ミニマム キャンプ。 ミニマムキャンプが楽しい| に薪を収納する

ツェルトでソロキャンプのすすめ。ミニマムな自由。

ミニマム キャンプ

ミニマムキャンプスタイルをオススメする理由 先ほども書きましたが、ミニマムキャンプを一言でいうと、 「 持っていく道具をいかに最小限にできるか」 という事を考え抜いたキャンプスタイルのことです。 広くて快適なテント、ゆったりと座れるイス、サイトを彩る装飾など、好きなグッズを増やしていくのはキャンプの楽しみとしてはもちろんアリなのですが、 ソロキャンプって 持っていくのも一人、準備するのも一人、片付けるのも一人 なんですよね。 初心者の方だと勝手がわからない分、よく聞くのが 「 設営と撤収作業だけに何時間も費やして疲れてしまった」 という悲しいお話。 しかしミニマムキャンプの利点は、 荷物の量が少なくて済む、できるだけ軽いものを揃えている、リュック1つあればキャンプに行ける ということ。 これならそんなに疲れないのでは?• 軽いもの、コンパクトなもの• 準備や設営が簡単にできるもの• 長く使えるもの 何より大事なのはやはり「 軽い」ことや「 コンパクト」であることです。 ただ、軽いものを選ぼうとすると、やはり有名なブランドが候補に上がるためコスト面が気になるところですね。 しかし、その分耐久性がよく、長く使えるものも多いです。 自分にはどちらが合っているか、よく考えてから購入しましょう。 必要なキャンプギア【リュックでミニマムキャンプ】 リュックで超ミニマムに!デイキャンプを考えている方、徒歩や自転車、バイクでの移動を考えている方はこちらを参考に。 テントorタープ デイキャンプだと、テントではなくタープ泊にして軽量化するのはいかがでしょうか?タープを選ぶ基準としては、遮光性が高い軽量のものがオススメ。 軽くて設置に簡単なタープ泊は大自然を楽しむことができます。 ただ、大雨、強風、虫や防犯などには注意してください。 初めて行くキャンプ場の場合や、まだキャンプに慣れていない方はテントをオススメします。 シート、マット タープ泊のスタイルですと、地面に直接シートとマットを敷く方もいます。 ただ注意していただきたいのが 雨。 コットを持っているならまだいいのですが、コットなしで地面に直接マットを敷いていると、最悪の場合水没してしまうので注意しましょう! 直火がOKな場所なら、直火で焚き火をやるというのもありですね。 テーブル キャンプではつい大きなテーブルを持って行きたくなりますが、ミニマムキャンプはここも軽量化しましょう! 折りたたみができて軽いものがおすすめです。 チェア マットを減らしたい、という方は必要ですね。 登山用に作られているものだと、軽くて持ち運びやすいです。 背もたれの有無で快適度が変わってきますので、一度試してから購入するとよいでしょう。 まずは、デイキャンプをおすすめします。 デイキャンプだと、シュラフ(寝袋)が不要なのでそのぶん軽量化できますね。 簡単なデイキャンプで、ミニマムキャンプのイメージを掴んでみるのはいかがでしょうか? 必要なキャンプギア【車でミニマムキャンプ】 車での移動を考えている方はこちらを参考に。 シュラフ(寝袋) 夏用のシュラフが一番軽量でコンパクトなのでおすすめ。 シュラフは、3シーズンで使えるものと冬用のものがあります。 季節によって変えるようにしましょう。 ランタン 初めはテント内でも使えるLEDランタンが良いでしょう。 手のひらサイズのものから置き型のものまで様々ですが、おすすめはテント内に引っ掛けられるランタンです! また、外出するときなどは、 ヘッドライトもあると大変便利ですよ! 火元に関しては、リュックの時と同様、シングルガスバーナーの使用でもいいのですが、車では小さめの焚き火台の使用をおすすめします!やはり癒されますし、料理にも使えて一石二鳥! 焚き火だと、手斧やナイフ、火吹き棒、ファイヤースターターがあれば便利ですよ。 テント・タープ• シート、マット• クッカーセット• バーナーor焚き火台• テーブル• チェア これらは、さきほど記載した【リュックでミニマムキャンプ】を基準に、好みにあったものを選ぶと問題ないと思います。 車でのキャンプといえど、できるだけ軽いもの、コンパクトなものを心がけて選びましょう! 本当に必要なのか? なくても大丈夫じゃないか?と考えながらギア(道具)選びを行うのも、キャンプの楽しさだと思います。 ミニマムキャンプに慣れてきたら、次はバイクでキャンプツーリングを楽しむのも最高ですよ。 春や秋にバイクで出掛けてみてはいかがでしょうか。 キャンプギアの収納のポイント ミニマムキャンプでは、収納もかなり大事! 隙間が無いようにバランスよく詰めることで、足腰の負担の軽減にもなります。 いくつかおすすめのポイントをまとめてみました。 リュックの場合、テントやシュラフなど 重量のあるものは下に詰める• シュラフはたたまず収納袋にいれる• 食品パッケージなどは、 ゴミを出さないようあらかじめジップロックにいれて持っていく• 背中側には平たいものを入れる• 携帯食やライト、雨具などは 取り出しやすい位置に入れる• ポケットが多すぎるリュックは控える(そのぶん重たくなるため)• カラビナを有効活用する また、注意していただきたい点が、 防水対策。 リュックは雨に弱いので、リュックカバーを忘れないようにしましょう。 シュラフ(寝袋)やテントも、ビニール袋でさらにカバーしておくと安心です。 少ない道具と食材準備のコツ(キャンプ飯編) ミニマムキャンプでは、 食材準備についても考えておかないといけません。 時短の極意は……• なるべく食材は使い回す(アレンジする)• 特殊な道具がなくてもいいように下準備しておく• 現地調達する ということ! アレンジメニューで特におすすめなのが スープ系の料理。 スープ系を多めに作っておくだけで、様々なアレンジが可能になりますよ! 使う食材は家から切って持っていき、現地では入れるだけ!の状態にしておくと不必要な道具をなるべく減らすことができ、時短にもなります。 コンビニですぐに食べられる食材を買うのももちろんアリ。 臨機応変に、無理なく食事を楽しみましょう! まとめ いかがでしょうか。 最初に書いたように、キャンプは「 不便を楽しむもの」と考える方にとっては、ミニマムソロキャンプは自分を試せる良いスタイルだと思います。 最低限のギアだけで、自然に溶け込むようなキャンプがしたい! たくさん準備するのに疲れた! ご飯を作る以外には何もしたくない、一人でのんびりしたい! そう思ったことがある方は、一度ミニマムソロキャンプを試してみてはいかがでしょうか?•

