琉球銀行 解約。 徳島銀行の普通預金口座を解約する方法 【かんたん】

沖縄銀行の普通預金口座を解約する方法 【かんたん】

琉球銀行 解約

9年放置していたを無事に当日解約できたことは前回の記事でお伝えしました。 しかしだけではなく、実はも9年間大切に保管していたのです!笑 不動口座 しかもこちらは不動口座扱いとなっていました。 不動口座ということは休眠口座のことでしょうか? では不動口座扱いされていなかったので、どのくらい取り扱いがないと不動口座になってしまうのか銀行によって違うのですね。 10年目安かと思っていましたが、意外と早く不動口座になってしまうことが分かりました。 絶望的な状況 不動口座になっているだけでなく、こちらも通帳のみあるだけで、キャッシュカードや印鑑は紛失。 住所変更もせず、さらに残高もあり。 これは絶望的な状況だと思いました。 しかしこの日を逃してはもう解約できるチャンスがないのでとりあえず聞くだけ聞いてみようと思い15分ほどかけて散歩しながら行ってみました。 案内係の方に説明し、整理番号を受け取り、ソファに座って待つこと約5分。 待たれている方がけっこう多くいらしたのですが、割と早く呼ばれました。 事情を説明すると、やるだけやってみましょうね~と言われ手続きしました。 運転免許証を提示し、住所変更を済ませ、印鑑も新しく再登録。 では何も書類の記入はありませんでしたが、ではきちっと書類を書いて変更しなければいけないようです。 そして、思っていた以上に少なかった残高は、 11円。 まぁないよりはありがたいです。 笑 残高を受け取り、その後すぐに終わるかと思いきや、記帳されていないものを手書きで記入する必要があり、約1時間かかると言われてしまいました。 その間は久しぶりの沖縄をぶらりと散歩することにし、約40分後ぐらいに手続き終えましたと電話で連絡があり、無事に解約できました。 も沖縄っぽさ全開の通帳です。 笑 無事に沖縄の銀行口座は全て解約 ももどちらも当日に解約することができました。 引き止められることのなく、あっさり解約できて良かったです。 これにて、使用していない銀行口座の解約手続きは全て終了! あとは全て使用しているもののみです。 全て使用していると言っても、もうちょっと数は絞りたい。 でもまぁ、ひとまず一件落着です。 はその地方でしか使えないので、引越しの可能性を考えるとは作らないようにしようと心に決めました。 jmochisize.

次の

定期預金の解約方法

琉球銀行 解約

【ここでのポイント】• 最寄りの支店(店舗)窓口で解約する• 電話やネットバンキングでは解約手続きができない 琉球銀行の口座を解約するためには、最寄りの支店に足を運ぶ必要があります。 取引店でなくてもOK。 会社や自宅の近くにある支店、出かけたついでに見かけた支店など。 琉球銀行の本支店であれば、どこの店舗でも解約手続きができます。 ただし、電話やネットバンキング(会員ページ)、琉球銀行ATMでの解約手続きはできません。 面倒でも、琉球銀行の店舗に行く必要があります。 本支店の窓口は、営業時間が平日9時〜15時と限られているので、この時間内に行きましょう。 琉球銀行の口座を解約する時に必要なもの 【ここでのポイント】• 通帳なしでの解約はできない• 紛失・破損した場合は、通帳の再発行手続きをしてから解約になる• 印鑑なしでの解約もできない• 届出印の変更手続きを行ってから解約になる 通帳なし・印鑑なしで、琉球銀行の口座を解約することはできません。 紛失した場合などは、解約手続きの前にやることがあります。 通帳・印鑑を紛失した場合の手続きが下記の通りです。 通帳を紛失した場合の手続き 口座を解約する前に「 喪失の手続き」を行います。 喪失の手続き=紛失届の提出と捉えてください。 届出印と本人確認資料、琉球銀行のキャッシュカードを持参し、最寄りの店舗で手続きをしましょう。 ただし、喪失の手続きには1週間〜10日ほど時間がかかります。 喪失手続き完了後、ようやく琉球銀行の口座を解約できるので… 合計で10日〜2週間ほどかかる可能性があります。 印鑑(届出印)を紛失した場合の手続き 口座を解約する前に「 届出印の変更手続き」を行います。 本人確認資料とキャッシュカード、通帳を持参し、最寄りの店舗で手続きをしましょう。 変更手続きはその場で完了し、すぐに新しい届出印を利用できます。 琉球銀行の口座を解約する時の手数料はいくら? 【ここでのポイント】• 窓口で手続きするだけなので、当日中に解約される• 窓口の混雑具合によって所要時間が前後する• 支店が空いている時間帯に行くのがベスト 琉球銀行の口座解約は、手続きが終わり次第その場で解約となります。 つまり、 即日(当日中)に解約されるということ。 残高があったとしても、すべて出金してもらえるので、安心してください。 ただし、琉球銀行の店舗が混雑していると、手続きに時間がかかります。 連休明けの平日や給料日前後は、特に混雑します。 少しでもスムーズに解約するなら、空いている時間を狙って琉球銀行の店舗に行きましょう。 1 0時〜11時、13時〜14時ころは比較的空いています。 琉球銀行の口座解約はATMでもできる? 【ここでのポイント】• 転勤、引っ越しなどで琉球銀行に行けない場合もある• その場合は、他の銀行に手続き(代金取立・預金取立)を依頼できる• ただし、手数料が1,000円ほどかかる 引っ越しや転勤で住む場所が変わり、物理的な問題で琉球銀行の店舗に行けない。 また、住んでいる地域にも琉球銀行の支店がない。 そんな時は、他の銀行に解約手続きを依頼できます。 これを「 代金取立(預金取立)」と言います。 流れとしては…• 代金取立を依頼する銀行の口座を開設する• 口座開設店で「琉球銀行の口座解約をしたいので、代金取立をお願いします」と伝える• 代金取立の手数料を支払う(1,000円ほど)• 依頼完了後、しばらくすると琉球銀行の口座が解約となる このようになっています。 詳しくは、代金取立を依頼する銀行(口座開設店)にお問い合わせください。 琉球銀行の口座を解約する時の注意点 【ここでのポイント】• 事前に引き落とし口座の変更手続きをしておく• 事前に振込先口座の変更手続きをしておく 琉球銀行の口座を解約する前に、必ず下記2つの手続きをしてください。 事前に引き落とし口座の変更手続きをしておく まずやることは「引き落とし口座の変更」です。 引き落とし口座が琉球銀行のまま解約すると、クレジットカードや公共料金などの支払い(引き落とし)が行われません。 その結果、代金未納として扱われ、各種ペナルティが生じる恐れがあります。 なので、琉球銀行の口座を解約する前に、必ず引き落とし口座を変更しておきましょう。 事前に振込先口座の変更手続きをしておく 引き落とし口座の変更とあわせて「振込先口座」も変更しましょう。 振込先口座とは、給与などの振込先です。 変更しなくてもペナルティは生じませんが、給料日になっても振り込まれない〜なんてことになりかねません。 まとめ• 最寄りの琉球銀行窓口に行って手続きをする• 電話やネットバンキングでの解約手続きはできない• 必要な持ちものは、届出印・通帳・キャッシュカード・本人確認資料• 手続きが完了すれば、すぐに口座解約になる• 手数料はかからない.

