かく しごと 父 死亡。 アニメ「かくしごと」後藤家の子犬の名前が決定!第8話先行カット&あらすじ公開

「かくしごと」ラスト・結末とその後はどうなる?ネタバレ考察も

かく しごと 父 死亡

そんな親バカの後藤先生が、この世で1番恐れていることは、娘に仕事がばれること。 漫画家だなんて知られたら、もしかしたら娘に嫌われるのでは!? アシスタントや編集者を巻き込んで、今日も心配症の後藤先生の1日が始まります! 久米田先生は、数々のヒット作を 世に送り出し、アニメ化作品も 多数あります。 その作品の中でも さよなら絶望先生は、本作へと 連なるギャグの形を確立させた 作品として有名です。 かくしごとは、原作を担当した じょしらく以来のアニメ化が、 2020年に決まりました。 おすすめポイント ・意味深な描き下ろし 親ばかな父のかくしごと 主人公の 後藤可久士は、漫画家で 娘にはそれを隠している一児の 父です。 とにかく娘を溺愛しており、自身の 描く下ネタの多い漫画は良くないと いう思いから職業も中身も隠してい るのですが、それがバレそうになっ たり、うっかり知られそうになり ながらも奮闘するギャグ漫画です。 ほぼ実話!久米田節のギャグ 親子2人の設定以外は、基本的に 漫画家あるあるを中心に描かれて いくのですが、あるあるの殆どは 久米田先生自身の実体験 に基づく もので、エピソードの区切りの度に その解説が入ります。 そのため漫画家としての可久士は 実質久米田先生本人で、ある意味 本作は 自叙伝とも言えます。 意味深な描き下ろし 作品のほとんどは、ギャグ調で 進んでいきますが、単行本の 冒頭とラストには、作品の本編 よりもあとの未来を描いた物語が 掲載されていて、そこを読み進め ていくと、その後親子やその周り の行く末が少しずつ明らかになる 構成になっています。

次の

後藤可久士は記憶喪失で嫁妻は海難事故で死亡?声優やプロフィールも【かくしごと】

かく しごと 父 死亡

ふたり暮らしをする父と子の日常を描くアニメ『かくしごと』。 『月刊少年マガジン』(講談社)で連載中の原作漫画は、第3期までアニメ化された人気漫画である『さよなら絶望先生』の作者、久米田康治が手掛ける作品だ。 妻を亡くした父・後藤可久士が忘れ形見の娘・姫を育てるという、一見するとハートフルコメディのようだが、『さよなら絶望先生』で際立っていた久米田の感性が光る漫画原作が、そのまま動き出したかのようなアニメ作品である。 まず特筆すべきは、そのネーミングセンスだ。 主人公である漫画家の後藤可久士は、漫画を「描く仕事」を娘への「隠しごと」としている。 まさに名が体を表すネーミングは、『さよなら絶望先生』の主人公が「糸色望」という名を持つ教師で、絶望先生という愛称で呼ばれていたことを思い起こさせる。 他のキャラクターも言葉遊びのような名を持つことが多く、可久士のアシスタントらは、チーフアシスタントの志治仰(指示仰ぐ)、消しゴム担当の芥子駆(けしかける)、筧亜美(カケアミ)、墨田 羅砂(墨足らすな)と、漫画制作に携わる者たちだとすぐに分かる名前をつけられている。 名前だけでキャラクターの役割と性格が伝わるのだ。 この話は、『さよなら絶望先生』で望を演じ、今作では可久士を演じている神谷浩史も注目している。 アニメ放送前に公開された久米田と神谷による対談ムービーにて、「名前に関連した性格づけがされていた」と語っている。 神谷は『さよなら絶望先生』で、「絶望した!」という決め台詞に代表されるように、幾度も自死を企て、有名人を仄めかす皮肉な視線を持ち合わせるというネガティブの塊のような望に、淀みなく勢いのある演技で逆に生き生きした明るい美青年のような印象を与えた。 さらに教師でありながら、気の利いた言葉をかけて思いがけず生徒を含む多数の女性から好意を寄せられてしまうという望の性質を演じ切った。

