豚汁 作り方 簡単。 本当に美味しい豚汁|何度も作りたい定番レシピVol.102

豚汁の作り方で基本の具材は?簡単な方法やコツ、人気動画は?

豚汁 作り方 簡単

豚バラ肉(薄切り) … 150~200g• 大根 … 100g• 里芋 … 4個(約150g)• 長ねぎ(白ねぎ) … 1本• いんげん … 7~8本• 味噌 … 大さじ5~6ほど• 一味唐辛子 … 好みで少々• これで6~8人分ほど。 量が多い場合は半分に減らして作ってみてください。 里芋はさつまいもや長芋、じゃが芋に置き換えても。 また、根菜類とねぎが美味しさもポイントなので、いんげんなどの青みはなければ入れなくてもOK。 豚汁の具材の準備 豚汁は 豚肉とたっぷりの根菜類を合わせるのが基本です。 今回は【大根、にんじん、ごぼう、玉ねぎ、里芋、長ねぎ(そこに青みのいんげん)】を合わせます。 また、豚肉に関しては、うま味と脂がしっかりと出る 豚バラ薄切り肉がおすすめです。 厚みのあるものより薄めくらいのものが汁によくなじんで美味しいと思います。 具材の切り方は、大根とにんじんは大きさに合わせて半月切りやいちょう切りにします(ともに食べやすい5㎜くらいの厚みで)。 長ねぎは1㎝幅の斜め切り、玉ねぎは5㎜幅ほどに切ります。 ごぼうは小さめの乱切りにして水にさらし、里芋は大きめのひと口大に切ります。 豚バラ肉は2~3㎝幅に、いんげんはヘタを落として斜め切りにします。 豚汁のレシピ(まずは具材を炒める) 豚汁の具材の準備ができたら、鍋に油を入れてはじめに具材を炒めます(油はごま油かサラダ油をお好みで。 ごま油ならコクと香りがより強くなります)。 美味しい豚汁を作るには、この 【水やだし汁を入れる前に具材を炒める】という工程が大切で、これにより具材の風味が油に移って、より仕上がりに深みが出てくれます!• 鍋を中火で熱して油が熱くなれば、いんげん以外の野菜をすべて加えます。 1~2分ほど野菜に油がなじむ程度に炒め合わせ、その後に一度火を止め、箸で豚肉をほぐしながら上に広げます。 そうすると鍋底にくっつくことなく炒めることができます。 豚肉をほぐしながら広げ入れた後は、弱火にかけ、全体を混ぜながら2~3分かけてじっくり炒めます。 徐々に豚肉の色が変わって、火が通ることで脂も出てきます。 その出てきた脂と野菜が混ざり合い、炒め合わされる時間を取った後に水分を加えるとよいです。 豚汁のレシピ(味噌を溶き入れ仕上げる) このレシピで加える水分量は1リットルです。 水1Lでも美味しくできますし、好みでだし汁を使ってもうま味がしっかりとした仕上がりになります。 水を加えたら火を強めて沸騰を待ちます。 沸いたらアクが出てくるのでお玉ですくい取ります。 アクをすくい取ったら、味噌の半量(大さじ3)をここで溶き入れます。 半量の味噌を溶き入れた状態で、7~8分ほど弱火でコトコトと煮て、具材に火を通します。 大きめの里芋などに竹串を指して火通りを確認し、火が通っていればいんげんを加えます。 いんげんを加えてさらに2~3分煮て火を通します。 最後に残りの味噌を溶き入れます(味噌は合計で大さじ5~6を目安に、ご家庭の味噌の塩分によって調整してください)。 椀に盛って好みで一味唐辛子をふりかけても。 豚汁はどんな野菜とも合わせやすいので、上の具材の他にも、れんこんやじゃが芋などの根菜類、しめじや椎茸などのきのこ類、蒸し大豆を入れてもいいし、あさりを一緒に火を通して加えたりしても美味しいです。 水で美味しく作れるので水だけでもいいのですが、少しうま味をプラスしたい場合は 煮干しを3~4尾ほど水と一緒に入れるなどするのも、だし汁を用意するよりは手軽に行えます。 【レシピ更新情報】写真をすべて撮り直し、水分量や具材を炒めるタイミングの変更などを行いました(2018.

