タイトー ステーション プライズ。 横浜市営地下鉄ブルーライン沿線のゲームセンター一覧

「タイトーFステーション ニシムタ出水店」が鹿児島で10月19日にオープン。富山の「タイトーステーション ファボーレ婦中店」はリニューアル

タイトー ステーション プライズ

タイトーは、「GREE」で提供中のアイドルプロデュースゲーム『 アイログ』のプライズ(景品)を、アミューズメント施設「 タイトーステーション」限定アイテムとして4月26日より導入する。 「アイログ」は、「GREE」で配信中の人気ソーシャルゲーム。 プレイヤーは、芸能事務所のプロデューサーとなって、自分だけのアイドルグループを作り、最強のアイドルグループへと育て上げていく。 個性豊かなアイドルたちが登場する800枚以上のカードを使った白熱のライブバトルや、ゲームの進行によりアイドルとの間に生まれるストーリーなどドラマティックなゲーム展開が楽しめる。 タイアップキャンペーンは、開催期間中、対象のタイトーステーション店舗でキャンペーン告知ポスターに記載してある「今日のログインコード」を「アイログ」サイト内特設ページに入力すると「クレーンゲーム1回無料」クーポンがGetできる。 クーポンを使用することでログインスタンプがたまり、スタンプを3個集めると、人気アイドル「安藤瞳」のタイトーステーション制服バージョンのレアカードがプレゼントされる。 期間限定のスペシャルなアイドルカードとなっている。 さらに「アイログ」でゲーム内イベント「スカウトキャラバン」のタイトーステーション編を4月26日から5月7日までの期間開催する。 ゲーム内で全国のタイトーステーション店舗をまわり、未来のアイドルを発掘するイベントで、一定条件をクリアすると、タイトーステーション制服を着たアイドルカードが入手できる。 同社では「全6枚のタイトーステーション制服バージョンのアイドルカードのコンプリートを目指し、タイアップキャンペーンとスカウトキャラバンイベントをお楽しみください。 」としている。 2011,2012.

次の

タイトーステーション×すーぱーそに子!

