パナソニック株価。 パナソニック (6752) : 株価予想・売買予想・株価診断 [Panasonic]

6752

パナソニック株価

そのブラックスワンが三峡ダムにも潜んでいるというのだ。 実際、三峡ダムの耐久性はほぼ臨界点に達していると言えるのではないか。 環境保護を無視し、フィージビリティースタディー(事業の実現可能性を事前に調査すること)も行われず、汚職による手抜き工事で構造上にも問題があった。 万が一決壊すれば、約30億立方メートルの濁流が下流域を襲い、4億人の被災者が出ると試算されている。 安徽省、江西省、浙江省などの穀倉地帯は水浸しになり、上海市は都市機能が壊滅して、市民の飲み水すら枯渇してしまう。 上海には外資系企業が2万2000社あり、経済的なダメージ次第では世界中が損害を被る。 上海が「水没」したら、経済が回復するまで10~20年かかるかもしれない。 もし三峡ダムが臨界点を超えたらと思うと、気が気ではない。 昨日は新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、主力ハイテク株が売りに押され主要3指数がそろって反落した。 週初からでは、ダウ平均が2. 96%高となった一方、ナスダック総合は1. 35%安となった。 引け後に決算を発表したネットフリックスは、弱い7-9月期見通しなどが嫌気され時間外で9%下落した。 昨日は新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、主力ハイテク株が売りに押され主要3指数がそろって反落した。 週初からでは、ダウ平均が2. 96%高となった一方、ナスダック総合は1. 35%安となった。 引け後に決算を発表したネットフリックスは、弱い7-9月期見通しなどが嫌気され時間外で9%下落した。 今晩の取引では昨日の下落の反動高が期待されるものの、コロナ感染拡大による経済活動の再停止の影響が懸念されるほか、週末の取引となることや、翌週から4-6月期決算発表が本格化することで様子見姿勢も強まりそうだ.

