無痛 ママ。 無痛分娩・自然分娩・和痛分娩の違い、10の比較

【無痛分娩の体験談】リスクや費用などを赤裸々告白!①

無痛 ママ

この節のが望まれています。 テレビドラマ [ ] 無痛〜診える眼〜 ジャンル 原作 『無痛』 企画 (編成企画) 脚本 大久保ともみ 香坂隆史 小川智子 演出 山内大典 出演者 エンディング 「」 製作 プロデューサー (共同テレビ) 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 水曜22:00 - 22:54 放送枠 フジテレビ水曜10時枠の連続ドラマ 放送分 54分 回数 10 特記事項: 初回は3分前倒し・18分拡大(21:57 - 23:09)。 は『2015 』(19:00 - 23:18)のため休止。 『 無痛〜診える眼〜』(むつう みえるめ)のタイトルで、からまで毎週水曜日22:00 - 22:54に、系の「水10ドラマ」枠で放送された。 小説を原作に、医療ドラマと刑事ドラマの要素を兼ね備えたオリジナルストーリーとなっている。 主演は。 放送時には主演の西島秀俊や監督の(共同テレビ)、製作陣がリアルタイムでドラマを視聴し、感想や収録時の様子を番組公式でツイートしている。 あらすじ(テレビドラマ) [ ] 医師の 為頼英介には、外見を見るだけでその人が抱えている病気がわかり、犯罪者の顔にだけ表れる兆候(=犯因症)を見ることができる不思議な能力がある。 しかしその能力を公言することはなく、普通の町医者として細々と診療を続けていた。 ある日の外出中、すれ違った男の顔に犯因症が浮かび上がっているのを見た英介は、事件が起こる前にいち早く警察に通報し、自らも現場に駆けつけ、予想通り暴れはじめた男に傷つけられた義姉・ 井上和枝たちの救助にあたる。 その様子を見て興味をもった刑事の 早瀬順一郎はやがて英介の特殊能力に気づき、自身が担当する事件の容疑者たちの顔を英介に見せるようになる。 最初は気乗りがしなかった英介も、早瀬の真剣さと押しの強さに負けて協力するようになり、英介の助言で数々の事件が解決する。 しかし早瀬は特に刑法39条が絡むと発砲したり手が出るなど行き過ぎた行為にはしり、その顔には犯因症も浮かび上がるため、英介は危うさを感じていた。 英介の能力には、時折患者を紹介されていた白神メディカルセンターの院長・ 白神陽児も気づく。 白神は英介に自分も同じ能力を持っていることを打ち明け、無痛治療の研究に力を注いでいることや、そのために先天性無痛症である イバラのデータを取り続けていることなどを明かす。 一緒にやろうという白神の誘いに戸惑うが、早瀬が犯因症を治したいと願っていることや、亡くなる寸前の妻の顔にも犯因症を見ていた英介は、犯因症に関する研究もさせてもらうことを条件に白神の病院でも働くことを決める。 白神メディカルセンターでは、臨床心理士の 高島菜見子が幼少期から虐待を受けて児童養護施設に保護されていた 南サトミのカウンセリングを担当していた。 菜見子が過去のクライアントに襲われた事件 で白神メディカルセンターに来ていた早瀬は、サトミが描いた絵が落ちているのを見つけ 、愕然とする。 それは7か月前に起こった未解決の石川一家殺害事件で、被害者4人の遺体が頭にビニール袋を被せた状態で並べられていた事件現場を描写したとしか思えないものだった。 絵を描いたのがサトミだと知った早瀬は、非公式な捜査で現場に残っていた髪の毛とサトミの髪の毛が一致することを確認し、サトミこそが石川一家殺害事件の真犯人であると確信する。 そんな中、菜見子が自宅で襲われ、頭にビニール袋を被せられた瀕死の状態で発見される。 現場に残っていた足跡は菜見子が過去に交際していた 佐田要造のものと一致。 以前から菜見子の周りをうろついていた佐田と顔を合わせていたにも関わらず、犯因症を見抜けなかった英介はショックを受ける。 状況が石川一家殺害事件の現場と酷似しているため、捜査本部は石川一家殺害事件についても佐田の犯行説を疑うが、菜見子のロッカーからバラバラにされた佐田の手が見つかる。 そして佐田を殺した犯人として白神メディカルセンターで清掃員として働くイバラが逮捕されるが、イバラが犯行時のことを何も覚えていないと話していることや、面談してもその顔から犯因症が見えない英介は、本当にイバラの犯行なのか疑問を抱く。 イバラは隙を見て留置場を脱走し、自分が石川一家を殺す様子を目撃したというサトミと逃走する。 警察はイバラが連れ去ったとみていたが、普段と犯行時のイバラの様子が違うことに疑問を感じたサトミは自らの意志でイバラと行動を共にしていた。 