ウイイレ2020 レジェンドエディション マスターリーグ。 ウイイレ2017:マスターリーグを楽しむためのクラブ運営術5選

【ウイイレ2020】《最新情報》6/12版 発売日・エディション・価格・特典・新モード・ライセンスが明らかに!!!

ウイイレ2020 レジェンドエディション マスターリーグ

比較その1:グラフィック FIFAとウイニングイレブンでは、どちらも開発者がゲームのビジュアルデータをレンダリングする際に同様の手法を採用しているため、両者共に非常にクオリティの高いグラフィックが楽しめる。 世界最高峰のプレーヤーたちが信じられないほどのディテールで再現されており、選手の動きや見た目だけでなく、彼らがプレーするスタジアムも非常に細かいところまで作り込まれている。 両ゲームはPS5やXbox Series Xといった次世代ゲーム機からリリースされると予想されているため、FIFA 21とウイイレ2021のグラフィックは過去のバージョンと比べて大きく進化することが予想される。 コナミはウイニングイレブンの過去7作品でFox engineを用いてきたが、第9世代ゲーム機には新たなエンジンを使用することが予想されている。 一方のEAスポーツは、過去4作品でFrostbite 3 engineを用いてきた。 比較その2:ライセンス EAスポーツのFIFAシリーズはフルライセンスを獲得しているチームが多く、長きにわたってこの点でコナミのウイニングイレブンを凌駕してきている。 2020年にリリースされる新たな作品でもこの傾向は変わらないだろう。 たとえばFIFA 20では、欧州5大リーグを含む37のリーグで、700を超えるチームがライセンス登録されてある。 一方のウイニングイレブン 2020では、フルライセンスを獲得したリーグが19にとどまっており、プレミアリーグとラ・リーガでフルライセンスを獲得したチームはわずかとなっている。 過去にはウイニングイレブンの中でまったく適当に名付けられた架空のチーム名がマニアの間で好評だったこともあったが、コナミは改善に取り組んでおり、過去5年の間にリーグ・アンやセリエAを含む多くのリーグとライセンス契約を結んできた。 またウイニングイレブン 2020ではバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッド、そしてユヴェントスといった強豪クラブとのパートナーシップを結んでいた。 ユヴェントスはコナミと独占的な契約を結んでいたため、FIFA 20ではユヴェントスのチーム名を「ピエモンテ・カルチョ」に改名することを強いられている。 一方で、ウイニングイレブンについては次作以降、セリエAのインテルとミランとのライセンス契約が終了したことにより、実名で登場しないことが決定している。 比較その3:プレーの快適さ 他の項目と同様、快適にプレーできるかどうかも重要な指標だ。 この点、ウイニングイレブンシリーズが長きにわたってリアルなプレー感に対して高い評価を得てきている。 それとは対照的に、FIFAはそのゲームプレイ・スタイルについて「アーケード的」であるとの評価を受けてきた。 しかし、これは必ずしも低い評価というわけではない。 その売上高をみれば、実際にFIFAのプレー感が多くの人々を楽しませていたことがわかる。 また前述したように、コナミはウイニングイレブン 2021で新たなゲームエンジンの使用を試みることが推測されており、プレー感にさらなる改善が期待できるが、これにはバグが増加するリスクもはらんでいる。 比較その4:ゲームモード FIFAもウイニングイレブンもそれぞれ独自のゲームモードを充実させており、これが大きな成功の要因となっていた。 FIFAのアルティメットチームやキャリアモード、ウイニングイレブンではマイクラブやマスターリーグがこれにあたり、こうしたゲームモードは継続されるだろう。 通常新たなタイトルでは、ゲーマーの意見や開発者自身のアイデアといったフィードバックに基づき、より良いゲーム体験のための改善が加えられる。 ウイニングイレブンは、FIFAのアルティメットチームやキャリアモードと同様のゲームモードを備えているが、FIFA 20でお披露目された、ストリートやインドアフットボールを体験できるVoltaモードのようなゲームモードは備えていない。 VoltaモードはEAスポーツが思い描いていたほどの大成功を収めることはなかったが、一定のファンを獲得した。 これによりFIFAは、ウイニングイレブンでは体験できない新たなインセンティブを獲得したことになったため、このモードは継続されるだろう。 しかしウイニングイレブン 2021では、新型コロナウイルスによるパンデミックでウイニングイレブン 2020において配信延期を余儀なくされたEURO2020モードに代わる、EURO2021モードが楽しめるはずだ。 なお、FIFA 21でも同様のコンテンツが配信されることになるだろう。 比較その5:価格 価格を比べると、近年ではFIFAよりも少しだけウイニングイレブンの方が安価であったが、その差は大きなものではない。 どちらも開発にかかる費用にそこまで変動がなかったことがうかがえるが、次作では特に次世代ゲーム機に対応すれば、価格が上がっても不思議ではない。 FIFA 21やウイニングイレブン 2021に関する価格予想のヒントは、直近のタイトルの価格から得ることができる。 FIFA 20の定価が8,500円だったのに対し、ウイニングイレブン 2020の定価は買い手を取り戻すため、8,360円に設定されていた。 しかし、これらの価格はそれぞれのゲームの強化版エディションがリリースされて上昇することがある。 そこにはオンラインで遊ぶための追加ゲームモードも含まれている。 FIFA 20のアルティメットエディションは定価12,700円であり、ウイニングイレブン 2020のレジェンドエディションは、定価10,560円で発売された。