次の

【6752】業績が悪化見通しのパナソニック(Panasonic)の株価の今後をテクニカル面も含めて予想する。

パナソニック株価

気になる日本株を長期投資の観点から分析・予想するこのコーナー。 今回はパナソニック(6752)の今後の株価を見ていきましょう。 パナソニックPanasonic(6752)とはどんな会社 パナソニックは電気・電子製品を製造・販売している会社です。 主製品には家庭電化製品、住宅設備機器、オーディオ・ビデオ製品、コンピュータ周辺機器、情報通信機器、産業機器、電子部品などを含みます。 世界各地に関係会社を有している日本を代表する大企業です。 社員数は274,143人です。 すさまじいですね。 そんなパナソニックの現在の株価は 現在の株価は937円です。 100株単位なので、10万円前後で購入することができます。 10万円前後なので比較的気軽に購入することができますね。 パナソニックのPERと配当は? PERは9. 68倍です。 10割っています。 かなりの割安ですね。 配当利回りは3. 2%です。 日本株の中ではそこそこの高配当です。 パナソニックの株主優待はありません。 過去の長期のチャートを見てみましょう うーん、あまり方向感のない動きですね。 長期で見ると軟調です。 長期投資が報われているとは決して言えません。 日本を代表する大企業でこれなので、日本に長期投資家が増えないのもうなずけます。 パナソニックの直近1年間のチャート コロナ前までは上昇、コロナで急落しました。 その後は少しだけ反発しています。 ただ、見通しはまだまだ不透明です。 パナソニックの売上高の推移 直近は仕方がないとして、FY2017からは堅調です。 まあまあです。 次にEPS(1株当たりの利益)の推移です こちらも直近を考えなければ比較的堅調です。 いい感じです。 BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう こちらは堅調にのびています。 いい感じですね。 ROE(株主資本利益率)の推移 ROE(株主資本利益率)は、直近11. 3%です。 実は過去を見てもしっかり合格ラインの10%を超えています。 優秀ですね。 これは長期投資をする上で大きなプラスポイントです。 最後に、流動比率は直近1. 31倍。 こちらも問題ありません。 パナソニックの今後をまとめると 思ったよりもよっぽど数字は良かったです。 僕もパナソニックブランドは大好きなので応援するという意味でもかなり興味のある銘柄です。 めちゃめちゃ欲しいというわけではないのですが、株価が下がっている今、狙っても面白いと思える銘柄の一つです。 気になる方は四季報などで詳細をチェックしてみて下さい。 【ちょこっと宣伝】追記 今井バフェット、株を1,200万円分買いました。 今回のコロナショックで多くの銘柄が下げました。 2017年11月から投資ブログをピタッと止めていた私。 それは他ならぬ「株価が高水準だった」からです。 そして今回の下落。 優良銘柄が適切な評価をされておらず、「お宝がザクザク」しています。 紛れもなく10年に一度のチャンスです。 そんな中、私も投資を再び再開しました。 貯金1,400万円のうち、ある一つの日本株に1,200万円以上を投資しました。 多くのお宝銘柄の中で、さらに埋もれている「これはものすごい!」と感じた銘柄があったからです。 これまで何百と日本株を分析した私が、身銭を切って投資しました。 バフェットはこう言いました。 「賢い人たちは、チャンスが訪れたときに大きく賭けます。 オッズが有利なときは大きく賭けるのです。 しかし、そうでないときは賭けません。 ただそれだけです。 」 今回のコロナショックで資産の80%以上を投じた銘柄とは? 今井バフェットが何に勝負をかけたのか? 理由とともに売買履歴や今後の売買戦略なども詳細に述べています(適宜更新予定です) もし気になる方はコチラを見て下さい。 ちなみに有料ですが、途中まではタダで読めます。 (追記:すでにお買い上げ頂いた方ありがとうございました。 ) 株式に長期投資をしている36歳。 節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、株を買い増している。 年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。 投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。 一度買ったらずーっと売らないつもり。 評価損は気にせず長期で投資していきます 今までに投資をした総金額。 アーカイブ• 109• 102•

