エクセル ゼロ 表示 する。 【エクセル時短】「1」を「001」と表示する4つの方法。ゼロ埋めをマスターして桁数を揃える

ゼロ値を表示しない/表示する:エクセル2010基本講座

エクセル ゼロ 表示 する

「00001」 「01500」 というような感じで、 数字の前に0を埋めて決まった桁数にしたい、 というときに、どうすればいいか考えて見ます。 文字列がいいか?計算できる数値がいいか? エクセルのデータの種類は、 大きく分けて「文字列」「数値」の2つがあります。 簡単に言うと、 文字列: 見た目の文字をそのままデータ化したもの。 「00001」であれば、 「ゼロ」、「ゼロ」、「ゼロ」、「ゼロ」、「イチ」 という5つの文字データとして記憶されます。 数値: 計算に使うための「数字」としてデータ化したもの。 表示上「00001」と見えていても、 実際には数値の「1」として、記憶されます。 このセルの値を計算に使いたい場合には、 「数値」として処理したほうがいいです。 以下で書く方法では、 「文字列」のデータで「00001」というデータを作る方法 「数値」のデータで「00001」というデータを作る方法 の両方が出てきます。 用途に応じて使い分けてください。 1.ユーザ定義書式を使う(数値) ユーザ定義書式を使うと、 簡単に「前0」のデータを作ることができます。 例えば、 A1セルに「1」と入っている場合に、 A1セルの「セルの書式設定」で ユーザ定義書式に「00000」と入力すると、 前0が詰められて 「00001」というように表示されます。 前0で10桁にしたいのであれば、 ユーザ定義書式に、 「0000000000」 というふうに「0」を10個入力すればOKです。 この方法を使うと、• 「数値」としてのデータができあがります。 他のセルを使わず、A1セルだけで前0を詰めたデータを作ることができます。 2.text関数を使う 「数値」ではなく、 「文字列」として、「00001」というデータが欲しい、 という場合。 text関数を使うと、 先ほどの「ユーザ定義書式」と同じような感じで、 前0を詰めた「文字列」のデータを作ることができます。 例えば、A1セルに「1」と入っている場合に、 B1セルに次のような計算式を入れてみてください。 left関数• mid関数• right関数• find関数• 例えば、A1セルに「1」と入っている場合に、 B1セルに次のような計算式を入れると、 B1セルに「00001」という文字列のデータが入ります。 いちいち、 セルの書式設定を変える必要がないので、 ある意味、楽です。 5.セルの書式設定を「文字列」にしてから「00001」と入力する セルの書式設定で、 「文字列」を選択してから、 「00001」と入力すると、 文字列として、「そのまま」表示させることができます。 たぶん、これが、一番一般的でしょうか? ということで、 数字の前に0がついたデータを表示させる5つの方法を紹介しました。

