知ら なく て いい こと 尾高。 知らなくていいコト:次回最終回 予告の“尾高”柄本佑に反響 すでに「尾高ロス」の声…

「知らなくていいコト」最終話 尾高さん切ない「タイミング悪いんです、俺。3年前も、今度も」【2020年冬ドラマ考察】

知ら なく て いい こと 尾高

ドラマ「知らなくていいコト」真壁ケイト(吉高由里子)&尾高由一郎(柄本佑)のキスシーン画像&映像がヤバイ! みなさん「知らなくていいコト」第2話は見逃さずにみることができましたか? 第1話ではかなり衝撃的な展開(サスペンス)になっていましたが、第2話は 恋愛的な面で衝撃的なシーンがありましたね。 真壁ケイト(吉高由里子)が元カレである尾高由一郎(柄本佑)に家にある質問をしに行きます。 尾高は突然家に来たケイトのためにコーヒーを入れてくれるんですよね。 (はい、まずここで優しい) ケイト「 前はあったよね?コーヒーメーカー」 尾高「 今でもあるよ」(言い方が優しい) そこでケイトは昔のシーンを思い出します。 そこにはコーヒーメーカーの前でコーヒーができるのを眺めているまだ付き合っていた頃の2人がいます。 なぜ別れてしまったの~~!?と思いましたが、ケイトが尾高のプロポーズを断っていたからだったんですね~。 ケイトは尾高のプロポーズを断った時、「結婚はしない。 誰とも。 」と言っていたのに、野中春樹にプロポーズされていた時はすごい喜んでいましたよね。。 ある質問をするために尾高に会いにきたケイトですが、その質問というのは「 乃十阿徹(殺人犯)の娘と知っていながら昔プロポーズをしてくれていたのか?」ということでした。 その質問に対する尾高の答えは「 YES」。 尾高はケイトが乃十阿徹(殺人犯)の娘だと知っていたにも関わらず、結婚しようと言ってくれたんですよね。 実際にケイトの最後の心の声では「 なんであの時気付かなかったんだろう。 なんでこの人を捨てて春くんに乗り換えたんだろう。 時間よ、戻れ。 」と言っています。 まだケイトに気があるならそこで、抱きしめたりキスをするチャンス!?と思うのが男性だと思うのですが、何もせずにそっとそばにいるだけです。 そして、ケイトがこう言います。 「 キスしたいです。 」 「 すみません、ちょっと頭がおかしいんだと思います…」 その言葉にかぶさるように、尾高の左腕がケイトの首元に伸び、顔を引き寄せてキスをします。 もしかしてこの2人元サヤに戻るんですかね?? でも、、こんな情報が。 尾高さんとケイトのキス 尾高さんの奥さんが知らなくていいコトだね。 — 🥏 Br3Xa1 「尾高さんとケイトのキス 尾高さんの奥さんが 知らなくていいコトだね。 最低じゃない? 私なら尾高がダンナだったら嫌だわ 柄本さんの芝居は好きだけど — MEG MEG62324335 ケイト&尾高のキスシーンが最高!という声と同時に、妻子もちである尾高に対するバッシングの声も多数上がっていました(汗) 確かに、あの車の中のキスシーンが回想シーンでなければ、不倫になってしまいますもんね。。 奥さんと子供のことを考えると可哀想にもなってきます。 父親は俳優の 柄本明さん、母親は女優の 角替和枝さん、そして弟が俳優の 柄本時生さんです。 父親の 柄本明さんは現在放送されている月9ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」シーズン4にレギュラー出演していて、第1話では弟の 柄本時生さんもゲスト出演し、親子共演を果たしています。 () さらに、柄本佑さんは、女優の 安藤サクラさんと結婚しています。 奥さんまで女優さんなんて、本当に役者さんに囲まれていますよね。 柄本佑に対する視聴者の声は? 尾高役の柄本佑、色気があってカッコイイ!! 優しい話し方とかすごい良い。 顔はタイプではないけれど、役柄でこんなにイケメンに見えるなんてさすが演技派俳優さん。 — happy.