タイトー ステーション プライズ

特にイオンモール内のタイトーステーションではnanacoは使えない。 相性の良い電子マネー 楽天Edy ポイントが倍貯まる独自のメンバーズカードあり。 おすすめクレジットカード チャージポイントがつくカード 電子マネーが使えるようになればクレジットカードからチャージをすればゲーセンでゲームをしながらポイントが貯められる。 デビットカード 使える JCBデビット、VISAデビット、J-Debit (メダル貸出時に使える。 ) ポイントカード タイトーステーションメンバーズカード 200円で2ポイントの楽天スーパーポイントが貯まる。 貯まりやすいポイント 楽天スーパーポイント 現金いらず得点 4. 9点(5点満点中) 電子マネーが完全導入されて完全に現金いらずになりました。 公式HP 概要• タイトーステーションで使える電子マネー タイトーステーションでは現在多く店舗で楽天Edy、nanaco、WAON、SuicaやPASMO、ICOCA、Kitaca、ICOCA、SUGOGAなどの各種交通系電子マネーに対応しています。 イオン内の店舗ではnanacoが利用不可など多少の違いはありますが、楽天Edyと交通系電子マネーはほぼ間違いなく使えます(楽天Edyは提携してポイントがたまりやすくなったメンバーズカードあり(下記詳細))。 クレーンゲーム、プリクラ、各種ゲームなど全般で使えます。 交通系電子マネーはチャージ機も設置されています。 カードタイプの交通系電子マネーもApple Payやおサイフケータイの交通系電子マネーも現金からチャージ可能です。 各種電子マネーにチャージをしてポイントがつくクレジットカードを持っていて、そのクレジットカードからチャージをすればゲームをしながらポイントを貯めることが出来るようになります。 スマホからクレジットカードで入金したり、例えばViewカードでSuicaへのオートチャージの設定をしておけば机から離れる必要もいちいちチャージをする必要も一切ありません(オートチャージ設定の場合、ゲームのやりすぎに要注意です・・・)。 ポストペイ型のiDやQUICPayは利用不可。 au PAY プリペイドカードやソフトバンクカード、LINE Payカードなども使えません(メダル貸出時除く)。 タイトーステーションでの各種電子マネーの使い方 タイトーステーションで電子マネーを使うには、カードタイプの場合はそのままタッチすればOKです。 プレイ料金が数種類選択出来る場合は料金を選んでからタッチしましょう。 おサイフケータイ(楽天Edy、nanaco、WAON)やApple Pay(Suicaなど交通系電子マネーのみ)もOK。 電子マネーの種類を選んでから端末を乗せればOKです。 その他の使える電子マネー タイトーステーションではコナミが提供しているゲームでコナミ独自の電子マネーのパセリも対応ゲームでは使えます。 各種電子マネー導入後もパセリは利用可能です。 パセリは200円につき1ポイントが貯まります。 タイトーステーションでクレジットカードは使える? タイトーステーションでは、 メダルゲームのメダル貸出にVISA、JCB、MasterCard、American Express、Diners、銀聯の各種クレジットカードが使えます(全店舗ではありません)。 クレジットカードが使える店舗は 渋谷店、浅草店、新宿南口ゲームワールド、新宿東口店、池袋ロサ店、BIGBOX高田馬場店、多摩センター店 東京都 、和光店、所沢店 埼玉県 、小田原店、小田原シティーモール店、海老名ビナウォーク店 神奈川県 、仙台ベガロポリス店 宮城県 、豊橋店 愛知県 、アリオ八尾店 大阪府 、広島本通店 広島県 、天神店 福岡県 など。 また、 電子マネーが使える場合はクレジットカードから電子マネーに入金することで、クレーンゲームも大型ゲームもプリクラも全て間接的なクレジットカード払いは可能です。 タイトーステーションで使えるQRコード決済 タイトーステーションでは、 秋葉原店の1階、一部のプライズ機でPayPay、LINE Pay、Alipay、WeChat PayといったQRコード決済が利用可能になっています。 今後も取り組みは拡大していくでしょう。 タイトーステーションで貯まるポイントカード(メンバーズカード) タイトーステーションでは楽天Edyと提携して楽天Edy機能付きのメンバーズカードが販売されています。 通常の楽天Edyやおサイフケータイの楽天Edyで支払った場合、貯まる楽天スーパーポイントは200円で1ポイントですが、 このタイトーステーションメンバーズカードを使ってプレイ料金を支払えば200円で2ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります(還元率1%)。 このタイトーステーションメンバーズカードも確かにポイントは貯まりやすいですが、ビューカードからSuicaにチャージ(オートチャージ含む)をしてSuicaから支払ってもポイントは3倍付くので、還元率は1. 5%になるなど、ポイントが貯まりやすい経路は多数存在するので、ご自身に合った支払い方法を模索してみてください。 2015年の5月から続々と電子マネーシステムが導入され、 100円玉を両替する手間も一切なくなりました。 Apple Payやおサイフケータイなどを使えばチャージからタッチまで一括管理できるのでカードすら必要ありません。