次の

『FIFA』と『ウイイレ』最新版を徹底比較|2020年秋はどちらを買うべき?

ウイイレ2020 レジェンドエディション マスターリーグ

マスターリーグとは、 「 クラブチームナショナルチームの監督となり、選手を獲得したり成長させたりしながら、優勝を目指す」というモードです。 クラブチームメンバーか オリジナルメンバーのどちらで戦うか選択できます。 クラブチームメンバーの場合は、各国のクラブチームを選択し、実際にそこに在籍しているメンバーで戦います。 予算もクラブチームの強さに従って決められます。 当然強いチームの方が予算が多いですね。 オリジナルメンバーの場合は、どのクラブチームを選択しても、初期メンバーはオリジナルメンバーとなります。 (実際の在籍選手はいない) ある程度戦力の整った状態で始めたい方は クラブチームメンバー、一からチーム作りをしていきたい方は オリジナルメンバーで始めるのがおすすめです! ウイイレ2020でマスターリーグはどう進化した? 最近のウイイレシリーズでは、マスターリーグは目立った進化はなかったのですが、 ウイイレ2020はマスターリーグが大幅に進化しました! それでは、どこが進化したか見ていきましょう。 ウイイレ2020全体の評価が知りたい方はこちらの記事もどうぞ 各イベントごとにドラマティックな演出が追加 ウイイレ2020のマスターリーグでは、下記のような デモシーンが多数追加されています。 かなりリアルに再現されていると思います!このグラフィックや人間の動きはFOXエンジンの強みですね。 今期の目標やダービー戦の意気込みなどを選択できたりして、より「監督になった感」を味わえますよ! 監督モデルにレジェンド選手が選べるようになった ウイイレ2020マスターリーグでは、 監督モデルとしてレジェンド選手を選べるようになりました。 下記のように、クライフやマラドーナを監督として選択できます。 僕はクライフがかなり好きなのでうれしいですが、レジェンド選手に愛着のない方からしたら正直「うーん…」って感じなんじゃないかと思います。 「レジェンド監督も自分で作成した監督もどちらも選べる」とかならいいんですが、今作はレジェンド監督しか選べないんですよね。。 ウイイレ2019のマスターリーグではオリジナル監督作成できたのに…って感じです(笑) 移籍交渉システムが大幅に進化 ウイイレ2020マスターリーグでは、 移籍交渉が大幅に進化しています。 なんでも、リアルな移籍市場のデータを反映して、各選手の移籍金を決定しているのだとか。 実際にプレイしての感想ですが、確かに若手選手の移籍金が高めに設定されていたり、ベテラン選手の移籍金が低くなっていたりします。 ただ、結構極端な気はしますが…(プレイしてみれば分かりますw) 「これはいい!」と個人的に感心しているのは、 各選手の元在籍していたチーム情報が反映されていると思われるところです。 例えば、クリロナは元々マンUにいましたので、マンUからの移籍オファーが来やすくなっるっぽいです。 こういう点は、リアルを感じられるので面白いですね。 移籍頻度や予算がより細かく設定可能に ウイイレ2020のマスターリーグでは、 移籍頻度やチームの予算をどれくらいにするか細かく設定できるようになりました。 これまでは、「多い・普通・少ない」くらいの切り分けだったのが、「多い・やや多い・普通・やや少ない・少ない」のように細かく設定できるので、極端に移籍が多くなったりする心配がなくなりました! また、移籍予算も細かく設定できるようになっています。 これまでは、チームが勝利した際などの収入はすべて移籍金予算として加算されていましたが、ウイイレ2020では、 「移籍金予算にするか給与予算にするか」選択できるようなっています。 これでより柔軟にチーム予算を管理できるようになっています。 結論:ウイイレ2020のマスターリーグかなり面白い! 結論としては、ウイイレ2020のマスターリーグはかなり面白いと思います! 