しかしサトミの具合が悪くなったためイバラはサトミをおぶって英介の診療所へ戻り、そこで白神のデスクから持ち出していたUSBメモリも英介に託す。 中には白神がイバラに服用させてきた無痛治療新薬の治験データが入っていたが、石川一家殺害事件が起こった日には新薬が過剰投与され、記憶障害や意識混濁、凶暴性増加などの副作用が現われたことも記録されており、イバラが犯行に及んだのはこの新薬のせいであることが明らかとなる。 しかしそうとは知らず、白神からイバラの危険性について聞かされていた早瀬はイバラを発見した際に発砲してしまい、橋から川に落ちたイバラは消息不明となる。 イバラが脱走する前に呟き続けていた「大切な人、大切な場所」という言葉から石川一家の妻・ 彰子が生前に投稿していた新聞記事にたどり着いていた早瀬は、英介からUSBの内容を聞いて自分がそそのかされていたことを知り、白神への疑いを強める。 そして調べを進め、石川彰子が結婚直前まで白神の弟・ 怜児と交際していた事実をつかむ。 白神と対峙し、石川一家殺害は弟を捨てた石川彰子への復讐ではないかと早瀬と英介が詰め寄る中、突如イバラが現われ、白神を道連れに窓を突き破って転落する。 2人は亡くなり、事件は終息する。 犯因症を出さないためには刑事を辞めるべきだと英介に言われ、悩んできた早瀬は刑事を続けることを決意し、英介は診療所を和枝に任せ、一人旅に出る。 キャスト [ ] 主要人物 [ ] 為頼 英介(ためより えいすけ)〈43〉 演 - 外見を見るだけで症状や予後がわかる「神の診察眼」ともいえる天才的な能力を持つ。 として刑務所で働いていた経験もあり 、犯罪者にみられるエネルギー過多の一種である「犯因症」の兆候も見分けられる。 様々なことがみえることで医療に限界を感じたり苦悩する ことが多いため、自身の能力を隠した状態で某市の片隅 で町医者として細々と診療所で患者を診てきた。 しかし、特殊能力に気づいた早瀬に頼まれると優しい性格のため断りきれず、現場を訪れ捜査に協力する。 妻の倫子を亡くしているが、彼女を蝕む病には末期になるまで気づかなかった。 早瀬 順一郎(はやせ じゅんいちろう)〈32〉 演 - 港中央警察署刑事課強行犯係・。 熱血漢タイプの刑事。 数年前までは県警本部の捜査一課に所属する将来を嘱望される有望株だったが 、自分が逮捕したを「心神耗弱状態で責任能力はない」と鑑定したに裁判所で掴みかかったことがきっかけで 、現在は所轄にいる。 男が暴れている現場において、英介が事件が起こる前に警察に通報していたことや、現場で傷ついた人々に迅速な処置を施す様子を見て興味を持ち 、いち早く英介の能力を見抜く。 以後、英介に捜査協力を頼み、事件を解決に導く。 以前から正義感や責任感が強ぎるがゆえに容疑者を殴ってしまうなど行き過ぎた行動をとることがあったが、英介から犯因症の兆候が出ている と言われ、思い悩む。 高島 菜見子(たかしま なみこ)〈26〉 演 - 白神メディカルセンター。 患者であるサトミを担当している。 明都医大に勤務していた頃の英介の診察を、大学の授業の一環で見たことがある。 2年前、付き合っていた佐田要造に暴力を振るわれるようになったため、自ら別れを切り出した。 その後、佐田からを受けたり、自宅アパートで襲われて頭部や背部に重傷を負うが英介に発見され、白神陽児の手術により一命を取り留める。 白神 陽児(しらがみ ようじ)〈39〉 演 - にある 白神メディカルセンターの院長。 英介と同じ能力を持つ医師。 そのため、そのヒントとなりえる先天性無痛症であるイバラ(伊原忠輝)を直接担当し、自らが開発した無痛治療の新薬「SND-4053(ドロール)」 の服用を義務付けている。 一見温厚だが目的のためには手段を択ばない冷徹な性格。 2つ年下に怜児という弟がおり、同じ東光医科大学医学部で共同論文も発表していたが、10年前に亡くしている。 主要人物の関係者 [ ] 英介の関係者 [ ] 井上 和枝(いのうえ かずえ)〈56〉 演 - 英介の義姉 で為頼診療所の。 診療所兼自宅で英介と共に生活している。 久留米 実(くるめ みのる )〈68〉 演 - 元・明都医大教授。 診断学の権威で、学生時代の為頼の能力を見抜いた。 末期癌を患い英介の往診を受けながら自宅療養していたが、痛みを緩和するような治療は全て拒否したまま、第7話で亡くなる。 久留米 大 演 - 実の孫。 久留米 真理子 演 - 実の息子の妻。 大の母。 為頼 倫子(ためより のりこ) 演 - 英介の妻。 和枝の妹。 1年前にで亡くなった。 港中央警察署 [ ] 仁川 康男 演 - 刑事課課長で早瀬の上司。 大阪出身。 暴走する早瀬をいつもどやしつける。 タバコは「BLACK BAT」を吸う。 