次の

タイトーステーションの支払い方法

タイトー ステーション プライズ

株式会社タイトー(: Taito Corporation)は、新宿六丁目に本社を置く日本のゲームメーカー。 のである。 本項では、1953年に設立され、2006年に法人格が消滅した初代法人、旧称が株式会社で、2006年に初代法人を吸収合併した2代目法人、株式会社ES1として設立され、2010年に事業を継承した3代目法人について、まとめて記載する。 概要 [ ] 2020年現在の主な事業内容は下記の通り。 機器の開発、製造、販売、レンタル、メンテナンスサービス• の企画、運営およびフランチャイズ事業• の企画、開発、運営とその配信• 事業(向け景品などの開発・販売) 日本におけるコンピュータゲーム業界の草創期から携わり、今日まで様々なプラットフォームにおいてゲーム機用商品の開発・製造・販売を行ってきた、老舗ゲームメーカーのひとつである。 向けのタイトルもの時代から多数リリースしていた。 2010年にリリースされた『』を最後にすべてのコンシューマーゲーム事業をに統合し、9年間にわたり新規タイトルのリリースはなかったが、の『』にて、9年ぶりにコンシューマーゲーム向けのタイトルをリリースした。 沿革 [ ]• - の実業家、が、個人営業の輸入会社となる、太東洋行を設立する。 「太東」とは「極東の猶太(ユダヤ)人会社」を指すという。 - 仕切り直して、太東貿易株式会社を創業。 会社の創業年月日はこの太東貿易のものである。 日本で初めてを国内醸造・販売した。 東京都港区に太東貿易株式会社設立。 小型自動販売機(ピーナッツベンダー)の製造、販売業務を開始。 - ジュークボックスの賃貸業務を開始。 - 純国産1号機を開発。 アミューズメント機器の販売、賃貸業務を開始。 - フリッパーをリースし、ヒット商品とする。 - 米シーバーグ社ジュークボックスの国内販売代理権を獲得。 - 自社ブランド製品の企画・開発・製造を目的とした子会社、パシフィック工業株式会社を設立。 - 後に「」と呼ばれる遊技機の嚆矢となるの風俗営業許可を取得する。 その名は、同年に開催されたに因む。 - 遠隔操作のマジックハンドで玩具を吊り上げる「」を開発。 - 通商産業省より輸出貢献企業として表彰される。 - アミューズメント施設の強化を目的として、日本自動販売機株式会社を買収。 - 商号を現在の株式会社タイトーに変更。 - 業務用テレビゲーム『』のとして、セガ(後の)の『ポントロン』とほぼ同時に『エレポン』を発表。 これが日本初のビデオゲームとなった。 - 『』でテーブルを発売、だけでなくにも販路を拡大した。 - 『』が大ヒットし、社会現象になった。 - 営業拠点の充実を図るべく、主要都市で自社ビル建設に着手。 生産拠点として海老名市(神奈川県)に海老名工場を設置し、綱島工場の機能を集約。 - 業務用オーディオビジュアル機器(業務用映像カラオケ機器)の取り扱いを開始。 - 株式会社の資本参加により、同社の子会社となる。 - 創業35周年を機にを導入。 を、従来の下向き五角形の「TAITO」から、現在の青い上向き三角形の「TAiTO」に変更。 キャッチコピー「キャッチ・ザ・ハート」を制定。 ロゴデザインはに商標登録され、Oの末尾に小さく「」と付けるようになった。 - 自社のイメージキャラクターに「ゆうゆ()」を起用。 9月 - 回線を使用した世界初の業務用「X2000」を発売。 1月 - 二部上場。 3月 - 『』を発売。 大ヒットとなり、以後アーケードゲーム及びで多数のシリーズ作品が発売される。 - 業務用アミューズメント機器生産システムとして初めて国際品質保証規格ISO9001の認証を取得。 海老名工場における環境マネジメントシステム国際環境規格ISO14001の認証を取得。 - 株式会社 京セラ マルチメディア コーポレーションを吸収合併し、携帯電話向けコンテンツ事業を開始。 翌1月には向けに『』『』『』の3作品をリリース。 - 全事業所(9カ所)、全国直営ゲーム施設で環境マネジメントシステム国際環境規格ISO14001の認証を取得。 9月 - 東証一部上場(証券コード9646)。 6月 - OSにWindows XP Embedded(向けの)を採用した「」を発表。 3月 - アーケードゲーム用ネットワークシステム「」提供開始。 対応第1弾タイトルは『』。 - 株式会社スクウェア・エニックスが同社をにて買収すると発表。 - スクウェア・エニックスがTOBにより京セラ、コーガン家の持分を含めて株式の93. 