エフエヌエス 歌謡 祭 2019 三浦 春 馬。 2019 FNSうたの夏まつり

【FNS歌謡祭「歌の春祭り」2017】出演者の名前やタイムテーブル順番「Hey!Say!JUMPはどうした」

エフエヌエス 歌謡 祭 2019 三浦 春 馬

第2夜は23:22 - 23:28がローカルセールス枠の為、・・・・・ではフジテレビでの終了6分前の23:22飛び降り(は両夜共に遅れフルネットの為、この特記事項に該当しない)。 概要 [ ] 最初であり、番組開始 45周年記念の『FNS歌謡祭』となる。 2019年11月7日放送の『』で、本年の総合司会にのとのが就任することが発表された。 両者が『FNS歌謡祭』で司会を務めるのは初となる。 また、まで司会を務めていた・・からバトンタッチする形となる。 - 2018年に引き続き、5年連続で本年も当番組では 2DAYS・2週連続 として2回に分けて生放送されることが番組ホームページで発表された。 さらに、第1夜の放送時間は拡大されて例年より30分早い 18:30開始 となり、本年はそれぞれ4時間58分と4時間28分(2週合計 9時間26分)の大長編となる。 また、第1夜の放送時間は当番組としては過去最長である。 第1夜は例年通りの形式でより12月4日 18:30 - 23:28(JST)に、第2夜はより12月11日 19:00 - 23:28(JST、NST新潟総合テレビ・福井テレビ・東海テレビ・関西テレビ・高知さんさんテレビ・サガテレビは23:22飛び降り)に生放送された。 相葉が単独で音楽番組の司会を務めるのは『』()以来3年ぶりとなる。 また、所属のタレントが当番組で司会を務めるのは(当時)が担当した以来5年ぶりとなる。 12月4日(第1夜)の平均視聴率は第1部(18:30 - 19:00)が9. また、瞬間最高視聴率は20:55(JST)、との共演で「」を披露しているシーンで、17. 12月11日(第2夜)の平均視聴率は第1部(19:00 - 23:00)が10. また、瞬間最高視聴率は21:06(JST)、が「」を披露しているシーンで、13. 当日のステージ [ ] 第1夜 [ ] トップバッターでは、当番組ではとがそれぞれ初めて担当して「広瀬香美ウィンターソングメドレー」の1曲目として「」を披露した。 大トリでは、が初めて担当して「」を披露した。 第1夜のステージの最多出演者は・・広瀬香美・Little Glee Monsterであり、それぞれ3曲に参加していた。 番組前半では、広瀬香美が自身のヒット曲を他のそれぞれの出演アーティストとのコラボレーションによるメドレーで披露された。 尚、番組のオープニング前に行われた。 また、の名曲が出演アーティストのによるメドレーで披露された。 さらに、デビュー20周年を迎えた嵐の特別企画として、過去の『FNS歌謡祭』で披露された嵐のパフォーマンスで厳選された映像を「FNS歌謡祭 嵐 20周年名場面集」と題したVTR企画で振り返った。 その後、FNS限定のスペシャルメドレーを披露した。 そして、令和最初の『FNS歌謡祭』の特別企画として、昭和・平成に続く令和のデュエットソングをが『FNS歌謡祭』のために書き下ろして、その楽曲「Necessary」をとのが特別に披露。 番組中盤では、『』公開を記念して、同作の主題歌と前作『』の楽曲を含めたスペシャルメドレーを披露された。 また、が「」をフジテレビでは約24年ぶりに披露した。 さらに、ディズニー映画『』が今年で公開から30周年を迎えたことを記念して、同作の主題歌・挿入歌を出演アーティストのカバーによるメドレーで披露された。 そして、がののイリュージョン・クリスマスツリーや巨大なでパフォーマンスを披露した。 その他では、『FNS歌謡祭』放送45周年記念特別企画として、過去の『FNS歌謡祭』で披露された厳選されたコラボレーションを中心とした名パフォーマンスを一挙にVTRで振り返る「FNS歌謡祭 感動の名演集」が行われた。 番組後半では、FNS名物である「ミュージカルメドレー」として『』『』『』といった各作品の主題歌や挿入歌を出演アーティスト同士のカバー・コラボレーションのスペシャルメドレーで披露された。 さらに、同じくミュージカルである『』と『』のそれぞれのオリジナルキャストによるスペシャルステージが行われた。 