カハラ ホテル ハワイ。 カハラホテルとは?静寂ビーチで大人な時間を過ごせるラグジュアリーホテル★ ハワイ旅行記

カハラホテルの朝食ビュッフェ。人気メニューを大公開。SNSの評判は?

カハラ ホテル ハワイ

180度の大パノラマ・オーシャンフロントと、まぶしいほどのハワイの日の出、両方が一度にみえる特別な部屋がカハラホテルにありました。 こんにちは旅行大好きtabinosukeです。 部屋からは息をのむほどの大パノラマ イルカと戯れ、夜のプールサイドでのんびり 喧騒の東京からタイムトリップしたような静けさと満天の星空 こちらの記事では、カハラホテルで過ごした素晴らしい時間と、はじめて訪れて気づいたおすすめポイントを中心に、あますところなくご紹介していきます(今回は画像かなり多めです)• ハワイ旅行計画中の方。 カハラホテルを利用されたことない方。 「オーシャンフロントラナイ付き」の部屋を利用されたことのない方。 ぜひチェックしていただくことをお薦めします! それではご覧ください。 こちらの廊下はこれまで泊まってきた著名人の写真が飾られています。 そうそうたる顔ぶれ、大人ならだれもが一度は見たことのあるような国際的なVIPたちの来館時の写真が飾られています。 ここでは細かい顔ぶれはふせておきます。 是非、ご自身で訪れた際の楽しみにしてください。 賑やかなワイキキエリアと比べ、周辺は閑静な住宅街とゴルフコース、こちらのホテルは静かにホテルでバカンスをすごしたいと思われる方に特におすすめするホテルです。 カハラホテル ハワイの場所は? こちらでは比較的わかりやすいワイキキを起点として位置関係をご紹介していきます。 ワイキキからはダイヤモンドヘッドを挟んだ反対側に位置します。 ワイキキからはだいたい車で15分くらいです。 周りに高層の建物がないので、どの方面をみても辺り一面の景色を独り占め、と言う最も贅沢なロケーションなんです。 空港からはタクシーで30分くらいです。 向こうに見えるのがダイヤモンドヘッド。 その反対側がワイキキエリアに入っていきます。 ハワイ屈指の高級住宅街のカハラ地区のビーチフロントにあります。 閑静な住宅街を抜けた先に静かにたたずむ隠れ家的な高級リゾートホテルです。 カハラホテル ハワイ お部屋の種類は? ホームページを見ると3つに大きく分かれます。 ルーム• スイート• シグネチャスイート ここでは「ルーム」がいわゆる一般的なお部屋ですね。 こちらの記事ではこの「ルーム」を見ていきます。 「ルーム」は8つの種類に分かれます• ビーチフロントラナイ• オーシャンフロントラナイ• オーシャンフロント• オーシャンビューラナイ• オーシャンビュー• ドルフィンラナイ• シーニックラナイ• シーニックニュー ここでカハラホテルならではの特徴をご案内します。 これによってものすごくプライバシーが保たれています。 バルコニーにでてもお隣の気配を一切感じる事がありませんでした。 ラナイなしの部屋(51㎡) ラナイ付きの部屋(51㎡) 部屋の広さは同じなのですが、ラナイの分だけ海側に突き出ています。 後にご紹介しますがこのラナイの分がとても大きなポイントとなりました。 主な眺望は海側、山側、そして、カハラホテルならではのイルカのいる池をのぞむ「ドルフィンラナイ」の3つ。 たくさんの選択肢の中から選びたい人にお薦め!「料金は現地払い」の取り扱い数が多いのも特徴です。 サポートがとても良かったです。 エクスペディア 世界最大のオンライン旅行会社。 旅行に必要な様々な要望をまとめて解決!「航空券+ホテルをセットで予約するとホテル代が最大全額off」は今やエクスペディアの代名詞。 サポートがとても良かったです。 ホテルズドットコム エクスペディアグループ。 特にホテル予約に特化した予約サイトです。 テレビCMですっかりお馴染み「10泊泊まると1泊無料」。 