ハーレー インジェクション チューニング。 【最新インジェクションチューニング】馬力から費用、車検まですべてを解説!|ハーレーエンジニアリング

インジェクションチューニングの真相に迫る │バージンハーレー

ハーレー インジェクション チューニング

本来の性能を引き出し、ハーレーらしく生まれ変わるチューニング。 当店のチューニングに興味関心をお寄せいただき誠にありがとうございます。 おかげさまで、今では口コミメインで評判が広がって、調子良くハーレーに乗っていたいというお客さんに支持をいただいています。 インジェクションチューニングでコンピューターのデータを適正な値に書き換え、最適な状態にすることにより、バイクの調子や走りは本当に良くなります。 エアクリーナーやマフラー交換により空燃比が狂ってしまったことによるギクシャク等の不調の様々を取り除くのはもちろん、 「走って楽しい味付け」は45ディグリーの得意分野です。 「パワフルな乗り味」「ハーレーらしいドコドコとした乗り味」「トルクフルで大地を力強く蹴る鉄馬の様な乗り味に」、「低~中速での乗りやすさを重視してトコトコと走りたい、ここぞという時の瞬発力も欲しい」等、皆様のご要望は様々です。 『走りが良くなる』とひとくちに言っても、感じ方や求めるものは人それぞれ。 スピード重視にしろ、テイスト重視にしろ、オーナーさんにはその楽しさをどん欲に追求して欲しい。 豊富な経験を活かし、オーナー様の目指す「ハーレーの乗り味」に近付けます。 チューニングが原因で調子が悪くなるなどのトラブル防止の為に、最も安定性の高い純正コンピューターの書換えチューニングを推奨・採用しております。 最適な環境でチューニングを行います。 シャーシダイナモルーム完備 当店はDyno Jet社のシャーシダイナモを導入しており、エンジン冷却設備など条件の整った専用のダイノルームを設けております。 シャーシダイナモ上では一般公道ではできない限りなく低速走行や高速走行が可能で幅広いシチュエーションを想定して集計したデータを元にチューニングに反映させるので非常に安定性の高い仕上がりとなります。 チューニングの流れ 取り扱いデバイス・ライセンスkey 当店では 最も安定性の高い純正コンピューターの書き換えを推奨・採用しております。 主に以下の純正書き換えデバイスを取り扱っております。 (税抜き価格です。 事前にお知らせください。 精密なチューニングをする為には不可欠な作業となります。 チューニング後は蓋をしますのでご安心ください。 一緒がオススメ!エンジンクリーニング インジェクションチューニング前にオススメなのが点滴エンジンクリーニング。 エンジン内部やインジェクターを分解することなく強力に洗浄し、 本来あるべきパワーと馬力を取り戻した状態でチューニングを施工する事で、より一層精密なチューニングが可能となります。 こちらは前後でパワーチェックを行い、ビフォーアフターグラフでご確認いただけますのでパワーチェックをお考えの方は断然お得です!.