そして、第2夜のテーマである「アーティストが選ぶ思い出の一曲」の先駆け企画として、のが「思い出の一曲」である「」を同じくをリスペクトしているとのコラボレーションで披露された。 AI、 、、、、、、、、、ミュージカル『ヘアスプレー』は事前収録での出演だった。 出演アーティストは全58組で、全72曲中31曲が(共演)で披露された。 第2夜 [ ] 第2夜では番組テーマが設けられており、「 アーティストが選ぶ思い出の一曲」であった。 また、番組の随所では、司会の相葉・永島アナと出演アーティストとの「思い出の一曲」のスタジオトークが展開された。 尚、スタジオに出演するアーティストは、時間帯ごとに入れ替わるスタイルであり、主に出番を直後に控えているアーティストか出番を直前に終えているアーティストが出演していた。 トップバッターでは、が自身の「思い出の一曲」として嵐の「」をカバーして披露した。 大トリでは、令和最初の『FNS歌謡祭』の特別企画「後世に歌い継ぎたい日本の名曲」として総勢9組の出演アーティスト(下記参照)が担当しての名曲「」を披露した。 第2夜のステージの最多出演者は・であり、それぞれ4曲に参加していた。 番組前半では、上記のテーマでが「思い出の一曲」である「」をとのコラボレーション、が「思い出の一曲」である「」をとのコラボレーションで披露された。 さらに、同じく上記のテーマで第2夜に出演したジャニーズ事務所所属アーティストがそれぞれ自身の先輩ジャニーズの「思い出の一曲」をカバーしてスペシャルメドレーで披露された。 そして、第1夜に続き「ミュージカルメドレー パート1」として『』『』『』といった各作品の主題歌や挿入歌をオリジナルキャストによるスペシャルメドレーで披露された。 番組後半では、のがソロで当番組初出演して『』に収録されている「GG STAND UP!! feat. 松本孝弘」と「I LOVE YOUだもんで。 」の2曲のスペシャルメドレーを披露した。 また、上記のパート1に続き「ミュージカルメドレー パート2」として『』『』『』といったに公演を控えている各作品の主題歌や挿入歌をオリジナルキャストによるスペシャルメドレーで披露された。 さらに、デビュー15周年を迎えたがFNS限定のスペシャルメドレーを披露した。 そして、『FNS歌謡祭』放送45周年記念特別企画として、KinKi Kidsのが番組45周年を記念したオリジナルソングを番組の放送開始から同時で制作開始されて、番組の随所で楽曲制作風景が中継で放送された。 番組終盤で完成した楽曲「しすてむ」を披露した。 第2夜の番組の通し企画として行われた。 出演アーティストは全38組で、全62曲中10曲が(共演)で披露された。 第1夜・第2夜のどちらにも出演したアーティストは生田絵梨花 、 、 、 、 、 、堂本剛 、 、の9組。 第1夜・第2夜合わせて、出演アーティストは 94組・披露された楽曲は 134曲・披露されたコラボレーション(共演)は 41共演となった。 第1夜・第2夜合わせたステージの最多出演者は生田絵梨花と山崎育三郎であり、それぞれ計4曲 に参加していた。 は以来の3年ぶりの『FNS歌謡祭』の出演となった。 の特別企画として、第1夜では、第2夜では堂本剛のそれぞれの企画が行われた(上記参照)。 尚、放送の『』でそれぞれの企画のステージの裏側や本人による放送後の反響などのインタビューが放送された。 「ミュージカルメドレー」は、第1夜・第2夜のどちらも、それぞれ異なる楽曲や作品で披露された(下記参照)。 の 、の 、の ・ ・長沢菜々香 にとって、最後の『FNS歌謡祭』の出演となった。 出演者 [ ] 司会 [ ]• () 出演アーティスト [ ] 第1夜 [ ]• 欅坂46• DA PUMP• 山崎育三郎• ミュージカル『』(/)• ミュージカル『』(//生田絵梨花 他)• ミュージカル『』(/大原櫻子 他) 太文字は当年のNHK『第70回NHK紅白歌合戦』に出場。 - フリーアナウンサー、同局系『』メインキャスター• - 投手 音楽・演奏 [ ]• eji、Dr. 、Gt. 、Ba. 、Strings. 