次の

【Excel】「00001」や「2020/04/06」と表示できない!エクセルで桁揃えのゼロを正しく表示させるテク

エクセル ゼロ 表示 する

Excelでは、セルの中に数字と文字を一緒に入力してしまうと、そのセルを使った掛け算など、数字の計算でエラーが出てしまいます。 そこで、数字の計算が成り立つよう、実際のセルの中には数字しか入力していないけど、あたかも文字も一緒だよと「見せかける」、な〜んてことができてしまうのがユーザー定義の表示形式。 「」では、数字や、掛け算が入力されたセルに、図のような表示形式を設定することで、数値に関する、ユーザー定義の表示形式の基本をご説明しています。 今回の例でも、「単価」と「金額」の各セルには、「 , 0"円"」という表示形式を設定しています。 「 , 0"円"」とは、「千の位まで到達している数字は、3桁区切りのカンマ付きで表示し、すべての数字の後ろに「円」という文字を表示してください」という意味です。 なので、この表示形式を設定してあるセルの数字が、マイナスだったり、ゼロだったとしても、当然、設定しているとおりの表示になります。 でも、セルの数字が、マイナスやゼロの時には、違う表示形式にしたい場合もあります。 今回はその方法についてご紹介していきます! それでは早速操作に入っていきますが、これからご紹介する内容は、ユーザー定義の表示形式の基本をご説明した、「」を既にお読みいただいていることを前提としていますので、まだの方は、先にそちらをご覧ください。 マイナスやゼロの場合の表示形式のお約束 それではセルに、マイナスの数字やゼロが入力されている場合には、表示形式が変わるように設定していきましょう! 今回は「単価」の欄だけ設定することにしたいので、B4からB10番地をします。 この時、マイナスの数字やゼロが入力されているB9番地やB10番地だけを選択すればいいのではないかと思った方もいらっしゃるかもですが、他の「単位」欄のセルも、いつマイナスの数字やゼロが入力されてもいいよう、同じ設定をしておきたいので、B4からB10番地をします。 範囲選択したセルのところだったらどこでもいいので右クリック、 [セルの書式設定]をクリックすると、 [セルの書式設定]ダイアログボックスが表示されます。 [表示形式]タブの[ユーザー定義]の[種類]欄に、現在、範囲選択しているセルに設定されている表示形式が表示され、更にそれと全く同じものがこの欄の一番上にも映し出されていることを確認します。 プラスの場合と、マイナスやゼロの場合とで表示形式を変えたい場合には、プラスの場合の表示形式に続けて、マイナスやゼロの場合の表示形式を付け加えていきます。 その際にはお約束があり、 図のような順番で設定し、更にそれぞれの設定には区切りとして「 ;( セミコロン)」も入力します。 ユーザー定義で使う記号は、半角がお約束なので、このセミコロンも 半角で入力します。 それでは、[種類]の一番上の欄で、現在の表示形式に編集を加えていきましょう。 現在の設定はプラスの場合の表示形式としたいので、そのまま残します。 そしてここに、マイナスの場合の表示形式を付け加えたいので、プラスの場合の表示形式の後ろに、区切りの「 ;( セミコロン)」を入力します。 もちろん、このセミコロンは 半角で入力します。 今回、セルにマイナスの数字が入力されている時には、その数字の前に「値引き」という文字と、マイナス記号を表示するようにしたいです。 でも、「値引き」という文字と、マイナス記号がくっついていると、案外読みづらいので、その間にスペースも入るようにしたいです。 そして、数字の後ろには「円」という文字も表示するようにしたいです。 これをユーザー定義の表示形式の記号で表すと、図のようなものになります。 今回の例では、マイナスの数字も千の位に到達する可能性があると考えて、「 , 0」と、必要に応じて3桁区切りのカンマが表示されるような表現にしました。 また、ユーザー定義の表示形式では、「 そのまま表示したい文字の前後をダブルクォーテーションで囲む」のがお約束ですので、「値引き」と「円」という文字をダブルクォーテーションで囲みます。 でも、 スペースとマイナス記号は、ダブルクォーテーションで囲まなくてもそのまま表示される特別な記号なので、ダブルクォーテーションで囲む必要はありません。 もちろん、 ユーザー定義で使う記号は、半角がお約束なので、ダブルクォーテーションもスペースもマイナスも、半角で入力します。 マイナスの場合の表示形式を入力することができました。 続いて、ゼロの場合の表示形式も加えていきますので、マイナスの場合の表示形式の後ろに、区切りの「 ;( セミコロン)」を入力します。 もちろん、セミコロンは 半角で入力でしたね。 ゼロだった場合には、数字の「0(ゼロ)」を表示させることなく、ただ「サービス」という文字を表示させたいので、「サービス」と入力します。 もちろん、「 そのまま表示したい文字の前後をダブルクォーテーションで囲む」のと、「 ユーザー定義で使う記号は半角」がお約束ですので、「サービス」の文字の前後を半角のダブルクォーテーションで囲みます。 これで、プラスの場合の表示形式、マイナスの場合の表示形式、ゼロの場合の表示形式のすべてを設定し終わったので、ダイアログボックス右下の[OK]ボタンをクリックしましょう。 