観葉 植物 虫除け。 観葉植物に小さい虫がついている…すぐにできる虫除け予防と駆除方法

観葉植物にわく虫の種類は?虫除け方法と駆除対策をご紹介!!

観葉 植物 虫除け

虫除けに効果のある植物の選び方 虫の種類に合わせて選ぶ 植物は品種によって香りや成分が異なるため、忌避効果のある虫の種類も変わります。 植物によって、蚊やゴキブリなど、効果のある虫の種類はさまざまです。 特定の虫を寄せ付けたくない場合は、どの植物のどの成分が効果的なのか事前に調べておくとよいでしょう。 タンジーであれば、犬小屋の中に敷き草として入れることでダニを防止することができます。 育てやすい鉢の大きさを選ぶ 虫除けに効果のある植物を苗で購入する場合には、準備する鉢やプランターの大きさを基準に選ぶとよいでしょう。 苗の場合、「〇号鉢苗」「〇cmポット苗」などといった表記でどれくらいのサイズかがわかります。 1号は直径3cmであるため、「3号鉢苗」と「9cmポット苗」の場合のサイズはどちらも同じです。 部屋のインテリアに合ったものを選ぶ 虫除け効果のある植物を選ぶ際は、虫除け効果だけでなく、部屋のアクセントとしてインテリアの邪魔をしないものを選ぶこともポイントです。 特にハーブなどは比較的強健なため、小さな植木鉢でも育てることができます。 ハーブの場合、室内で育てることで食用に適した柔らかな葉を収穫できるメリットもあるため、キッチンハーブを集めた寄せ植えなどもおすすめです。 虫除け用の植物の注意点 虫除けの効果は限られることに注意 虫除けに有効であるといっても、殺虫剤などとは異なり、植物である以上、効果は限定的だと考えておかなければなりません。 基本的に虫除けできるのは、植物の発する香りが届く範囲に限られ、効果も穏やかです。 人によっては香りが不快に感じることにも注意 虫除けに効果のある植物が発する香りは、多くの人に「よい香り」と捉えられますが、中にはそう感じない人もいます。 特に香りが強いハーブ類は、苦手な人がいる前提で栽培する場所や量を考える必要があります。 虫除けにおすすめの植物7選 CHARM ニホンハッカ 原種は用途が幅広い CHARM ニホンハッカ 原種は、虫除け効果だけでなく、観賞用にも最適で、料理、茶、入浴剤などにも利用できるほか、消臭効果もあります。 虫除けに効果のある植物についてのまとめ• 植物によっては虫が嫌う成分を持っているため、虫除けに利用することができます。 虫除けに効果がある成分は、植物に含まれるピレトリン、シオベール、シトラール、カンファーといった香りの成分です。 ハッカ、ペパーミント、バジル、タイム、ローズマリー、タンジー、ゼラニウムといった植物を中心に虫除けの効果が期待できます。 虫除け効果のある植物を選ぶ際には、寄せ付けたくない虫の種類、植物の大きさ、インテリアに合うかなども考慮するとよいでしょう。 害虫を完全に撃退できるものでないことや、人によっては虫除けに効果的な香りが不快に感じることもあることを考慮しておかなくてはなりません。 投稿ナビゲーション.

次の

観葉植物にわく虫の種類は?虫除け方法と駆除対策をご紹介!!