、MNP. Say! Say! Say! 1999年 - 「」『』より• 2000年 - 「」『』より• 2005年 - 「」『』より• 2006年 - 「」『』より• 2008年 - 「One Love」『』より• 2012年 - 「」『』より• 「」 2008 『2008 FNS歌謡祭』より• 「」 2018 『2018 FNS歌謡祭』より• 制作:• エグゼクティブ・プロデューサー:• 構成:山内浩嗣• 飛天セットデザイン:YUKIE WICKSON(越野幸栄)• 美術プロデューサー:塩入隆史、楫野淳司• アートコーディネーター:鈴木真吾、鈴木あみ• 大道具:篠本匡介、木村邦春• アートフレーム:三浦文裕、加藤悟• 電飾:久光義紀、渡辺信一• アクリル装飾:犬塚健、川満貴志• 視覚効果:倉谷美奈絵• 生花装飾:小柳幸絵• メイク:久保田裕子• 楽器:島津哲也• 基礎舞台:林俊光• LED:後藤佑介、川西紘平、齋藤淳之介、石野創太• CG:古畑資展、村上雅洋、岩瀬直孝、渡辺之雄• スタジオセットデザイン:邨山直也• TD/SW:米山和孝• カメラ:片野裕史• 音声:菊地道元• VE:米田祐基• 照明デザイン:植松晃一、西野大介• 照明:奥山大介、内山晶裕• PA:松田勝治、白鳥慎一郎、渡眞利泰樹• クレーン:、SIS、、• 音楽コーディネート:大滝拓見、西村信乃、犬飼萌花• 振付:石川ゆみ、上田一豪、赤沼秀実、原田薫、MEDUSA• 編成:長嶋大介• 広報:平井隆• ホームページ担当:城増美、渋沢恵• テロップ送出:宮崎かおる、草崎祐一郎• 音響効果:中田圭三、温水義成、野呂楓子• 編集:小島嘉隆、坂本貴志• MA:藤井啓介• 運営:椎名貴一• TK:平野美紀子、高木美紀• デスク:富張明子• 協力:グランドプリンスホテル新高輪、ハーフトーンミュージック• 衣裳協力:• 技術協力:、、サンフォニックス、放映サービス、田中電設、、ワンツー・ワンツー、、、、ピーシーライツ、、、4-Legs、MTプランニング、デジデリック• 美術協力:國新産業、エスケイシステム、興進電化、、、京花園、東京特殊効果、東京チューブ、、サンフォニックス、• 制作協力:、クリーク・アンド・リバー社、三慶サービス、、デジタルスペック• 制作進行:早川和希、川上惇• 編集ディレクター:志賀一寿、松本絵理、黒岩栄治、後藤悠樹、阪本玲以、吉本裕亮• 送出ディレクター:塩谷亮• フロアディレクター:大野悟、樋川優美、渡辺由貴、松舘ちひろ、花輪研斗、小野瀬瑞貴• プロデューサー:土田芳美、宇賀神裕子、後藤夏美、加藤万貴、中村峰子、湯瀬恵理子、岩田恵• 演出:• チーフプロデューサー:三浦淳• 制作:フジテレビ編成制作局制作センター第二制作室• 制作著作:• 制作:太田一平• エグゼクティブ・プロデューサー:石田弘• 構成:山内浩嗣• セットデザイン:• 美術プロデューサー:三竹寛典• デザイン助手:西出光豊• アートコーディネーター:西嶋友里、石田博己• 大道具:浅見大、井田正也• アクリル装飾:斉藤祐介、谷口航平• アートフレーム:田中裕司、谷口悟• 電飾:白鳥雄一• 装飾:後藤佑介、宮下奈那• ファイバーワーク:西村怜子• 視覚効果:鈴木希望• アートオブジェ:小柳幸絵• メイク:山田かつら• 楽器:島津哲也• LED:齋藤淳之介、戸高睦治• CG:古畑資展、笹生宗慶• エクストラデザイン:邨山直也• TD/SW:米山和孝• SW:馬場義土、斉藤伸介• カメラ:藤枝直人、丸山敬紀• 音声:太田宗孝、吉永哲也• VE:久保島春樹、白波考大• 照明プロデューサー:植松晃一• 照明デザイン:大野遙平、朝倉康之• 照明:山本修平、浅沼弘二• PA:松田勝治、佐々木洋、白鳥慎一郎• クレーン:明光セレクト、ロケット• 音楽コーディネート:大滝拓見、西村信乃、犬飼萌花• 振付:西田一生、Shin1• 編成:長嶋大介• 広報:平井隆• ホームページ担当:城増美、渋沢恵• テロップ送出:宮崎かおる、草崎祐一郎• 音響効果:中田圭三、温水義成、野呂楓子• 編集:小島嘉隆、坂本貴志• MA:藤井啓介• 運営:椎名貴一• 場内整理:坂井伸治• TK:平野美紀子、高木美紀、江野澤郁子• 協力:ハーフトーンミュージック• 美術協力:、、ナカムラ綜美、エスケイシステム、興進電化、東京チューブ、、、ファイバーワーク、東京特殊効果、京花園、• 