花粉 喉 の 違和感。 のどの違和感 花粉症?

喉の違和感・異物感は「咽喉頭異常感症」かも|カンポフルライフ

花粉 喉 の 違和感

喉が狭いって? 喉に何か詰まっているような異物感があり、食事を飲み込む時につらいとか、 呼吸をする時に、なんだか息苦しいとか、息が喉に触れると咳が出るとか、 まるで、何かがつかえているような、 一言でいうと、喉が狭い、とでもいうような…そんな、喉の不調。 上記のような症状があり、「なんだか喉に違和感があるな~」と感じた時、 「きっと風邪だな」と思う方は多いと思います。 特に、冬場は風邪が流行るので、自分もきっとそれだと考えるのは自然でしょう。 でも、その違和感、もしかしたら、風邪では無いかもしれません。 喉が狭いと感じる症状を引き起こす原因には、たとえばストレスだったり、 胃炎だったり、細菌感染だったり、実は風邪以外にも、色々あるのです。 それなのに、風邪だと思い込んで対処したのでは、その対処法は症状に効かないですし 余計に悪化させることにもなりかねないです。 そう考えると、ちょっと怖いですよね。 というわけで、今回はこの喉の違和感、喉が狭い症状が出る場合の、 考えられる原因や、予防法や対処法、などについて、色々ご紹介します。 喉が狭いと感じた時、風邪を含めて考えられる原因を色々知っておけば、 予防も対処もしやすいですし、自分や家族の喉の違和感の原因の特定にも役立ちますので、 ぜひ、覚えてみてくださいね! スポンサーリンク 喉が狭い!喉の違和感から考えられる原因いろいろ 冒頭では、息苦しいとか、異物感とか、喉が狭いと感じるような違和感には、 風邪以外にも、胃炎や細菌感染など色々原因が考えられると書きましたが、 ここではもう少し具体的に詳しく、様々な原因をご紹介しますよ。 気管支喘息 前述したアレルギーによる気管支の炎症や、 喉が狭くなり気道が過敏になった症状があらわれた時に、 息が苦しくなる発作を繰り返す気管支喘息が起こります。 喘息の発作時には、息を吸うより吐く方が苦しくなり、喉が詰まる感じの他、 咳、たん、「ぜいぜい」「ヒューヒュー」という呼吸音、呼吸困難が続きます。 スポンサーリンク 喉が狭い辛い症状が起こるのを予防するには? 前項では、喉が狭いと感じる症状が起こる場合に、 考えられる様々な原因をご紹介しましたが、 この原因のいくつかは、日常的に出来ることをしたり、気を付けたりすることで、 ある程度予防をすることができますよ。 以下に、その予防法をいくつかご紹介します。 アレルギーの原因を避ける 喉が狭いと感じる原因には、アレルギーによるものもいくつかありましたよね。 ですので、アレルギーの原因となるものを避けることも、効果的な予防になります。 