太田 武司 演 - 刑事。 早瀬の後輩で捜査パートナー。 涌井 演 - 捜査一課係長。 のため、痛みという概念を理解できない。 5年前にとを併発して白神メディカルセンターに来院し、痛みを感じていないことに気づいた白神から理想の無痛医療のために協力してほしいと頼まれ、研究対象となる。 白神の言いつけを守り、身体を鍛えて続けている。 南 サトミ(みなみ さとみ)〈14〉 演 - 菜見子が担当している患者。 幼少期からを受け、重度のとの疑い や があり、に保護されている。 一家殺害事件の直後である2015年4月22日から精神疾患の悪化により白神メディカルセンターへ入院。 その後、菜見子によるカウンセリングを受けているが直接会話はせず、携帯の文字でやりとりをする。 話さないのは心因性によるものだと思われていたが、第5話で実は両親から受けた虐待によってを骨折していることが要因であると英介に見抜かれた。 教師一家殺害事件の現場を直接見ていないと描けない絵を描いていることや、現場に落ちていた帽子(サイズ54cm)から彼女の金色の毛髪が発見されていることから犯人ではないかと疑われる。 本人も「あたしが殺したの」と菜見子に携帯で打ち明けていたが 、白神には虚言であり、不安からくる自己処罰衝動の一環であると解釈されている。 殺された一家はサトミの担任教師一家であり、授業でも一切発言しなかったことを叱責され続けたため、襲いかかったこともあった。 橋本 広子 演 - 看護師長。 横井 清美〈35〉 演 - 白神の秘書。 白神を崇拝している。 ゲスト [ ] 第1話 [ ] 中野 昭一 演 - 容疑者。 英介とすれ違った犯因症の兆候を持つ男。 刃物で無差別に通行人を殺傷しようとするが早瀬が発砲した拳銃の実弾が命中した事により瀕死の重傷を負う。 郷田 演 - 製薬会社勤務。 実はを偽装してアパートの隣人の女性をで殺害した容疑者。 のライブ会場で神経ガスをバラ撒こうとした。 しかし、英介と早瀬により被害を未然に防ぎ、早瀬に半殺しにされた挙句に逮捕される。 前田 演 - 和枝の幼馴染。 を患っている。 Cheeky Parade 演 - 郷田が神経ガスをバラ撒こうとしていたライブ会場でライブを行っていたアイドルグループ。 第2話 [ ] 山田 輝久 演 - アパートの自室で腹部をさされ死亡した男性。 工藤 一尊 演 - 山田を殺したと告白する男性。 を患っている。 佐々木 浩太 演 - 白神メディカルセンターの。 金欠の患者を強制的に追い返した行為で白神により解雇される。 第3話 [ ] 篠崎 大和(しのざき やまと) 演 - 女性を絞殺して爪を剥ぐ という事件を起こし、3年前に早瀬が逮捕した男。 しかし、妄想型と診断されたため罪には問われず、精神科病棟に強制入院となる。 退院後は再び同様の事件を起こし、早瀬に追い詰められ半殺しにされた挙句に再逮捕される。 市原 将太 演 - 県警本部の早瀬の元同僚。 篠崎が退院したことを早瀬に知らせる。 佐田 要造 演 - (第3話 - 第6話) 2年前に菜見子と交際していた男。 菜見子に行為を繰り返す。 菜見子のアパートの部屋に侵入して傷を負わせ、スマートフォンを盗んで逃亡。 その後入院中の菜見子を拉致しようとするが英介とサトミに追い詰められて失敗する。 駆けつけた警察からは逃走したがイバラに捕まり、のみではされないままオペを施された末に殺される。 第4話 [ ] 瀬野 愛莉(せの あいり) 演 - 菜見子が臨床心理士として初めて担当した元。 で苦しみ、最初は菜見子にも憮然とした態度をとり続けていたが、最後は彼氏の話ができるまで回復し、カウンセリングは修了していた。 それから2年後、彼氏に自分の過去を正直に打ち明けるという菜見子のアドバイス が裏目に出たことを恨み、殺害しようと状態で再び菜見子の元を訪れるが、犯因症を見抜いた英介に阻止され、早瀬らに逮捕される。 野々村 涼(ののむら りょう)〈23〉 演 - 菜見子がよく行くコンビニの店員。 石で何度も頭部を殴られ殺害される。 また、腕には何者かによって煙草「BLACK BAT」を何度も押し付けられた痕があった。 第5話 [ ] 稲葉 朋美 演 - 科捜研。 早瀬に頼まれ、内密に南サトミと教師一家殺害事件の現場に残されていた毛髪のDNA鑑定をする。 第8話 [ ] 財部 演 - 弁護士。 第9話 [ ] 北山 貴志 演 - 東光医科大教授。 白神の研修医時代の指導教官。 