栃木市雑談。 大阪:雑談で「何を話せばいいかわからない…」という方に!ムリせずラクに会話が続く「雑談トーク」実践セミナー / コミュニケーションセミナー

市役所で職員に生卵を投げつけた43歳女を逮捕 生活保護関連での不満か

栃木市雑談

のとある旅館様よりご相談をいただきました。 話は逸れますがといえばではと双璧をなす、 全国的にも有名な一大観光、温泉地でもあります。 天皇陛下がご利用になられるもあるほど品位も格式も高い場所でもあります。 さて話を本題に戻し、ご相談いただいたその内容ですが 「今までHPの更新を依頼していた業者様が倒産してしまい自社でサイトの更新をせざるを得なくなった」 「依頼していた業者様の突然の倒産連絡に引き継ぎも十分にままならず」 「この分だと来月以降のサイトの予約管理や画像の差し替えが間に合わない」 と悲壮感漂うものでございました。 同様のケースで多いのが、社内や事務所でPCに詳しいスタッフ様へ社内の ネットワーク管理やサイト更新を丸投げしてしまい、突然の退社、または蒸発に 慌てふためくというもの。 一種のIT(サイト)管理者不在の難民と化したお客様は実に多くいらっしゃるので驚かされます。 経営者様は単一の管理会社様や、一人の従業員様へ執拗に依存せずに、リスク分散も含め万が一に備え万全の 態勢を取られることを推奨いたします。 今回のようなケースの場合、社内ネットワーク、周辺機器の設定や管理などと違い、 各種パスワードやサーバー情報など扱う情報が多くなりますため、当店にご依頼いただく際に どれだけの情報をご提供いただけるかで作業に要する時間や難易度が大きく変わって参ります。 これまでの実績を垣間見てもとんとん拍子で事が進んだケースより、難航しながら 時にはお客様と試行錯誤をしながら解決に導いたことの方が多いなぁと実感。 今回ご相談されたお客様の場合ですと、管理を任せていた会社様が突然の倒産という特殊な事情。 日々コンタクトをとっていた携帯電話へ荷電するも電話は通じないという状況。 しかし限られた情報から契約をしているサイトのアップロード先でもある 会社へどうにかコンタクトをとること約2日。 サイトの更新に必要な情報をすべてそろえることに成功。 予めお客様からヒアリングしておいた更新予定の情報(記事、画像)などの 確認を行いつつサイトの更新作業を進めていきます。 お客様の公式HPのトップページも記事や画像の更新を行わせていただきました。 客室や館内情報も最新のものに更新させていただきました。 この瞬間、約3か月間放置されていたサイトが再び息を吹き戻しました。 お客様も安どの表情を浮かべられているのが見て取れるようにわかります。 最後にお客様から次のお仕事のご依頼をいただいたのは当店にとっても朗報でした。 「現在のサイトがPC向けに作成されているためスマホ向けにアレンジして欲しい」 というものでした。 最近ではスマートフォンやタブレット端末からサイトを閲覧されるユーザー様の数も 無視できないものになっております。 同様のご相談はここ数年で急激に増えてきました。 参考までに今回発生した契約料金です。 月ごとのサイト更新作業や、ハードウェアなどの保守点検作業などもそうですが 毎月当店へ料金をお支払いいただくより、年間単位でまとめてお支払いただくことで ささやかではありますがディスカウントさせていただくことが可能です。 今回ご相談をいただいた旅館様以外にもホテル、ペンション、民宿様からも数多く パソコンやネットに関するご依頼やご相談を数多くいただいている実績がございます。 自社HP、サイトの管理や更新、予約システムなどのトラブルで困ったら.