次の

「かくしごと」未来編のあらすじネタバレ!最終回・結末で可久士は死亡するかについても

かく しごと 父 死亡

かくしごと未来編でお父さんは死亡している? アニメ「かくしごと 」Cパートで放送される姫が大きくなったあとがわかる「未来編」。 なぜかこの「未来編」にはお父さんである可久士が登場していません。 時間軸としては 姫は18歳になっており、本編からは8年もの時が流れています。 そして 雰囲気が異様なんですよね・・・。 さらに可久士が出てこないことで不穏な雰囲気を感じる人が多い模様・・・。 姫あてに可久士が用意した箱を抱きしめて泣いているシーンなど、確かにそうとれる展開となっています。 But that mundane life... was everything that I'd ever dreamed of. おそらくアニメでも原作漫画と同じ展開になると予想されますが・・・。 気になるお父さんである可久士の生死ですが 原作では「生きている」、しかも普通に登場しますw お父さんの未来編ネタバレと考察!原作結末は? 原作コミックス「かくしごと 」でのお父さんである可久士の状態について解説いたします。 原作コミックスは11巻まで発売、12巻で完結予定とのことなので、クライマックス間際の展開です。 事故にあい昏睡状態に アニメでは姫が鎌倉の家を尋ねますが、この時点での可久士は「意識不明で入院中」でした。 とあることがきっかけで 漫画を書くことをやめてしまった可久士は、工場で働き始めますが 不幸な 事故にあい意識不明の重体に(漫画雑誌ジャンポに押しつぶされるw)。 そして そのまま1年以上目を覚ますことがなかったのです。 姫が鎌倉の家を尋ねたときに、鍵はアシスタントの墨田が姫に渡したことが明らかにされてましたが、可久士は意識がないからだったんですね。 しかしなぜ可久士が墨田に鍵を託したのかは現段階では謎のままです。 つまり、姫の涙は可久士の想いを感じ取ったこと、意識が未だ戻らない父のことを想ったものだと考えられます。 Kakushigoto[ 05] C'mon guys, leave me be. Why can't I just watch a single episode without been sharply hit? All those hints around, implying that something went wrong... Stop that already. いい知らせとは、 父である可久士の意識が戻ったこと。 悪い知らせとは、可久士の記憶が「 姫が10歳当時のままで止まっていたこと」でした。 お父さんが目を覚ましたと聞いて急いげ駆けつけてきた18歳の姫に対し、可久士は冷たく「だれ」と言い放ちます・・・。 事件が起こったのは1年前なので10歳〜17歳までの記憶がすっぽり抜けてしまったことに。 事件当時を同僚が振り返ったときに「可久士は漫画が嫌いだった」こと。 漫画を書くのをやめてしまったこと。 そのせいで生活が困窮し、慣れない肉体労働をこなしていたこと(中目黒の家がボロボロになっていたのも、この過程で手放したのかもしれないですね)。 またそれ以外にも判明した 可久士の辛い過去のことから、この姫が17歳になるまでの記憶が失われた期間は 可久士とって辛い期間だったことが伺い知れます。 漫画の連載を始める 昏睡状態から目覚めた可久士は「10歳の姫」にあいに病院から脱走をはかります。 周囲はすでに姫は18歳で、漫画を書くのもやめていたことは話していない様子。 どうやら記憶喪失に悪影響を及ぼすから、とのことでした。 さらに可久士の記憶は「10歳の姫」のお父さん頃の仕事、漫画「タイツ」の連載が続いていると思い込んでしまいます。 その結果当時のアシスタントが病院に集結し、すでに完結してしまった漫画を描き始めるのでした。 さらには記憶のないはずなのにが「タイツ」の続きは、過去に可久士が書いたものがそっくりなぞらえて書かれていました。 しかし姫は過去をひたすらなぞる可久士に新しい物語を書いてもらうため、 記憶を呼び戻すためとあることを思いつきます。 というのが原作「かくしごと未来編」の明らかになっているところまでのネタバレです。 お父さんの過去と母は死んでる? 原作「かくしごと未来編」では物語の核心や伏線がいくつも回収されています。 例えば「姫のお母さんはどうなったのか」「姫と可久士は本当の親子なのか」などです。 隠し子はお父さん(可久士)だった タイトルの「かくしごと 」が「隠し事」「書く仕事」など色々な意味を含んでいることは有名ですがその中の説に「隠し子と」があります。 姫は可久士の本当の娘ではなく「(誰かの)隠し子と」ではないか?という考察です。 かくしごと、姫の母方の祖父が日本画の巨匠なのか。 それもあって下ネタのマンガを描いてる可久士とは仲悪いんだろうな。 死別だとばかり思っていたけれど、これそもそも結婚してない可能性もあるんじゃないか?未婚で死別。 隠し事、描く仕事に加えて、隠し子との可能性もありそう。 可久士は歌舞伎役者「石川斉蔵」の隠し子だったのです。 可久士が姫へ異様なくらい愛情を注いでいたこと。 妻と姫の3人での日々を待ち望んでいたことは、この可久士の出生の秘密が影響しているかもしれませんね。 姫のお母さんは死んでる? アニメ「かくしごと」本編には姫のお母さんの姿はありません。 OPに数カットイラストが入っていますね。 引用: 本編にも未来編にも登場しないこと、未来編ではお父さんの可久士が意識不明になってから親戚の家に姫が身を寄せていたことから、母は死んだかと推測されていました。 しかし「未来編」では 姫のお母さんは亡くなっていない?ことが明らかになっています。 正しくは「行方不明状態」。 姫がまだ幼い頃に 海難事故に会い、生死不明の行方知らずとなっていたのでした。 可久士は 漫画で稼いだ財産を妻の捜索に当てていたことも明らかに。 本編〜未来編に至るまでに可久士は漫画を描くのをやめてしまっていますが、実はこれもこの妻の捜索が原因でした。 財産をつぎ込んで妻の捜索を続ける漫画家が週刊誌に取り上げられてしまい、「作者の背景がちらついて漫画で笑ってもらえない」と考え込んでしまったのです。 面白い漫画が描けなくなってしまったことで可久士は筆を折ってしまったのでした。 気になる母の行方ですが、いまだにわかってません。 アニメでは6話「スクールランドセル」で原作コミックス3巻収録の「未来編」が放送されました。 コミックスの完結は12巻と言われているので、約4/1の段階ですね。 原作は2020年3月に11巻が発売したばかりなので、 アニメの方はコミックスの最終回よりも早く終わってしまいそうですね。 アニメは1クールになりそうなので、展開的にも 可久士が隠し子であることがわかったシーン(7巻)あたりくらいまでが今回のアニメの放送範囲となりそうです。 今期ではかなり人気が出たアニメなので、2期できちんと最終回までアニメ化して欲しいですね。

次の