付でスクウェア・エニックスのとなる。 - スクウェア・エニックス完全子会社の株式会社SQEXを存続会社として同社を吸収合併。 株式会社SQEXが商号を株式会社タイトー(2代目法人)に変更し、スクウェア・エニックスの完全子会社となる。 これに伴い東証一部上場廃止。 なお、同年6月21日に稼動開始した、スクウェア・エニックスとしては初めてのアーケードゲームとなる、トレーディングカードアーケードゲーム『』は、タイトーが販売を行っている。 - スクウェア・エニックス社長のが同社の社長に就任、兼務する。 前社長の西垣保男は代表取締役会長へ。 業務用カラオケ事業を分社化し、株式会社へ譲渡し撤退。 - 本社を東京都平河町二丁目5番3号よりに移転。 - 『』30周年を記念し、インベーダーをタイトーブランドの主軸に据えた商品展開を行うと発表。 全国各地に分散していたアミューズメント施設の店舗ブランドを「」に統一。 アーケードゲームの新ブランド「」発足。 現在は終了し通常料金である。 なお国分寺店はその後2013年にエンベッドによる事前チャージのシステムの実験もあったが、同駅前の再開発により閉店・消滅している(2016年9月に再オープン )。 、スクウェア・エニックス・ホールディングス取締役会の決定により、タイトーの事業再編を行う事を発表。 - スクウェア・エニックス・ホールディングス連結対象の株式会社ES1(2009年設立)に家庭用ゲーム機用商品開発・製造・販売以外のすべての事業および部門を分割・継承。 同時に株式会社SPC1号(ES1の完全親会社かつスクウェア・エニックス・ホールディングスの完全子会社)をES1を存続会社として吸収合併。 株式会社ES1が商号を株式会社タイトー(現在の法人)に、旧・タイトー(2代目法人)は商号を株式会社タイトーソフトへ変更。 - 株式会社スクウェア・エニックスが株式会社タイトーソフトを吸収合併。 タイトーの家庭用ゲームソフトの企画・開発・販売事業がスクウェア・エニックスに集約され、タイトーブランドの家庭用ゲームソフトのサポートもスクウェア・エニックスによって行われることとなった。 ただし、これまで発売されてきたゲームソフトの著作権は、引き続きタイトーが保有し続け、パッケージに書かれた著作権やメーカーロゴの表記も、スクウェア・エニックスとタイトーの連名になっている。 - アーケードゲーム用ダウンロードコンテンツサービス「」提供開始。 第1弾タイトルは『』()。 3月 - スクウェア・エニックス・ホールディングス傘下の株式会社を吸収合併。 10月1日 - 本社を東京都新宿区新宿六丁目27番30号の(に直結)に移転。 5月10日 - 和田洋一の、親会社・スクウェア・エニックス・ホールディングスの社長退任に伴い、代表権なしの会長であった飯澤幸雄が代表取締役社長に就任。 2月 - 「タイトーステーション」に各種のが使える決済端末を導入すると発表。 同年5月に利用を始め次年度中に直営40店舗に拡大予定。 12月1日 - 資本金を15億円から5000万円に減資。 7月 - 家庭用ゲーム事業への再参入を表明。 2月28日発売の『』を再参入第1弾タイトルとしてリリースした。 事業拠点 [ ] 海老名開発センター社員送迎バス• 〒151-0053 新宿六丁目27番30号 2F• サービス拠点(TSS)• 札幌TSS• 東雁来三条1-4-1 タイトー札幌オフィス• 盛岡TSS• 上堂1-2-38 マッハランド内(タイトーステーション盛岡マッハランド店と同居)• 仙台TSS• 遠見塚3-14-30• 熊谷TSS• 佐谷田1410-1 タイトー熊谷ビル• 東京TSS• 東京都南大塚3-46-3 大塚セントコアビル• 新宿東TSS• 東京都新宿区山吹町337 江戸川橋東誠ビル1F• 城東TSS• 東京都江東橋4-27-14 楽天地ビルB1F• 横浜TSS• 神奈川県溝口2-13-5(タイトーステーション溝の口2号店と同居)• 北陸TSS• 婦中町下轡田165-1 2F(タイトーステーションファボーレ婦中店と同居)• 名古屋TSS• 熊田1407 タイトー名古屋ビル• 大阪TSS• 諸口6-3-36 タイトー大阪オフィス• 広島TSS• 紙屋町2-2-21(タイトーステーション広島紙屋町店と同居)• 福岡TSS• 熊谷と大阪は、1995年3月に中央に吸収される形で閉鎖され、中央も2001年3月に「海老名開発センター」に機能移転され廃止となった。 一時期、海老名開発センター内に、当時関連会社だったの海老名工場が存在していたことがある。 