次の

市役所で職員に生卵を投げつけた43歳女を逮捕 生活保護関連での不満か

栃木市雑談

県は26日、大田原市在住の80代女性と栃木市在住の70代男性が、新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。 80代女性は発症した16日と、その後の21日に大田原市内のスポーツ施設に通っており、県は両日の施設利用者延べ約360人の健康観察を行う。 スポーツ施設は県の休業要請の対象で、18日の要請後も営業していた施設に感染者が訪れていた事例は、県内で初めてとなった。 県内で確認した感染者数は計54人で、80代の感染者は県内で最高齢。 80代女性は16日に倦怠(けんたい)感があり、17、18、21~23日に37~39度台の発熱があった。 25日に那須塩原市内の医療機関で検査し、陽性と判明した。 女性は肺炎の症状があり詳細な聞き取りが難しく、県は感染経路や濃厚接触者を調査中とした。 女性と同じ16、21日に同施設を利用した人には、健康観察の連絡をしている。 施設名を公表しない理由について県は「会員制で両日の利用者が把握できているため」と説明。 この施設は26日も営業しており、27日以降に休業するかは現時点で不明という。 この日は感染者が休業要請の対象施設で確認されたことから福田富一(ふくだとみかず)知事が会見。 「営業が継続され、患者が確認されたことは誠に残念。 改めて休業要請へのご理解、ご協力をお願いする」と述べた。 一方、県は栃木市の男性について勤務先の東京都内で感染したとみている。 22日に発熱や鼻づまりがあり、26日に陽性と判明。 家族2人を濃厚接触者と判定、27日以降に検査するという。 県と宇都宮市は26日、午後6時現在で計45件の検査を行い、累計検査件数は1826件となった。 退院者数は1人増の14人。 一方、大田原市は26日夜、市内初の感染者確認を受け、急きょ27日午前に市新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開くことを決めた。 休業要請対象施設への休業要請などを確認する。

次の

栃木市雑談掲示板|爆サイ.com関東版

栃木市雑談

のとある旅館様よりご相談をいただきました。 話は逸れますがといえばではと双璧をなす、 全国的にも有名な一大観光、温泉地でもあります。 天皇陛下がご利用になられるもあるほど品位も格式も高い場所でもあります。 さて話を本題に戻し、ご相談いただいたその内容ですが 「今までHPの更新を依頼していた業者様が倒産してしまい自社でサイトの更新をせざるを得なくなった」 「依頼していた業者様の突然の倒産連絡に引き継ぎも十分にままならず」 「この分だと来月以降のサイトの予約管理や画像の差し替えが間に合わない」 と悲壮感漂うものでございました。 同様のケースで多いのが、社内や事務所でPCに詳しいスタッフ様へ社内の ネットワーク管理やサイト更新を丸投げしてしまい、突然の退社、または蒸発に 慌てふためくというもの。 一種のIT(サイト)管理者不在の難民と化したお客様は実に多くいらっしゃるので驚かされます。 経営者様は単一の管理会社様や、一人の従業員様へ執拗に依存せずに、リスク分散も含め万が一に備え万全の 態勢を取られることを推奨いたします。 今回のようなケースの場合、社内ネットワーク、周辺機器の設定や管理などと違い、 各種パスワードやサーバー情報など扱う情報が多くなりますため、当店にご依頼いただく際に どれだけの情報をご提供いただけるかで作業に要する時間や難易度が大きく変わって参ります。 これまでの実績を垣間見てもとんとん拍子で事が進んだケースより、難航しながら 時にはお客様と試行錯誤をしながら解決に導いたことの方が多いなぁと実感。 今回ご相談されたお客様の場合ですと、管理を任せていた会社様が突然の倒産という特殊な事情。 日々コンタクトをとっていた携帯電話へ荷電するも電話は通じないという状況。 しかし限られた情報から契約をしているサイトのアップロード先でもある 会社へどうにかコンタクトをとること約2日。 サイトの更新に必要な情報をすべてそろえることに成功。 予めお客様からヒアリングしておいた更新予定の情報(記事、画像)などの 確認を行いつつサイトの更新作業を進めていきます。 お客様の公式HPのトップページも記事や画像の更新を行わせていただきました。 客室や館内情報も最新のものに更新させていただきました。 この瞬間、約3か月間放置されていたサイトが再び息を吹き戻しました。 お客様も安どの表情を浮かべられているのが見て取れるようにわかります。 最後にお客様から次のお仕事のご依頼をいただいたのは当店にとっても朗報でした。 「現在のサイトがPC向けに作成されているためスマホ向けにアレンジして欲しい」 というものでした。 最近ではスマートフォンやタブレット端末からサイトを閲覧されるユーザー様の数も 無視できないものになっております。 同様のご相談はここ数年で急激に増えてきました。 参考までに今回発生した契約料金です。 月ごとのサイト更新作業や、ハードウェアなどの保守点検作業などもそうですが 毎月当店へ料金をお支払いいただくより、年間単位でまとめてお支払いただくことで ささやかではありますがディスカウントさせていただくことが可能です。 今回ご相談をいただいた旅館様以外にもホテル、ペンション、民宿様からも数多く パソコンやネットに関するご依頼やご相談を数多くいただいている実績がございます。 自社HP、サイトの管理や更新、予約システムなどのトラブルで困ったら.

次の