シンプソンズ トランプ。 「シンプソンズ」が“暴君”大統領候補トランプの出現を完全予言していた! 全米崩壊の未来も…!?

【都市伝説】全ては予言されていた8つの証拠と未来予想図

シンプソンズ トランプ

トランプ大統領の誕生 数年前までドナルドトランプの 特徴的な外見や自信過剰な性格は メディアでも話題でした。 しかし、2000年にシンプソンズは トランプが大統領になる事を予言し、 これを見事に的中させているのです。 この予言は驚くほど実際と酷似しており、 たまたまとは考えにくいほどです。 トランプ自体目立つ人物だったため、 取り上げられる事は予想できますが、 それでも現実と酷似しすぎています。 こちらの内容はイルミナティカードの 予言とともに深堀していますので、 下記の記事をご覧ください。 また、作中でトランプの当選を ある人物がよげんしているのです。 それが、プーチン大統領です。 600話を記念して放送されたシーンで プーチン似のキャラクターは、 「ハッキング」のおかげで当選すると言います。 実際に、ヒラリーはハッキングの影響で 選挙が不利になってしまい、 トランプが当選する事になります。 このハッキングの指示をプーチンが 直接出したとアメリカの情報当局は断定した と報じられているのです。 ギリシャの経済危機 2013年に放送されたエピソードで シンプソンがニュースに登場します。 そしてスクリーン下に流れる字幕には ヨーロッパのギリシャをイーベイに 競売に出したと表示されていました。 これは、経済に詳しければ予想は可能ですが、 予言の一部として書いておきます。 2014年ワールドカップでドイツがブラジルに勝利 2014年のシンプソンズでは、 フィファ(FIFA)で行われるワイロ問題や ドイツのワールドカップ優勝が描かれています。 実際に、ドイツはブラジルとの決勝戦を勝ち ワールドカップで優勝を果たします。 これは、アニメ放送後半月後の事です。 スーパーボールで歌うレディーガガ スーパーボウルとは、アメリカの プロアメリカンフットボールリーグである NFLの優勝決定戦の事です。 アメリカ最大のスポーツイベントです。 試合にハーフタイムでアーティストが 毎年ショーをするのですが、 レディーガガがショーをするシーンがあります。 ただ、レディーガガは人気のスターなので、 スーパーボールのショーに登場しても 驚く事ではありません。 アメリカNSAによる盗聴 あるエピソードではアメリカ政府が 国民の通話を盗聴しているシーンがあります。 そしてその6年後には エドワードスノーデンがNSAによって 一般人の会話盗聴を暴露しました。 エボラの流行 1997年のシンプソンズで、 エボラ出血熱の流行が予言されています。 当時はエボラウィルスのことは、 まだ一部の研究者にしか知られていませんでした。 そして、17年後の2004年に この予言は見事的中しました。 ヒッグス粒子の発見 1998年のエピソードでは フォーマーシンプソンが研究者になり 複雑な計算式を解くシーンがあります。 「数学者達の楽園ザ・シンプソンズを作った 天才たち」の著者であるサイモンシンによると ヒッグス粒子の発見を予言していたようです。 この粒子の存在はヒッグス教授によって 1964年に初めて提唱されましたが 2014年まで存在の証明はできませんでした。 ロンドンのザシャード展望台の建設 1995年の「リサの自由」という エピソードにはリサがロンドンへ 旅行するシーンがあります。 その中でタワーブリッジの向こう側に 大きな展望台がある事がわかります。 そのシルエットや位置が まさにザシャード展望台そっくりです。 三つ目の魚 バートシンプソンが地方の発電所近くの川で ブリン機と呼ばれる三つ目の魚を捕まえます。 それから10年以上たって三つ目の魚が アルゼンチンの貯水池で実際に発見されました。 そこの水は現地の原子力発電所の方から 流れてくるなど状況が似ており、 予言ではないかと言われています。 911同時多発テロ 1997年にシンプソン一家が 乗車料金9ドルの格安ツアーで ニューヨークに旅行に行きます。 その時のシーンがこちらです。 9ドルと貿易センタービルが重なり 911を暗示していると事です。 そして、2001年に同時多発テロが発生します。 まとめ 今回はシンプソンズで放送された 予言をテーマに記事をまとめました。 イルミナティカードほどではありませんが、 気になる点が多くあり興味深かったです。 なぜ、数あるアニメの中で シンプソンズが話題になるのかというと、 イルミナティと関連が深いようです。 アニメの中にイルミナティの暗示や メッセージが隠されている サブリミナルアニメのようなのです。 サブリミナルと言えば日本でも 人気作品に取り込まれています。 ドラゴンボールにもサブリミナルが 多く取り込まれている事がわかります。 人気になる作品の裏側には、 フリーメイソンやイルミナティの影が あるのかもしれませんね。