面白いと思ったポイントは下記3つです。 また、これまでのウイイレシリーズにあったようなくそみたいな移籍がほとんどなく、あまりストレスを貯めることなくプレーできます(笑) 総合的に見て、ウイイレ2020のマスターリーグはかなり面白いんじゃないかと思っています! ウイイレ2020マスターリーグ攻略情報 ウイイレ2020のマスターリーグ攻略情報を紹介します。 基本的には、ウイイレ2019と同じ感じで進めればOKですが、細かい部分で変わっているところもあるので、解説していきます。 ウイイレ2020のマスターリーグでおすすめの難易度 難易度は下記の2項目を変更することで上下できます。 選び方は、「希望した選手は絶対に獲得したい!」という方はとてもやさしい、「残り契約年数などを加味して現実さながらの移籍交渉していきたい」という方はとても難しい、でいいのではないでしょうか。 覚醒を簡単に説明すると、 「 若手選手を試合で使い続けるとたまに急成長する現象」のことです。 覚醒は、16歳~25歳までの若手選手が起こりやすいです。 (僕は25歳以上で覚醒した選手はまだ見ていません) 若手選手がチームにどれくらいいるかにもよりますが、基本的に 1シーズンで1人~2人覚醒するイメージですね。 覚醒すると、調子が絶好調になり、10試合くらいの間で能力値が急上昇していきます。 体感では、 1回覚醒すると総合値が2~3くらい上昇するイメージです。 試合で活躍させると、その分能力も上昇しやすくなるので、覚醒期間中はとにかく得点とアシストを取らせることが重要です! 試合スキップでも能力値は急上昇しますが、実際に操作して活躍させたほうが上昇幅が大きくなるので、 覚醒期間中はスキップせずに試合操作することをおすすめします! 選手の育て方を解説!おすすめはレンタル移籍させる 次に選手の育て方について解説していきます。 おすすめの育て方は… レンタル移籍させることです。 先ほど選手の覚醒について説明しましたが、レンタル移籍をさせると選手の覚醒が起こりやすくなります。 選手にもよりますが、一年レンタルさせると大体1回は覚醒して帰ってきます。 たまに一年で2回くらい覚醒する選手もいるので、そうなれば鬼のように成長して帰ってきますね! 始めは戦力として使えない若手も多いと思うので、積極的にレンタル移籍させましょう! 引退後に転生した選手を積極的に獲得しよう 引退した選手は、何年か経つと 転生して、16歳の新人選手として再度登場します。 転生選手は移籍期間が開始されるタイミングで出てきます。 エディット選手はマスターリーグを始まる前に作っておく必要があります。 この方法だと、 マスターリーグを始めた後に作成したエディット選手も獲得できるのでおすすめです! ナショナルチームの監督にはどうやってなれるの? 所属するクラブチームで一定の成績を上げ続けると、ナショナルチームの監督を依頼されるようになります。 「どれくらいの成績を上げると依頼されるようになるか」という基準はよくわかりませんが、 大体マスターリーグを2年目くらいに依頼が来るイメージです。 なお、始めに決めた監督の国籍から依頼が来やすくなっているので、例えば「日本の監督をやりたい!」とかなら、始めに国籍を日本で登録しておくことをおすすめします! レジェンド選手の参加について ウイイレ2020では レジェンド選手を参加させることができません。 ウイイレ2019では、マスターリーグを始める前にレジェンド選手の参加有無を自分で決めることができましたが、ウイイレ2020ではそういう選択がそもそもできません。 もしレジェンド選手を参加させたいなら下述の「神データ」導入を検討してみてください。 神データではレジェンド選手もリネームされて本名になっているので、テンション上がりますよ!.

次の

ウイイレ2021最新情報まとめ|価格・発売日・ライセンス・マイクラブ・マスターリーグなどの情報掲載!本作はアップデート方式の噂も?

