川越市 助成金 コロナ。 森永卓郎が解説~意外と知らない新型コロナ支援金制度

コロナ対策国の助成金 売上減のA型B型事業所へ50万円

川越市 助成金 コロナ

【補助対象工事の例】(注4) 屋根の改修、外壁の改修(塗装含む)、床の改修、内壁・天井の改修、間取りの変更、防音・断熱工事、台所・洗面所・浴室・トイレ等の水回りの改修など 【補助対象外工事の例】(注4) 住宅の新築・建替え工事、エクステリアの工事(門・塀・車庫・物置・造園等)、給湯器単体の交換、家具・電化製品の購入、シロアリの防除費用など 注1:支店・営業所が市内にある業者も対象となります。 その場合は書類一式が市内店舗から発行されることが条件となります。 注2:詳細は「工事完了日について(下記からダウンロードできます)」を御確認ください。 注3:マンション等の場合は個人の専有部分の工事のみ対象となります。 注4:詳細は「補助対象・対象外工事一覧表(下記からダウンロードできます)」を御確認ください。 番号 提出書類 備考 1 川越市住宅改修補助金実績報告書 ダウンロード可 2 「領収書の写し」、および「契約書の写し」 市内業者発行のもの 3 改修工事前の現場写真(交付申請時と同じもの。 カラーコピー可) ダウンロード可 4 改修工事後の現場写真 ダウンロード可 5 口座振込依頼書 ダウンロード可 6 変更後の見積書の写し(交付決定後に工事金額や工事内容を変更した場合) 工事完了後2週間以内に御提出ください。 パンフレット及び申請書類一式は下記からダウンロードできます。 また産業振興課窓口でも配布しております。 施工業者のあっ旋は行っておりません。 また、施工業者とのトラブルについてもお応えいたしかねます。 改修工事の対象箇所を分けることで、川越市役所の他課で行っている住宅改修関連補助制度と併用できる場合があります。 各制度の詳細については、各担当に直接お問い合わせください。 (下記の住宅改修等助成制度一覧をご参照ください。

次の

お知らせ

川越市 助成金 コロナ

質問 回答 1 売上高の減少率がひと月でも50パーセントを超える場合や、「持続化給付金」の申請対象となる場合は、支援金の申請はできないのか。 今回の支援金は、前年同月比の売上高の減少率が50パーセント未満で、国の「持続化給付金」の対象とはならない方を緊急的に支援するものです。 このため、申請時点で、前年同月比の売上高の減少率が50パーセントを超え、持続化給付金の対象となることが明らかな場合は支援金の対象とはなりません。 なお、申請月の売上げ見込みについては、今般の事態による先行きの予測を立てることは困難と思われますが、申請時点の見込みとして50パーセントを超えないことを「売上高減少申告書・誓約書」に署名・捺印いただければ、支援金の申請を受け付けています。 2 売上高減少率の対象月となる2月から5月とは、任意で選択してよいか。 任意の月で構いません。 ただし、2月から5月のうち、売上高の減少率が15パーセント以上50パーセント未満である月を選択してください。 3 川越市外に本社(主たる事業所)があり、事業所の一部が川越市内にある場合は対象者となるか。 本社(主たる事業所)が市外の場合でも、支援金の申込みの日以前、川越市内に3箇月以上事業所があれば、対象となります。 ただし、市内に事業所(支店含む)があることが確認できる資料の添付が必要となります。 1 川越市内に事務所又は事業所を有する中小企業者(個人事業主含む)なお、中小企業者の定義は、 をご参照ください。 2 必要な許認可を取得のうえ、支援金申請日までに3箇月以上市内で事業を営み、かつ今後も市内で事業を継続していく意思があること 3 新型コロナウイルス感染症による影響のため、令和2年2月から5月のいずれか1月における売上高が前年同月と比較して15パーセント以上50パーセント未満の割合で減少していること(小数点以下切捨て) 注:創業後1年未満で前年同月との売上高の比較が困難な場合は、例外として令和2年2月から5月のいずれか1月と、その直近2箇月間の平均売上高との比較になります。 4 令和2年1月から支援金申請月の前月までの間の1箇月の売上高の減少率が50パーセント未満、かつ支援金申請月の売上高の減少率が50パーセント以上とならない見込みであること 1 川越市中小企業者事業継続緊急支援金申請書(様式第1号) 2 申請時チェックリスト(様式別紙) 3 売上高減少申告書・誓約書(様式第2号)(一般用・創業者用) 注:創業後3箇月以上1年未満の事業者等で、前年同月との売上高の比較が困難な場合は、「創業者用」を使用してください。 4 2019年の確定申告書類の写し ただし、税務署収受日付印があるもの(e-Taxで申告の場合は受信通知などデータを送信したことがわかる書類)を添付してください。 法人 右記すべて 確定申告書別表一 法人事業概況説明書 (表面及び裏面) 個人事業主 右記のいずれかひとつ 所得税青色申告決算書 (青色申告の場合) 収支内訳書 (白色申告の場合) 5 支援金申請日時点で、市内で3箇月以上事業を営んでいることが確認できる書類 法人 右記2から5のいずれか• 個人事業の開業・廃業等届出書の写し• 営業許可書の写し• 賃貸借契約書の写し• 土地・家屋評価証明書(一般用)• 公共料金の支払い領収書(3箇月分)の写し、等 個人事業主 右記1から5のいずれか なお、上記4「2019年の確定申告書類の写し」で確認できる場合は不要です。 6 令和2年2月から5月のいずれか1箇月間の売上高が分かる書類 月別の売上台帳、月別試算表(損益計算書部分のみ)、等 注:創業後1年未満で、前年の売上高と比較困難な場合は、「令和2年2月から5月のいずれか1か月の売上高」と「当該月の直近2箇月間の売上高」が分かる書類 7 前年同月の1箇月間の売上高が分かる書類(以下のいずれかに該当する場合のみ)• 上記4「2019年の確定申告書類の写し」で「収支内訳書(白色申告の場合)」を提出した場合• 確定申告をしていない場合 8 支援金申請者名義の預金通帳の写し等、支援金振込先の金融機関名、支店名、金融機関コード、支店コード、預金種別、口座番号、口座名義が分かる書類 通帳を開いて1・2枚目の写し、ネット銀行などの場合は画面データ、等.

次の

特別定額給付金、一人10万円の申請方法はこちら 新型コロナウィルス緊急支援【速報!】

川越市 助成金 コロナ

徳島県(補助金・助成金・融資情報) 新型コロナウィルス関連情報 徳島県(補助金・助成金・融資情報) 徳島県の補助金・助成金・融資の情報をまとめています。 徳島県• 徳島市• 鳴門市• 小松島市• 阿南市• 吉野川市• 阿波市• 三好市• 上勝町•

次の