コロナ ウイルス 大分 県。 新型コロナウイルスについて|TOSテレビ大分

大分)県境越え移動自粛続けて 県立中高6月から通常化 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

コロナ ウイルス 大分 県

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 新しい飲み会はフェースシールド着用で? 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国の専門家会議が提言した「新しい生活様式」。 様々な形式での飲み会に、参加者らが苦労する場面も多く見られた。 会は3カ所の飲食3店舗で開かれ、県職員や同組合員ら有志約60人が会費制で参加。 「対面ではなく横並びに座る」「マスク着用」「クリアファイルで手作りしたフェースシールド着用」「ハンカチを持ち口に当てたり外したりする」「名刺交換をアプリを使って行う」の5グループに分かれ、慣れない飲み方に挑戦した。 同市都町2丁目の「焼とり丸ちゃん本店」には約20人が集まった。 密閉、密集、密接の「3密」を回避し、グラスを接触させない乾杯をしたり、焼酎をつくる係を1人に限定したりと工夫した。 横並び席に座った県職員の男性は「3、4人までは話ができるが、5人目以上は遠すぎる」。 フェースシールドの参加者からは「時間がたつほどに額に熱がこもる。 もう少し良いつくりなら使えるかも」などの声が上がった。 県商業・サービス業振興課の御手洗洋子参事監兼課長は「県酒造組合から大分の未来を作るためにも、新しい生活様式に沿った飲食を考える必要があると提案があった。 どのような注意と工夫をすれば安心して楽しめるか考えてほしい」と話していた。 (佐藤幸徳).

次の

新型コロナウイルス 日本国内の最新感染状況マップ・感染者数(29日16時時点)

コロナ ウイルス 大分 県

よくある質問 問1 国内での累計感染者数や死亡者数が厚生労働省の集計より多いのはなぜですか? 当サイトの更新は、各自治体の公式発表を元にリアルタイムで行っています。 自治体が開く記者会見や、Webサイトに掲載された発表資料を確認でき次第、迅速に更新しています。 一方、厚労省でも各自治体からの報告を元に集計作業を行っていますが、当社が同省に確認したところ、自治体からの報告が数日遅れとなる場合もあるということです。 このため、リアルタイムに更新を続けている当社のデータとは数字に差が生じます。 問2 国内での累計感染者数の下に表示されている「前日比」とはどういう意味ですか? 国内での累計感染者数が、前日に比べて何人増えたかを表しています。 累計回復者数や死亡者数要入院・療養者数、の下に表示された数字も同様です。 問3 東京都で新たに感染者が増えたというニュースを見ましたが、このサイトでは増加分がまだ反映されていないことがあります。 それはなぜですか。 東京都を含め、一部の自治体では正式な発表前におおよその感染者数の報道が先行する場合がありますが、当サイトでは原則、自治体の正式な発表や厚労省の集計を確認した後に更新しています。 問4 国内での累計感染者数や死亡者数にダイヤモンド・プリンセス号 クルーズ船 の乗員・乗客を含めないのはなぜですか? 当初は便宜置籍船の存在などの理由からダイヤモンド・プリンセス号 クルーズ船 を含めた値で表示していましたが、ダイヤモンド・プリンセス号以外での感染拡大ペースが上がっている状況を踏まえ、ダイヤモンド・プリンセス号の乗員・乗客を除いた値をわかりやすく示すために表記と計算を変更しました。 問5 一方で、長崎港のクルーズ船コスタ・アトランチカ号の感染者を国内累計に含めるのはなぜですか? 厚労省の集計基準に合わせています。 同省は検疫法第5条「外国から来航した船舶などは、検疫済証の交付を受けた後でなければ上陸してはならない(概略)」を元に、入国時の検疫の有無を集計基準としています。 入国時に乗船者全員の検疫を終えていなかった横浜港のクルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の感染者については、入国前の事例として扱い、国内累計には含めていません。 一方、コスタ・アトランチカ号の乗船者については、入国時に全員の検疫が済んでいたため、同号の感染者は入国後の事例として、国内累計に含めています。 当サイトもこれに合わせています。 問6 一度感染し、回復後に再び陽性となった感染者は集計に含めていますか? 当サイトでは、再陽性は集計に含めず、感染者の「実数」で公表しています。 一部自治体では、再陽性も含めた「延べ人数」として公表しているところがあります。 当サイトと一部自治体の集計に差が見られるのは、こうした集計基準の違いによるものです。 一方、回復者の集計には再陽性の事例も含めています。 回復者については人数のみ発表する自治体が多く、年代・性別などの詳細が不明で、突き合わせ作業が難しいためです。

次の

大分県社会福祉協議会

コロナ ウイルス 大分 県

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 新しい飲み会はフェースシールド着用で? 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国の専門家会議が提言した「新しい生活様式」。 様々な形式での飲み会に、参加者らが苦労する場面も多く見られた。 会は3カ所の飲食3店舗で開かれ、県職員や同組合員ら有志約60人が会費制で参加。 「対面ではなく横並びに座る」「マスク着用」「クリアファイルで手作りしたフェースシールド着用」「ハンカチを持ち口に当てたり外したりする」「名刺交換をアプリを使って行う」の5グループに分かれ、慣れない飲み方に挑戦した。 同市都町2丁目の「焼とり丸ちゃん本店」には約20人が集まった。 密閉、密集、密接の「3密」を回避し、グラスを接触させない乾杯をしたり、焼酎をつくる係を1人に限定したりと工夫した。 横並び席に座った県職員の男性は「3、4人までは話ができるが、5人目以上は遠すぎる」。 フェースシールドの参加者からは「時間がたつほどに額に熱がこもる。 もう少し良いつくりなら使えるかも」などの声が上がった。 県商業・サービス業振興課の御手洗洋子参事監兼課長は「県酒造組合から大分の未来を作るためにも、新しい生活様式に沿った飲食を考える必要があると提案があった。 どのような注意と工夫をすれば安心して楽しめるか考えてほしい」と話していた。 (佐藤幸徳).

次の