観葉 植物 虫除け

カメムシ(半翅)目コナカイガラムシ科 《加害》葉・枝・果実 被害 雌成虫は3~4mmの楕円形で白色のロウ物質で覆われている。 幼虫と雌成虫が枝、葉、果実に寄生する。 枝の分岐部、葉の重なった部分などに発生する。 大量の排泄物が、果実や葉にすす病が発生する原因となる。 発生量が多いと新梢の生育が停止し、枝の枯死を引き起こす。 発生 主に1~2齢幼虫が幹や枝の割れ目や分岐部、葉と葉の重なったところで越冬する。 雌は3齢を経過した後に成虫になる。 1齢幼虫~雌成虫の各発育態とも歩行移動する。 雌成虫は短期間に産卵して白い綿のような卵のうを形成する。 主に施設栽培で問題になる害虫である。 駆除方法 幼虫発生時期(露地では6月中下旬と8月中下旬)に登録薬剤の散布を行う。 多発している場合には散布前に多発枝を切除する必要がある。 薬剤(農薬) アクタラ、アプロード、アルバリン、オリオン、コルト、スタークル、スプラサイド、ダントツ、モスピランなど。 薬剤を使用せず駆除する場合は、木を傷つけない様に歯ブラシでこすると良い。 被害 茎や葉に口針を差し込み、汁液を吸収し、生育遅延や葉の萎縮等の被害をもたらす。 また、排泄物による汚れが、すす病などの間接的な被害もでる。 さらに、ウイルス病の媒介者としても注意が必要である。 駆除方法。 防虫網、シルバーマルチ等で有翅虫の飛来を防止する。 捕食性天敵としてクサカゲロウ類、テントウムシ類、ヒラタアブ類などが見られるときは天敵に影響の少ない殺虫剤を選択した方がよい。 また、アリが盛んに行き来をしているようならアブラムシの発生を疑いましょう。 薬剤(農薬) アクタラ、アドマイヤー、ウララ、オルトラン、ダントツ、チェス、マラソン、モスピラン、ロディー等。 同じ成分の殺虫剤を連用し続けないように注意する。 化学的なものを使用せずに除去する場合、脂肪分の多い牛乳を薄めたものを霧吹きで散布すると、牛乳が乾燥するときにアブラムシの気門を塞いで窒息死させるので有効であると言われたことがある。 同じ原理を利用し、濃度調整したでんぷんや食用油脂を主成分としたものや、木酢液やガムテープなどを使用し駆除もできる。 被害 葉裏に寄生して汁を吸うため、葉の表面から見ると、吸われた部分の葉緑素が抜けて、針先でつついたような白い小斑点を生じます。 数が少ないと判別しにくいですが、数が多くなると白くカスリ状にまとまって見えるため、この時点で気がつくことが多いです。 被害が進行するに従って葉色は悪くなり、草花や野菜では落葉して枯れることもあります。 庭木などでは枯れることはありませんが生育が悪くなり、葉色もさえないため美観が損なわれます。 駆除方法 水に弱いため、定期的に葉裏に散水して寄生数を減らすことはできますが、室内や雨の当たらない軒下などの植物は被害の進行が速いので特に注意が必要です。 「ハダニの専門薬」で退治します。 応急処置的に使用するのであれば、パイベニカVスプレーやベニカXファインスプレーが便利です。 ㊟:過剰に入れると病中害を誘発する。 土作りの初めに窒素を少な目に リン酸を多めに。 初期生育のスターターとして重要な養分。 植物のカルシウム濃度が高まると病害抵抗も高くなる。 この6要素を欠かせない様にしましょう。 植物の生長には多量要素(窒素・リン・カリウム)中量要素(カルシウム・マグネシウム)微量要素(硫黄・鉄・マンガン・ホウ素・亜鉛・銅・モリブデン)その他にもたくさんの肥料成分が必要です。 小さな鉢やプランターで栽培していると観葉植物の生長とともに土に含まれていた中量要素や微量要素がなくなっていきます。 それでも同じように土用の液体肥料だけを使っていると当然中量要素や微量要素の欠乏症が出て植物の生長は悪くなってしまいます。 ハイポニカには全ての土の「6要素」が含まれています。 部分的に使用する薬よりも、全体的にどの栄養素が不足になってしまっても、害虫発生率が大きくなります。 そんな時はぜひハイポニカ肥料をご利用ください。 しかも「害虫予防」にもつながります。 商品説明 「ハイポネックス 錠剤肥料 観葉植物用 70g」は、土の上に置くだけの簡単な、錠剤タイプの肥料です。 葉の色を鮮やかにし、丈夫に育てます。 早く効く成分 速効性 とゆっくり効く成分 緩効性 を配合しているので、安定した効果が約1ヶ月間持続します。 臭いも無く清潔なので、玄関先や室内でも安心。 かわいいハート型の錠剤がインテリアにもぴったりです。 それが特に強力で代表的なものに、 ニンニク・ワサビ・トウガラシ・ヨモギなどがあります。 虫スプレーは、作物の自己防衛力を高めることを目的とした植物保護資材です。 JAS規格適合品ですので、安心・安全にお使いいただけます。 【商品詳細】 容量/500ml 成分/植物抽出液・・・ニンニク、ワサビ、トウガラシ、ヨモギなど植物エキス 【特徴】 ・虫が嫌う、植物エキスです。 ・植物がつくり出す自然の成分の効果により、大切な野菜や花を保護します。 ・苗が小さい頃から使用することで、より虫に強い植物に育ちます。 ・天然物100%の植物抽出エキスなので、安全性の高い商品です。 ・農薬ではありません。 2、ヨーグルトを入れる 3、納豆を入れる(植物に使うなら粒のまま・消臭につかうなら茶こしでネバネバだけでOK) 4、お湯を加え、ドロドロになるまでよく混ぜる。 5、じょうごを使ってペットボトルに入れて、ペットボトルホルダーで保温する。 (仕込んだ後、ブクブク発酵し始めるのでフタは緩めておく) 6、24時間置き、舐めて酸っぱくなっていたら完成。 水を500mlまで足す。 (雑菌侵入防止のためしっかりフタをする) 植物が気孔や根から水分や養分を吸収する能力を利用して、土壌や地下水、大気の汚染物質を吸収、分解する技術の事です。 一般的な汚染土壌の浄化方法として多く用いられているのは、汚染された土壌を掘削・搬出して、有害物質を洗浄し、浄化された土をまた元の場所に戻すという物理化学的な方法だ。 確実かつ速やかに浄化が可能だが、コストが極めて高い。 一方、今回開発されたマリーゴールドを用いた場合、掘削・搬出・洗浄・除去に比べて、10分の1から20分の1のコストで済むそうだ。 しかし、植物の生長に依存するため、土壌が浄化するまでの期間は長く、生育環境によっては除去率に変動が生じる。 「有害物質を速やかに完全に除去するなら、コストが高くても掘削・搬出・洗浄・除去が一番いいでしょう。 しかし、例えば環境基準値を少しだけ超えている土地があるのだが、環境基準をクリアしたい、あるいは環境基準は満たしているが、さらに汚染を処理したいという場合、土地所有者は高いコストをかけるより、安価なファイトレメディエーションという選択を考えることができるわけです。 jst. html ~科学機構振興機能より~.