次の

米アニメ・シンプソンズ予言: コロナウイルス, コービー・ブライアントの死,トランプ大統領の死: 夢日記

シンプソンズ トランプ

2000年3月にアメリカで放映された「トランプ大統領下のアメリカ」を描いたアニメ『シンプソンズ』より ・ 16年後に的中してしまったものは仕方ない ザ・シンプソンズといえば、1989年から続くアメリカの長寿人気アニメで、「家族もの」ではありますので、位置としては、アメリカのサザエさんというところでしょうか(多分ちがう)。 このシンプソンズは、昔からいろいろと「予言的な要素」について言われていたアニメで、たとえば、1997年放映の回では「 エボラウイルスの流行」ということを彷彿とさせるものを放映していたり、 1997年10月19日に放映されたシンプソンズより ・ エボラが発見されたのは 1970年代ですので、シンプソンズの脚本家が細菌学者なみに感染症に興味があり詳しい場合なら十分に知り得る知識ですが、まあ一般的には当時あまり知り得るものではなかったようには思います。 それにしても、絵本の中で、おさるのジョージをエボラにしてしまうというのは、すごい発想ですね。 そして、2001年9月11日に起きたアメリカの同時多発テロについても、その数年前に放映されたシンプソンズの内容が、そこに出てくる図柄が「 ツインタワー、そして、文字はニューヨーク911のように見える」など、いろいろ言われました。 1997年10月19日に放映されたシンプソンズより ・ あるいは、これは、In Deep でもかつて結構、 ことですが、アメリカ国家安全保障局(NSA)や CIA などの国民に対しての盗聴。 これも、20年くらい前のシンプソンズで描かれています。 下の絵の上にあるのは盗聴マイクらしきもののケーブルで、各関係部局のケーブルがあまねくシンプソンズ家に入り込んでいる光景です。 1997年1月5日に放映されたシンプソンズより ・ これがアメリカの一般家庭の様子だと言いたかったのかもしれません。 他にも本当にたくさんいろいろとありますが、最近は、冒頭のように、ついに「 2017年のアメリカ大統領も的中」させてしまったのですね。 Sponsored Link 2000年に放映されたシンプソンズでは、実在だったトランプ氏がアメリカ大統領になっているというアメリカの未来を見た話を放映していたのでした。 そのアニメの描写と現実との「よく似ているっぷり」がちょっと洒落にならないとアメリカでは昨年から言われていました。 2000年のシンプソンズの場面と2015年のトランプ氏の選挙運動の光景 ・ 演説場所からネクタイの色、背広の色など何もかも同じに再現されています。 まあ、これに関しては、「トランプ氏がシンプソンズのシーンを真似た」と考えるのが妥当かもしれませんけれど。 しかし、それより問題は、 シンプソンズのそのエピソードでは、トランプ氏が大統領になったアメリカは最低の経済と社会状況に落ち込み、アメリカ国家はボロボロになっているという話だったという方かもしれません。 この部分に関してもトランプ氏がアニメを真似るかどうかというところも話題となっています。 シンプソンズの話が、未来に起きることと偶然似てしまうのは、脚本家があまりにも「いろいろな意味」で優秀で、さまざまに浮かんでしまうのかもしれないですし、他に理由もあるのかもしれないですが、その点に関してはよくわかりません。 そして、シンプソンズには、 他にも物騒な描写が山ほどありますので、今後の社会もそのようになっていくのかどうかは後になればわかるのかもしれません。 そんな中で、「アメリカ大統領選に隠れたような形で」アメリカの大きなプロジェクトのようなものが、大統領命令として発令されていました。 今回はそのことにも少しふれておきます。 対象はアメリカ国家ではなく「全世界」の公衆衛生保全行動 2016年11月04日の米国ホワイトハウス・ウェブサイトより ・ アメリカ大統領選挙が行われる数日前、ホワイトハウスより「アメリカ大統領令」が発令されてまして、これが上のようなものでした。 