころの 専門家」などと誤って認識してい ています。 それは作られたイメー ジです。 嘘つきで有名な精神科医の野村総 一郎医師が、某大手新聞の「人生 案内」の回答者を務めることから わかるとおり、精神科医=「人格 者」「人生のエキスパート」など と思い込むのは錯覚です。 精神医学、精神医療福祉の構造を 理解すれば、人格者だから精神科 医になるのではなく、問題がある からこそ精神科医であり続けるこ とができるということがわかるで しょう。 人を助けたい、心を救いたい、な どと考えて精神科医を志望する人 格者は確かに存在します。 しかし 、本当の人格者であれば、精神医 療の現場を見ると、そこは自分の 求める世界ではなく、精神医学に そのような手法はないとすぐに察 知し、そこから距離を置くでしょ う。 あるいはごくまれに精神医学 から人を救い出したいという動機 でそこに飛び込む奇特な人もいま す。 一方、通常の良心の持ち主であれ ばとても続けられないようなこと を平然と続けられるような人が存 在します。 そのような人は、精神 科医であり続けることができます。 今回逮捕された精神科医は、まだ 良心が残っていたのでしょう。 わ ざとつかまるようなヘマをしてく れているからです。 意外かもしれませんが、CCHR は精神科医の良心を信じ、そこに 働きかけます。 といっても別に改 心を求めるわけではありません。 わざわざ無意識にヘマを犯し、自 ら刑務所に入ってくれることを求 めています。 強制不妊手術に関して、日本医学 会が医師や医学会の関与を認めて 謝罪しました。 このニュースは数 々のマスコミで報道されています。 もちろん、それはその通りなので すが、医療全体の問題にしたり、 政府の問題にしたり、時代のせい にしてしまったりすると、かえっ て本質を見落とすことになります。 一般化することで責任の所在を 隠すテクニックにごまかされるこ とになります。 強制不妊手術を合法化した旧優生 保護法の制定に関わったのは誰か ?そのアイディアはどこから来た のか?手術の実施にあたり、対象 者の選別・申請・判定をしたのは 誰なのか、その根拠は何だったの かという点を明らかにすることが 重要です。 なぜならば、本質的に全く同じこ とが今でも行われているからです。 それには根拠が 無かったというのがポイントです。 根拠が無いにもかかわらず、人権 侵害を正当化し、他人の命や人生 に影響を与える強大な権限を持っ ていたのが精神科医です。 それは今の時代でも全く変わりま せん。 発達障害も「先天的な脳機 能障害」を科学的に見分けて診断 されるのではありません。 根拠の 無いチェックリストと主観によっ て、選別・判定されています。 強制不妊手術も、当時は障害者本 人のための「支援」と正当化され ました。 現代において、発達障害 と診断してあげること、服薬させ ることもしばしば「支援」として 正当化されます。 精神医学が引き起こす悲劇は、そ の渦中ではなく、その領域が徹底 的に破壊しつくされてから初めて 検証されます。 今の発達障害ブー ムも、このままでは破壊しつくさ れてから、「あの時代のあのやり 方は間違っていた」と検証される ことになるでしょう。 しかし、それでは遅すぎます。 渦 中である今こそ、人々に気付いて もらう必要があります。 そのため に本を出版します。 もちろんこの 中でも強制不妊手術問題の本質に ついて触れています。 来週いよいよ発売です。

次の