次の

退職後の財形貯蓄(預金)の解約方法、手続、持ち物をまとめました。

琉球銀行 解約

財形貯蓄(預金)とは? 財形貯蓄(預金)とは企業が希望する従業員の給与から一定金額天引きし、金融機関に積み立てる福利厚生制度の一つで す。 財形貯蓄の制度を導入している企業の従業員のみが利用出来る制度です。 また、財形貯蓄は3つの種類に分かれます。 財形貯蓄は主に3つの種類に分かれる 一般財形 特段の定めの無い、用途自由な財形貯蓄になります。 ただし、 非課税措置などの優遇措置はありません。 財形年金 満60歳以降に5年以上の年金を受け取ることができる財形貯蓄です。 こちらは非課税措置があります。 財形住宅 マイホームの取得やリフォームなどの増改築の為の財形貯蓄です。 こちらは非課税措置があります。 「財形年金」と「財形住宅」合わせて元本550万円の利子が非課税となります。 財形貯蓄を解約するには? 「退職予定の今の会社」又は「口座を開設した金融機関の支店」にて解約することが出来る。 退職予定の今の会社で解約の手続を行ってくれる場合があります。 その場合は後述の持ち物を用意すれば大丈夫です。 会社が解約の手続を代わりに行わない場合は財形貯蓄の口座を開設した金融機関の支店にて解約することができます。 ただし、 同じ金融機関でも別の支店では出来ない場合があります。 出来る場合でも書類を口座のある支店に送って・・など払い戻しを受けるのに1週間程時間が掛かるようです。 財形貯蓄は退職後も2年間の移転猶予がある。 退職した後も2年以内であれば、非課税のメリットはそのままで次の再就職先に移転することができます。 ただし、 次の就職先が財形貯蓄制度を導入している場合に限ります。 「財形年金」・「財形住宅」は解約時に元本割れする可能性がある。 退職などに伴う解約時でも貯蓄を年金や住宅取得の資金として受け取るわけではありません。 ですので、 「財形年金」・「財形住宅」の解約は「目的外」の解約とみなされ過去5年分の利子に対して課税されることになります。 手数料もかかる場合があり、元本割れする可能性がありますのであらかじめご注意下さい。 財形貯蓄の解約に必要な持ち物・書類 銀行印 財形貯蓄の口座開設時に届け出た銀行印をご用意ください。 財形貯蓄の証書 お手元の 財形貯蓄の証書を持参して下さい。 本人確認資料(銀行窓口へ行く場合) 運転免許証やパスポートなど顔写真付きの書類をご用意下さい。 顔写真付きではない書類でも本人確認書類として提出出来る場合があります。 予め金融機関へご確認下さい。 払戻金振込先が分かるもの 現金ではなく、指定の銀行口座へ振り込む場合は予め口座番号などが分かる状態にしておきましょう。 事前に金融機関に確認しておきましょう。 まとめ 忘れないうちに早めに手続してしまいましょう。 退職後の他の手続と比べて、急がなければいけない手続きではありません。 しかし、 退職後は転職にしろ、個人事業主になるにしろ、意外とお金が入ってくるのが遅くなるものです。 そんな時に少しずつ貯めていた財形貯蓄のお金があれば助かりますよね。 また、 2年以上経過してしまうと財形貯蓄の証書を紛失するリスクや銀行によっては解約の手続が複雑かつ時間が掛かってしまいます。 役所関係の手続が終わったら 早めに財形貯蓄の解約を行うようにしましょう。

次の