具体的には、食品がアレルゲンなら当然食べたり触れたりしないこと、 花粉やハウスダスト、ダニがアレルゲンなら、こまめな掃除、とかですね。 現在特にアレルギーが無い、判明していない、という方でも、 ハウスダストや花粉がアレルギー原因になり、それらを沢山吸い込んでしまうことで、 ある日突然反応が出る場合もありますから、そうならないためにも、 こまめな掃除で室内の花粉やハウスダストを減らし、寝具をマメに干してダニを減らすなど 部屋を清潔に保つことは、とっても大事なんですよ。 喉が狭いと感じたら?対処法はあるの? たとえ毎日健康的な生活を心がけて、予防をしていても、 ストレスやウイルスなど完全に避けることは出来ませんし、 喉が狭い!息苦しい…と、症状が出てしまうこともありますよね。 ではそうなった場合はどうしたいいのか、以下にまとめました。 病院で診察を受ける 前述の市販薬ではダメそうな時の他、高熱と喉の腫れ痛みがあり扁桃炎の恐れがある、 喉の違和感や狭い感じが長引く時などは、病院で診察を受けましょう。 また、食道に異物が詰まった時はすぐに病院に行き、緊急処置を受けてください。 ちなみに、喉の違和感で病院に行く場合は、 耳鼻咽喉科、もしくは消火器の専門医を受診しましょう。 正しい診断をしてもらい、適切な処置をしてもらうことで、 喉の不調から、早く回復することができますよ。 以上、喉が狭い感じになる症状の、 考えられる様々な原因や、予防法、対処法などについてのご紹介でした。 喉が狭いと感じた時って、冒頭にも書いたように、 ついつい単純に「風邪かな~、冬だし風邪流行っているしなぁ」と判断をして、 市販薬の喉用風邪薬などを服用して済まそうとしてしまいますが… 実はそれが風邪ではない可能性がこんなに沢山あることを知ると、 風邪だと決めつけたり、 市販薬が効かなくても我慢して飲み続けて病院に行かず放置することが、 結構あぶない事だということも、わかって頂けたのではないかと思います。 個人的な話ですが、私も以前、喉が狭いというか腫れたような感じになり いつもの喉の風邪だと思って市販の風邪薬を飲んだものの、全く効かず 何日も高熱が出て喉も痛くて何も飲み込めず、声も出ない…というところまで悪化して 耳鼻咽喉科に行ったら、風邪ではなく扁桃炎だった、ということがありました。 病院に行った時にはかなり弱っていたので、その後長引いて酷い目に遭いました…。 ですので、皆さんには、私のようにならないためにも、 素早く正しい判断や対処をして、早く喉を治すために、 ぜひこの記事を原因の特定や症状の改善にお役立て頂ければと思います。 また、普段からなるべく、喉が狭くなる不快な症状に陥らないよう、 予防につとめてみてくださいね。