旅行、出張と年間でのホテル宿泊が多い人には特におすすめです。 アゴダ 取扱い数が多く、「最安値はアゴダ」であることが多い。 特にアジア圏には独自のルートを持ち驚くほど一社だけダントツに安いケースがある。 要チェック! サポートはとても丁寧でした。 カハラホテルは日本でもとても人気のあるホテルですので、多くのホテル予約サイトでたくさんのプランが紹介されています。 受付からチェックインまでの時間 いよいよホテルに到着です 出かける前に何度もネットでみていた大きなシャンデリアの見えるロビーフロアーです。 夜になると灯りがともり素敵でした。 リゾートホテルならではのオープンエアーで高い天井の広々としたロビーフロアー、個人的にとても好きな雰囲気です。 館内の所々に風通しのよくくつろげるスペースが用意され、みなさん、読書をされたり、お昼寝をしたりと気持ちよさそうでした。 ホスピタリティースイートでまずは一息 少し早く到着すると、一つ上の階のホスピタリティースイートを利用するようご案内いただきました。 エレベータを降りて右手すぐの部屋ですのですぐにわかります わかりにくいですが、奥にこのような2人掛け、3人掛けの席があります。 入口付近に人がいても構わず入っていきましょう。 少しくつろげる個室もあります。 いちばん奥にドレッシングルームがありますので、着替えたりリフレッシュします。 こちらはビジネスセンターもあります。 今回のお部屋は? いよいよチェックイン。 ここからはお部屋のご紹介をしていきましょう。 今回予約したお部屋は? オーシャンフロントラナイ 案内いただいたお部屋は? 1011号室 最上階の同じカテゴリーでは最高のお部屋だったと思います。 オーシャンフロントラナイ 1011号室の室内の様子は? まずは室内の様子を画像でご紹介していきます。 室内はとにかくシンプル。 ベージュを基調に配色された室内は古き良き伝統を感じさせる落ち着いた空間でした。 室内から見えるラナイの先に広がる真っ青な海。 オーシャンフロント・ルームで最も画になる景色ですね。 お水は2本用意されていて、コーヒーマシンも置かれています。 カハラホテルのアメニティーです。 カハラホテルのイメージカラーなのでしょうか? アメニティーの箱や、フロントのシャンデリア、そしてこちらのボトルなど カラフルな配色で温かみがあり、元気が出てきますね ドレッシングエリアに入ると、右手にバスタブがあります。 こちらも歴史を感じさせる重厚で落ち着いた空間です。 真ん中にお手洗いを挟み、左手にはシャワールームと洗面台があります。 洗面台は左右に分かれて両方にあるのが嬉しいですね。 お手洗いにはウォシュレットがついてました(これは嬉しい) 全体的に「シンプルで機能的、ぐっすりしっかり休める様に作られた癒しの空間」といった印象でした。 大パノラマ・絶景のラナイからの眺望は? お待たせしました。 こちらが皆様にお見せしたかった部屋からの最高の風景です。 ラナイはゆったりと広く、この椅子に座っているだけで何時間でもボーっと海を眺めていられます。 ハワイ屈指のオーシャンフロントの景色ですね! 左手にはココヘッド、そこか前方右手にむかって海・海・海 遮るものは何もなく続く地平線と海。 ラナイの椅子に座った状態でもこのように柵ごしに見渡す限り海が広がります。 視界を右手の方にむけていきます。 右手のダイヤモンドヘッドまで見渡すことが出来るのです。 残念ながら今回は曇り&雨、時々晴れまがのぞく天気だったので抜ける様に青い海と空をお届けすることが出来ませんでしたが、この画像だけでも十分に180度見渡す限りの絶景が伝わったのではないでしょうか ラナイから下を見るとプールや池なども一望できます こちらの画像はチェックインした直後の15時過ぎくらいの景色です。 部屋のラナイから見えるサンライズと朝焼けのパノラマ 感動 続きまして早朝の風景をご紹介します。 