技術協力:fmt、共同テレビジョン、サンフォニックス、放映サービス、田中電設、共立、ワンツー・ワンツー、ニューテレス、ピーシーライツ、4-Legs、MTプランニング、デジデリック、株式会社Feel Live、東京三光• 制作協力:イースト・エンタテインメント、クリーク・アンド・リバー社、スマイルオン、デジタルスペック、• 衣裳協力:FOXEY• 制作進行:早川和希• 編集ディレクター:後藤悠樹、黒岩栄治、吉本裕亮• 送出ディレクター:志賀一寿、阪本玲以、中澤俊介• フロアディレクター:大野悟、松舘ちひろ、古田萌、樋川優美、渡辺由貴、松本絵理• 中継ディレクター:浜崎綾• プロデューサー:土田芳美、宇賀神裕子、後藤夏美、加藤万貴、中村峰子、湯瀬恵理子、岩田恵、萬匠祐基• 演出:島田和正、松永健太郎• チーフプロデューサー:三浦淳• 制作:フジテレビ編成制作局制作センター第二制作室• 制作著作:フジテレビ 関連番組 [ ]• 当番組の司会を務める相葉雅紀が嵐としてレギュラー出演しているバラエティ番組。 同年11月7日放送分では当番組の司会者と放送日が発表された。 また以降の放送でも毎回随時に出演アーティストや企画の発表が同番組の終盤で行われていた。 FNS歌謡祭2019 みどころ 当番組の放送の前週から当週にかけて5回にわたって、同年11月30日 0:55 - 1:05、13:30 - 14:30 、12月1日 1:45 - 1:55、12月3日 0:25 - 0:35、12月4日 0:25 - 0:35で放送された事前番組。 番組に出演する司会・アーティストがインタビュー形式で本年の企画・みどころを紹介された。 フジテレビと一部の系列局で放送。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2015年は第1夜と第2夜(THE LIVE)の放送日が2週間空いているため、厳密では2週連続はから4年連続となる。 18時台にスタートするのは番組史上初。 また、同局の報道番組『』(16:50 - 19:00)はこの日のみ30分短縮で放送。 乃木坂46は生出演していたが、生田のみ事前収録での出演だった。 『』とミュージカル『』のそれぞれのキャストメンバーとして出演。 乃木坂46とは別枠でソロでは初出演。 ・としては過去に出演経験あり。 加山雄三はソロでは過去に出演経験あり。 KinKi Kids・としては過去に出演経験あり。 としては過去に出演経験あり。 メンバーの森山良子・平原綾香・新妻聖子はそれぞれソロでは過去に出演経験あり。 第1夜には乃木坂46も出演していたが生田はソロで出演、第2夜にはミュージカルチームとして出演。 第1夜にはソロで出演、第2夜にはDA PUMPとして出演。 第1夜にはソロで出演、第2夜にはミュージカルチームとして出演。 第1夜には2期生6人(下記参照)のみが出演、第2夜にはグループとして出演。 第1夜にはKinKi Kidsとして出演、第2夜にはソロで出演。 生田絵梨花は第1夜に1曲、第2夜に3曲それぞれ参加。 山崎育三郎は第1夜に2曲、第2夜に2曲それぞれ参加。 2020年2月4日の活動をもって、グループから卒業した。 2020年内の活動をもって、グループから卒業予定。 ただし、2020年3月21日に急遽放送された『』にも乃木坂46として出演していたため、FNS音楽特別番組の最後の出演は同番組となる。 2020年1月23日の活動をもって、グループから卒業した。 2020年1月23日の活動をもって、グループから脱退した。 2020年3月31日の活動をもって、グループから卒業した。 同局の音楽番組『』から誕生したユニット。 、、、、、なども出演。 中山優馬、、、、なども出演。 ゴールデンボンバーの・欅坂46・日向坂46もコーラスメンバーとして参加。 メンバーからは・・・・賀喜遥香が参加した。 メンバーの生田絵梨花がソロで出演しているが事前収録での出演であり、同曲のパフォーマンスには参加していない。 ライブ限定の未発売曲。 大原櫻子• 上原理生• 市村正親• 海宝直人• 葵わかな• 末尾6分で飛び降りた・・・・・では放送なし。 『』第1部で放送。 