次の

喉の違和感が治らない、もしかして癌?

花粉 喉 の 違和感

風邪をひいたわけでもないのに、以下のような喉の症状はありませんか? ・不快感、異物感がある ・喉がつまって苦しい…。 ・喉に何だか違和感がある 病院で検査をしても原因がわからない、このような症状があることを「咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)」といいます。 また、ヒステリー球とも呼ばれています。 周囲からはなかなか理解されにくい悩みですが、喉の不調は発声や呼吸、食事など日常生活の様々な場面に影響を及ぼすため、本人にとっては辛い症状と言えます。 特に、秋から冬にかけては、空気の乾燥による喉へのダメージも合わさることで、ますます喉の違和感が強くなることも多いので、早めのケアが大切です。 喉の違和感がある『咽喉頭異常感症』の原因 漢方の世界では咽喉頭異常感症を、梅の種が喉にあるような感じがして、飲み込むことも、出すこともできないことに例えて 「梅核気(ばいかくき)」と呼ばれています。 咽喉頭異常感症の主な原因はストレスと言われています。 更年期障害や自律神経失調症、うつ病など精神的症状の目立つ病気に見られることが多く、心理的に大きなストレスがかかった場合に喉の違和感が悪化する傾向にあります。 例えば、怒りや悲しみなど強いストレスを感じた時、胸苦しさで喉がつかえたり、呼吸が浅くなった経験はありませんか?漢方では、心理的なストレスが原因で気の巡りが滞る「気滞(きたい)」が、これらの症状を引き起こすと考えています。 気滞とは、様々な原因で気の巡りが悪くなって滞ることを指していますが、「梅核気」の場合、ストレスによって喉の部位で気の停滞が起こっていると考えられています。 喉の違和感がある『咽喉頭異常感症』になりやすい人の傾向 このような喉の違和感や喉のつかえを感じやすい人には、いくつかの傾向があります。 「 普段からストレスを発散することが苦手な人」、「 嫌な思いをしても我慢してしまうタイプの人」で、また、 比較的女性に多く見られる症状です。 強いショックやストレスを受けた時、食欲が落ちたり、誰かに打ち明けることができず一人で抱え込んでしまう人は『咽喉頭異常感症』による喉の違和感が生じやすいタイプかもしれません。 喉の違和感や『咽喉頭異常感症』の一時的な改善法 飲み込むことも吐き出すこともできない喉のつまりがあると、口の中をさっぱりさせたいと感じますよね。 そんなときは、 ミントタブレットやのど飴など、喉に清涼感を感じるもの、ハーブやスパイスなど香りの良い食べ物がおすすめです。 口の中がスッキリして、喉の違和感やつまりなどの感覚が一時的に緩和するでしょう。 漢方では、喉の違和感が生じる「梅核気」には、胃腸の不調も関係していると考えています。 暴飲暴食や夜遅い食事、濃い味付けやカロリーの高い食事の摂りすぎ、お酒の飲み過ぎは胃腸にダメージを与えやすいので、普段から食事には気をつけて生活しましょう。 また、喉の違和感には、「気の巡り」を良くする 深呼吸がおすすめです。 強いストレスを感じたときは、自然と呼吸が浅くなって喉の違和感がひどくなる傾向にあります。 そんな時は深呼吸をしてみてください。 気の巡りを良くするイメージで、気持ちが落ち着くまで深呼吸を数回繰り返しましょう。 普段から無意識に呼吸が浅くなっていないかもチェックしてみてください。 運動によるストレス発散も意識してみてください。 さて、喉の違和感は、何かに集中している時や睡眠時は気にならない傾向があるようです。 喉の症状について気になり始めると、いつまでも苦痛が続いてしまうので、趣味や仕事で紛らわすという方法もあります。 しかし、これはあくまでも、一時的な改善策のため、時間が経つとまた喉の痛みやイガイガなどの不快感が戻ってきてしまうようです。 喉の違和感、咽喉頭異常感症に漢方薬を 一時的な改善だけではなく、喉のつかえ感や違和感の咽喉頭異常感症を解決したい!そんな方は漢方薬を試してみませんか? 漢方治療では、「気」のめぐりを良くして、喉のつかえ感や違和感を改善する「 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」が昔から「梅核気」治療に用いられてきました。 その他、「 柴朴湯(さいぼくとう)」も喉のつかえ感に効果的です。 柴朴湯は「半夏厚朴湯」と「小柴胡湯(しょうさいことう)」を合わせた漢方薬です。 柴朴湯も、ストレスで停滞した気の巡りを良くする働きが期待できます。 今回でご紹介した「 半夏厚朴湯」や「 柴朴湯」を試したいけど、漢方を処方してくれるお医者さんが分からない、という方は「」サイトをご覧ください。 「」ではお近くの漢方医をご紹介します。 また、では喉の違和感以外にも、ストレスによるイライラや不眠などの症状についても、原因や改善するためのアドバイスをご紹介しています。 あなたの症状にあった対処法が見つかるかもしれません。 ぜひ探してみてください。 気になるストレス症状である喉のつかえ感や違和感は漢方薬ですっきりさせて、爽やかな毎日を過ごしたいですね。 お近くの漢方医が探せるほか、漢方専門の先生もご紹介します。

次の

喉の違和感が治らない、もしかして癌?