今回は浜辺に出ずに部屋からのサンライズを楽しみにしていました。 ご覧ください。 部屋からこんなにも素敵な朝日を見ることが出来るんです。 これは感動しました。 視界を右にずらしていくと、朝日に照らされて全体が色づいてきました。 部屋からは朝日を背に浴びたダイヤモンドヘッドを見ることが出来ます。 圧巻の景色にしばらく呆然と眺めていました。 ハワイの絶景ポイントの一つといっても過言ではないでしょう。 ラナイ付きの部屋とラナイなしの部屋、部屋を決める際のポイントは? この眺望こそがラナイ付きとラナイなしの部屋の最大の違いだと思います。 ご覧の様にラナイ付きとラナイなしの部屋が交互になっているのは先ほどもご説明しましたが、実際に近くでみると、各部屋は白く壁(扉)で仕切られています。 その為、ラナイのない部屋は黄色の矢印のぶんだけセットバックしていて、更に左右に部屋の仕切り板が目隠しになっているので、正面の景色しか見えなくなっています。 この違いはかなり大きいのではないでしょうか。 カハラホテルはイルカの見える部屋、海がみえる部屋、ゴルフ場や山が見渡せる部屋、など様々なカテゴリーの部屋が用意されています。 旅行サイトでカハラホテルのツアーや宿泊プランを見てみる。 楽天トラベル 国内で圧倒的なシェアを誇る楽天グループの旅行サイト。 楽天ポイントがたまりますので利用価値は無限ですね。 オリジナリティー溢れる数々のツアーが大人気です。 S 国内屈指の「旅行のスペシャリスト集団」。 旅行と言えばH. Sと言う人も多いのではないでしょうか?世界中に張り巡らされた自社のネットワークにより、業界屈指の取扱量、情報量を誇り、さらに旅行先でもH. Sのスタッフによるフォローで旅のお手伝い。 近畿日本ツーリスト 国内では圧倒的な実績と信頼の近ツリブランド。 海外ツアーでも魅力的なプランが用意されています。 JTB 経験豊富なスタッフ、長年の実績と信頼、世界中に広がるネットワーク。 海外ツアー旅行の際には必ず目を通しておきたいですね。 エアトリ ホテル予約からツアーまで幅広く取り扱うエアトリ。 「海外航空券+ホテル」のセット予約でMAX12万円OFFのキャンペーン中。 最安値にとことんフォーカス。 イルカやカメのいる池 池をとることに夢中で肝心なイルカさんを撮影するのを忘れました。 このホテルの大きな特徴といっても良いでしょう。 イルカと触れ合えるプログラムも用意されているので子供から大人まで楽しめますね。 カメさん癒されました。 今回はこの鳥をよく見かけました。 イルカにカメに鳥さんと自然と調和した環境がこのホテルのおすすめポイントの一つですね。 プール こちらのプールの嬉しかった点は、夜まで特に制限なく開放されている点です。 到着したばかりでプールに行けなかったので、22時すぎくらいからしばらく泳いだり、のんびりしました。 他に数人泳いでいました。 水温も少し温水になっているので夜でも気持ちよく泳げました。 こちらはジャグジーです。 子供用のプールです。 ビーチ 穏やかな波で遠浅の浜辺が続いています。 殆どカハラホテルの宿泊客の様ですので静かでのんびりくつろげます。 こちらはプールサイドを背にして、海向きにチェアーが並んでいます。 今回は曇りで画像が少しくらいですが、晴れた日は、芝の緑鮮やかで、砂浜を挟んだエメラルドグリーンの海は最高に居心地の良い空間です。 うたたねしたり、読書したりと皆様それぞれの時間を過ごしていました。 プールから海まですぐですので気の向くままにどちらでも楽しめます。 ビーチの端まで砂浜と一緒に芝が続いていますので、お好きな場所でのんびりくつろいでください。 カハラホテル オーシャンフロント・ラナイ 今回かかった料金は? パッケージ部屋代金 808. 00USD ROOM Tax 82. 82USD GE Tax 38. 07USD お部屋代の合計 928. 89USD 朝食代 81. 