出典 [ ]• ,スポニチアネックス,2019年11月7日• ,オリコンニュース,2019年11月7日• ,とれたてフジテレビ,2019年11月8日• ,音楽ナタリー,2019年11月8日• ,オリコンニュース,2019年11月8日• ,音楽ナタリー,2019年11月14日• ,ステージナタリー,2019年11月14日• ,とれたてフジテレビ,2019年11月15日• ,音楽ナタリー,2019年11月21日• ,ステージナタリー,2019年11月21日• ,とれたてフジテレビ,2019年11月22日• ,音楽ナタリー,2019年11月28日• ,とれたてフジテレビ,2019年11月30日• ,音楽ナタリー,2019年12月3日• ,音楽ナタリー,2019年12月3日• ,音楽ナタリー,2019年12月5日• ,スポニチアネックス,2019年12月5日• ,スポニチアネックス,2019年12月12日 外部リンク [ ]• - フジテレビによる番組公式サイト 前番組 番組名 次番組.

次の

FNSうたの春まつり

エフエヌエス 歌謡 祭 2019 三浦 春 馬

FNSうたの春まつり FNS MUSIC FES. IN SPRING)は、『』『』に続く、(FNS)でからまで毎年1回、()の・()に4時間超にわたって放送されていたの春の大型である。 『FNS歌謡祭』の派生番組である。 沿革・概要 [ ] から毎年に『』、から毎年に『』と、フジテレビ系列で年に2番組の大型を放送されてきたが、からにも放送される。 これに伴い、フジテレビ系列で年に3番組の大型を放送されることになる。 さらに、・・などの春をイメージしたセットでの豪華スタジオ・パフォーマンスも披露されている。 また、春は門出の季節ということで、企画として、日本全国のへ出向き、にアーティストが飛び入り参加するサプライズ企画が行われている。 また、学校に限らず、・・などにもアーティストが出向き、サプライズで歌をプレゼントしている。 2016年では、事前に番組ホームページで「卒業式サプライズをしてほしい学校」として卒業式でアーティストにサプライズしてほしい学校と、「教えてください! あなたの春の名曲!! 」として好きな春の名曲や番組で聴きたい春の名曲を募集した。 では、2016年と同様で、事前に番組ホームページで「音楽でサプライズしてほしい人」としてサプライズでアーティストに歌のプレゼントをしてほしい人と、「あなたの心に残る春うたは? 」として・・をテーマに好きな春の名曲や番組で聴きたい春の名曲を募集した。 過去の映像を中心に放送するフジテレビ系列の音楽特別番組は、放送の『』以来、約2年5ヶ月ぶりである。 前の・エンディング曲は、『FNS歌謡祭』の「花咲く歌声」が使用されている。 2016年(第1回)の平均視聴率は13. 瞬間最高視聴率はサプライズ企画で藤巻亮太が「3月9日」を披露しているシーン(21:36)の17. 2017年(第2回)の平均視聴率は9. 瞬間最高視聴率はスペシャル企画「嵐 フジテレビドラマ主題歌特集」(21:28)の12. は当番組の放送は見送られたが、それに代わる形で『』が同年4月6日 23:00 - 翌0:10に放送された。 同じく、も見送られる。 は3月21日に『』が放送されることになったが、を鑑みて急遽編成されたため、番組の性格としては2011年に放送された『』に近い。 『FNS歌謡祭』『FNSうたの夏まつり』との異なる点 [ ]• 番組全体が完全収録(スタジオトーク・スタジオライブ・ロケ企画)。 VTR企画(春の名曲100選・サプライズ企画)が番組のメインで大半を占める。 出演アーティストで楽曲を披露するのは一部でそれ以外はトークのみである。 など 放送データ一覧 [ ]• 各年度の平均視聴率は調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。 放送回 放送日 放送曜日 放送時間 () 放送タイトル 総合司会 進行役 会場 平均視聴率 男性司会者 女性司会者 第1回 19:00 - 23:24 フジテレビ本社 「」 13. 『』『』は主にこれまでに放送され、音組率いるきくち伸CPが制作していたが、当番組は佐々木将CPが制作しに放送した。 『FNS歌謡祭』『FNSうたの夏まつり』と比較してトーク番組の構成に近く、出演アーティストの大半は楽曲を披露しない構成である。 