スタッフ [ ]• 原作 - 『無痛』• 脚本 - 、、、小川智子• 音楽 -• 演出 - 、、山内大典• 主題歌 - 「」()• 挿入歌 - ミソッカス「闇夜のキャラバン」()• 編成企画 -• プロデューサー - (共同テレビ)• アソシエイトプロデューサー - (共同テレビ)• 制作 - 、• 制作著作 - 共同テレビ 受賞 [ ]• 第2回• 新人賞(浜辺美波) 放送日程 [ ] 各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率 第1話 10月 07日 新ヒーロー誕生…!? 病気を見抜く天才は、犯罪を見抜けるか? 大久保ともみ 11. 2015年10月6日. 2015年10月23日閲覧。 2015年10月28日. 2015年11月1日閲覧。 同番組では、『無痛〜診える眼〜』のキャストが出演した。 2015年10月1日. 2015年10月3日閲覧。 2015年8月5日. の2015年9月2日時点におけるアーカイブ。 2016年8月11日閲覧。 SANSPO. COM 2015年8月5日. 2015年10月3日閲覧。 2015年10月14日. 2015年10月23日閲覧。 2015年11月6日. 2015年12月27日閲覧。 2015年12月9日. 2015年12月27日閲覧。 cinemacafe. net 2015年12月16日. 2015年12月27日閲覧。 2015年12月16日. 2015年12月27日閲覧。 2015年11月7日閲覧。 とれたてフジテレビ. 2015年8月5日. 2016年1月6日時点のよりアーカイブ。 2015年12月27日閲覧。 2015年8月6日. 2015年10月3日閲覧。 「無痛〜診える目〜」公式サイト. 2015年12月12日時点のよりアーカイブ。 2015年12月12日閲覧。 2015年11月27日. 2015年11月30日閲覧。 第3話。 2015年8月5日. 2015年10月3日閲覧。 2015年10月7日. 2015年10月23日閲覧。 2015年8月5日. 2015年11月30日閲覧。 2015年11月6日. 2015年11月22日閲覧。 2015年10月22日. インタビュアー:多可政史. の2015年11月4日時点におけるアーカイブ。 2016年8月11日閲覧。 T-SITE 2015年10月7日. 2015年10月8日時点のよりアーカイブ。 2015年11月22日閲覧。 SANSPO. COM. 2015年10月28日. 2015年11月1日閲覧。 2015年10月1日. 2015年10月3日閲覧。 第8話、イバラ逮捕の新聞記事参照。 第9話。 USBに入っていたデータ画面参照。 第9話。 2015年10月2日. 2015年10月3日閲覧。 とれたてフジテレビ. 2015年9月16日. 2015年11月17日時点のよりアーカイブ。 2015年11月7日閲覧。 公式Twitter• 公式Twitter• 第6話の回想シーン、英介の呼び掛けより• 木村隆志 2015年12月1日. Real Sound. 2015年12月12日閲覧。 2015年9月22日. 2015年10月3日閲覧。 2015年11月24日. 2015年11月30日閲覧。 2015年9月16日. 2015年9月16日閲覧。 cinemacafe. net 2015年9月16日. 2015年9月17日閲覧。 2015年10月2日. 2015年11月8日閲覧。 第5話。 2015年10月6日. インタビュー. Smartザテレビジョン. 2015年11月1日閲覧。 第1話。 第5話の早瀬の発言より• アメーバ 2015年10月7日. 2015年11月2日閲覧。 第3話。 神奈川県警事件データベース画面参照。 2015年11月18日. 2015年11月18日閲覧。 2015年10月27日. 2015年11月7日閲覧。 2015年10月27日. 2015年11月1日閲覧。 テレビドガッチ 2015年10月27日. 2015年10月27日閲覧。 第4話。 テレビニュース画面参照。 第5話。 本人の名札参照。 2015年12月2日. 2015年12月12日閲覧。 2015年12月2日. 2015年12月12日閲覧。 ORICON STYLE 2015年9月25日. 2015年9月25日閲覧。 音楽ナタリー 2015年9月30日. 2015年10月1日閲覧。 ORICON STYLE 2016年1月29日. 2016年1月29日閲覧。 フジテレビオンデマンド「無痛」エピソードリスト参照。 ナビコンニュース 2015年12月17日. 2015年12月17日閲覧。 サイゾーウーマン 2015年12月17日. 2015年12月18日閲覧。 関連記事 [ ]• - 主題歌「黒い雫」 外部リンク [ ]• - (2015年8月8日アーカイブ分)• 前番組 番組名 次番組.