次の

ノーマルハーレーでも必須!?インジェクションチューニング

ハーレー インジェクション チューニング

本来の性能を引き出し、ハーレーらしく生まれ変わるチューニング。 当店のチューニングに興味関心をお寄せいただき誠にありがとうございます。 おかげさまで、今では口コミメインで評判が広がって、調子良くハーレーに乗っていたいというお客さんに支持をいただいています。 インジェクションチューニングでコンピューターのデータを適正な値に書き換え、最適な状態にすることにより、バイクの調子や走りは本当に良くなります。 エアクリーナーやマフラー交換により空燃比が狂ってしまったことによるギクシャク等の不調の様々を取り除くのはもちろん、 「走って楽しい味付け」は45ディグリーの得意分野です。 「パワフルな乗り味」「ハーレーらしいドコドコとした乗り味」「トルクフルで大地を力強く蹴る鉄馬の様な乗り味に」、「低~中速での乗りやすさを重視してトコトコと走りたい、ここぞという時の瞬発力も欲しい」等、皆様のご要望は様々です。 『走りが良くなる』とひとくちに言っても、感じ方や求めるものは人それぞれ。 スピード重視にしろ、テイスト重視にしろ、オーナーさんにはその楽しさをどん欲に追求して欲しい。 豊富な経験を活かし、オーナー様の目指す「ハーレーの乗り味」に近付けます。 チューニングが原因で調子が悪くなるなどのトラブル防止の為に、最も安定性の高い純正コンピューターの書換えチューニングを推奨・採用しております。 最適な環境でチューニングを行います。 シャーシダイナモルーム完備 当店はDyno Jet社のシャーシダイナモを導入しており、エンジン冷却設備など条件の整った専用のダイノルームを設けております。 シャーシダイナモ上では一般公道ではできない限りなく低速走行や高速走行が可能で幅広いシチュエーションを想定して集計したデータを元にチューニングに反映させるので非常に安定性の高い仕上がりとなります。 チューニングの流れ 取り扱いデバイス・ライセンスkey 当店では 最も安定性の高い純正コンピューターの書き換えを推奨・採用しております。 主に以下の純正書き換えデバイスを取り扱っております。 (税抜き価格です。 事前にお知らせください。 精密なチューニングをする為には不可欠な作業となります。 チューニング後は蓋をしますのでご安心ください。 一緒がオススメ!エンジンクリーニング インジェクションチューニング前にオススメなのが点滴エンジンクリーニング。 エンジン内部やインジェクターを分解することなく強力に洗浄し、 本来あるべきパワーと馬力を取り戻した状態でチューニングを施工する事で、より一層精密なチューニングが可能となります。 こちらは前後でパワーチェックを行い、ビフォーアフターグラフでご確認いただけますのでパワーチェックをお考えの方は断然お得です!.