熊谷以外は土地建物が売却され現存しない。 熊谷研究所が存在した「タイトー熊谷ビル」には、アミューズメント筐体のフィールドサービス()を扱うタイトーテック部門と、直営のアミューズメント店「セイタイトー熊谷Do館」が同居していた。 2000年代後半ごろには店舗が閉店され、タイトーテックの拠点として存続している。 2012年からの「アーケードゲーム博物館計画」に倉庫の一部区画を貸借し、同会有志によって不定期にコレクションが公開されている。 なお、タイトーは敷地を貸し出しているに過ぎず、サークルとの運営上の関係は一切持たない。 キャッチコピー [ ]• 「テクノファンタジー」(1985年にファミコン用ソフトのCMで使用)• 「楽・し・さ・を・演・出・す・る」(1986年~1988年)• 「キャッチ・ザ・ハート」(1988年のCI導入以降)• 「」および「」も参照 あ行 [ ]• アウターゾーン• シリーズ• シリーズ• か行 [ ]• (開発)• (プライズゲーム機)• シリーズ• ギャラクティック・ストーム• (開発)• シリーズ• (筐体販売を担当、日本システム開発)• (クイックス)• (くりきんとん)• (米国ではスターン・エレクトロニクスが開発、販売。 日本国内では販売のみ。 さ行 [ ]• (開発)• (開発)• スーパードラゴンボールヒーローズ• スピードライダー(開発)• シリーズ• このゲームに登場する敵キャラインベーダー〝 CRAB 〟は、現在タイトーのになっている。 (東亜プラン開発)• (と共同開発)• シリーズ た行 [ ]• (東亜プラン開発)• タイトーグランプリ• シリーズ• 1978年 - 1997年に発売された、タイトーのアーケードゲームを25本ずつ収録した、ソフト。 版もある。 (大型プッシャーメダルゲーム)• ダイノキングキッズ• (キッズメダルゲームはタイトー開発、カードゲームは韓国のD-Gate開発)• (大型プッシャーメダルゲーム)• (が開発に関わったソフト)• (東亜プラン開発)• シリーズ• クイズH. バブルン以前は、ちゃっくんがタイトーのマスコットキャラクターだった。 シリーズ• これはゲーム名でなく、インベーダー前後のブランド名の一つ。 同じゲームでもボックス筐体に対し、テーブル筐体は"Table Type"の略称であるこの名を、先頭に付けていた。 シリーズ• ティンクルティンクル(プライズゲーム)1988年• (開発)• な行 [ ]• は行 [ ]• シリーズ• シリーズ(、)• このゲームに登場する「バブルン」は、一時期タイトーのだった。 開発協力:• (ビデオゲーム汎用筐体)• 無頼戦士(ブライ・ファイター)• 無頼戦士DX(ブライ・ファイターデラックス)• (開発)• ま行 [ ]• マリンデート• (米国のマイルスターが開発販売、日本国内での販売のみ)• や - わ行 [ ]• ラスタンサーガシリーズ(、、• レイシリーズ(、、)• シリーズ• (東亜プラン開発)• 特殊技術・ジャンルのゲーム [ ]• 携帯ゲーム事業 [ ] 関連 (現・究極EZメロディ)において、最初の商用サイトをスタート。 以降、多くの「ぐるメロ」ブランドで音楽系のサイトを数多く展開中。 スマートフォン隆盛の昨今においてものアプリに対応した「」や、フラッシュを使った「」、の専属とコラボレーションした「」などを継続的に開発している。 ゲームではゲームセンターブランドと同じ「タイトーステーション」の名を冠したサイトを開設。 やなどタイトーの名作ゲームを揃えているほか、『』など、タイトー開発以外の有名なタイトルも多く配信している。 ゲーム系• 灼眼のシャナ 〜炎髪灼眼の討ち手〜• 灼眼のシャナII 〜星黎殿の戦い〜• 灼眼のシャナQIX• 音楽系• 画像系• 占い系• その他• 2014年よりは本格的にスマホ用ゲームの開発に力を入れる事を表明。 同年末からは完全オリジナルゲーム『』の配信を開始した(2016年5月終了)。 2017年からは「たけしの挑戦状」や「レイフォース」など、過去にタイトーが出したゲームを配信する「TAITO CLASSICS」もスタートしている。 アミューズメント施設事業 [ ] タイトーステーション国分寺店(2016年撮影。 当時タイトーFステーションとして原電化が運営していた。 ) 全国各地で、「タイトーステーション」や「ハロータイトー」などの名前でなどのアミューズメント施設を展開している。 「タイトーステーション」の内、フランチャイズ店に関しては「タイトーFステーション」の名称となっており、やなど、独自の自社ブランド(「アピナ」や「ゲームパニック」など)で店舗を展開している企業が運営している店舗もある。 