ちなみに 類語。 「ちなみに」は敬語? ビジネスシーンでの正しい意味と使い方とは

ちなみにって英語でなんて言うの?

ちなみに 類語

「ちなみに」は英語でもよく使われており、便利な表現です。 「Incidentally」と言います。 I went to Tokyo last week. Incidentally, it was the hottest week on record. ちなみに、その週は観測史上最も暑い週でした。 「By the way」は「ところで」の意味となりますが、ほとんどの場合、「ちなみに」の代わりに使えます。 I went to Tokyo last week. By the way, it was the hottest week on record. もう一つの表現は「On another note」です。 直訳すると「もう一つのメモ」になりますが、意味的は「ちなみに」に近いです。 少し本文のテーマから離れる場合に使います。 I went to Tokyo last week. On another note, the food on the flight was delicious. ちなみに、飛行機の食事は美味しかった。 By the wayはその三つの中で一番使っているかもしれません。 Incidentallyはちょっと丁寧な言い方で先輩とか先生と言えます。 Alsoは普通に「そして」に訳していますが、「因みに」にもできます。 例:因みに、今朝のニュースを見た?By the way, did you watch the news this morning? 例:My favorite author is Murakami Haruki. Incidentally, he was the first Japanese author I read. 僕の好きな作者は村上春樹だ。 因みに、彼は私が初めて読んだ日本人の作者。 ご参考にしていただければ幸いです。 「ちなみに〜」は英語で "by the way"です。 例文: By the way, did you but the concert tickets for Beyonce? Talking about relationships, how's it going with John? ご参考になれば幸いです。 「因みに」は英語で「by the way」というフレーズで表現できます。 私はよく使います。 ネットのスラングだと「btw」に省略されています。 更にに情報をあげるときに使います。 因みに、この宿題はまだ書き終わってないのでもう一回最初から書いてください。 By the way, the homework isn't finished so please write it again from the beginning. 因みに、あなたが誘われてないパーティは私が誘われているそうです。 Btw, the party you didn't get invited to, it seems that I got invited. 英語で「ちなみに」は by the wayです。 この表現はよく使います。 話題を変更するために使用します。 例文: A. I met the customer and they were satisified. 客様に会い、満足しました。 Excellent. By the way, have you finished the report? 素晴らしい。 ちなみに、レポートを完了しましたか? ナチュラル話し方で "Oh yeah,... "を使います。 何か思い出した時、または、話題を変更するために使用します。 例文: Oh yeah, did you see the news about Sapporo? 札幌について情報を見ました? この話し方は形式じゃにです。 ご参考になれば幸いです 「ちなみに」はその前の会話の内容に対して補足の内容を付け加える意味になるので in addition が使えます。 in addition は「補足すると」という意味になります。 ちなみに、彼は時間にかなりルーズです。 また、「ちなみに」をその前の会話とは違う話題を話す時の使うこともあると思います。 日常会話の中で「ところで」はあまり使わなくなってきているように感じます。 その場合は by the way になります。 By the way, have you watched the movie? ちなみに、あの映画はもう見た?.