セルに入力されている数字が、設定したとおりに表示されるようになりました! 選択したセルの中身は数式バーに映し出されるわけですが、B9番地をして数式バーを見ると、このセルには「-500」というマイナスの数字しか入力されていないことが分かります。 でも表面的には、マイナスの場合の表示形式で設定したとおりの表示になっています! B10番地をして数式バーを見ると、このセルには「0(ゼロ)」という数字しか入力されていないことが分かります。 でも表面的には、ゼロの場合の表示形式で設定したとおり、数字の「0(ゼロ)」は表示されることなく、ただ「サービス」という文字が表示されています! 本来、セルの中に文字が入力されていると、そのセルを使った掛け算では、文字の掛け算なんてありえません!と、エラーが表示されてしまいます。 そこでExcelでは、マイナスの場合にはこの色、ゼロの場合にはこの色、という風に、セルに入力されているデータによって色が変わるよう、表示形式で色を設定できるようになっています。 「単価」の欄に設定した表示形式に、色の設定を加えたいので、再び「単価」の欄であるB4からB10番地をし、範囲選択したセルのところだったらどこでもいいので右クリック、 [セルの書式設定]をクリックします。 [セルの書式設定]ダイアログボックスが表示されました。 [表示形式]タブの[ユーザー定義]の[種類]欄に、現在、範囲選択しているセルに設定されている表示形式が表示され、更にそれと全く同じものがこの欄の一番上にも映し出されていることを確認します。 色の設定は、プラスやマイナス、ゼロの場合の表示形式の、それぞれの 先頭に、設定したい色を 角括弧で囲んで表現します。 この時の色の指定は、 色の名前を設定する方法と、 色の番号を設定する方法の2種類があります。 色の名前を 角括弧で囲んで設定する方法では、 黒・緑・白・青・紫・黄・水・赤が設定できます。 マイナスの場合は赤い色で表示させたいのなら、マイナスの表示形式の先頭に、図のように設定します。 色の番号を 角括弧で囲んで設定する方法では、 色1〜色56が設定できます。 各番号の色がどんな色なのかは、「」をご覧ください。 もし、マイナスの場合は赤い色で表示させたいのなら、「赤」は「色3」なので、マイナスの表示形式の先頭に、図のように設定します。 「色」という漢字は全角でしか入力できないので、全角になるのは当然ですが、色番号の 数字はもちろん半角で入力しますヨ。 ちなみに、角括弧ももちろん 半角で入力しますが、日本語入力OFFの状態で、図のキーを押せば、角括弧の始まり、角括弧の終わりをそれぞれ半角で入力できます。 というわけで、プラス、マイナス、ゼロの場合それぞれに、色の設定を加えたい場合には、このような表現になります。 今回は、マイナスの場合は赤い色、ゼロの場合は青い色で表示させたいので、マイナスの表示形式とゼロの表示形式それぞれの先頭に、図のように色の設定を加えます。 プラスの場合は、特に色を設定したいわけではないので、プラスの表示形式には色の設定を加えていません。 ダイアログボックス右下の[OK]ボタンをクリックします。 セルにマイナスの数字が入力されていた場合には赤、ゼロが入力されていた場合には青で表示されるようにできました! 色が変わったおかげで、値引きとかサービスしていることを、思いっきりアピールしちゃっています。 スポンサーリンク 表示形式だからこそ 現在、「単価」の欄のB6番地には、プラスの数字が入力されています。 このB6番地のデータを「0(ゼロ)」にしてみます。 「0(ゼロ)」と入力後、そのセルの中で文字カーソルが点滅しなくなるよう、[Enter]キーでセルを確定すると、 データがゼロの場合には、青い文字で「サービス」と表示されるように設定してあるので、そのように表示されました! 今度はB10番地を見てみます。 B10番地のデータは「0(ゼロ)」なので、青い文字で「サービス」と表示されています。 このB10番地のデータを、「1620」にしてみます。 「1620」と入力後、そのセルの中で文字カーソルが点滅しなくなるよう、[Enter]キーでセルを確定すると、 入力した数字が、プラスの場合の表示形式で表示されました! プラスの場合の表示形式には色を設定していなかったので、そのセルに元から設定してある色で表示されています。 そしてもちろん、それぞれのセルには数字しか入力していなかったので、その数字を使った掛け算の計算結果も、エラーが出ることなくちゃんと表示されています! (今回は「単価」の欄にしか表示形式の変更を加えていませんから、この時点で「単価」と「金額」の欄の表示形式は異なります。 ) 「そもそも」を考えてみると そもそも最初の時点では、このような表示形式しか設定していなかったので、 この表示形式を設定したセルに、マイナスの数字が入力されていようが、ゼロが入力されていようが、プラスの数字と同じように表示されていました。 (図は一番最初の、データを修正する前の状態なので、現在の状態とはゼロが入力されているセルが異なります。 ) それを図のように「 ;( セミコロン)」で区切って表示形式を設定することで、マイナスの場合とゼロの場合の表示を、プラスの場合とは別に設定することができました。 でもそれは、逆を言ってしまえば、マイナスの場合やゼロの場合を、プラスの場合とは別に設定する必要が無ければ、最初のようにプラスの場合ひとつの設定でOKだということになります。 