次の

豚汁に合う卵料理のおかず10選!簡単で美味しい作り方も紹介!|Maman Style

豚汁 作り方 簡単

作り方• ごぼうはささがきにして、水にさらします。 大根はいちょう切りに、人参は半月切りにします。 長ねぎは斜めに薄切りにします。 こんにゃくは半分に切り、薄切りにします。 豚バラ肉は一口大に切ります。 鍋にお湯を沸かし、4をさっと茹でてザルに上げておきます。 鍋にごま油を温め、中火で5を炒めます。 8のアクを取りながら野菜が柔らかくなるまで中火で煮て、3を加えて一煮立ちしたら火を止めます。 みそを溶かし入れたら完成です。

次の

ほっとする美味しさ!基本の豚汁 作り方・レシピ

豚汁 作り方 簡単

ポイントを押さえて絶品豚汁に! 豚肉と根菜を中心とした野菜を煮込んで作る「豚汁」。 寒くなってくると無性に食べたくなる人気の汁物メニューです。 豚汁に使う具材には決まりがなく、どんな食材を入れても大丈夫。 そんな作りやすい簡単メニューだからこそ、ポイントを押さえて作ることで劇的に美味しく仕上げることができます。 今回は、豚汁を美味しく作る4つの調理のポイントもご紹介。 ・ごぼうはささがきにし水にさらす。 ・豚バラ肉は3cmほどに切る。 ・こんにゃくは塩(分量外)を入れた湯で5分茹でてアク抜きし、細かく切る。 ・しょうがはすりおろす。 【POINT】 ごぼうにはポリフェノールが含まれるので、アクが気にならない場合はアク抜きせずそのまま使ってください。 豚バラ肉は炒めると縮むので大きめに切ります。 1.鍋にごま油を入れて豚バラ肉を炒める。 豚バラ肉からしっかり脂が出たところにAを入れて炒める。 【POINT】 豚バラ肉からしっかり脂が出るまで炒め、豚バラ肉から出た脂で野菜を炒めて豚バラ肉のうま味を野菜に移します。 2.水200mlと顆粒だしの素、塩を入れて蓋をし、10分蒸し煮する。 【POINT】 最初に少量の水と調味料を入れて蒸し煮することで、うま味と味が野菜に入り火が早く通ります。 3.残りの水800mlと味噌大さじ2を入れて沸騰させ、アクをしっかりすくう。 弱火にし、残りの味噌大さじ1とすりおろしたしょうがを入れて味を調える。 器に盛り、お好みで青ねぎ、七味唐辛子をかける。 【POINT】 普通は、味噌を入れてからは風味がなくなるので沸騰させませんが、豚汁は味噌を入れて煮込むことで野菜に味を染み込ませます。 最後にもう一度味噌を加えたあとは弱火で沸騰させずに仕上げてください。 水と最初の味噌を入れたら具材に味が染み込むまで煮込み、2回目の味噌を入れたら煮立たせない。 豚肉と長ねぎ以外の具材を入れないので、本当にあっという間にできあがります。 簡単なのに、長ねぎだけとは思えないしっかりコクうまの豚汁です。 塩鮭と枝豆で簡単にできるこちらの混ぜご飯は、色鮮やかで食卓が華やかになります。 おにぎりにして添えてもいいですね。 その秘密は、豚肉とたっぷりの野菜にあります。 豚肉のビタミンB1で疲労回復、大根のジアスターゼなどの酵素が消化を助けて腸を整え、にんじんのカロテンは視力や粘膜、皮膚や呼吸器系の建康維持に。 ごぼうとこんにゃくの食物繊維は便秘解消や糖尿病の予防に役立ちます。 炊き出しなどでよく豚汁が作られるのも体のことを考えて。 豚肉の脂で冷めにくく、身体を内側から温めてくれる豚汁は、1杯でたんぱく質、ビタミン、ミネラルなどの栄養を効率的に摂取できる万能メニューなのです。 基本の具材のほかにも、うどんや里いも、さつまいも、豆腐…などいろいろな具材でさまざまなアレンジを楽しんで、ご家庭ならではのお好きな味を見つけてくださいね。 1杯の中にたくさんの栄養がギュッと詰まった「豚汁」。 キーワード.

次の