出演者 [ ] 総合司会 [ ]• () 進行役 [ ]• () 出演アーティスト [ ]• パターン 出演者 A アグネス・チャン、石野真子、岩崎宏美、岡本真夜、尾崎亜美、川嶋あい、菊池桃子、榊原郁恵、THE ALFEE、武田鉄矢、谷村新司、NOKKO、松崎しげる、松本伊代 B 中川翔子、Perfume、一青窈、藤巻亮太、Hey! Say! JUMP、ももいろクローバーZ C いきものがかり、AKB48、 、T. Revolution、手嶌葵 ナレーター [ ]• - 番組全体を担当。 - 「サプライズ企画」を担当。 セットリスト(スタジオライブ) [ ] 順番 アーティスト 楽曲 1 一青窈 2004 2 T. Revolution 1996 3 いきものがかり 2006 4 ALL LINE UP 1991 5 手嶌葵 6 AKB48 7 Perfume 8 RADIO FISH 9 藤巻亮太 10 サプライズ企画 [ ] は門出の季節ということで、日本全国のへ出向き、卒業式にアーティストが飛び入り参加して歌のプレゼントをするサプライズの企画が行われた。 2016年の卒業式で唄われた曲ベスト5」と題して、日本全国600校以上に番組スタッフが電話取材し、卒業式で歌唱する曲を徹底リサーチした。 そのデータを元に、「2016年版 リアル卒業式BEST5」を発表した。 また、第1位の「旅立ちの日に」が、にの教員によって作られたで、は当時のであった小嶋登、はの坂本浩美(現・高橋浩美)であることや、にSMAPがカバーしたことなどがVTRで紹介され、VTR明けには上記の出演アーティスト11組ので披露された。 順位 楽曲 学校数 第1位 旅立ちの日に 222校 第2位 67校 第3位 48校 第4位 31校 第5位 3月9日 16校 2017年 [ ] 19:00 - 23:18(JST)に放送。 昨年は月曜日に放送されたが、今年は『FNS歌謡祭』『FNSうたの夏まつり』のFNS歌謡祭シリーズの例年通りで水曜日に放送された。 但し、当番組が水曜日に放送されるのはこれが初となる。 制作は、『FNS歌謡祭』『FNSうたの夏まつり』『Love music』のスタッフが担当。 昨年に引き続き、好評だったサプライズロケ企画が行われて、参加者を番組ホームページで募集した。 今回は、「が新曲『』テレビ初披露!! 」「サプライズ企画豪華5本立て(下記参照)」「祝30周年!! 伝説の名シーンがよみがえる!! 」「あなたの心に残る春うたは? 春の名曲100選」「 による一夜限りの豪華絢爛ショー」といったスペシャル企画を含めた5個のみどころが設けられていた。 サプライズ企画では、「漁師の青年にがサプライズ成人式」「台風で大打撃! 北海道南富良野町にが!! 」「が『』を吹奏楽部とサプライズ共演」「たった31名の卒業生に贈るサプライズライブ」「大分の中学生にが『』を届ける」と、昨年より多めの5本立てで放送された。 AKB48、藤巻亮太以外の出演アーティストは当番組初出演だった。 番組ホームページでは、2017年夏(『』)と2018年春に向けて、引き続き、サプライズしてほしい人を募集していたが見送られた。 ちなみに、サプライズ企画や月9特集などが多めの番組構成だったため、スタジオライブで楽曲を披露したのは嵐と宝塚歌劇団 月組の2組のみだった。 出演者 [ ] 総合司会 [ ]• () 出演アーティスト [ ]• パターン 出演者 A イルカ、ピコ太郎、藤巻亮太、miwa、森口博子、森山良子 B 相葉雅紀、武井咲、滝藤賢一 C 宝塚歌劇団 月組、西野カナ、乃木坂46、南野陽子、森山直太朗 ナレーター [ ]• - 番組全体を担当。 - 「サプライズ企画」を担当。 - AKB48の「サプライズ企画」で菊池の代わりに担当。 セットリスト(スタジオライブ) [ ] 順番 アーティスト 楽曲 1 嵐 2 宝塚歌劇団 月組 サプライズ企画 [ ] 日本全国各地へ出向き、アーティストが歌のプレゼントをするサプライズの企画が行われた。 フジテレビの開局60周年記念特別企画のスケジュールの都合による影響。 なお、代替番組は前年と異なり放送されていない。 