カードローン 危ない。 知らないと危ないカードローン申込で年収の嘘がダメな理由!

生活費の不足にカードローン、キャッシングを利用するのは危険

カードローン 危ない

消費者金融は、お金を借りることができる業者を指します。 皆さんがご存知なのは、プロミスやアコムなどのCMしている大手消費者金融と呼ばれている所です。 間違いなくカードローンの申し込みしても良いでしょう。 危ない消費者金融ではないと言えます。 危ない消費者金融とは? 人によって見分け方はいろいろですが、1つの目安として、日本貸金業協会の会員になっているかどうかです。 この日本貸金業協会の会員では、ホームページに会員番号の明記があります。 大手消費者金融では全て会員番号が書いてあります。 日本貸金業協会の会員の金融業者であれば、まずは貸金業法を守っていることになります。 都道府県知事、財務局の認可番号も表記されています。 これが、一応は安心な消費者金融と言っても良いでしょう。 日本貸金業協会とは? 消費者金融会社、カード会社の自主参加で作っている協会です。 貸金業法を基本として自主規制機関として、資金業者の健全な経営を目的としています。 それぞれの持つ情報の共有などで、互いに監視し合う内容であり、消費者金融では大手消費者金融だけではなく、中小消費者金融も加盟しています。 事業資金提供業者、クレジットカード会社、リース会社なども加わっています。 ここで大切なことは、消費者金融も他社と情報共有をすること。 すなわち絶対に不正なキャッシングをしないですし、自ら持つデータの共有をすることで、健全審査をしていることになります。 現在、ホームページのある消費者金融の多くが協会加盟していることになります。 非加盟でもヤミ金ではない 中小消費者金融の一部では、日本貸金業協会に入っていないところもあります。 ただし、登録業者であり、利息制限法での借入が出来ます。 金融庁データベースに名前があれば、それだけでヤミ金ではありません。 したがって、日本貸金業協会の非会員だとしてもヤミ金と決めつける事はできません。 情報共有をしていないことだけです。 極甘審査の多い 中小消費者金融でも甘いだけではなく、極甘審査とされる消費者金融では、日本貸金業協会の非会員です。 そこで、ヤミ金なのか?という噂が立ちますが、実際には、ヤミ金などではなく、他に情報共有はしないけれど、自社の情報提供でもない。 ということは、その消費者金融だけの独自の極甘審査が実施されることになります。 自身の個人信用情報機関の確認はありますから、審査がないわけではないのですが、日本貸金業協会非会員でも、口コミなどを確認してみて下さい。 極甘審査であり、正規の消費者金融であれば、安心して申し込みも出来ます。 消費者金融というと、最近ではクリーンなイメージがありますが、単なる金貸しです。 昔存在していた怖いサラ金と同じです。 では、とても危ない金融業者じゃないの? サラ金は怖い、消費者金融は怖くない? サラ金の時代のキャッシングは法整備もできていないときであり、まだ貸金が悪となっていました。 それを物語るのが、高い金利の存在でした。 法整備の部分では、審査がいい加減な内容であり、収入のない20歳以上であれば100万円、200万円と借りれたことでした。 段階を踏まえて、金利部分を大きく下げる利息制限法ができましたが、同時に審査の厳しい管理になり、現在は無収入の方は借入ができません。 そして、消費者金融という名称もサラ金からチェンジされ、最近になって身も心も改善しました。 その形として、カードローンの存在と明るいCMです。 インターネット普及で簡単に申し込みができ、大手消費者金融では即日融資だけではなく、アプリケーションを利用してのキャッシングが可能です。 危険とか危ないという点では、申し込みの段階では完全に払拭された内容です。 ですから、審査通過で浮かれたキャッシングしたとしても、返済計画がきちんとなければ完済できなくなってしまう。 そうした方も続出しているのも事実です。 消費者金融の考え 完済できない人の多くは、債務整理で個人信用情報機関をきれいにすることができます。 消費者金融にしてみれば、契約者が債務整理をすることは大きな損失です。 最初に厳しい審査はあるものの、計画通りの完済ができないのは計算違いです。 しかし、それも計算済みの高い金利設定になっています。 返せないときに弁護士などがでてきて、債務整理開始されたときには、従うしかない。 法律で貸金していて、法律で債務整理を前面に出されたら、消費者金融も承知することになります。 危ない消費者金融ではなく、危ない契約者? 債務整理の代償としてしばらくブラックリストになります。 これは、申し込み、契約、キャッシングもできない期間です。 ある消費者金融に損をさせたのだから、あなたには貸す事ができないという内容です。 しかし、一部の消費者金融ではそれでも貸しますという審査もありますが。 消費者金融としては、厳しい審査を搭載した申し込みと審査で高い金利でキャッシング。 申込者としては、そのときは借りれたけれど、途中で返済不能で債務整理。 一体、どちらが危ない存在なのか?ということでしょう。 消費者金融の法律である貸金業法の範囲内では、そんな疑問もありますが。 危ない消費者金融は、貸金業法を守らない金融業者です。 貸金業法とは? 消費者金融、クレジットカードのキャッシング部分の貸金の法律です。 限度額が総量規制である年収3分の一の範囲内である。 収入がない方には貸せない。 一部まとめローンや不動産担保ローン対応が、例外的な対応がある。 このときにポイントになるのが、総量規制範囲内と収入の有無です。 最初に20歳以上で、収入がある方が申し込み対象になる事実です。 そこからの審査ですが、それはそれぞれの金融業者が決めることです。 正規の金融業者として、登録を行なっていて、3年更新の手続きをしている。 この時点で、その消費者金融は安心で安全な金融業者になります。 審査基準はいろいろ 最低ラインの厳守をしていて、中小消費者金融でブラックリストでも借りれるとしても、この正規の金融業者であることが肝心です。 それが、ホームページなどの登録番号であり、同時金融庁データベースで名前があります。 それが、安心できる列記として消費者金融の証明です。 ちなみに、ホームページに表記するのは義務になっています。 申し込みときのわざわざ確認する方は少ないのですが、絶対に表記があります。 