茅ヶ崎 救急。 神奈川県茅ヶ崎市の救急指定病院一覧

藤沢市の救急医療|藤沢市

茅ヶ崎 救急

茅ヶ崎市は赤字決算が続く市立病院の経営方針「茅ヶ崎市立病院リバイバル・ロードマップ」を作成したと、9月17日に発表した。 2023年までの4年間で、人件費削減などの支出減と、救急受け入れ拡充などの収入増策を中心に、補填的財政支援を受けながら経営改革に取り組む。 2016年度、17年度と2年連続で約10億円の赤字決算となった市立病院。 17年度から経営改革に本腰を入れ、医業収益は向上したが、電子カルテ導入や年金制度の見直しに伴う法定福利費増などによる支出増が続き、赤字解消には至らず。 一般財源負担金も減少傾向にあり、消費増税、20年度の地方公務員法改正も控え、現状では来年11月には現金が枯渇する恐れとの試算が出ていた。 支出減策は、人件費と物件費を柱とする。 人件費は業務委託化や給与体系適正化など縮小に動く一方、職員定数に関しては働き方改革も背景に現場の声も反映させる。 物件費は、これまで行っていなかった高額医療機器の更新計画の全体共有から始め、整備委員会の仕組み自体も見直す。 収入増策は、来院者数や1人1日あたりの単価向上を目標とした。 事務型の業務フローの効率化と併せ、医療点数増につなげるべく医療サービスの拡大向上を図る。 具体的には、今年度開始した形成外科や来年度開始予定の口腔外科に加え、7月からの別棟運用開始で確保された本館のスペースを活用し、救急エリア、内視鏡室、化学療法室の拡充を目指している。 特に救急は、そもそも市立病院が拠点病院として地域のかかりつけ医院からの紹介を主としており拡充が急務。 受入態勢整備に加え、7年ぶりに懇話会を復活し、地域医院らとの関係を強化する。 補填的財政支援も実施 ロードマップ達成に向けた財源として、本来の一般会計負担金額に加えた補填的財政支援も盛り込まれた。 2023年までの限定措置として行う。 全国的にも公立病院の経営状況は厳しく、市立病院も地域包括ケア病棟の導入や民営化なども視野に入れた経営形態のあり方について回答を出すことになっている。 新たな経営計画は来年度下半期にパブリックコメントを実施予定。 病院総務課は「地域の医療のため今後も尽力したい」とした。

次の

茅ヶ崎市立病院 経営改善へ具体策 救急受け入れ拡充など

茅ヶ崎 救急

更新日:2020年5月7日 藤沢市の救急医療 休日及び夜間における救急医療体制については、つぎの一次、二次救急医療体制を実施しています。 救急医療体制の概要については以下をご参照ください。 「広報ふじさわ」では毎号当番医等の案内を掲載しています。 また、診療している医療機関について、ふじさわ安心ダイヤル24(0120-26-0070)で1年365日24時間ご案内しています。 一次救急 (1)休日・夜間急病診療所(内科、小児科、耳鼻咽喉科) 休日及び夜間における、応急処置的な医療と入院加療を必要としない軽症患者等に対応するため、藤沢市医師会館と藤沢市保健医療センター内に休日・夜間急病診療所を開設しています。 <左図>南休日・夜間急病診療所は、藤沢市医師会館内です。 休日急患歯科診療所とは別の建物です。 <右図>北休日・夜間急病診療所は、保健医療センター内です。 (2)在宅当番医制 (外科・整形外科、産科) 休日昼間における、応急処置的な医療と入院を必要としない軽症患者等に対応するため、診療所が輪番で診療を行う在宅当番医制を実施しています。 二次救急 (1)病院群輪番制 休日及び夜間における入院加療を要する中等症、重症の救急患者の医療を確保するため、市内8病院が輪番で診療を行う病院群輪番制を実施しています。 参加医療機関 藤沢市医師会員医療機関 (湘南第一病院、藤沢湘南台病院、湘南中央病院、藤沢脳神経外科病院、藤沢御所見病院、湘南太平台病院、山内病院、湘南ホスピタル) 開始年月日 昭和53年12月16日 実施主体 藤沢市医師会(藤沢市から補助金を交付) 診療科目 内科:1か所 外科:1か所 診療時間 土曜・休日(日曜日・祝日・年末年始)夜間 18時~翌8時 平日夜間 20時~翌8時 (2)小児救急医療拠点病院(市民病院) 全国的な小児科医の不足という事態に対処するため、市民病院において2002年(平成14年)より「小児救急医療24時間診療体制」を実施しています。 南北の休日・夜間急病診療所における一次救急対応に加えて、小児救急医療体制の充実を図っています。 (3)小児救急電話相談(かながわ小児救急ダイヤル) 夜間、子どもの体調の急変など「どのように対処したら…」と判断に迷った際、看護師等の専任相談員が電話で相談対応をしています。 (神奈川県の事業) 医療機関での適切な受診などについて、助言を得られます。 (電話による診断や治療を行うものではありません。 また、日本小児科学会が管理・運営している「こどもの救急」ホームページでは、夜間や休日などの診療時間外に病院を受診するかどうか、判断の目安を提供しています。 最終的な判断は保護者の方に委ねられますが、発熱、下痢、誤飲といった19の症状別に対処方法などが掲載されてますので、ご活用ください。 対象年齢 生後1ヶ月~6歳 (「こどもの救急」ホームページは、厚生労働省研究班/社団法人 日本小児科学会により監修されています) 3. 救急告示病院・診療所 「消防法」(昭和23年7月24日法律186)及び「救急病院等を定める省令」(昭和39年2月20日厚令8)に基づき、県知事が救急病院または救急診療所として認めた医療機関です。 主として、交通事故等で救急隊により搬送される傷病者に関する医療を担当していましたが、1986年(昭和61年)4月の消防法の一部改正等により、内科系の患者も対応しています。 藤沢市では、次の9病院。 藤沢市民病院、湘南第一病院、湘南中央病院、藤沢湘南台病院、藤沢脳神経外科病院、藤沢御所見病院、山内病院、湘南藤沢徳洲会病院、湘南慶育病院 4. 休日急患歯科診療所 休日における歯科の急患に対応するため、休日急患歯科診療所を開設しています。 リンク•