この大統領令については、アメリカ大統領選が間近で、アメリカのメディアもまったく報じていなかったこともあり、インターネット上では「大統領選に隠れて発令」というようなニュアンスで、例えば下のように「報道管制」という言葉を使って伝えるブログもありました。 ・ 2500文字からなるこの文書は、世界を感染症の脅威から保護し、安全を保持するために「世界健康安全保障アジェンダ」(GHSA:Global Health Security Agenda)という名称の存在がこの命令の中央に君臨して、関係各国と連携していくというものです。 この「世界健康安全保障アジェンダ」は、アメリカ政府の次の機関から、次官補レベル以上で人物が提供されることが要求されています。 「次官補」といわれても、その立場の地位がわかりにくいですが、 によりますと、アメリカの次官補というのは、日本の外務省でいえば、局長にあたるというようなことですので、それなりに各省庁の上層部に近い立場の方々に該当するようです。 そういうような人たちが結集して「全世界の公衆衛生に対しての権限を持つ」ということになりそうなのですが、アメリカとは単なる一国家に過ぎないわけですが、それがなぜ全世界に権限を持つことを「大統領令」として出すのか、ちょっとわからない部分はあります。 その文書の「指令第1章」を抜粋して翻訳してみたいと思います。 2016年11月10日のホワイトハウスのアメリカ大統領令より 第1章 政策 生物学的脅威に対して国際的な世界健康安全の保護を促進することはアメリカ合衆国の国家戦略の中核の信条であり、これは生物学的脅威に対抗するための国家戦略として宣言され、大統領政策の「指令2」として履行される。 いかなる国家も、他の国家に対しての生物学的脅威に対抗する準備が整ってはいないが、それゆえに、米国が推進する「世界健康安全保障アジェンダ(GHSA)」政策が必要とされる。 この具体的な目標は、パートナーの国々において、その感染症が自然に存在するものであろうと、偶発的(人為的)なものであろうと、その検出能力を向上することを目的とし、予防、検出、および感染症の脅威について多面的で数多くの国々に対してのイニシアチブを達成することにある。 ここに記載されている役割、責任、および活動は、国際保健規則(IHR)に応じて、あるいは必要に応じ、実施される目標を支援する。 それは、世界保健機関(WHO)、国連食糧農業機関(FAO)、国際獣疫事務局(OIE)、大量破壊兵器及び、国際刑事警察機構の物質の拡散に対するグローバル・パートナーシップ(INTERPOL)、および他の関連機関と連携する。 世界中の金融機関もまた、このキャンペーンと強力することになるだろう。 世界健康安全保障アジェンダの目標の達成を進めるため、および相手国内の国際保健規則の実施を支援するために、担当省庁、機関、および事務局は、必要に応じて、担当部門を含む他の政府、国際金融機関、国際機関、地域機関、経済社会、非政府関係者と調整する。 というようなことを始めとして、長々と書かれているのですが、これはつまり、たとえば、日本でもいいですが 、パートナー国が政府が対応できないような何らかの感染症が流行した場合に、「アメリカ当局と米軍が支援する」というようなことを意味しているようです。 これには、上の文書に「自然でも偶発的でも」とありますように、「生物化学兵器」についても含まれているようです。 項目に「予防」というようにありますので、あるいは、感染予防のワクチンなどもアメリカ主導で他の国に行うというような権限も発生するという流れとなっていくのかもしれません。 もちろん、アメリカ当局には何か「大規模な感染が発生するような事態の予測」があるのかもしれないですが・・・。 ただ、 最近の「脅威のある感染症」に対して「人為的な対策が効果があるもの」というのは、ほとんど「ない」と思います。 ジカにしても様々な耐性菌にしても、治療法も予防法もない、つまり打つ手がないものがほとんどです。 それだけに違和感を感じたのかもしれないですが、しかし、陰謀論的にではなく、普通に考えれば、生物化学兵器などを含めて「何らかの世界的な感染症の脅威」が迫っているということを示しているのかもしれないとも少し思いました。 そして、オバマ大統領の次は、アメリカの大統領は先ほどの人になるわけです。