次の

無痛分娩体験記。荻窪「東京衛生病院」いよいよ計画分娩日!③

無痛 ママ

無痛分娩とは 無痛分娩とは、背骨の間 ? にある「硬膜外腔」というところに、細くて柔らかい管 カテーテル を入れ、そこから麻酔薬を点滴のような要領で入れて痛みを和らげる方法です。 よく、 「無痛=痛みが無い」と勘違いされることがありますが、決してそんなことはありません。 「無痛分娩=痛みを和らげる」と思ってもらった方が良いと思います。 「自然無痛分娩」と「計画無痛分娩」のリスクの違い 「自然無痛分娩」は陣痛が来てから病院に行き、硬膜外麻酔をする方法です。 陣痛の痛みも味わいますし、「計画無痛分娩」よりも自然に近い無痛分娩です。 それに対し、 「計画無痛分娩」はいつ無痛分娩をするか日にちを決め、決められた日に入院して陣痛促進剤と硬膜外麻酔を使って 人工的に陣痛を起こして分娩を行う方法です。 母体の準備も、胎児の準備もまだできていない状態で無理矢理陣痛を起こします。 ですので、 無痛分娩による事故のほとんどが実は「計画無痛分娩」によるものなんです。 「自然無痛分娩」の方が、母体と胎児の出産の準備が整ってからの無痛分娩なので、「計画無痛分娩」よりもリスクは低いと言えます。 海外では「無痛分娩」は当たり前!? 日本産科麻酔学会によると、欧米やヨーロッパでは 一般的に硬膜外無痛分娩が行われているそうです。 アメリカでは70%以上、フランスでは80%以上 2016年 、フィンランドでは約90%の出産が無痛分娩で行われています。 それに対して日本は無痛分娩が徐々に増えていってはいますが、それでも 全体の6% 2016年 と、かなり割合が低いことが分かります。 個人病院での無痛分娩はリスクが高い 「無痛分娩を希望する妊婦が増えている」と上でも述べましたが、それと同時に無痛分娩による重篤な事故も少なからず起こっていることは事実です。 悲惨な事故から身を守るために、少なくとも以下のポイントを確認するようにしましょう。 ・複数の医師がいる体制かどうか。 ・小さな病院の場合は、提携病院の確認。 ・「自然無痛分娩」を行っているかどうか。 「計画無痛分娩」の方がリスクが高い 小さな個人病院は、落ち着けるし、居心地も良いところが多いです。 ですが、いざ出産のとき1人しかいない先生が別のお産に立ち会っていたら?? もし、別のお産の帝王切開の手術中だったら?? もし、その先生が急に病気になって倒れたら?? 少し考えればわかると思いますが、お医者さんが1人の病院はリスクが高いです。 私は始め、個人病院に分娩予約をしていました。 もちろん無痛です。 ですが、妊娠18週の頃、 その病院の先生が入院することになり、分娩予約がキャンセルになりました。 もし、それが自分の出産の当日だったら?? 考えただけでもゾッとします。 お産は待ってくれません。 そのとき出産するしかないんです。 ですから、少しでもリスクを減らすために、病院選びは慎重に行ってください。 無痛分娩の費用• 無痛分娩の費用は、地域や病院によって全然違います。 ここでは、実際に私が無痛分娩を行ったクリニックでの費用をお話します。 まず、無痛とは関係なく支払う 基本的な分娩費用が48万円~57万円 全室個室 です。 部屋の階数や広さによって値段が違います。 そして、胎盤処理料や新生児検査料などの 諸費用が3万円。 そこに、 無痛分娩費用が88,000円~11万円。 時間外や深夜料金・休日料金が追加されるので、最低料金の88000円で済む人はほぼいないそうです。 さらに、無痛開始から12時間を経過すると薬剤の追加料金が 24時間につき5,200円かかります。 そして、 無痛分娩とは関係なく、出産した時間によって追加される料金もあります。 生まれた瞬間が診療時間内だとOKなのですが、 時間外だと2万円。 休日や深夜 2時~6時 だと4万円。 とにかく、どんどん基本料金に加算されていく感じです。 ですので、 最低でも60万円くらいはかかると思ってください。 多ければ、76万円ほどでしょうか? 私が実際にかかった費用は、689,430円でした。 出産一時金42万円があるので、実費は269,430円です。 おわりに 今回は、以下のことをお話しました。