次の

テーマは「シンプル」ミニマムキャンプを楽しんでみる。

ミニマム キャンプ

こんにちわ、です。 今日は「ミニマムキャンプ」というテーマで書いてみたいと思います。 先日もソロで一泊しましたが、いつものキャンプと違うのは、装備を最低限にしたことです。 調理もしない、クッカーもなし。 (朝食用のマグと湯沸かしのみ)飲み物はできるだけコンビニや自販機で調達しました。 理由は本当にやりたいことを叶えるため。 「海で夕日を見たい」• 「山で目覚めたい」 「やるべき事」・「モノ」が少なくなると、時間が生まれるので、相反することを、同時に叶えることができました。 キャンプの仕方は人それぞれですが、美味しさや快適さを求めるとキリがありません。 装備を最低限にしてみることで、何か感じることがあるかな?と。 Contents• ミニマムキャンプの様子 バイクでゆっくりと走っていると、親子の鹿と遭遇しました。 しばらく水を飲み、また山に帰っていきました。 やっぱり自然は「ありのまま」でアートだな、と思います。 山合いのキャンプ場でサクッと設営をすませて、海へ向かいます。 どうしても夕暮れの海を見たかったんですよね。 緑の棚田がとても美しかったなぁ。 海に到着。 とても優しく、メロウな時間が流れています。 ピンク色に染まる優しい空間の中で、極上の時を過ごしました。 爽やかな風と、あたたまった砂が絶妙に気持ちいい。 夕飯は外食。 海沿いの新鮮な海鮮丼を食べ、夜は山にあるキャンプ場で焚き火とお酒を楽しむことができました。 朝は鳥の声で目覚めます。 涼しくてコーヒーがうまいです。 今回の幕はヒルバーグのアクトです。 1ポールで設営できるから超便利です。 キャンプ場の選び方など 安価なキャンプ場を選ぶ どうせなら宿泊代もミニマムにしたいところ。 安価なキャンプ場を選びましょう。 オートキャンプでなければ、数百円のところもあります。 (県や市が運営している施設などが狙い目です。 ) 外出可能時間を確認する ぜひキャンプ場の外に出かけてみましょう。 チェックインさえ済ませてしまえば比較的自由なところが多いと思いますが、中には門を閉めてしまうところもあるので、外出可能時間を確認しておくと安心です。 コンビニの位置は調べておく キャンプ場の近くにコンビニ・スーパーがあるかは確認しておきます。 その土地の美味しいお店に入って食べるのも良いですし、最悪でもコンビニという手段があればとても安心できます。 まとめ 「調理をしない」「現地調達する」 それだけで、とても自由なキャンプをすることができました。 そもそもキャンプだから調理をしなければいけないわけではなく、単に「寝床」の確保として考えると、行動の幅が広がりますね。 「ミニマムキャンプ」ぜひ体験してみてください。