次の

6752

パナソニック株価

ここにボックスタイトルを入力 ・パナソニック(6752)の株価が低迷?株価の状況は? ・パナソニックの配当と株主優待は? ・パナソニックの株価の推移(チャート)はどうなる? ・パナソニックの今後の株価の予想は? パナソニックの株価の低迷に関して以下のツイートをしました。 世界的電機メーカーのパナソニックの株価が低迷しています。 理由としては ・2019年度の減収減益予想 ・テスラ事業の不透明感 ・世界経済減速懸念 ということ。 製造業自体、景気敏感セクターということもあり大きく売られています。 チャート的にも完全な下落傾向。 しばらくは手を出しづらい銘柄ですね。 パナソニック(6752)は何の会社? 今回は電機メーカー最大手である世界のパナソニックをとりあげます。 パナソニックはテレビや洗濯機などの総合家電メーカーとしてのイメージが強いですが、売り上げ全体に占める割合は24%しかありません。 最近では2009年に三洋電機を子会社化して車載事業(電気自動車の電池など)に取り組むなど、企業向けの製品・サービスに力を入れていますね。 今では社名がパナソニックに統一されましたが「松下イズム」は今も健在の会社です。 この世界のパナソニック株はなぜ低迷するのか、今後買いなのか、以下見ていきたいと思います。 パナソニック(6752)の株価は低迷|株価の状況は? では早速ですがパナソニックの株価データ(2020年2月5日現在)を見て行きましょう。 パナソニックの株価データ• 株 価: 1235円• P E R : 12. 5倍(予想)• P B R : 1. 34倍(実績)• R O E : 10. 70%(予想)• 配当利回り:2. 42% 株価の指標は悪くないですね。 配当利回りが2. 42%と日本株の中では平均レベルですね。 PERの目安は13~15倍ぐらいですから12. 5倍というのは少し割安な水準。 ただ同業他者と比べて見ると、• 日立製作所:9. ソニー:16. 三菱電機:13. 1倍 となっていて、電機メーカーとしては平均的な水準と言えそうです。 現時点で高い成長が期待される事業分野がないこともあり、株価的には加熱しずらいということなのでしょう。 パナソニックの配当実績と株主優待は? 続いて配当実績と株主優待を見ていきます。 以下がパナソニックの配当金の実績です。 配当金は順調に伸びてましたが、最近では30円で横ばい。 これだけ配当金が伸びていても配当性向が25%程度ですので、問題のないレベルといえます。 パナソニックの配当方針を見ると、 連結業績に応じた利益配分を基本 としているので、配当金は業績次第ということですね。 気になるのは、 利益が赤字になったことで2012年に無配になっていることですかね。 世界的な電機メーカーといえども、赤字になれば躊躇なく無配にする。 ここが事業売却や借金をしてでも配当を出す米国企業との大きな違いですね。 配当性向も25%と余力十分ですが、無理をしてまで株主還元は行わない方針なのでしょう。 なお パナソニック の株主優待はありません。 株主還元は配当を中心に行うということですね。 残念です…。 パナソニックの株価の推移(チャート)は?割安水準か? 続いてチャートを確認していきましょう 世界的電機メーカーのパナソニックですが、これまでの株価推移はどうなっているのでしょうか? ここでは過去10年の長期チャートと短期チャートを見ていきます。 パナソニックの長期10年チャート 以下は過去10年のチャートです。 この10年で株価はほとんど上がっていないですね。 低迷していると言っても良いぐらいです。 500円から1600円のレンジを行ったり来たりです。 ・チャイナショックのあった2015年 ・米中貿易戦争の影響が出てきた2018年以降 の時期は大きく株価が下げています。 どちらも 1年程度で40%近く調整していますね。 なのでチャート的には、世界経済の動向に影響を受けやすい景気敏感株と言えるでしょう。 パナソニックの短期チャート 以下が直近2年の短期チャートです。 綺麗な右肩下がりのチャートでしたが、テスラの業績が好調ということもあり短期的には昨年来高値更新です。 2018年から株価は1600円台から800円程度のレベルまで大幅下落。 75日移動平均線( 青線)で株価が跳ね返されるという教科書通りの下がり方でしたが、2016年に付けた安値800円近辺で反発しました。 株価は1200円近辺まで急回復していますが、長期的にはまだ低迷ですね。 世界的電機メーカー、パナソニック。 最近の株価が割安な水準になってる理由は何故なのでしょう? パナソニックの株価が低迷している理由とは? パナソニックの株価が大幅に下落している理由は、 2019年度は減収減益予想 ・売 上 高:7兆9000億円(前年比🔻1027億円) ・営業利益:3000億円(🔻1115億円) ・純 利 益:2000億円(🔻841億円) と引き下げたことが株価低迷の一因となっていますね。 