トークパートでは、RADIO FISHとしての出演ではなく、オリエンタルラジオとして出演。 「春の名曲100選亅の番号76で登場。 「春の名曲100選亅の番号61で登場。 「卒業式で唄われた曲ベスト5」で第1位。 当番組の司会の渡部建の母校。 メンバーから・・などが出演した。 メンバーから・・・の4人が出演した。 当初は渡部がロケの案内役を務める予定だったがロケ当日が別の仕事だったため、渡部の相方であるアンジャッシュのが代理で案内役を務めた。 出典 [ ]• ,スポニチアネックス,2016年3月29日• ,音楽ナタリー,2016年3月11日• ,音楽ナタリー,2017年3月14日• ,音楽ナタリー,2017年3月17日• ,オリコン,2017年1月27日• [ ],RO69(アールオーロック),2017年3月13日• [ ],RO69(アールオーロック),2017年3月14日• [ ],RO69(アールオーロック),2017年3月17日• ,とれたてフジテレビ,2017年1月27日• ,とれたてフジテレビ,2017年3月14日• ,とれたてフジテレビ,2017年3月17日• ,サンケイスポーツ,2017年1月27日• ,オリコン,2017年3月17日• ,オリコン,2017年3月14日 同時期に放送されている大型音楽番組 [ ]• (、 - 2016年)• (、 - )• (、2017年 - ) 関連項目 [ ]• (FNS) 関連番組 [ ]• - 同局で、同番組の派生番組として当番組が放送開始。 1974年放送開始。 毎年、冬に1回放送されている。 司会は森高千里、渡部建、加藤綾子(2017年現在、当番組と同様)。 - 『FNS歌謡祭』と同様、同局で、同番組の派生番組として当番組が放送開始。 2012年放送開始。 毎年、夏に1回放送されている。 司会は森高千里、渡部建、加藤綾子(2017年現在、当番組と同様)。 - 同局で、2015年10月からレギュラー放送されている音楽番組。 毎週月曜日 0:30 - 1:25(日曜深夜、JST)に放送。 司会は森高千里、渡部建(当番組と同様)。 - 同局で、1964年8月からレギュラー放送されている音楽番組。 毎週土曜日 18:00 - 18:30(JST)に放送。 司会は、(2016年4月から)。 - 同局で、1968年11月から1990年10月までレギュラー放送されていた音楽番組。 司会は、(放送終了時点)。 司会は、、。 - 同局で、1994年10月から2012年12月までレギュラー放送されていた音楽番組。 2013年から不定期放送で継続。 司会は。 - 同局で、2004年10月から2014年9月までレギュラー放送されていた音楽番組。 2015年から不定期放送で継続。 司会は()。 2017年の事前番組• FNSうたの春まつり前夜祭 - 同年3月21日(火曜日)0:25 - 0:35(JST、月曜深夜)、同年3月22日(水曜日)0:25 - 0:35(JST、火曜深夜)と、2夜にわたって事前番組を放送。 3月21日の放送では、 ()が出演して、番組のみどころを紹介。 3月22日の放送では、加藤綾子 (フリーアナウンサー)、()が出演して、番組のみどころを紹介。 外部リンク [ ]• (2016年) - フジテレビによる番組公式サイト• (2017年) - 同上•

次の

2019 FNSうたの夏まつり

エフエヌエス 歌謡 祭 2019 三浦 春 馬

01 「 諸人 もろびと こぞりて」• 宝塚歌劇団 宙組• 02 「I SAW MOMMY KISSING SANTA CLAUS」 (ママがサンタにキッスした)• 宝塚歌劇団 宙組• 郷ひろみ• 03 「We Wish You a Merry Christmas」• 宝塚歌劇団 宙組• 大原櫻子• 04 「All I Want For Christmas Is You」• 宝塚歌劇団 宙組• 郷ひろみ• 三浦大知• chay• 大原櫻子• 05 「LAST CHRISTMAS」• 宝塚歌劇団 宙組• 郷ひろみ• 三浦大知• chay• 大原櫻子• 06 「青春アミーゴ」• 亀と山P• 07 「背中越しのチャンス」• 亀と山P• 由紀さおり• JUJU• 新妻聖子• さだまさし• 三浦祐太朗• 10 「KISS OF LIFE」• 