次の

観葉植物に虫がつく原因とは?予防で観葉植物を守ろう|with Hana(グリーンロード運営)

観葉 植物 虫除け

虫除け対策がお酢で出来るって本当? 植物を育てていると必ずぶち当たる壁として、害虫などの虫が寄ってきて植物をダメにしてしまうことではないでしょうか。 手塩にかけて育てている植物が、虫によって無残な姿になってしまうのはやはりショックが大きいと言えます。 虫による被害で植物がダメになってしまわないためには、虫除けをするのが良いと言えますが、その方法としてお酢を利用する方法があるのをご存知でしょうか。 無農薬栽培やしそなどの香りの強い植物の場合、虫が寄ってきてしまいがちナノでしっかりと虫対策をする必要があります。 その際に、お酢を水で薄めたスプレーを吹きかけるだけで虫除け対策になるとされているのです。 それに加えて、様々な病気の予防になるので非常に効果的なのですが、お酢の力が強すぎると茎や葉を傷めてしまう原因にもなりますので、必ず薄めて使うことをおすすめします。 ハッカ油が虫除け対策に良い理由 虫除けにはお酢が良いとされていますが、ハッカ油も効果的とされています。 なぜなら、ハッカ油の臭いは虫が嫌う香りであるとされているからです。 100円均一などで購入したスプレー型のボトルに、ハッカ油を20適ほど入れてそこに水を100mlほど入れてスプレー作ります。 それを観葉植物などの虫がつきやすいところに軽くスプレーすることで、十分に虫除け対策になるとされているのです。 ハッカ油は、蚊やゴキブリ、コバエなどの虫以外にもネズミなどにも有効とされているので、一つ購入するだけで様々な場面で活躍してくれること間違いないでしょう。 部屋の中を爽やかな香りでリフレッシュしたい時にも良いのではないでしょうか。 実際に良いのはどちらなの? お酢もハッカ油も、植物の虫除け対策に効果的なことは理解できたと思われます。 では、実際にお酢とハッカ油とどちらが良いのか気になるところです。 お酢は大体どの家庭にもあるものですが、ハッカ油はよほどのことがない限りわざわざ購入するものではありません。 そのため、虫除けのためにハッカ油を購入することを考えると、手軽に準備できるお酢で虫除け対策をした方が節約になるというのであれば、お酢を使用するのが良いと言えます。 しかし、中にはお酢の臭いが苦手だという人も少なくありませんので、そういう人の場合にはハッカ油の方が良いのではないかと言えるのではないでしょうか。 それを考えると、自分の好みによってお酢が良いのかハッカ油が良いのか決めてみるのも良いかもしれませんね。

次の