次の

「ちなみに」の正しい使い方と例文!意味や失礼にならない類語とは

ちなみに 類語

「ちなみに」の意味とは? 「ちなみに」は補足を述べる時に使う接続詞 「ちなみに」は、先に述べた事柄に対して、補足となる情報を示す際に使う接続詞(文章をつなぐための言葉)です。 「ちなみに」は、動詞の「ちなむ(因む)」からきた言葉で、「関係があること」を意味します。 たとえば、「上期の販売データを表にしております。 ちなみに、括弧で示したのは前年同時期のデータです」というように、関係性のある情報を付け足す際に使います。 「ちなみに」は敬語と一緒に使える 「ちなみに」は、単語そのものが敬語ではありませんが、敬語表現と同じ文章で使うことができます。 一方で、「ちなみに」は話し言葉としてよく用いられることもあり、敬語と併用しても、ややカジュアルな雰囲気が残るのは覚えておきたいポイントです。 そのため、人によっては敬意が乏しいという見方をされることもあります。 敬語として使えないわけではありませんが、「ちなみに」の使用には少し注意が必要です。 「ちなみに」のビジネスシーンでの正しい使い方 ビジネスでは「ちなみに申し上げますと」 ビジネスシーンでの「ちなみに」は、「ちなみに申し上げますと」という言い方が適切です。 「ちなみに」だけでは、ややカジュアルな印象を与えることがあるため、丁寧な言葉を足すのが無難です。 「ちなみに申し上げますと、今回は定価の10%オフでご案内しております」というように使います。 また、「ちなみにですが」や「ちなみになのですが」という言い方も間違いではありませんが、「申し上げます」という謙譲語を使用した方がビジネスシーンの敬語表現としてはおすすめです。 「ちなみに」をより丁寧に言う 「ちなみに申し上げますと」という言い方の他にも、「ちなみに、念のために申しますと」という言い方も丁寧です。 「ちなみに」と同様に使えますが、「念のために」という言葉のニュアンスを考慮すると、既出の情報に使うのがベターです。 たとえば、相手がすでに知っているかもしれない情報や、すでに案内済みの情報を補足として提示する際の表現になります。 「ちなみに」の丁寧な言い換え表現 「ちなみに」の類語「ついでながら」 類語は「ついでながら」です。 「ちなみに」よりも丁寧な表現で、相手への配慮・恐縮のニュアンスを含む言葉です。 ビジネスなどの改まった場での表現としては、「ちなみに」よりも「ついでながら」を好む人もいます。 一方で、「ついで」という音の響きが、「何かを行うとき、あわせて別のことを行う」という意味の「ついで」を連想させるため、ないがしろにされたと思う人もいるようです。 感じ方には個人差があるため実に難しい部分ですが、相手に応じた使い分けが必要です。 「補足致しますと」「付け加えますと」という言い換えも可 「ちなみに」という表現には、ややカジュアルさが残ることは前述しましたが、「ちなみに」という単語を使いたくないという場合は、「補足致しますと」や「付け加えますと」というように、より具体的に言い換えることもできます。 たとえば、「こちらが本日の会議資料です。 補足致しますと、先月の売り上げデータについては末尾に添付しています」という風に使うことが可能です。 「ちなみに」の使い方における注意点 話題を転換する「ちなみにですが」は誤用 「ちなみになのですが、お酒はお好きですか?」や「ちなみにですが、明日の送別会は19時スタートです」というように、「ちなみに」を話題の切り口や話題の切り替えに使うことがありますが、こうした使い方は誤用の可能性があります。 そもそも、「ちなみに」は、前に示した情報と関係性のある事柄を付け足す際に用いる接続詞です。 「話題の切り替え=関係のないこと」を述べることになりますので、「ちなみに」は不適切です。 このような場合には、「ところで」という言葉が適しています。 ただし、言葉は時代とともに変化するものです。 本来は「ちなみに」を話題の切り替え時に使うのはNGですが、誤用が定着しつつあるので、今後は意味が追加される可能性もあります。 「ちなみに」は質問文には使えない 同じく、「ちなみに、甘いものはお好きですか?」というように、質問文で使うのも誤りです。 前後の文脈にもよりますが、「ちなみに」が不要だったり、「ところで」が適切だったりする例が大半です。 たとえば、「旅行のお土産です。 ちなみに、甘いものはお好きですか?」という会話では、「ちなみに」は不要です。 また、「京都旅行のお土産です。 ちなみに、京都に行かれたことはありますか?」の場合は、「ところで」が正しい接続詞になります。 「ちなみに」の使いすぎには要注意 情報を付け足す際に便利な「ちなみに」という言葉ですが、多用すると、文章全体が読みづらく、内容も分かりにくくなります。 目安は、メールの本文に1回です。 2回以上「ちなみに」という単語があると、情報が散乱しているような印象を与えてしまします。 メール全体の読みやすさを考慮するのであれば、「ちなみに」を多用して羅列するのではなく、簡潔にまとめるようにします。 箇条書きにしてシンプルに記載するのもおすすめの方法です。 「ちなみに」の英語表現とは 「ちなみに」は英語で「for your information」「on a side note」 「ちなみに」を英語で表現する場合、「for your information」が適切です。 「for your information」とは「ご参考までに」という意味で、日本語の「ちなみに」と同じように情報を付け足す際に使うことができます。 また、「on a side note」も「ちなみに」という意味の英語表現です。 「as a side note」という言い方もあります。 まとめ 「ちなみに」は先に述べた情報と関連性のある情報を付け足す際に用いる接続詞です。 敬語表現と一緒に使うことはできますが、人によってはフランクだと感じられることもあります。 「ちなみに申し上げますと」や「ついでながら」といった言い換えを活用するなどして、相手によって言い回しを変えてみるのがおすすめです。

次の

ちなみにの丁寧な言い換え方は?ビジネスシーンでの使い方や類語!