平井堅• 11 「逃げ水」• 乃木坂46• 12 「フレンズ」• 髙橋真梨子• 13 「いざよい」• 柴咲コウ• 八木美知依• 14 「いま、太陽に向かって咲く花」• NOBU• 15 「メリーアン」• THE ALFEE• ダチョウ倶楽部• 真風涼帆 宝塚歌劇団 宙組• 及川光博• AKB48• 乃木坂46• 山崎育三郎• 西川貴教• 髙橋真梨子• 20 「津軽海峡・冬景色」• 石川さゆり• 21 「あの鐘を鳴らすのはあなた」• 和田アキ子• 倖田來未• 坂本昌行 V6• 井ノ原快彦 V6• 横山だいすけ• 生田絵梨花 乃木坂46• 白石麻衣 乃木坂46• 大原櫻子• CHEMISTRY• 25 「冬の稲妻」• 谷村新司• 堀内孝雄• 26 「今はもうだれも」• 谷村新司• 堀内孝雄• 27 「DESTINY」• KinKi Kids• 28 「渡月橋 ~君 想ふ~」• 倉木麻衣• 和楽器バンド 琴/尺八/津軽三味線/和太鼓• 29 「NEWSICAL~LPS」• NEWS• 30 「どうして君を好きになってしまったんだろう?」• 東方神起• 31 「夏の終りのハーモニー」• 山崎育三郎• 尾上松也• 32 「さすらい」• 奥田民生• 長瀬智也 TOKIO• 33 「エンジン」• 奥田民生• 長瀬智也 TOKIO• 34 「今夜君を迎えに行くよ」• ももいろクローバーZ• 35 「ジングルベル」• 嵐クリスマスソングメドレー with ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのミニオン• 36 「赤鼻のトナカイ」• 嵐クリスマスソングメドレー with ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのミニオン• 37 「愛を叫べ」• 38 「Happiness」• 39 「いいわけ」• JUJU• 40 「11月のアンクレット」• AKB48• 41 「涙くんさよなら」• 鈴木雅之• 松下奈緒• 42 「ノンフィクション」• 平井堅• 平手友梨奈 欅坂46• 43 「J. HAPPINESS」• 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE• 44 「J. DREAM」• 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE• 45 「J. LOVE」• 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE• 46 「COLORS」• 47 「クモ」• TOKIO• 48 「メリクリ」• BoA• 49 「レイニー ブルー」• テゴマス• 三浦大知• Children• B'z• 東方神起• 56 「R. 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE• 57 「人生は夢だらけ」• 椎名林檎• 58 「かたち あるもの」• 柴咲コウ• 八木美知依• 59 「愛のうた」• 倖田來未• 溝口肇• 松下奈緒• 60 「PIECES OF A DREAM」• CHEMISTRY• 61 「Point of No Return」• CHEMISTRY• NEWS• 62 「もう君以外愛せない」• KinKi Kids• 生田絵梨花 乃木坂46• 宮本笑里• 63 「Route 66」• EXILE THE SECOND• 64 「YEAH!! YEAH!! YEAH!! EXILE THE SECOND• 65 「普通の今夜のことを ー let tonight be forever remembered ー」• 三浦大知• 66 「Still Alive」• B'z• 67 「おとなの掟」• 椎名林檎• 68 「ミッドナイト・シャッフル」• 69 「ハイティーン・ブギ」• 70 「軌跡」• 近藤真彦 with FNSマッチバンド• NOBU• 西川貴教• チャンミン• ユンホ• 三浦祐太朗• 鈴木雅之• クリス・ハート• 松下奈緒• chay• 指原莉乃 HKT48• 渡辺麻友 AKB48• 大原櫻子• 新妻聖子• 倉木麻衣• JUJU.

次の