次の

無痛分娩体験記。荻窪「東京衛生病院」いよいよ計画分娩日!③

無痛 ママ

無痛分娩、わたしの場合 昨年6月に第二子を無痛分娩で出産した、ライターの小田原みどりさん。 出産の痛みは嫌、というシンプルな理由から無痛分娩を選んだといいます。 実際に体験してみると、調べただけではわからなかったことがたくさん見えてきます。 「母子ともに健康」という言葉の重さを感じたそう。 前編、後編でお送りします。 皆さん、無痛分娩という出産方法を知ったのはいつですか? 私が無痛分娩という出産方法を初めて知ったのは、第一子を妊娠する前。 おそらく2010年くらいではないかな?と思います。 まだ妊娠もしていないのに、子どもは欲しいけど鼻からスイカの痛さは嫌だな、と常々思っていて、インターネットでいろいろと調べていくうちに無痛分娩という出産方法にたどりついた記憶があります。 当時私が無痛分娩について調べてわかったことは ・欧米では無痛分娩が一般的、日本ではまだまだ少数派 ・麻酔科医・産婦人科医の数が少ないから普及していない ・産みの苦しみを味わいたい、味わうべき、という理由で自然分娩を望む人も多い(個人的にはまったく理解できない…) ・無痛と言っても痛みを感じる場合もある ・自然分娩より費用がかかる ということでした。 最近、報道でよく聞くリスクや悲しい事故関しては全く調べていませんでした。 というより、無痛分娩は痛みがないからリスクなんてないだろう!という感覚。 だから、 子どもを授かったら無痛分娩という痛くない方法で出産したい!と強く思っていました。 その後第一子を授かり、旦那に 「陣痛が痛くない無痛分娩という方法で出産してみたい。 」 と提案したところ、 「陣痛のあの痛みを体験してほしい。 」とひと言。 このひと言、皆さんはどう思いますか?私は「はぁぁぁ(怒)????」でした。 つわりもない、陣痛も体験できない男性が何を言うんだ!!!!と数年経った今でも忘れられない一言です。 いや、一生忘れてたまるもんか! 旦那のありえないひと言があったから、というわけではないのですが、第一子は自然分娩で出産することになりました。 というのも、当時私たちの住まいは東京。 出産は地元の広島で、と決めていたのですが、妊娠初期に地元に帰ることができず、広島で無痛分娩を行っている病院で診察ができなかったのです。 ということで、第一子については両家の実家から近い大学病院に決めました。 ) 第一子は出産予定日昼に破水し入院。 いつ陣痛がくるかとドキドキするも陣痛がこず、翌日昼前から促進剤を点滴。 15時ごろから陣痛が始まり、18時頃から耐えきれない波が襲ってきて21時頃分娩室、22時前出産という、初産にしてはなかなか早い出産でした。 こうやって書くと、安産だったのねと思いますよね。 実際に安産だったとは思いますが、18時過ぎから出産するまで痛みが来るたびに「あ゛〜!!!!」と言葉にならない、獣のような大声を出して痛みに耐えました。 無痛分娩だったらこんなに痛くなかったのに……! この時思い出すのはやっぱりあのひと言。 「あの痛みを体験してほしい」。 陣痛の合間のオアシスタイムに「次子どもができたら絶対に無痛にするけぇね! 覚えとけよ!!!」と喧嘩口調で約束しました。 陣痛中って、人が変わるというか本性が出ちゃうというかですよね。 第二子では迷わず「無痛分娩」を選択 第一子を無事出産し、あいがたいことにその後第二子を授かりました。 出産の痛みは忘れる、だからまた子どもが欲しくなる、と言いますよね。 たしかに私も出産の痛みは忘れ、2人目も望んでいましたが、あの陣痛は二度と経験したくないと思っていました。 なので、どこで出産するかとなったとき、パパに「あの時のこと覚えてるよね?」ということで、2人目は憧れの無痛分娩で出産することにしました。 とにかく痛いのが嫌だというのが大前提ですが、 私が選んだN産婦人科は計画無痛分娩というもので、いつ出産するかをあらかじめ決められる、ということも魅力の一つでした。 初産の時はいつ陣痛が来るのか、それとも破水してしまうのか、そもそも自分は陣痛に気づくのかという疑問や不安に加え、一人目ということもあって臨月に入った頃から周囲の「まだかな〜?」