登録されていれば、一安心 ところが、あるヤミ金報告があった金融業者のホームページにも登録番号の表記がありました。 これは虚偽番号であり、気をつけなくてはならないことです。 登録番号はサラ金時代からのものもあり、昔から消費者金融とヤミ金の区別はありました。 しかしながら、サラ金時代ではヤミ金と大した変わらない審査と金利であり、昔はそんなに気にしないでキャッシングを続けていたと言います。 最近の貸金業法の締付けであり、ヤミ金の生き残りとして、虚偽登録番号で対抗しているのが事実です。 引っかかる人がいる なぜかこのヤミ金に引っかかる人で、登録番号があるから安心という方もいます。 確かに、番号は桁数も多いですから、素人では判断ができません。 しかし、その番号はもしかしたら怪しいと思うことです。 サラ金時代から知らん顔して、貸金業法違反のキャッシングをし続けている場合もあります。 なので、貸金業法を守っているとか、登録番号がきちんとしているというのは、自身で金融庁データベースでの確認がベストです。 プロミスやアコムのようにネームバリューがある消費者金融なら安心ですが、知らない消費者金融に行くときには、自身で確認が絶対です。 キャッシングには必ず金利が伴う返済があります。 貸金業法範囲内なら良いのですが、ヤミ金立ちはそんな範囲は厳守しませんので。 社会生活において、自身が知らないことがあるときには、必ず調べるでしょう。 それが金融業者の場合は、入念にチェックします。 大手消費者金融以外は不安 消費者金融のときは、プロミスやアイフルからの借入ではそんなに不安はありません。 金利は多少高いですが、消費者金融としての安心感があります。 それが、ネームバリューです。 ところが、国内にはこうした大手消費者金融以外に無数の消費者金融が存在していると聞いたらどうでしょう?例えば、フクホー、アローで借りれると聞いた場合、必ずその存在を確認したいのが普通です。 普通は、知らない金融業者であれば調べることになります。 インターネット上で確認を ここで消費者金融のことは、たいていインターネットの借入情報サイトで確認ができます。 安心できる場合は、ホームページがあること、スペックが確認できることです。 そして、それ以上に大切なことは、その消費者金融に対しての豊富な情報量です。 1つのサイトだけではなく、たくさんのサイトでその消費者金融のことを語られていることが必要です。 もちろん良い評判もありますが、中にはあまり良くない評判も存在していることもあります。 それでも、たくさんの評判、口コミがあるところは、危ない消費者金融ではありません。 実際には、借りれたとか、親切だったという内容が良いのですが、必ずここは正規の金融業者であり、申し込みは安心ですという内容を確認して下さい。 それが、この口コミ、情報サイトで肝心なことです。 口コミが多い消費者金融 消費者金融で口コミが多い、情報が多いことが選択のポイントになります。 もし、消費者金融としてホームページはあるけれど、情報も口コミも1つだけ、2つだけというのはヤミ金の可能性が高いです。 ホームページに登録番号もありますが、ぜひ金融庁データベースで確認してみてください。 口コミがあれば、正規、ヤミ金の内容に言及していることも確認です。 貸金業法範囲内であり、安心であることがわかってからの行動です。 知らない金融業者は全て危ない もちろん、この考え方もありです。 国内には驚くほど消費者金融が全国に点在しています。 インターネット申し込み対応であり、郵送で契約ができます。 しかし、そうした知らない金融業者は全て危ない消費者金融だから、口コミも信用できないという方も良いでしょう。 口コミを信じるかどうかは自由です。 しかし、情報も口コミもまるでない消費者金融は本当に不安です。 金融庁データベースにも登録されている場合もあります。 その時点で危ない消費者金融ではありませんが、ホームページがなければ、あとは自分で判断をするしかありません。 できれば、ホームページも口コミもある消費者金融が安心でしょう。 危ない消費者金融とは闇金たちです。 闇金たちというのは普通の闇金とソフト闇金が存在しています。 サラ金、街金ではなく、ヤミ金です。 ヤミ金とは? 危ない消費者金融の真意は、貸金業法を守っていないからです。 法律の範囲内で、審査をするから金利を制限するというのと、返済ができないときには債務整理に対応すると言うのが、法律範囲内のキャッシングです。 ヤミ金は法律を無視したキャッシングであり、債務整理も通用しません。 高い金利では人生の破滅を見るものであり、取り立てでは本人だけではなく、勤務先や家族にも直接影響が出ます。 犯罪そのものであり、日常生活を脅かすこともあります。 それが危ない消費者金融そのものです貸金業法を無視したキャッシング、それがヤミ金たちです。 ヤミ金とソフト闇金と違い ソフト闇金の多くは、スペック表示です。 貸金業法も無視していますが、一応はスペック通りで完済できるとされています。 勤務先の在籍確認もあり、体系的には良心的キャッシングというのですが、金利も高く、内容はヤミ金同様です。 ただ、ある程度最初のスペック表示だけはなんとなく安心ですが、それでもヤミ金そのものです。 危ない消費者金融に行かなくてはならない事情 大手消費者金融も銀行カードローンも借入ができないときに、ブラックリスト対応の街金に行く方もいます。 街金では貸金業法範囲内のキャッシングです。 高い金利と言っても、利息制限法範囲内であり、法律内でのキャッシングです。 ここでも借入できない方は、債務整理ですが、それをしないできない方もいます。 そうした方たち危ない消費者金融に行くことが多いのですが、完全な間違った行動です。 最初から高い金利だけど、法律外のキャッシングをするというのは、自ら犯罪に行くようなものです。 ヤミ金、ソフト闇金の多くが、反社会的勢力だったり犯罪に関係と言われています。 ヤミ金も同情的 最初の対応が同情から入ります。 しかし、一度ヤミ金に関係を持ったのなら、一生ついてまわるというのですから。 最近では、インターネット使用犯罪もあり、個人情報拡散などの被害もあります。 この危ない消費者金融に行くときには、ブラックリストの可能性が高いです。 解決策としては、債務整理して、それ以上借りないのが得策ですが。 ヤミ金もソフト闇金も絶対に手を出さない用にしましょう。 危ない消費者金融はホームページでたくさん出現しています。 街金と同名のヤミ金たちも存在していますので 注意が必要です。