次の

「ザ・シンプソンズ」、16年前にトランプ当選を予見していた!劇中の トランプ大統領の手腕は・・・[動画]

シンプソンズ トランプ

2062年から来た未来人とは何者か? 自称2062年から来た未来人は、 2010年11月〜12月、2011年7月、2012年12月に2ちゃんねるオカルト板に突如現れ、スレ住民と質疑応答を行った人物です。 (引用: 住所、年齢等は非公開でありつつも、日本人の男性であること判明しています。 2010年11月への訪問の目的は秘密調査とのことで、2chに現れた理由は、その当時人気のwebサイトであることが判明、調査予定時間まで見てみようと思っていたら、書き込んでしまったといいます。 ここに書き込んでるのは、 過去データベースを調べて2010年に人気があったウェッブサイトだと判明した。 調査予定時間まで見てみようと考えたのだが書きこんでしまった。 (引用: 2010年の時点で、 2011年3月11日の東日本大震災や、原発事故を示唆し、その他にも、 中国の崩壊、アメリカデフォルト、韓国・北朝鮮の消滅なども予言しており現在も注目されています。 予言内容について詳しく見ていきたいと思います。 アジアの大半がインドになっている。 自然災害に関しては、言う事が許されない。 人口動態変化に繋がる事は言えないのだ。 ただし、忠告しておく。 yあ 間 N意 埜 b於 ㋹ (引用: 2062年から来た未来人は、大地震等の危機的状況について直接的に伝えることができないらしく、暗号的な表現で示しています。 それが、 yあ 間 N意 埜 b於 ㋹(山へ登れ) この警告が発せられたのは、東日本大震災の2011年3月11日の前年である、2010年11月14日です。 地震発生の4ヶ月も前のことで、これは予言ではないか?」と騒がれました。 地震の後の2011年7月に現れた2062年から来た未来人は、十分に警告できなかったことを謝罪しつつも、これ以降は文字で伝えることができなくなったといいます。 2ch. その際、少しばかり協力して欲しいのだが大丈夫だろうか。 地震に関しては、本当に申し訳なかった。 あれが私が出来る範囲の最大限の警告だったのだ。 大きな地震に関しては許される範囲内ならば答える。 2ch. 前回のように、2011. これは本当に悲しくなってしまう。 言いたくてたまらないが言えないのだよ。 本当に許してくれ。 何か良い方法があればいいのだが。 (引用: その後、2062年から来た未来人は、その当時の任務を終え、 「今回の任務が完了したら2016年4月15日へ行く。 また会えたらいいな。 」という言葉を残し一旦立ち去ります。 2016年4月15日という日付…。 これはどういう意味かと掲示板では不安視する声も。 「2016年4月15日か、覚えとこう」 「未来さん! 2016年なにがあるか教えて!」 「2016年4月15日覚えておくw」() 2062年から来た未来人、新型コロナウイルスを予言? 2062年から来た未来人は新型コロナウイルスの存在を直接的には予言していません。 ただそれを示唆するような表現はあるようです。 「中国はずいぶん前に無くなった。 」() 「中国の破綻というより自滅。 詳しく書けば長くなる。 」( 「・人口の割合が男11:女4なのは、戦争の影響なのか? それとも出生率の問題なのか? 20年以内に理解できるだろう。 」( 人口の割合の男女比が「上記内容は男性攻撃型ウィルスのパンデミックを連想させる。 」という見解があります() 新型コロナウイルスの影響を最も受けるのは中年男性 BBCによると、感染者の男女比は、女性1人に対し男性は1. 男女比はほとんどないと言われています。 しかし、男性の方が重症化しやすく、「女性の方がウイルス感染症の影響を受けにくいのは、免疫において重要な役割を担うX染色体と女性ホルモンの働きが関係している可能性がある」と報じています。 (引用:.

次の