の声は嬉しさ半分、ちょっとしたストレスでもありました。 それが 計画分娩だと、この日だよ〜とあらかじめ周囲に報告できる! 出産日に向けて赤ちゃんグッズ(ほとんど購入せずお下がり。 さすが二人目。 )や入院、自分自身の心の準備、家族への諸々のお願いできるのが良かったです。 また 第二子を出産するにあたって、私が一番気にかかっていたのが1人目の長女のケア。 3歳を目前にして、いろいろなことが理解できるようになってきているので、私が急に産気づいて出産入院となるより、あらかじめ 「ここからここまでママは入院だよ、この日から一緒にねんねできるよ」と伝えられて、彼女にも心の準備をしてもらえるのがいいと思いました。 とはいうものの、出産2週間前から、それまですることなかった指しゃぶりが急に始まり、楽しく通っていた習い事でも涙することが多くなってきていました。 N産婦人科では初診時に「無痛分娩希望です。 そのためにここを選びました。 」と先生に伝え、妊娠6ヶ月になり出産日を決めることになったのですが、ここで問題発生! N産婦人科で無痛分娩を行うのは原則毎週月・水のみ。 私の週数が39週の時はなんとすでに予約いっぱい。 「初診時に無痛がいいって伝えていたのに……。 」と思いつつも、2人目だし計画日より早めに陣痛がきてしまうと無痛分娩ができなくなることもあるというので、37週4日を出産日に決めました。 そんなこんなで出産日も決まったし!という頃からニュースで無痛分娩の事故をよく目にするようになりました。 正直どうしてこのタイミングで……と不安にもなったけれど、 それらのニュースがどうしても無痛分娩のリスクばかりピックアップしているように思えて、やっぱり「産みの苦しみを良しとする」風潮があるから かな……と思っていました。 でも、リスクより「痛いのは嫌」という気持ちが強かったので、無痛分娩をやめようとは思いませんでした。 でも、もちろん心配もあって。 N産婦人科には麻酔科の先生がいるから大丈夫。 初診時に「無痛分娩Q&A」の資料をもらったから大丈夫。 麻酔科の先生からリスク一つ一つについて説明があったから大丈夫。 リスクが起こるパーセンテージは低いから私は大丈夫。 私も赤ちゃんも絶対に大丈夫。 と自分に言い聞かせていました。 計画予定日に出産できないなんて!? 出産に向けて、仕事の調整、美容院まつげエクステ、友人とのランチ、長女の幼稚園見学、家族3人での時間、娘と2人デート。 これでもか!というくらい予定を詰め込み、冷蔵庫の中のものを消化し、入院の日を迎えました。 6月13日 入院初日 12:00 娘と昼食 13:00 娘を義実家へ 13:30 自宅でシャワー(産後翌日までシャワー禁止のため) 15:30 N産婦人科到着 16:00 診察 17:00 手術着に着替え、背中(腰のあたり)に麻酔をしカテーテル挿入 N産婦人科で無痛分娩をしたママ友から一連の流れを聞いていたものの、背中に管? 痛かったらどうしよう! とかなり緊張していました。 多少の違和感はあったものの無事にカテーテルが入り、実際に麻酔を流し込み効き具合のテスト。 数分おきに保冷剤をつま先、ふくらはぎ、外もも、内もも、足の付け根、へその下に当てられました。 最初は冷たかったのがだんだんと鈍くなっていき、足の付け根まで感覚がなくなったところで導尿し、準備完了。 18:15 豪華な晩御飯 N産婦人科は料理が豪華なことで有名。 入院中の楽しみの一つでもありました。 でも、いくら豪華な晩御飯でも1人だとサクっと食べてあっという間にごちそうさま。 その後、カープ中継を見たりパパや娘とテレビ電話。 23:00 消灯。 翌日5:40起床予定なのに背中にカテーテルが入っているという、なんとなくの違和感や点滴の注射で寝返りが打てない。 そしてなにより緊張してなかなか眠れない。 6月14日 入院二日目 5:00 起床。 本当はもう少し眠りたかったけど目が覚めてしまう 6:00 陣痛室へ行く 7:00 豪華な朝食とほぼ同時に陣痛促進剤の点滴開始 8:15 パパと娘が来てくれる。 