次の

スマホで簡単!FP3でインジェクション・チューニングしてみた話

ハーレー インジェクション チューニング

ハーレーの現行モデルは、すべてフューエルインジェクション機能を搭載したものになっている。 この機能に秘められた能力を引き出すのが、世を賑わすインジェクションチューニングという手法なわけだが、その方法が気になるものの、「実際にどんな効果があるのか」、「そもそもインジェクションチューニングというものが、どういう理屈で成り立っているのかが分からない」という声を多く聞く。 実際に投入してみれば分かるのだが、いずれの価格を見ても決して安い買い物ではない。 そんなインジェクションチューニングに関する疑問を払拭するため、3種類のチューニング方法を取り扱っている「モーターステージ」の代表・廿枝正氏に、その構造について話を伺った。 すると氏から「インジェクションチューニングを施してやれば、現行モデルでも三拍子を楽しむことができる」という、驚くべき内容の話が展開されたのだ。 近年のハーレーに採用されているインジェクションというシステムは、Dジェトロニック方式もしくはスピードデンシティと呼ばれるもので、現在多くの四輪車にこのシステムが搭載されています。 以前までのキャブレター式だと、 シリンダーが燃料を吸引するシステムですが、インジェクションではその逆で、燃料噴射装置を使って 霧状にした燃料をシリンダーに吹き付けるシステムになっています。 そのため、燃費向上と環境にやさしい燃焼や、パワー重視の燃焼を実現することができます。 燃料を吸い上げるキャブレターの構造と違い、コンピューターによって必要な燃料をエンジンに噴出する構造、それがフューエルインジェクション構造だ。 端的に言えば、排ガス規制や騒音問題などを考慮した構造になっており、結果として 本来エンジンに必要なエネルギー量を制限しているのが、インジェクション車輌のノーマルの状態ということです。 この弊害として、燃料噴出量が制限されているがために少ないエネルギーで動こうとするから、燃焼温度が上がってエンジンが異常に過熱してしまう点などがあります。 結果、耐久性や快適性に影響を及ぼすのです。 つまりインジェクションチューニングとは、 制限されている燃料噴出量を適切な状態に戻し、エンジン本来のパワーを最大限引き出してハーレー最大の魅力である重低音やトルク感を蘇らせることだ。 これによってエンジンへの負担を減らせられるので、愛車と長く付き合っていくようにすることができます。 現行モデルを見ると大排気量モデルがどんどん増えていますが、これは 点火タイミングを遅らせて排出量を絞っているため、少ないエネルギー量で動かすために排気量を上げてパワーアップするしかないからです。 これも、排ガス規制等の問題をクリアするための弊害だと言っていいでしょう。 ノーマルの状態でも必要なパワーを引き出すことは可能ですが、マフラーやエアクリーナーをカスタマイズしている状態ほどの効果は得られないでしょう。 カスタムパーツによって特色も違ってくるわけですから、ノーマルはともかく、それぞれの特徴を引き出すためにもあらかじめ交換した上でチューニングを施す方が良いですね。 ハーレーの魅力である音やトルク感もまるで違ってくるでしょう。 決して安くはないインジェクションチューニングを施すのですから、効率のいいエアクリーナーと抜けのいいマフラーでやることをオススメしたいですね。 好みのマフラーやエアクリーナーにカスタムした上で、各々の力を最大限に引き出してやることがベストなインジェクションチューニングと言える。 モーターステージでは、ノーマルのコンピューターはそのままに、データの内容を書き換える「トランスファー・チューニング」、そしてコンピューターの本体を交換してしまう「サンダーマックス」と「ツインテック」の3つを取り揃えています。 サブコンを使用する手段もあるのですが、価格や性能面を鑑みた結果、あまりメリットが感じられないので使用していません。 燃料調整/点火時期調整/ アイドリング約600回転~ ノーマルからライトチューニングに至るまでの走行状態を想定したデータを豊富に持っており、シティユースからツーリングといったさまざまな状況に対応できる幅広さが魅力。 燃料調整/点火時期調整/ アイドリング約600回転~ サンダーマックスほど豊富なデータはないものの、取り付けた後のバイクの状態を記憶するコンピューターを内蔵しており、その後の調整によってベストの状態を選ぶことができる。 燃料調整/点火時期調整/ アイドリング約800回転~ ノーマルのECMを取り外すことなく、コンピューター内部のデータを書き換えて噴出量を調整し直すことが可能。 このUSBメモリーさえあれば、後々データを改めることができる。 サンダーマックスの場合ですが、2008年以降のモデルに搭載されているガソリン残量表示システムが使えなくなるという点があります。 しかしながらこれはコンピューター上の問題なので、今後ソフト面で改善されるものと思われます。 インターネット上で配布される新しいデータをダウンロードするだけで、現在搭載しているコンピューターも書き換えることができます。 インジェクションチューニングをすることでアイドリングが下がり、結果として発電量と油圧の低下を引き起こすという点が挙げられます。 これについては、発電量はライトスイッチで対応可能ですし、油圧に関しても信号待ちなどのアイドリング運転中のことですからそれほど大きな問題点ではありません。 「新車にいきなりチューニングをするのは良くないのでは」という声を聞くことがありますが、むしろ新車だからこそエンジン本来のパワーを発揮する状態でスタートさせてやるのがいいと思います。 繰り返しますが、インジェクションチューニングとはパワーセーブされたノーマル状態から規制を外し、エンジンの力を発揮する上で必要不可欠な設定にしてやることです。 インジェクションチューニングを行えば、アイドリング回転数を抑えながら適切な燃料を送り込むことができる。 結果、ハーレー本来の鼓動やトルク感を蘇らせることができるのだ。 上記のご質問にお答えしたとおり、ハーレーの現行モデルはノーマルの状態だと、排ガス規制等の関係からかなり力をセーブしたコンピューター設定になっています。 今現行モデルの購入を検討している人や納車待ちの人、また今現行モデルに乗っている人には、ぜひインジェクションチューニングをオススメします。 フューエルインジェクション仕様の車輌だって旧車のような鼓動を味わえるのです。 ご興味がある方は、ぜひお問い合わせください。 フューエルインジェクション仕様の現行モデルでも、ハーレー本来の鼓動やトルクが楽しめる。 それがインジェクションチューニングだ。

次の