、、、、、、、、、の10県に所在する店舗は全てフランチャイズ店である。 なお、タイトー直営からフランチャイズへ転換した店舗もあれば、逆にフランチャイズからタイトー直営に転換した店舗もある。 直営店の内、タイトーステーション盛岡マッハランド店、タイトーステーション溝の口2号店、タイトーステーションファボーレ婦中店、タイトーステーション広島紙屋町の4店は前述の通りTSS(アーケードゲームのサービス拠点)も同居している。 、、、、、、、、の9府県には店舗自体が存在しない。 2008年以降、随時「タイトーステーション」への統一が行われており、現在営業中の「タイトーステーション」の中にはかつて「セイタイトー」「タイトーイン」等の名称だった店舗も存在する。 このうち「タイトーイン」名義の店舗については、2018年1月に最後の店舗だった「タイトーイン綾瀬」が「タイトーステーション綾瀬店」に名称変更したことをもって消滅している。 の「プレイロットジョイ」や、秋葉原ののビルに入居している「Hey Hirose Entertainment Yard 」等、タイトーの名を冠していない直営店も数店存在する。 現行店舗については、を参照 2018年8月24日、創立記念日に合わせ、スタッフの制服を10年ぶりに新しくした。 カラオケ事業 [ ] より事業に参入し、に業務用通信カラオケ「X2000」をリリース。 に業務用カラオケ事業を分社し、既に関連製品の共同開発や楽曲の相互提供を行っていたに譲渡し業務用カラオケ事業からは一旦撤退した。 その後、2011年にアミューズメント施設向けの小型カラオケボックス「 ちょいKARA」を導入した(楽曲提供や機器などはエクシングとが担当)。 家庭用は1995年の「X-55」から参入。 各種情報の閲覧や内蔵されているゲームのプレイが可能といった、タイトーならではの機能も打ち出していたが、2012年にサービス終了した。 またこれとは別に、DVDによるカラオケ教室(の類)やパソコンによるカラオケ動画配信も一部のサイトで僅かに行っていたが、これも2013年頃までに姿を消している。 主な商品 [ ]• 業務用• X2000 - 世界初の業務用とされる。 1992年発売。 (LVC-1) - X2000の後継機種。 2003年発売。 家庭用• - 家庭用通信カラオケ第1号。 1995年発売。 当時がCMに出演。 Mediabox(M-88) - X-55の後継機種。 1996年発売。 Mediabox Xゼロワン(X-01) - Mediabox2代目。 2002年発売。 現在タイトーがスポンサーに入ってる番組はない。 (番組内の「ミリオンスロット」のシステムも開発。 同番組を題材にしたゲームも発売。 その後、これを元にしたスロットが同じ日本テレビ系列のにも使用されていた)• (一時期のみ提供)• (番組初期に提供。 同アニメを題材にしたアーケードゲームも制作した)• (1988年10月から1993年3月まで提供)• (一時期のみ提供)• (6話まで)• (再放送)• タイトー出身の人物 [ ]• 株式会社タイトー. 2020年6月6日閲覧。 社名変更・事業分割に関する全記述の出典 -• Inside、2012年8月14日• タイトー 2016年10月31日• 週刊ファミ通No. 1544 8-9頁• 2006年2月3日時点のよりアーカイブ。 2017年8月8日閲覧。 、 2016年12月9日閲覧。 「タイトーステーション・namcoが制服を刷新」『月刊アミューズメント・ジャーナル 2018年10月号』第18巻第10号、アミューズメント・ジャーナル、2018年9月30日、 61頁。 参考文献 [ ]• タイトー社史編集委員会 『遊びづくり四十年のあゆみ』(株)タイトー、1993年 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - ZUNTATA RECORDSの販売委託元。 - からインベーダーまでは、ライセンスが密接など深い関係にあった。 - 親会社• - かつての時代から親密な関係であり、大口融資先だった。 になった現在でも、親密な関係を築いている。 - 「」以降「」シリーズの発売を担当、のタイトーブースに出展。 外部リンク [ ] 各事業情報• - 総合TOP• - フィーチャーフォン・スマートフォン向けアプリ情報ページ• 動画プロモーション• ( TAITO)- 公式.

次の