次の

消費者金融のカードローンは基本的には期日までにきちんと返済すればヤ...

カードローン 危ない

プロミスの成約率は44. ちなみに、プロミスの成約率は 44. (2020年4月時点) 3項目を入力すれば借入できるかすぐ判断! プロミスの 「お借入シミュレーション」を使えば、 生年月日・年収・他社借入金額を入力するだけで簡易診断してくれます。 「お借入可能と思われます。 」という表示が出れば、借入できる可能性はあるでしょう。 スマホユーザーにはアプリローンがおすすめ プロミスの 「アプリローン」は、 手持ちのスマホひとつあればキャッシングできるサービスです。 審査落ちしてお急ぎの方でも、ネット申し込み後にアプリをDLすれば、 セブン銀行ATMですぐ借入できます。 3秒診断で借入できるかすぐ分かる 審査の前に、借入可能か分かる 「3秒診断」を受けられます。 入力項目は、年齢・年収・他社借入額のたった3つだけ! 「お借入できる可能性が高いです」と出た方は、審査に通過する可能性があります。 年収の3分の1までなら借りられます キャッシングの借入額合計が、 年収の3分の1を超えない範囲であれば、借りられる可能性あり! すでに他社で借入経験のある方でも、 2社目、3社目としてアコムをご利用しているケースもあります。 全国で157万3,000人が利用している アコムの利用者数は、 業界トップクラスの157万3,000人となっています。 (2019年12月時点) 利用できるATMも幅広く、24時間365日借入ができるため、非常に人気の高いサービスです。 4項目を入力すれば借入できるか1秒で分かる 申し込み前に、借入可能か分かる 「1秒診断」を受けられます。 入力項目は、年齢・年収・雇用形態・他社借入の金額だけ! 「ご融資可能かと思われます」が出た方は、そのまま申し込み可能。 審査結果と融資金額を算出してもらえます。 例えば、年収300万円なら100万円まで借入できるイメージです。 現在、他社借入がある方は融資してもらえるのか目安にしてみてください。 アイフル独自のピッタリ診断もおすすめ 他社ではあまり目にしないサービスですが、申込者の状況に応じて 「あなたにピッタリのお借り入れ方法」を提示してくれます。 1秒診断で借入できる可能性があれば、ぜひ活用してみてください。 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。 ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。