ちなみに 類語

「ちなみに」の意味 「ちなみに」は補足に使う言葉 「ちなみに」を漢字で書くと「因みに」という表記になります。 「ちなみに」を英語にすると 「ちなみに」を英語訳した場合、もっとも一般的な表現は、「by the way」です。 他にも、 oh, and (ああそうだ、そういえば~) in passing (ついでに、ちなみに~) for your information (ご参考までに〜) などがあります。 「ちなみに」は、様々な英訳が可能な言葉です。 文脈や、使う相手によっても変わりますので、上記を参考にしてみてください。 「ちなみに」の使い方は? 「ちなみに」は丁寧語・敬語ではない 「ちなみに」は、結婚式のスピーチなどのフォーマルな場所でも使用することができます。 しかし、あくまでも「だから」「つまり」などの接続詞や、「すぐに」「しっかりと」などの副詞と同じであり、丁寧語や敬語ではありません。 ビジネスでも使える 日常会話はもちろん、取引先や上司など、ビジネスシーンで使っても問題はありません。 うまく使うことで、文章や会話のテンポもよくなります。 ただしビジネスで使う場合には、「ちなみに」だけでは少し軽い表現に聞こえてしまうため、「ちなみに申しますと」など、謙譲語や敬語と合わせて使うことで、より丁寧な表現にすることができます。 使いすぎると読みにくい 「ちなみに」とは、あとから補足する事項があるという場合に使う言葉です。 便利な言葉ですが、何度も「ちなみに」を使ってしまうと、あとから追加する事項がたくさんあるということになってしまいます。 使いすぎると、文章としては分かりづらく、読みにくいものとなってしまいますので注意しましょう。 「ちなみに」を使った例文は? 「ちなみに、〇〇はありますよ。 」 相手の期待していたものが用意できていなかった場合に、代替可能そうなものをおすすめする時に使えます。 「本日特売の果物ですが、おかげさまでほとんど完売してしまいました。 ちなみに、リンゴはありますよ。 」 「資料は配布しきってしまいました。 ちなみに、原本でしたらありますよ。 」 「ちなみに、〇〇しておきました。 」 何かしらの連絡をし、少し情報を付け足すときに使います。 「午後の会議ですが、開始時間が早まりました。 ちなみに、書類は印刷しておきましたのでご確認ください。 」 「新商品のチラシが出来上がりました。 ちなみに、アルバイトの方達には展開してあります。 」 「ちなみに申し上げますと」 「ちなみに、〇〇しておきました。 」と似たような使い方をします。 何か情報提供をした後に、さらにお得な情報を追加したり、特別な情報を紹介するときに使うことが多いです。 「来週から当店ではセールを行います。 ちなみに申し上げますと、セール期間中はすべて30%オフにてご提供させていただきます。 」 「ちなみに申し上げますと、ポイントカードをお作りいただければさらに割引になりますが、いかがいたしましょうか?」 類語や言い換えた言い方は? 「ついでながら」 「ちなみに」はビジネスシーンでも使えると説明しましたが、より丁寧な表現に、「ついでながら」があります。 「ついでながら」も敬語ではありませんが、恐縮のニュアンスが含まれていますので、取引先や目上の方には「ついでながら」と言い換えることで、印象が良くなるでしょう。 「付け加えますと」 「ついでながら」と同様、「ちなみに」は「付け加えますと」という言葉に言い換えられます。 「ちなみに」と同じく、前の文章について補足を述べる時に使う言葉です。 より丁寧な印象を与えることができますので、シーンや相手によって、使い分けましょう。 「ところで」との違いは? 「ところで」は話題を変える言葉 「ちなみに」に似た接続詞で、「ところで」があります。 こちらは、一度言葉を切って、話題を変える時に使う言葉です。 「ちなみに」が、前の文章に関連した情報を付け加えるのに対して、「ところで」は、別の話題を出す際の、切り替えに使う言葉ですので、混同しないように注意しましょう。 間違った使い方 「ちなみに」とは、前の文章の補足として使うのが正しい使い方ですが、話の転換など、別の用法に使われる誤用が目立ちます。 誤用例)今日は良い天気ですね。 ちなみに、昨日なくした家の鍵はまだ見つかりません。 家の鍵が見つからないことは、前の文の天気と関連した話題ではありませんので、誤った使い方です。 また、後から質問文が続く場合にも、使わないようにします。 誤用例)素敵なワンピースですね。 ちなみに、どこで買ったの? 上記のどちらも、「ところで」などを用いるのが適切です。 まとめ 「ちなみに」という表現はとても便利で、ビジネスシーンでもかなり活躍します。 しかし、何度も繰り返し使用するなど使い方を誤ると、わかりづらくなるばかりか、自分や会社の印象までも下がってしまう恐れがあります。 情報を補足することで、会話をより広げることもできますので、言い換え表現を身につけて、状況に応じて使い分けるようにしましょう。

次の