00USD(二人分) 駐車代 38. 早期割引プランで60日前までの予約で15%割引 更に、リゾートクレジット付き$25~$100(オーシャンフロントラナイは$50) 宿泊料金について 先ほどためしに10月末の オーシャンフロントラナイの宿泊料金をチェックしたら、私が泊まった日よりも 200USD以上お安くなっていました。 公式ページからの予約ではシーズンにより大きく価格が変動するようです。 素敵な部屋によりリーズナブルに泊まりたい方はこまめに金額をチェックしてみてください。 たくさんの選択肢の中から選びたい人にお薦め!「料金は現地払い」の取り扱い数が多いのも特徴です。 サポートがとても良かったです。 エクスペディア 世界最大のオンライン旅行会社。 旅行に必要な様々な要望をまとめて解決!「航空券+ホテルをセットで予約するとホテル代が最大全額off」は今やエクスペディアの代名詞。 サポートがとても良かったです。 ホテルズドットコム エクスペディアグループ。 特にホテル予約に特化した予約サイトです。 テレビCMですっかりお馴染み「10泊泊まると1泊無料」。 旅行、出張と年間でのホテル宿泊が多い人には特におすすめです。 アゴダ 取扱い数が多く、「最安値はアゴダ」であることが多い。 特にアジア圏には独自のルートを持ち驚くほど一社だけダントツに安いケースがある。 要チェック! サポートはとても丁寧でした。 カハラホテル ハワイ おすすめのお部屋は? 今回ご紹介した「ルーム」の中での私のおすすめは オーシャンフロントラナイです。 また、海側で眺望にこだわりたい方へ オーシャンビュー、オーシャンフロント、ともに ラナイ付きを強くおすすめします。 金額はラナイ付きの方が少し高くなりますが、ラナイがあるとないだけで全く別世界が待っていると思っていただいてよいほど、眺望重視の方にはラナイ付きがおすすめです。 カハラホテル ハワイ 朝食は? 朝食は1階プルメリアビーチハウスでブッフェスタイルの朝食です。 フロント前の階段を下りたところには、朝のコーヒーなどサービスのお飲み物が用意されています。 ハワイのホテルでは定番の風景ですね。 いよいよ朝食レストラン「プルメリアビーチハウス」に到着です。 朝食の様子はこちらで詳しくご紹介しています。 駐車場について バレーパーキングとセルフパーキングがあり、宿泊の場合はどちらも38USDです。 金額は同じですが、ハワイではどこでもバレーパーキングの場合は出し入れするたびに2~3ドル以上のチップがかかりますね。 セルフパーキングとバレーパーキングどっちがおすすめ? おすすめはバレーパーキングです。 チップを払ってもバレーパーキングがお薦めの理由は? 私も最初頻繁に出入りしそうだったのでセルフで入場したのですが、とにかくパーキングがいっぱいで時には空きが一台もない状態があります。 しかも出入口の精算機械の調子が悪く、係の方を呼んだりと・・ 何度も上にいったり下に行ったりで空きをさがしたり、時には空きがないなんてこともしばしばです。 そのたびに困ってしまうのはちょっと時間の無駄かな~と感じたのが正直な感想です。 カハラホテル ハワイ どんな人におすすめ? ・ ゴルフをされる方 名門コースを回れるゴルフプランが用意されていますので、朝食の際には男性同士のグループの方もお見かけしました。 ・ ハネムーンや記念旅行 眺望、環境、施設と特別感のあるラグジュアリーなホテルですので、ハネムーンや記念旅行では一生の思い出に残る体験ができます。 かなりお薦めです。 ・ 家族連れ 子供プールやイルカ体験など、お子様連れに嬉しい環境やプログラムが随所に見られます。 ・ 年長の方のご旅行 高級住宅街のさらに奥にたたずむこちらのホテルは、静かで心地よく、のんびりとくつろげる環境が整っています。 特に指定や決まりはありませんが、上にあげた方々には特におすすめのホテルです。 