ということは、ゼロの場合は特に別の設定をする必要はなく、プラスの設定と同じでいいというのなら、こんな風にプラスの場合とマイナスの場合とを設定するだけでOKです。 現在は、ゼロが入力されているB6番地は、ゼロの場合の表示形式のおかげで「サービス」と表示されていますが、試しにプラスの場合とマイナスの場合だけの設定に変更し、ゼロの場合の設定を削ってみることにしましょう。 「単価」の欄であるB4からB10番地を範囲選択し、[セルの書式設定]ダイアログボックスを表示します。 現在はユーザー定義の表示形式で図のように設定されていますが、このゼロの場合の部分だけを消してしまいます。 ゼロの場合の設定を消すわけですから、マイナスの場合とゼロの場合との設定を区切る「;(セミコロン)」も不要になるので、それも消します。 ゼロの場合の部分だけを消して、プラスの場合とマイナスの場合だけの設定に変更しました。 ゼロの場合の設定を削ったので、ゼロが入力されているセルは、プラスの場合と同じ表示形式になったことが分かります。 但し、1つだけ設定しようが、2つだけ設定しようが、3つ設定しようが、この順番がお約束なので、マイナスの場合は特に別の設定をする必要がなく、プラスの設定とゼロの設定だけしたい、という場合には、マイナスの設定を省略して2つだけ設定するということができません。 「2番目は必ずマイナスの場合」と決まっているので、2つだけ設定すると、それはプラスの設定とゼロの設定ではなく、プラスの設定とマイナスの設定、という風にExcelさんは考えてしまうからです。 なので、マイナスの場合は特に別の設定をする必要がなく、プラスの設定とゼロの設定だけしたい、という場合には、結局2番目のマイナスの設定は省略できないので、 , 0"円"; , 0"円";"サービス" のように、プラスの設定とマイナスの設定を同じように記述します。 ですが、これだと、マイナスの場合をわざわざ設定しているにも関わらず、そこにマイナス記号を記述していないので、マイナスの数字が入力されているセルには、無理やりマイナス記号を表示させないことになってしまいます。 そういう意味では、ユーザー定義の表示形式では、マイナスを示す記号が付くか付かないか、という点で、プラスの表示形式とマイナスの表示形式が完全に同じ表示で良いということは考えづらいので、結局は「マイナスの場合は特に別の設定をする必要がなく、プラスの設定とゼロの設定だけでよい」ということは起こりづらいと思います。 スポンサーリンク なんで表示形式で色が設定できるの? 今回は、表示形式で色を一緒に設定する方法もご紹介しています。 中には、「なんでユーザー定義の表示形式で、色も設定できるの?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。 でもこれは、基本に返ってみるとイメージしやすくなります。 、数字に関する表示形式は[数値]や[通貨]などの分類に、その選択肢が用意されています。 ここを見ると、[負の数の表示形式]で、マイナスの場合の表示形式が選べるようになっていて、基本の設定ですら、赤い色付きのものが選べるようになっていることが分かります。 マイナスの場合はデータを目立つようにできた方がいいかも、というExcelさんの配慮です。 ユーザー定義の表示形式は、基本の選択肢ではできない設定を、自分で作るという機能ですから、当然基本でできる色の設定も、ユーザー定義の表示形式でできるようになっていて、更に色の種類まで設定できるようになっている、というわけです。 まとめ 最後に、今回ご紹介したユーザー定義の表示形式の表現をまとめます。 表現に使う記号は、すべて 半角で入力します。 セルに入力されている数字が、プラスの場合、マイナスの場合、ゼロの場合のそれぞれで表示形式を変えたい場合には、 図のような順番で設定し、それぞれを「 ;( セミコロン)」で区切って設定します。 色を設定したい場合には、表示形式の 先頭に、設定したい色を 角括弧で囲んで表現します。 この時の色の指定は、 色の名前を設定する方法と、 色の番号を設定する方法の2種類があります。 色の名前を 角括弧で囲んで設定する方法では、 黒・緑・白・青・紫・黄・水・赤が設定できます。 色の番号を 角括弧で囲んで設定する方法では、 色1〜色56が設定できます。 各番号の色がどんな色なのかは、「」をご覧ください。 この時、「色」という漢字は全角でしか入力できないので、全角になるのは当然ですが、色番号の 数字はもちろん半角で入力しますヨ。 というわけで、• プラスの場合、マイナスの場合、ゼロの場合の表示形式を、それぞれ「 ;( セミコロン)」で区切る• 色を設定したい場合には、表示形式の 先頭に、設定したい色を 角括弧で囲んで表現する というのがお約束ですから、それらを合わせて表現するとこのようになります。 もちろん、色を設定したくない場合には、色を記述する必要はありません。 また、次のお約束もとても大切です。 そのまま表示したい文字の前後を ダブルクォーテーションで囲む。 (もちろんダブルクォーテーションは 半角で入力。 ) 但し、マイナスの場合の表示形式のところで例に挙げた「 "値引き" - , 0"円"」のように、スペース、マイナスは、ダブルクォーテーションで囲まなくてもそのまま表示される特別な記号です。