次の

知らなくていいコト 最終回 尾高は離婚&嫁が子ども置き去り!野中は小説家で大勝利!ネタバレあらすじ感想

知ら なく て いい こと 尾高

知らなくていいコト終わり方 知らなくていいコト終わり方、 衝動的にドイツに、ハリヒメソウを入れたかもしれない乃十阿の息子に会いに行くが何も聞けず。 彼を犯罪者のように報道したくないケイト。 つまり、別家族であるケイトとそのママが 彼女たちを苦しめていたので、ケイトは「自分も関係ある」と感じる。 3歳の子がやった、と言っても確かに裁かれないけど。 やっぱりそういう世間の目がついて回るのを防ぎたかったのが一番大きな気持ちだったんだと思う。 最終回終わり方の私の感想 1番個人的に気になっていたのは、やはり「尾高由一郎が小さい子もいるのに離婚しケイトに走るのか?」というところ。 ケイトに今回の真相を、「お前が書くんだ」と推した尾高さん。 「命削って真実書けよ」と。 そしてプロポーズしてしまいます。 本当は離婚届けを出してからにしようかと考えていたが、と。 しかし、ケイトは尾高を心から愛しているにも関わらず 子供をこの世に生み出したことを、その責任を全うして欲しいと 深く、相手のことを考えた上で決断し伝えました。 このへんうまく伝えるのが難しいですが、 「野十阿が人生かけて守った息子のこと」 そして、尾高の子供に対する潜在的な思いを感じ取ったケイトの決断。 世間体でもなんでもなく、ケイトは本気で相手の幸せを考え抜いた上で伝えたのが分かりました。 また、そこで単純に、尾高がただ過程に戻ったのではなく 妻が子供を置いてどこかに行ってしまい、自分が1人で子供を育てる形となりました。 これは予想できない終わり方であります。 視聴者的にも、この「不足感」は良かったのではないかと思います。 そして、「知らなくていいコト」 秘密を守り抜いた野十阿徹の愛情に感服。 最後の野中が小説家として成功『闇落ちする亀』面白かったですね。 もう尾高さんも野中さんも見ることが出来ないというロス感は私もいっぱいです。 ・尾高さんとケイトは一緒にならないことを選んだ。 言ってしまえばタイミングが悪い。 また、子供に対する潜在的な思いをケイトが汲んだ結果 ・野中はおかしくなり退社したが3年後に『闇落ちした亀』で小説家として成功 ・尾高は離婚を進めていた妻も、子供を置いて出て行った.

次の

ドラマ「知らなくていいコト」尾高とケイトの不倫が今後どうなるか展開を予想│Kisei

知ら なく て いい こと 尾高

ドラマ『知らなくていいコト』最終回のあらすじネタバレと感想 30年前、乃十阿(小林薫)が幼い息子をかばって罪をかぶった可能性を聞いたケイト(吉高由里子)は、乃十阿の息子が住むドイツへと旅立っていました。 ケイトの暴走を知った尾高(柄本佑)は、当時3歳だった息子に事件の真相を聞いても無駄だと止めようとしますが、すでに息子と会っていたケイト。 結局、息子を目の当たりにしたケイトは息子に何も言うことが出来ず帰国してきました。 そんな中、帰国したケイトを待っていた岩谷いわたに(佐々木蔵之介)は、再び事件の真相についての手記を書くようケイトに迫ります。 乃十阿が人生をかけて守ろうとした秘密を暴き、その息子の人生を狂わせる記事を発表することに抵抗するケイト。 ですが、岩谷は「ケイトがイヤなら俺が書く」と編集部の選抜メンバーで30年前の事件の裏取りに動き出します。 乃十阿が息子がハリヒメソウを入れている写真を入手するなど事件の真相究明が進む中、自分抜きで進む事件の真相解明を複雑な思いで見るケイト。 数日後、会議室に呼ばれたケイトは、新しい証拠と共に、母・杏南(秋吉久美子)と自分の存在も事件に無関係ではなかったと思わせる証言について聞きます。 その頃、会社を休み続けている野中のなか(重岡大毅)は、孤独の中で、ある決断をしようとしていました。 記者として人として記事を書くことに揺れるケイトはその夜、尾高から「話したいことがある」とスタジオに呼ばれます。 真実を書くことを躊躇するケイトに対し、記事を書くべきだという尾高。 さらに、奥さんに離婚を承知してもらったことを伝え「結婚しよう」という尾高。 「私も好き」と答えるケイトでしたが「離婚はしないで欲しい」と伝えます。 ケイトは、乃十阿が息子をかばった気持ちを理解しているような尾高に複雑な思いを抱いていたのです。 その後、子どもと離婚届を置いて奥さんに出て行かれてしまった尾高はシングルファザーに。 そして、記事を書く決意をしたケイトはついに自分の手で記事を書き上げました。 ケイトの記事を絶賛する岩谷。 ところが状況証拠だけで記事を書いてしまい遺族からの反発を恐れた社長は記事をボツにしろと岩谷に伝えます。 納得のいかない岩谷でしたが、強行突破して自分とケイトが飛ばされる可能性を考え結局記事を見送ることにしました。 その後、ボツになった記事を乃十阿に持って行ったケイト。 ケイトが自分の娘と認めないことで、ケイトを殺人犯にしたくない。 ケイトはそう解釈していたのでした。 数年後、野中は作家デビューして成功、岩谷は局長、黒川は編集長、そしてケイトはデスクへそれぞれ昇格していました。 以上が「知らなくていいコト」最終回のネタバレ。 やはり乃十阿は息子をかばっていたのでしたね。 そして、結局ケイトと尾高は結ばれませんでした。 シングルファザーになった尾高に一緒に育てる?と聞くケイトでしたが、今度はそれを断る尾高さん。 若干もやっとする結末でしたが、これでよかったのでしょうか?.

次の