凄すぎる景色と贅沢施設を大公開」まとめ 最後までご覧いただきましてありがとうございます。 簡単にまとめます。 カハラホテル ハワイはファミリー、記念日、ハネムーン、ゴルフ旅行、年長の方に特におすすめできるホテルです。 カハラホテル ハワイの予約は公式ホームページからの早期割引プランがお得です。 カハラホテル ハワイのラナイ付きの海側の部屋からはパノラマの絶景とサンライズを見ることが出来ます。 カハラホテル ハワイでは駐車場サービスはバレーパーキングをおすすめします。 今回オーシャンフロントラナイを予約したことで記憶に残る特別な時間を過ごすことが出来ました。 眺望を楽しむ方、ゴルフを楽しむ方、プールやビーチなど館内施設を楽しむ方、様々な用途、要望に対応し、お部屋もリーズナブルなお部屋からスペシャルなお部屋までラインナップ豊富です。 それでは素敵なご旅行を!.

次の

カハラホテルの朝食ビュッフェ。人気メニューを大公開。SNSの評判は?

カハラ ホテル ハワイ

高級住宅街カハラにステイ ワイキキから車で15分、大豪邸が立ち並ぶオアフ島屈指の高級住宅街「カハラ」。 車をたった15分走らせるだけで、ワイキキとは全く違うハワイを感じることができます。 我が家は7日間旅程が取れる時はカハラホテルに2泊して、ワイキキのトランプホテルに移動することが多いです。 カハラホテルにはイルカと戯れるアクティビティや静かなプライベートビーチ、またワインペアリングができるレストランなど魅力がたくさんあります。 またカハラ地区にあるショッピングセンターやレストランを楽しめるのもこのホテルのメリットです。 ワイキキから離れているからこそ味わえるカハラホテルの魅力をご紹介します。 広い客室でのんびりと〜 カハラホテルはワイキキ中心部のホテルの客室に比べると広いです。 一番リーズナブルなお部屋でも51平米なので、エキストラベットを入れても窮屈ではありません。 カハラホテルは長い歴史を持つホテルで、ネットでは「古いホテル」と書かれているのを目にしますが、少しずつ改装工事を行なっており、私は「古いな〜」と感じるポイントはありません。 少しずつ改装工事を行っているので、宿泊を検討されている方はこちらのページで改装工事の予定を確認されてから、お部屋の予約をすることをオススメします。 ちなみに 私が前回泊まったのはドルフィンラナイルーム。 オーシャンビューのお部屋と迷いましたが、やはりお部屋からイルカたちが見えるという、カハラならでは風景を楽しむためにドルフィンラナイにしました。 この写真に奥の2階建ての棟がドルフィンラナイルームです。 イルカが泳いでいるラグーンの目の前にあります。 私たちのお部屋は1階で 小さなお庭がついていました。 このお庭で朝ヨガをしました。 ハワイの太陽のエネルギーを浴びながらの朝ヨガは最高に気持ちが良かったです。 お庭からはイルカが泳いでいる様子がよく見えます! ドルフィンラナイのお部屋はよく「生臭いにおいが気になる」という口コミを聞きますが、私はそこまで気になりませんでした。 確かにお部屋の外に出ると、ラグーンからムッとした湿気と海水の臭いが漂ってきました。 しかしずっと外にいませんし、窓を開けて過ごすこともないので、臭いのためだけにこちらのお部屋を候補から外すことはないと思います。 静かなプライベートビーチでのんびり カハラホテルにはとっても素晴らしいプライベートビーチがあります。 宿泊者しかいないのでワイキキビーチよりも人が少なく、治安も良いです。 とても静かでのんびりできるビーチです。 また海水の透明度も高く、遠浅で波も穏やか。 子供用の遊び場もあるので、 子供連れにもおすすめのビーチです。 またプールもとても雰囲気が良いです。 このパンケーキは1964年にホテルが創業した時からあるメニューだそうです。 このカハラホテルの名物パンケーキを目的にワイキキからタクシーやバスに乗ってわざわざ来る人もいる程、とても有名で根強い人気があります。 