次の

ミニタープ、軽量タープ20選<ミニマムキャンプ、ソロキャンプ、ツーリングキャンプ、トレッキングで便利な小型タープ>

ミニマム キャンプ

場所は「」です。 」という程、原宿好きです。 なので、2日目は10時にチェックアウトして原宿に行く予定で東京のキャンプ場を選びました。 ミニマムキャンプなので1回で運べました。 指定されたサイトはNo. この地図を見ると遠いように思ったけど、割とコンパクトなキャンプ場なので、一番奥の方でも、それ程遠くなかった。 反対側の奥のサイトNo. 125(手前) 隣にテーブルと炊事場。 「いい場所じゃん!!」 このテーブルとイスを使わせていただきます。 イスとテーブルは持ってきたけど、夕方から雨だから、出さないことにして、本当にミニマム。 クイックテントとタープだけ。 3人寝ても、少し横に荷物置けます。 サイトから1番近いトイレは和式のみなので、娘は洋式のある、もう1つ隣のトイレに行っていました。 若洲アウトドアセンター シャワー5分300円で利用できます。 薪1束600円 レンタル品 その他のサイト 調理はできないけど、飲食はできるので、雨が降っている時など、この「休憩舎」はよいですね!ただ入り口の近くにあるので、奥のサイトの我が家は利用しませんでした。 お昼ご飯は、インスタントラーメン。 娘は買ってきた冷やし中華。 ご飯食べたら、今度は 特種自転車を乗りに行きました。 写真は撮ってないけど、私が漕ぐと大きいカゴの中の娘がクルクル回る自転車とか、横に進む自転車とか、結構楽しめました!! その間、パパは一人でギアいじりが、とても楽しかったそうです。 夕ご飯は、17時半頃、雨が降る前に 業務スーパーで買ってきたもので簡単に調理。 寝るまで、テントの中でUNO、トランプをして21時頃就寝。 この日の宿泊は4組でした。 近くに人がいないので、娘は大きな声で歌って踊って、周りにあまり気を遣わずに過ごせました。 雨の音で、深い眠りではなかったけど、まぁ朝5時頃まで寝ました。 ちょうど寝ている間に雨が降っていました。 朝ごはんも簡単なもの これも業務スーパーの冷凍食品をホットサンドメーカーで温めて食べました。 ミニマムなので、撤収も楽々。 ほっぺちゃんショップ 「 レインボー綿あめ」大きすぎて、綿あめ人間みたいになってます。 レインボーフローズンも気に入っていましたね。 暖かい日だったので、二人とも半袖。 アパレルがメインでしたが。 最後は大好きな スヌーピータウンでスヌーピーグッズを買って、終了。 ミニマムキャンプは楽で楽しかった。 娘も若洲海浜公園を気に入ったそうです。

次の