テスラ事業の不透明感 テスラの電気自動車事業が不透明なことも、リチウム電池を供給するパナソニックの業績不安の要因となっています。 パナソニックはテスラが製造する電気自動車に搭載する円筒型リチウムイオン電池を生産するため、米国の工場に2000億円を投資。 しかしテスラの売り上げが思うように伸びないことやイーロン・マスク社長が「テスラ株を非上場にする」と言ったりと、いろいろ問題が出てきていますよね。 テスラ『モデル3』の量産がなかなか軌道に乗らず、採算ラインと見られる週産5000台の達成時期を2度にわたり延期しています。 そのたびにパナソニックも収益の下方修正を余儀なくされています。 パナソニックもテスラ事業に多額の投資をしているので、この不透明感が株価が低迷する要因の一つです。 参考記事: (Bloomberg)• 米中貿易戦争の影響 やはり米中貿易戦争によって世界経済の減速懸念が根強いことも株価低迷の要因の一つです。 製造業はそもそも景気に敏感なセクターであることに加えて、パナソニックは中国での売り上げが大きいんですよね。 特に2018年ごろから米中貿易摩擦が激しくなってきましたから、この時期の株価下落が激しいです。 なので経済の不透明感によりパナソニック株が売られています。 以下が2019年2月3日に発表された決算短信の関連部分の抜粋です。 産業用モーターやセンサーなどの事業が苦戦したとのこと。 全体的に中国の設備投資減少や海外部門の不調による影響で、売り上げが落ち込んでますね。 この決算を見る限りは、業績回復の兆候はまだ見られないです。 株価は割安?パナソニックの株は買い? さて株価が低迷しているパナソニック。 株は買い時でしょうか? 少し自分の好みも入っていますが、パナソニック株は少し様子を見た方が良いと考えます。 理由としては、 ・テスラ事業が引き続き不透明 ・2012年に配当金無配 ・世界経済の動向に株価が敏感 ということ。 テスラと一連託生と言って良いぐらい、パナソニックはテスラの電気自動車事業に力を入れていますよね。 最近は好調も、まだテスラの事業が軌道に乗るか見通せない状況は続いています。 さらに、自分的には2012年に無配におちいったのが大きいですね。 製造業で景気の影響を受けやすい業態であるのでしょうがない面もありますが…。 何れにせよチャートの形も良くないこともあり、パナソニック株の購入は様子見ということで良いと思います。 「パナソニックの株価が低迷」まとめ 今回はパナソニックの株価が低迷ということで、株価の推移(チャート)、チャート的にどこまで下がるか、配当実績や今後の株は買いかなどについて述べてきました。 世界的電機メーカーのパナソニック。 製造業ということもあり世界経済の影響は受けやすいものの、意外と業績が底堅いですね。 しかし、テスラ事業が不透明なことから米国に建設したリチウム電池工場への投資が回収できる見込みが立っていないことが株価低迷の一因です。 さらに世界経済の原則懸念が根強いことも投資家がパナソニック株を避ける要因となってますね。 チャート的にも株価の底が見えないこともあり、パナソニック株の購入は様子見で良いと考えています。 それでは。 関連記事です。 この記事をご覧になった方は、以下の記事も読まれています。 世界的電子部品メーカーの村田製作所の株価が伸び悩んでいます。 チャート的にも株価は停滞していますね。 その理由は何なのか、今後の見通しについて分析です。 総合電機メーカーの日立。 パナソニックとは対照的に2019年に入って上昇に転じていて、長期チャートも上昇トレンドです。 その理由は何なのか分析です。 総合AV機器メーカーのソニー。 エレキ分野に留まらず、エンタメ、ゲーム、金融など幅広い分野に進出し、業績は絶好調です。 その状況について分析です。 シャープの株価が低迷しています。 台湾ホンハイの傘下に入り、利益プラ転しましたが米中貿易摩擦の影響で再び売上高が減少しています。 今後の見込みついて分析です。 Tポイントによる投資を売りにした SBIネオモバイル証券。 ネオモバならパナソニックも1株単位で投資可能。 自分も投資しました。 資金が少なくても購入できるんです!詳細は以下の記事にまとめてます。 しかも 期待利回りは 3. 5%〜7. 5%!詳細は以下の記事へ。 日本株の通常の取引単位は100株(1単元)。 失敗したときのダメージが大きくなるし、そもそも投資資金が豊富でないと買えません。 少額からリスク控えめに投資したいなら、で1株から少額投資を活用すると良いです。 ネオモバなら 格安な月額定額手数料で1株から何度でも売買できるからです。 ネオモバは2019年4月に営業開始した新興ネット証券。 しかし、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社で、 信頼感もあり安心して利用することができます。 詳細は以下をクリック!.

次の