薄く焼かれたパンケーキがロール状になっていて、メープルバターソースがたっぷりとかかっています。 ソースがパンケーキに染み込んでいるので、口に入れた瞬間ソースがジュワ〜と広がります。 重そうに見えますが、上品な甘さのソースなのでパクパク食べられ、あっと言う間になくなります。 私はゆっくり落ち着いて朝食を頂きたい派なので、ブッフェよりアラカルトの方が好きです。 プルメリアビーチハウス• コンチネンタル、またはアラカルト 6:30AM~11:00AM• 朝食ビュッフェ 平日 6:30AM~11:00AM 週末 6:30AM~12:00PM 週末や祝日は混み合うので、予約することをおすすめします。 アランチーノでワインペアリング ホテル内にハワイで大人気のイタリアンレストラン 『アランチーノ』があります。 ワイキキにも2店舗ありますが、カハラ店が一番雰囲気が良く、ワインを飲みすぎてもすぐにお部屋に帰ることができるので、私はこちらをよく利用します。 ワイン好きにはぜひおすすめしたいレストランなのです。 私はコース料理が食べきれないので、いつもアラカルトでお願いします。 蜂蜜をかけていただきます。 こってりな白ワインに合わせると最高です。 モデルの梨花さんも大好物だそうです!! お通しのパンが本当に美味しいです。 ボトルのワインも充実しています! カハラホテルにステイするなら、1度は訪れたい「アランチーノ」。 ホノルル・スターアドバタイザー ハワイ・ベスト2016ではベストイタリアンレストランに選ばれた実力店です。 店員さんは親切で、日本語のメニューもあるので、気楽に絶品イタリアンが楽しめます!人気店なので予約は必須です。 アランチーノ カハラ店 ランチ 11:30AM~2:30PM ディナー 5:00PM~9:30PM ティータイイム 9:30PM~10:00PM 無料シャトルバスでカハラモールへ カハラホテルの近くに「カハラモール」というショッピングモールがあります。 このモールは日本人観光客に大人気!わざわざワイキキからトロリーや車でやってきます。 そんな皆さんのお目当が 『Whole Foods Market』です!!ハワイのガイドブックに必ず載っているオーガニック系の高級スーパーマーケットです。 カハラホテルの宿泊者はホテルから出ている無料シャトルバスで、カハラモールまで行けます!わざわざワイキキから行く必要がありません。 私はいつもホールフーズマーケットではオーガニックのパンケーキミックスや蜂蜜、そしてスキンケアグッズとサプリメントを購入します。 ジョン・マスターの商品はABCストアで買うよりも安いです。 日本未上陸のものがたくさんあり、夢中で見ているとあっと言う間に時間が過ぎます。 ハワイで必ず行きたいスポットです。 無料シャトルバスはお部屋の鍵を見せて乗車します。 座席に限りがあるので、利用日の1日前から事前予約ができます。 私がシャトルバスを利用した時は満席になり、乗れなかった人がいました。 本数も少ないので事前に予約したほうがよいと思います。 今回のまとめ ワイキキから少し離れた、高級住宅街に佇むカハラホテル。 今回はカハラ地区だからできる過ごし方をご紹介しました。 ワイキキとはまた違ったハワイを発見できるカハラホテルはホテル内に魅力的なものがたくさんあり、お篭りステイにもぴったりです。 また近くにゴルフ場もあるので、アクティブ派の男性も楽しめるホテルです。 我が家はカハラに2泊したあと、ワイキキのトランプホテルに移動します。

次の

ザ・カハラ・ホテル&リゾート

カハラ ホテル ハワイ

