ニトリ cd ケース。 おすすめプラケース収納

おすすめプラケース収納

ニトリ cd ケース

(たまに糸がちょろちょろ出るのが気になりますが。 笑) セリアの10枚ケースを使えば、1ボックスで100枚は収納できます。 ボックスごとにカテゴリ分けしています ボックスに入れるときは、 ・嵐 ・EXILE ・三代目 ・田中圭 ・その他 とカテゴリごとに分けて入れています。 カテゴリで分けることで、探す時間を削減できます。 我が家のDVD収納スペースはこちら! 実際にどんな感じで収納しているかというと・・・ IKEAで購入した棚に収納しています。 この縦長の棚の上2段を使っています。 中身は・・・ こんな感じです! ご覧の通り、シンデレラフィット! もともとはこんな感じで、仕切りも何もなかったのですが。 後付けで、ちょうど真ん中に仕切り板を一枚追加して、スペースを無駄にしないようにしました。 まとめ ニトリの整理ボックス、いかがでしたでしょうか? 意外と大容量なので、収納にオススメです。 DVD収納に使わなくても、タンスの中に入れて、小物を収納したりと用途はたくさんありそうです。 値段も安いし、大満足な買い物でした。

次の

おすすめプラケース収納

ニトリ cd ケース

DVDラックの選び方 用途で選ぶ DVDラックの選び方1つ目は「用途で選ぶ」ことです。 DVDラックと言えば当然dvdを入れる為の収納庫ですが、使い道は色んなタイプがあって自分が使いたい目的にぴったりのラックを選ぶべきでしょう。 例えばDVD同様に本もたくさんあって収納したい人は、本棚兼用としてのタイプが理想です。 又、机の上のちょっとしたスペースがある場合には卓上タイプがぴったりマッチします。 大量にあるDVDは奥にしまわれてしまいがちですが、回転式タイプすれば取り出しやすくなるでしょう。 棚板を調整できるタイプで選ぶ DVDラックの選び方2つ目は「棚板を調整できるタイプで選ぶ」ことです。 DVDを入れるプラスチックケースとトールケースをキレイに収納したいのであれば、棚板の位置を変えられるタイプが理想でしょう。 空間を上手く利用することができて、無駄なくキレイに収納できます。 DVDだけでなく趣味の物を置くスペースとしても重宝し、将来増えたり減ったりすることを考えると調整できるタイプはおすすめです。 先のことを考えてからDVDラックを選ぶようにしましょう。 扉付きで選ぶ DVDラックの選び方3つ目は「扉付きで選ぶ」ことです。 たくさんのDVDにはそれぞれに思い入れがあって1枚1枚大切な存在でしょう。 しかし長期保管していると、いつしか埃がたまってしまいます。 せっかく大事にしてきたDVDも埃が積もってしまっては大変です。 DVDラックには扉付きもあって、埃から大切なDVDを守ることができます。 ガラス窓になっていて、中身が分かりやすくてどこに何が入っているのか一目瞭然です。 ニトリのDVDラックなら安価に手に入る! 大容量のニトリのDVD収納ラック ニトリのDVDラックはナチュラル素材の大容量の収納ラックです。 容量も大きいので、DVD以外にも本など収納することができます。 ニトリの中でも様々なデザインや形、容量のものがあるので、収納する量に合わせて選ぶと良いでしょう。 おすすめ人気DVDラックランキング1位は「Like-it CDファイルユニット」です。 引き出しタイプで全部のDVDを一度でチェックでき、欲しいDVDをすぐに探すことができます。 ボックスタイプのラックは上に乗せることができて、数に合わせて増やすことが可能でしょう。 フロントには名札入れも付いていて、どんなジャンルのDVDが入っているのか一目瞭然です。 ジャンル別に分けて収納できて便利です。 カラーはホワイト・ブラウン・ブラックの3色になっています。 DVDラックの売れ筋ランキングもチェック! なおご参考までに、DVDラックのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。 DVDラックで収納上手に いかがでしたでしょうか。 DVDラックはかさばりやすいCDやDVDをキレイにまとめることができて魅力的です。 DVDラックがあることで、見た目すっきりで取り出しやすくなるでしょう。 大事なDVDをキレイに保管する為にも、お気に入りのDVDラックを見つけてみてはいかがでしょうか。

次の

おすすめプラケース収納

ニトリ cd ケース

どんなケースをセレクトするかで、クローゼットの使い勝手が大きく変わります。 そこで今回は、みなさんが使っている収納ケースと使用実例をご紹介。 選ぶときの参考にしてくださいね! カインズの押し入れ用ケース 押し入れの下段にカインズの引き出し式収納ケースを使用している実例です。 引き出しの上にはダイソーのボックスやグラフチェック柄ケースを利用して、収納力バツグンの押し入れです。 無印良品のポリプロピレン収納ケース 無印良品のポリプロピレンケースをクローゼット下のデッドスペースに置いて使っている実例です。 そのままでは中身が透けるので、幅広のマステを貼って目隠し。 ポリプロピレンケースは「良品週間」を狙うとお得に購入できますよ! ニトリのフラッテ 押し入れの左側にはニトリのフラッテ、右側にはハンガーラックを置いている実例です。 フラッテはフタが大きく開き、開けたままの状態でキープできるという使い勝手のよさで購入を決めたそう。 下着や靴下などを収納しています。 ニトリの積み重ねバスケット クローゼットに造りつけの棚がある場合、ボックス型の収納ケースを利用するのがおすすめ。 こちらの実例では、ニトリの積み重ねバスケットにヒートテックやレギンスなどを収納しています。 同じボックスで統一して見た目もすっきり! フェローズのバンカーズボックス クローゼットや押し入れの上段は手の届きにくい場所なので、使用頻度が低いものを収納しましょう。 こちらの実例ではフェローズのバンカーズボックスに水着やスノーウェア、季節の飾りなどを収納しています。 ニトリのキューブ型カラーボックス 最後にクローゼットにカラーボックスを入れて見せる収納にしている実例です。 ニトリのキューブ型カラーボックスの背面をペイントし、洋服や絵本などを収納。 雑貨も飾って、まるでお店のようなおしゃれな空間になっています。 クローゼットや押し入れの収納ケースの選び方、使い方をご紹介しました。 うまく収納できずに困っている人はぜひ参考にしてください。

次の