ウイイレ2020 レジェンドエディション マスターリーグ

2019年9月12日 上記決定したようです。 発売時期としては例年通りという感じでしょうか。 モードは例年だとエキシビジョンとオンラインマッチでしたが、今年は エディットモードも使えます。 体験版でエディットしたデータは本番でも引き継がれるようなので、本番でエディットする予定の選手などがあれば事前にやっておいてもいいかもしれませんね。 良ければこちらもご参考ください! 購入特典について まず、ウイイレ2020には下記の3種類があります。 予約特典として下記が追加されます ・アンドレス イニエスタ レンタル ・1000myClubコイン ・ウイニングイレブン2020 テーマ まとめ どれを購入するかの基準としては、 「 myclu ガチ勢」の方はレジェンドエディションか Amazon 限定特典付き、それ以外の方はスタンダード通常版でいいと思います。 今回スタンダードDL版の立ち位置が微妙なんですよね。 myclubガチ勢はレジェンドエディションを購入しますし、スタンダードDL版のメリットがあまり感じられません。 「将来的に売ることを考えている」方はディスク版、「少しでも多くmyclub特典が欲しい」方はダウンロード版でいいと思います。 ウイイレ2020の最新情報 はじめにウイニングイレブン2020について軽くまとめておきます。 今回のパッケージはパートナー契約を結んでいる4つのチームが表紙です。 今回はなんとイニエスタ監修でドリブルの動作が改善されているようです。 日本のJリーグだけでなくウイイレの発展にも貢献してくれるとは。。 神ですね。 今作の特徴 今作の特徴を解説します。 イニエスタ監修のフィネスドリブル 一番大きく変わってそうなのはここじゃないですかね。 なんせトレーラーで一番押します。 今作は ドリブルをより細かく操作できるようになったようです。 これまでのウイイレはやはりスピードがある選手がゴリブルできる印象が強かったですが、 スピードのそれほどない選手でも活躍しやすいようなか改善がされています。 まあ、実際に蓋を開けてみれば結局「スピードごり押し最強!」となっている気がしないでもないですが… 個人的にはドリブル表現の幅が広がるのはめちゃくちゃうれしいので期待です。 マスターリーグ マスターリーグも大幅に改善されるようですね。 各イベントのデモシーンが増えたりだとか、監督モデルのグラフィック強化がされているそうです。 個人的に最も気になるのは、 移籍システムの改善です。 どうやら 現実のクラブ事情や移籍マーケットの相場等をAIが分析して各クラブが補強を行うようになったらしく、より現実に近い移籍が反映されるようになったみたいです。 ここはずっと改善してほしいと思っていたところなので、かなりうれしいです! Matchdayモード 今作から Matchday モードというモードが追加されたようです。 このモードについて簡単に説明すると、 世界中のどこかの試合をピックアップしてAチーム勢力とBチーム勢力に分かれ、プレマッチを行うというものです。 このプレマッチの戦績によってA、Bそれぞれのチームの代表者が選ばれ最終決戦をします。 代表になれなかった場合もその試合を観戦することができ、自勢力のチームを応援できるというわけです。 より ユーザー同士のつながりを重視したモードですね。 最近イースポーツの台頭で「ゲームの試合でも応援」といった文化でできつつあるので、それに寄せた感じですかねー。 各モードについて ウイイレ2020の主要モードについて変更点を解説していきます。 マイクラブ(myclub) 現時点(6月28日)ではまだ情報はでてないようです。 個人的な予想ですが、 ゲーム性自体は大きく変わらないのではと思っています。 今のガチャゲーになったのはたしかウイイレ2013くらいからだったと思うのですが、時期的にちょうど課金ゲーが流行りだしたころでした。 課金ゲーの流れが変わらない限りゲーム性は変わらないのではと予想します。 細かいところでいうと、ウイイレ2019ではFPガチャが追加され、そのおかげで(せいで)簡単に最強チームが作れるようになりました。 結果 FPゲー化したわけですが、ここに結構批判が集まっている印象です。 ウイイレ2020ではFPはどうなるのというところが一番注目ポイントではないでしょうか。 マスターリーグ 上記でもマスターリーグは取り上げましたが、 今作ではマスターリーグが大幅に改善されています。 主な改善点としては下記です。 ただ、試合で活躍すると監督に使ってもらえるようになったりするので、「監督信頼度」という数値で見ることができなくなっただけで、裏では評価されていますね。 見やすくなったか聞かれると正直微妙ですが(笑) まあ、慣れの問題もあると思うので慣れれば「ウイイレ2019よりもいい!」ってなるかもしれません。 機能面では大きな変更はありませんでした。 もう少しビカムアレジェンドをやり込んだ後、攻略情報も書いていきたいと思います! ライセンスについて 噂レベルですが、 マン U ・バイエルン・ユベントスのライセンスが復活するかもしれないということです。 ただ、現時点で詳しいことは分かっておりません。 個人的に気になるのは、 CL(チャンピオンズリーグ)が搭載されているかどうかですね。 マスターリーグが好きでよくプレイするのですが、CLなかったらかなり萎えます。。 この調子でプレミアリーグもお願いします。 ただ、やはりCL(チャンピオンズリーグ)は取得できなかったみたいですね。。 結構つらいですが、来年に期待しましょう! まとめ 以下、ウイイレ最新情報まとめです。

次の