そろそろまた海外旅行に行きたいなぁ、なんて思っているわけですが、よく考えてみれば、我がリゾートトラストはハワイの高級ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」のオーナーだったではありませんか。 (関連記事) リゾートトラストのホテル情報サイトを見てみると、しょっぱなからでかでかとザ・カハラの写真が掲載されています。 エクシブ会員には特典料金などあるのかな?と見れば、専用の予約フォームが用意されていました。 さっそく、どのくらい有利に予約ができるのか、試してみようではありませんか。 なにしろ、エクシブには人によっては数千万円も投じているわけですから、リゾートトラストがオーナーのホテルへの宿泊に、エクシブ会員が大いなるベネフィットを期待するのも当然でしょう。 上記のバナーをクリックすると、ザ・カハラ公式サイトの予約ページにジャンプします。 ここでは今年の12月16日イン20日アウトの4泊で、オーシャンビューのお部屋を大人2人1室で見積もってみましょう。 なお、以下の見積もりはすべて9月15日時点で行ったものです。 この条件で表示されたリゾートトラスト会員向け料金プランは2つでした。 1つは「【早期予約】カハラ特別料金(前払い・払い戻し不可)」で、1泊あたり516ドル(税別。 画面参照)。 これは90日前までの前払い価格で、キャンセルができません。 もう1つは「シニアセービング」という62歳以上向けのプランで、1泊あたり581ドル(税別)でした。 画面をよく見ると「プロモーションコード」の「企業」欄に「RESORTTRUST」と入力があり、これでエクシブ会員価格を表示する仕組みになっていることがわかります。 自分としては年齢の制限で前払いで予約せざるを得ません。 でもこれが、エクシブ会員向けの特別価格なのであればよいのですが。 ともあれ、他も当たってみましょう。 ザ・カハラはFSP(Frequent Stayers Program)で言うと、以下の3つに属しています。 LHW(ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド)• iPrefer(プリファードホテルグループ)• まずはOne Harmonyのサイトから予約見積を取ってみましょう。 上記のエクシブ会員と同じ条件です。 結果は以下。 90日前の早期予約はまったく同じ料金でした。 それだけではなく、エクシブ会員向けにはない多様なプランが用意されていて、もっとお得だなと感じるプランもありました。 なんだか嫌な予感がします。 次にiPreferですが、逆にこちらは早期割引の表示がなく、いわゆるベストアベイラブルレートのみの提示でした。 1泊595ドルで、One Harmonyの同レートより1泊あたり50ドルも安いです(実際にはザ・カハラの公式サイトよりも同じように50ドル安かったので、このルートが最安なことは多いのではないかと思います)。 ところで、iPrefer(プログラム名)のプリファードホテルグループは、独立系ホテルからなるグループなので、ホテル公式サイトから予約しても会員特典(ルームアップグレードなどのベネフィット)を受けられることになっています。 というわけで、再度ザ・カハラの公式サイトから、エクシブ会員のコードを外した素の状態で調べてみましょう。 結果は以下。 なんと、エクシブ会員向けと同じ条件で「リゾートクレジット$100進呈」という特典が付いたプランが表示されました。 それだけでなく、エクシブ会員向けとしては隠されていた数多くのプランが表示されています。 画面の「全ての料金とパッケージを見る」というボタンは、エクシブ会員向けには出ていなかったものです。 そしてその中にとびきりお得なプランがありました。 これは早割りプランではないので、キャンセル不可ではありません。 結論として、リゾートトラストからエクシブ会員として予約したとすると、 ・お得なプランが隠されてしまい、 ・表示されたプランでは特典が削られており、 ・選べるのはキャンセル不可の早割とシニア向けのみ、 というのが今回の事例でした。 