次の

カードローン返せないとわかったときにすぐにするべきこと

カードローン 危ない

生活費をカードローンやキャッシングで借りるのが危険な理由 貸金業利用者に関する調査・研究によるとお金を借りる理由として多いものは以下の内容となっています。 生活費不足を補うため(33. 7%)• 欲しいものがあったが手元資金が足りなかったため(21. 9%)• クレジットカードの支払い不足(15. 9%)• お小遣いが足りなかった(14. 3%)• 遊ぶお金が足りなかった(10. 2%)• 医療費支払いのため(5. 1%)• 冠婚葬祭の支払いのため(5. 0%)• 子どもの教育関係の支払い(2. 8%) 理由の中でも上位にあるのが「生活費不足」ですね。 ただ、この生活費が足りないからといってカードローン(キャッシング)といった借金で補うというのは短期間なら別ですが、そうでないなら大変危険です。 最近は手軽に借金ができてしまいます。 しかしながら、その利用は利息の支払いに加えて、結局は問題(支払い)を先送りしているにすぎないということを忘れてはいけません。 「 ご利用は計画的に。 」 CMなどでもおなじみの言葉ですが、どうしても利用する場合は「返済」までの計画をしっかり立ててから利用するようにしましょう。 欲しいものを買うため、遊ぶためならカードローンは別に問題なし カードローンといっても、本当に必要な時に一回使うというケースならさほど問題ではありません。 どうしてもお金が必要になるときってありますからね。 多くの人は批判的かもしれませんが、遊ぶお金のためにお金をかりるというのも大きな問題ではありません。 なぜならば、1回限りの特別な支出でありそのお金が継続的に必要となるわけではないからです。 もっとも、毎月のように遊びのためのお金を使うのはおすすめできませんが……。 借金を四つに区分してみる 借金についてはその目的や余裕度に合わせて4つに分けて考えることができます。 この生活費が不足するから借入するというのは上記区分だと赤色の「生活破たんゾーン」となります。 悪い借金かつ危険という区分です。 生活費で一度カードローンを使うと借り入れのループが起こりやすい 生活費の補てんでカードローンを使うということは、要するにお給料以上の生活費が必要になっているということです。 生活費が足りないので不足分をカードローンで借りる• 翌月には返済もあるのでさらに生活費が不足する• 不足分をカードローンで借りる• 再来月は追加で借りた分も返済額が増えて生活費が不足する• 再来月もカードローンで借りる とループしてしまいます。 しかも、このパターンだと 返済のペースを上げないとどんどん借入残高が増えていきます。 当然借りているお金には金利が付いてきます。 たとえば 金利14. 6%で50万円の残債がある場合、1万円の返済したとしましょう。 さて、この時の借金はいくら減ったでしょうか?• A:1万円• B:8,124円• C:3,917円 借りているお金には利息が付きますので、1万円返済しても1万円が丸々減ることはありません。 1か月分の利息をそこから引くことになります。 答えはCの3,917円です。 残りの6,083円は利息となります。 つまり、月々1万円を返済しても借金は4,000円弱しか減らせないのです……。 なるべく早くこの負の連鎖を止めないと借金が借金を呼ぶ雪だるま状態になってしまいます。 生活費が不足するとき、カードローンを使わないならどうすればいい? 生活費が足りないからといってカードローンやキャッシングを使うのが危険ということはわかりました。 でも、お金が足りないという事実は変わりないわけです。 じゃあ、どうすればいいの?って話になりますよね。 収入を増やす• 生活費を見直す(削減する)• もっと低利で借りられるところがないかを検討する 収入を増やす 生活費が足りないのであれば、不足分を収入を増やすことでカバーしましょう。 数十万円単位でお金が足りないという場合は別として、月に数万円足りないという話であれば、節約をするよりも収入を増やす努力をするほうが手っ取り早い場合が多いです。 仕事でより残業をする、別に副業をする、アルバイトやパートをする、といったような手段があります。 副業については最近は認める会社も増えています。 自動車関連諸費用• 習い事、会費• 通信費 など。 こうした固定費は一度削減すれば翌月以降もずっと費用を削減できます。 家計収支が大幅にマイナスであれば、将来の備える生命保険も解約を含めて検討した方がいいかもしれません。 将来の保障も大切ですがそれよりも今が大切です。 どうしても解約したくないという場合は「」が利用でき、低利でお金を借りることができます。 これよりも低い金利でお金を借りられないかを検討しましょう。 条件はありますが、生活福祉資金貸付制度など公的な融資を受けることもできます。

次の