この頃3分間隔でお腹の張りが始まる。 だけど痛みはなし 11:50 豪華なお昼ご飯を少し食べたところで張りとともに痛みが出始める 12:10 軽い生理痛のような耐えられる痛みだったけど、急激に陣痛がきて麻酔の効きが間に合わなかったらいけないので(これもママ友のアドバイス)、麻酔スタート! 麻酔は定期的に自動で点滴に流し込まれる仕組みになっていましたが、万が一痛みが強くなったら回数やタイミングに制限はあるものの自分で増量できるようになっています。 以後、麻酔科の先生が定期的に麻酔の効き具合の確認をしに来てくれました。 13:00 張りとともに来ていた痛みを感じなくなり、下半身に保冷剤をあてられても触れる感覚はあるのに冷たさは感じなくなりました。 子宮がギューーーーッと収縮する感覚は分かるのに痛みが伴わない。 14:00 定期的に来ていた張りが少なくなる。 モニターを見ても陣痛の波がだんだんと穏やかになっていくのが素人目でもわかる。 15:30 張りがなくなる。 先生もこの日は難しそうと判断。 促進剤がなくなるまでに陣痛が再びおきなければ、この日は中止になることが決定。 17:00 陣痛が戻ることなく促進剤終了。 その後診察。 バルーンをいれて翌日陣痛が起きやすくなるようにする(すぐに出てきてしまう)。 18:00 1人豪華晩御飯&カープ中継(カープ負ける)。 万が一夜中に陣痛きたらどうしよう、翌朝先生が来るまで麻酔できないよな〜夜中に陣痛だけは来ませんようにと願いつつ就寝。 ここまで読むと、 え?計画予定日に出産できないなんてあるの?促進剤打っても陣痛来ないことなんてあるの?と思いますよね。 あるんです。 私は計画していた日に出産できませんでした。 先生に翌日に仕切りなおしと言われたときに私が一番気になったのがお金のこと。 N産婦人科の出産費用は経産婦の場合約50万円。 この費用は国から42万円支給されるので、実際の支払い金額は約8万円。 さらに無痛分娩はこれに12万円かかるので合計支払い金額は約20万円です。 決して安くありません、いや高い。 20万円の出費は我が家にとってかなり痛手。 でもこの12万円を払ってでも私は無痛分娩がよかったのです。 パパの許せない一言に対しての意地みたいなものもあったと思います。 また、一人目の大学病院での出産の支払い金額は24万円だった(個室利用)ので、それより安い金額で食事も豪華で無痛だからいいじゃん!というのもありました。 」とのこと。 安心しました。 6月15日 入院三日目 6月14日と同じスケジュール。 ただ一つ違うのは全く陣痛の波が来ず、麻酔投与もなし。 「37週4日or5日での出産が早かったんだね、こういう時のために金曜日を空けているからまた来週の金曜日に仕切りなおしだね。 」とのことでカテーテルを抜いて自宅に強制送還。 2日連続で朝から夕方までたっぷり陣痛促進剤を打ったのに陣痛こないってどういうこと?冷蔵庫の中空っぽにしてきたのにまた買い物してまた料理?1週間家事するのが面倒すぎる。 そういえば2日前のお昼過ぎからシャワーを浴びていない。 そして翌日朝までシャワーを浴びられない。 イライラモヤモヤしながら出産後過ごす予定だった部屋の片付けをし荷物をまとめました。 自宅に戻ると、娘はとっても喜んでくれたけど、入院・出産に向けて心も身の回りも準備してきたし、家族も予定を調節してきてくれたのに……自然にくる陣痛や破水を待ち、赤ちゃんの出たいタイミング待たなかったのがいけなかったのか……。 いろんな思いが湧き出てきて気持ちが追いつかず恥ずかしながら泣いてしまった。 でも、泣いたらすっきりした。 再入院までの約1週間、財布を落として免許証・クレジットカード・健康保険証の再発行という、泣きっ面に蜂、な出来事があったり、娘の習い事の送迎に行くと「なんでいるの??」「かくかくしかじかで……」というやりとりがあったり……。 だけど、ママ友には入院中の娘が心配でたまらないと伝えていたので、「娘ちゃんとの時間が増えてよかったね、今はそういう時間なんだよ。 」と言われて、娘のことが心配だったので少しだけど水入らずの時間が増えてよかったと思えるようになりました。 【後編に続く】.

次の