エクシブ会員向けには「逆特典」が付いていただけでした。 「釣った魚に餌はやらぬ」とはよく言ったものですが、こうした対応にある種の一貫性を感じるのは僕だけではないと思います。 エクシブ会員として予約すると、「逆特典」が付いてくる、と言うのを確かめたくて、試し見たところ、本当でした(笑)。 他社のケースでも、同じ資本・経営会社傘下にある関連施設利用時の特典あり、の場合でも、実は最安値同価格だったり、 せいぜい5%引きとかで、がっかりさせられることは、良くある話ですが、「逆特典」とは恐れ入りました(爆)。 いつもの癖で、ついでに、あれこれ検索して見た妄想の結果ですが、基本的に、この「同一条件」では「4泊」の場合は、本記事の最後にある、当該ホテル、公式ホームページから直接「一個人として」予約するのが最安との結論です。 最低価格保証もしていますから、間違いないと思います。 なお、LHWは、雨カード支払い・1日分のデポジット(1週間前までは無償キャンセル)を条件に、同時期同ルーム「3泊」連泊以上で、記事にある516ドルよりさらに安い、484ドルで、誰にでも、提供しているので、微妙です。 私は、雨カード使ってるし、リーダース普通会員(年会費150ドル)でもあるので、2名分コンチネンタル朝食(60ドル相当)特典やアップグレード期待含めて迷わず、これを選択すると思いました。 雨支払いOKの方で、毎日朝食食べるつもりなら、リーダースに加入してからこち予約しても、年会費元は取れるかな?って感じですかね? のっぽさん、JTCC(JTC)、キャンセル料払ったら、感謝の手紙と金券が送られて来たとは、驚きました。 逆にRTの経営者がなぜカハラの経営権を手に入れたか? を考えるべきでしょ。 RTの企業価値上昇とイメージアップのためにカハラの経営権を入手したのであって、 既存会員のことなんか、これっぽっちも考えていないのです。 RTの経営者側からすれば、カハラも会員化して売り、 さらにエクシブ・ベイコートの新規会員になれば、 「いまご契約されれば、 ビジネスクラスで行くザ・カハラ・ホテル&リゾート 1週間を進呈します。 ホノルル空港からの送迎はもちろんスーパーストレッチリムジンで!!!」 といった「俗物根性丸出し」の売り方をしてくることまちがいなし。 よく考えてみれば、Airbnbを使えば高級別荘が適正な値段で借りられる ようになった現在、ザ・カハラとかの名前にだまされて会員権を購入するのは 「情弱」 以外の何者でもありませんよ。 先日のコメント書き込みの際、私なりに、あれこれ料金を計算したのですが、その後、hiroeさまのコメントを拝見しましたが、 この「1周年記念プラン」についても先日、すでに検証していましたので、ちょっと遅くなりましたが、追加コメントをします。 私の妄想の続きで、細々・長々すみません。 結論から書きますと、「お得とは言いかねる」(客単価アップに寄与するだけのカモネギプランとまでは言いませんが、、)です。 ブログ主も、それがわかったので記事で触れなかったのだと思っています。 本プランですと、記事同条件12月16日から19日まで4連泊(これがプラン適用最終日程)したとして、オーシャンビュー2人で、2,580ドル+税にて、2,941ドル程度。 これは、当記事最後にある総額2,205ドルの「4泊目無料プラン」に対し、285ドルお得に見えますが、実際問題としては、736ドル先に多く払うことでもあります。 (繰り返しになりますが、LHW・leaders経由AMEX支払いなら、同条件総額2,207ドルで計240ドル相当の朝食(コンチネンタルですが)が付くので、さらにお得と思います。 本プランは、一周年を記念する会員限定のスペシャルプランと、銘打ってありますが、利用するにあたっては、十分検討をしたほうが良さそうです。 前回コメントも含め、私の計算ミスなどありましたら、ご指摘いただければ幸いです。

次の