次の

湘南キャットクリニック│茅ヶ崎市│猫ちゃん専門の動物病院│夜間救急

茅ヶ崎 救急

【重要】新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、予約診療に切り替えます。 令和2年3月14日(土曜日)より、患者様同士の接触機会を極力減らすため、診療体制を変更します。 直接来所いただきますと、待ち時間が非常に長くなったり、建物外でお待ちいただいたりする可能性がありますので、以下の記載事項を必ずご確認ください。 【受診方法】 1 来所前に必ず電話で予約してください。 (0467-38-7532 医科・歯科共通) 2 診療科や混雑状況によりご案内方法が異なるため、予約時の指示に従って受診してください。 3 感染防止のため来所の際は職員の指示に従っていただき、可能な限りマスク着用及びアルコールによる手指消毒にご協力ください。 注1 予約せずに来所いただいても、建物内へご案内できません。 必ず事前にお電話ください。 注2 新型コロナウイルスに関することを確認したい場合は、下記のページをご参照ください。 場所 茅ヶ崎三丁目4番23号 電話 医科・歯科:38-7532、調剤薬局:38-5086• 地域医療センターは2019年4月1日に移転しました 休日診療 診療日 日曜日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日、歯科は1月4日まで) (注)祝日の内科及び外科は休診しています。 診療科目• 午前・午後 内科・小児科・外科・歯科・調剤薬局• 夜間 内科・調剤薬局 診療時間• 午前 9時から12時まで (内科 ・小児科・外科 の受付は11時30分まで)• 午後 13時から17時まで (小児科・外科 の受付は16時30分まで)• 夜間 17時から23時まで (受付は22時30分まで) 平日・土曜 夜間診療 診療日 平日(月曜日から金曜日)、土曜日 (注)平日の内科は休診しています。 診療科目 内科・小児科・調剤薬局 診療時間 20時から23時まで (受付は22時30分まで) 眼科救急・耳鼻咽喉科救急 診療日 日曜日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日) 診療場所(当番制) 眼科 茅ヶ崎市、藤沢市、鎌倉市、寒川町エリア内の当番医院で実施しています。 耳鼻咽喉科 次の診療所のいずれかで実施しています。 藤沢市北休日・夜間急病診療所(藤沢市大庭5527番地1) 電話 0466-88-7301• 平塚市休日・夜間急患診療所(平塚市東豊田448-3) 電話 0463-55-2145 診療場所・時間案内 診療場所と時間は、茅ケ崎市消防本部救急医療情報案内テレフォンガイド・神奈川県ホームページでご案内しています。 受診前にご確認いただき、実施医療機関に連絡してください。 【茅ヶ崎市消防本部救急医療情報案内テレフォンガイド】 電話 0467-85-0119• かながわ小児救急ダイヤル 家族でどう対処すべきか、すぐ医療機関にかかるべきか、子どもの体調のことで判断に迷ったときのための、看護師などによる電話相談を行っています。 時間 毎日18時から24時まで 電話 8000(プッシュ回線、携帯電話からご利用の場合) 045-722-8000(ダイヤル回線、IP電話、PHS等からご利用の場合) (注釈) 番号のかけ間違いにお気をつけください。 (注釈) 市街局番が042の方は、045-722-8000におかけください。 備考 #8000は全国共通番号のため、携帯電話からかけた場合、受信した基地局によって近隣都県につながることがあります。 特に都県境付近ではご注意ください。 救急で対応できる病院•

次の