花粉 喉 の 違和感

喉の異物感が続くと、食事をとるときや声を出すときなど日常生活にも影響が出ることがあります。 風邪でもないのに喉に異物感があり、なかなか改善しない• 喉がつまったような不快感がある• 飲食物が飲み込みづらいような気がする このように喉の異物感を感じるとき、一体どのような原因が考えられるのでしょうか。 病気による喉の異物感 喉の異物感は何らかの病気が原因となって起こっている場合もあります。 逆流性食道炎 は、胃酸が逆流する事で食道に炎症を起こす病気です。 胸やけやみぞおちの痛みなどが主な症状で、喉の違和感や咳、酸っぱいものが込み上げてくるなどの症状が起こることも多くあります。 急性上気道炎 急性上気道炎とはいわゆる風邪のことで、鼻から喉にかけた急性炎症です。 原因のほとんどがウイルス感染で、咳や喉の痛み、鼻汁、発熱といった症状がみられます。 風邪そのものが治癒すれば、喉の違和感も自然と解消されることがほとんどです。 咽喉頭異常感症 とはヒステリー球とも呼ばれているものです。 腫瘍などの異常がないのに喉に異物感や違和感を覚えます。 原因は喉の過敏、、、がんへの不安やなど心因的な要因が強く関係していることもあるといわれています。 アレルギー による気管の炎症で喉の異物感を感じることもあります。 の原因はハウスダストやダニ、花粉、食べ物などさまざまです。 他の症状は、目や皮膚の、鼻水、くしゃみ、などで、強い反応が起こった場合には、という呼吸困難や嘔吐、血圧低下などを伴う重篤な状態になることがあります。 を思わせるような症状があった場合には、すぐに受診が必要です。 甲状腺の病気 甲状腺はのど仏の下にある臓器で、ここが腫れることで喉の異物感がみられることがあります。 甲状腺の代表的な疾患は、甲状腺の機能が低下して甲状腺ホルモンが不足すると、反対に甲状腺ホルモンが過剰に分泌されるです。 では疲労感、浮腫、体重増加などがみられ、では動悸や体重減少、目がとび出るなどの症状がみられます。 他、甲状腺に良性や悪性の腫瘍ができてしこりや腫れ、首や喉に違和感を生じることもあります。 ポリープ・がん 喉にポリープやがんができることで喉に異物感を生じることもあります。 良性であるポリープは声の出し過ぎなどによって炎症を繰り返すことでできることが多く、声のかれが主な症状です。 また、声帯を含むのど仏のあたりを喉頭とよびますが、でも早期から声のかれがみられることがあります。 鼻の奥から食道につながる部分にがんができるのがで、喉の違和感や痛みの他にも鼻づまりなどの鼻の症状や耳の聞こえにくさや痛み、首の腫れなどの症状が現れることがあります。 リンパ節腫脹 リンパ節とは、リンパ液内の病原体などをろ過するための組織で、首や脇の下、足の付け根などに多く存在します。 このうち首のリンパ節が腫れることで、喉の異物感を感じることがあります。 リンパ節が腫れる原因は、感染症、、、がんなどさまざまです。 リンパ節を触ったときにぐりぐりしたものがあることで気づくことが多く、原因によっては痛みや発熱、、体重減少などの症状が起こることもあります。 受診の目安とポイント 喉の異物感がよくならず続く、喉の強い痛みや呼吸がつらいと感じるなどの症状がある場合には受診しましょう。 原因によって専門科目が分かれますが、喉の異物感を主な症状として受診するのであれば、まずは耳鼻咽喉科への受診がよいでしょう。 受診の際には、いつから違和感があるのか、他にどのような症状があるかを伝えるのがポイントです。 また、飲食後や就寝時など特定の状況で症状が出る場合はその状況や時間なども伝えるとよいでしょう。 日常生活上の原因と対処法 喉の異物感は、日常生活上の原因で起こることもあります。 飲酒や喫煙 飲酒やは刺激が大きく、喉や食道、気管などに炎症を起こす原因のひとつです。 特に、タバコに含まれる有害物質は声帯や気管などに炎症を引き起こしやすく、異物感の原因となることがあります。 飲酒や喫煙が原因かなと思ったら 喉に異物感など何らかの異常を感じた場合には、飲酒やは控えましょう。 また、特にタバコは喉に限らずさまざまな病気の原因となるため、することが好ましいといえます。 タバコには依存性があるため自力でやめることが難しい場合もあります。 外来などの医療機関を受診すると、医師の指導のもと補助薬などを利用してを進めることができます。 良くならない時には 飲酒やタバコを控えても喉の異物感がよくならないときには、思いもよらぬ原因が潜んでいるかもしれません。 一度医療機関を受診しましょう。

次の