次の

エクセルで頭のゼロを表示する[001と表示するExcel技]

エクセル ゼロ 表示 する

下のようにシートに0が表示されていて、シート全体の0を非表示にする方法です。 [ファイル]タブをクリックして[オプション]をクリックします。 [Excelのオプション]ダイアログボックスを表示します。 [詳細設定]をクリックして、[次のシートで作業するときの表示設定]で[ゼロ値のセルにゼロを表示する]のチェックボックスをオフにします。 ワークシートごとに設定できますし、ブックに設定することもできます。 条件付き書式を使って、0のセルのフォントを白にする方法 まず、0を表示したくない範囲を選択します。 必ず範囲選択してから設定します。 範囲選択したまま[ホーム]タブにある[条件付き書式]をクリックします。 [指定の値に等しい]をクリックします。 右側の書式から[ユーザー設定の書式]をクリックします。 [フォント]タブにある[色]から白色を選択します。 [OK]ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じていきます。 これで見た目は、非表示になります。 数式バーには0と表示されますが、印刷はされません。 値が変動しない場合は、条件付き書式を使わなくても、セルを選択して[フォントの色]から白色を設定しても同じです。 条件付き書式のクリア 条件付き書式をクリアするには、範囲選択して、[条件付き書式]から[ルールのクリア]から[選択したセルからルールをクリア]または、[シート全体からルールをクリア]をクリックします。 参考 条件付き書式のルールの削除については、以下の記事でも解説しています。 [正の数の書式;負の数の書式;ゼロの書式;文字列の書式] ユーザー定義については、で解説しています。 数式を使う方法 数式を入力しても参照セルが空白の場合は、下のように0が表示されてしまいます。 こういう場合は、IF関数を使用します。 0が表示されたセルで関数の引数ダイアログボックスを表示しています。 ピボットテーブルの場合 ピボットテーブルの場合は、0は既定で非表示になっていますが、0が表示されていてる場合は、オプションの設定で非表示にすることができます。 ピボットテーブル内にカーソルを置いて、[分析]タブの左端にある[ピボットテーブル]から[オプション]をクリックします。 [ピボットテーブルオプション]ダイアログボックスが表示されます。 [レイアウトと書式]タブにある[空白セルに表示する値]のチェックボックスをオフにします。 参考グラフで0表示をグラフに反映させない方法は、以下の記事で解説しています。

次の