水銀灯。 水銀灯の製造中止!水俣条約とは?

水銀灯のデメリットとは!!LEDと比較してみた

水銀灯

これらは、 お客様ご相談窓口に寄せられる 最も多いお客様の本音です。 照明・消費電力の問題を解決したいのに、LED照明すら選ぶことができずに、 「LED照明を選ぶこと自体」が問題になってしまっています。 もしかしたら、あなたも もう LED照明を探すことにウンザリしていませんか? 正直にお伝えします。 LED照明の機能や性能だけでいったら、 YUMELUXも他の大手メーカーのLED照明も、似たり寄ったりではあります。 もともと、蛍光灯や水銀灯の基準となる明るさとその使い方がありました。 ですから、各社製品が似たり、寄ったりするのもわかりますよね? これはもはや、LED照明が製品性能においては、飽和していることを示しています。 選ばれる理由があります では、YUMELUXと他社では何が違うのか? 1,500を超える 工場経営者 がYUMELUXを選びました。 なぜ、選ばれ続けてきたのか? 大手照明メーカーが数多くある中で不思議に思いませんか? 選ばれ続けたのには、訳があります。 製品は形に見えますが、そのサービス・気持ちは形には見えません。 だからこそ、YUMELUXが一社一社の利益に直接貢献するものであり続けるために、 ごまかしなしの正直な製品を 今 できる最高のサービスと一緒にお届けすることにこだわりました。 表面は同じ回答でも、実のところ全く別物である、 別のところに欲しいものがあるなんてことは、 その場に居合わせないと、わからないことです。 そんな経験ありませんか? 実は、この違いが、大手メーカーやLED照明販売店、電気工事業者との 圧倒的な「差」です。 「こんな機能があったらいいな」は、ちょっとリサーチすればわかりますが、 その「あったらいいな」は、 本当にあったらいいなって思ってる「あったらいいな」でしょうか? 開発者が正しくお客様の欲しいものを理解することから、YUMELUXは始めました。 これが唯一無二のLED照明の本質ですよね? お客様のやりたいことをしっかりと理解せず製品を選んでも、 製品のことを理解せずお客様に勧めても、 導入後 お客様が大きな違和感「こんなはずではなかった…」 と感じてしまうことになってしまいます。 「お客様のやりたいことをしっかり理解して、それにマッチした製品をお客様に代わって選定する。 」 このプロセスを雑にこなしてしまうが故に、 たくさんの「こんなはずではなかった…」が生まれてしまいます。 YUMELUXには、お互い不本意な結果にならないシステムがあります。 しかも この6つのチェックポイントの確認は、 4人の専門家 製品開発者、照明プランナー、電気工事資格保有者、ファイナンスプランナー が行います。 何をどう入れ替えるのか?それがどれくらいの効果があるのか? 見てすぐわかる、たっただけで3時間でその効果をお届けします。 最も時間のかからない社内改善になるのでは? でも 効果が薄いと思ったら、お断りください。 我々は一向にかまいません。 忙しい皆様の時間を煩わせることのない 「3時間システム」 をぜひご利用ください。 選ばれる理由3 安心保証 安心を形にする トリプルスリー保証 LED照明は、電子部品からなる電気製品です。 ランプとは大きく違います。 この製品の代表格がテレビになるわけですが、 テレビと同じような部品構成している製品が照明に姿を変えて、 あちらこちらに配置されるわけです。 テレビでさえ個体差があり、壊れるものは1年で壊れてしますよね? 同じ人が同じ材料・部品で、同じ機械を使って、同じ方法で製品を作っても、 製品に個体差が出てしまいます。 でも、これはお客様には関係のないことですよね? 製品の品質が向上して、不具合が激減している中でも、 そもそもLED照明は 「品質に問題がある」と不安の声が根強いことも事実です。 しかも、無料です。 この有料保証にもなる保証を 丸ごと無料にてみなさまにプレゼントするのが、 トリプルスリー保証 です。 トリプルスリーだけあって、3つの保証をお届けします。 こちらをご覧ください。 プロに相談することをお勧めします。 自分で選定して導入すること自体は間違いではないです。 これが現実です。 LED照明は、テレビと同じ電子製品です。 メーカーによっても、その製品設計の考え方が違います。 パンフレット上では、同じ数字が並んでいても、設計思想が違えば、 メーカーごとに製品の違いが出てきてもおかしくありませんよね? 十分製品特性を把握している方から、購入されるか? 壊れても安心の保証を行使してくれるところから購入するか? 壊れてもしかたがないとして、購入するか? 導入リスクを十分考えの上、ご検討ください。 株式会社クレステック Operation and Maintenance Technology Philippines Inc. 株式会社レガン Hiblow Philippines, Inc. 株式会社一条工務店 昭芝製作所株式会社 PHPC Co. LTD ダイキン工業株式会社 フジモールド工業株式会社 セイコーエプソン株式会社 シチズンマシナリー株式会社 株式会社エノモト SMK株式会社 エレマテック株式会社 hkt philippines inc 株式会社アデランス ウシオ電機株式会社 株式会社相川プレス工業 山洋プラスチック株式会社 株式会社ミツワ化学 千住金属工業株式会社 住友信託銀行 佐藤食品株式会社 埼玉国際学園 インテリアコア.

次の

水銀灯の種類と特徴|水銀灯をLEDにした時の省エネ効果

水銀灯

特に工場や倉庫では400Wクラスの水銀灯を使っているところも多くあります。 400Wの水銀灯であれば80W~100Wほどで同等の明るさになるので工場などの水銀灯のLED化は非常にメリットがあります。 LED化のメリットは省エネだけではありません。 水銀灯の交換には高所作業が伴うことも多く交換コスト(高所作業者)や手間もかかってきてしまいます。 その他にも水銀灯は点灯するまでに5分程度の時間もかかるなどデメリットもあります。 今後2020年には水銀条例で水銀灯も製造・輸入・輸出の規制対象となるため、いずれ流通しなくなる水銀灯のLED化は検討していく必要があるのではないでしょうか。 4つに分類される水銀灯 水銀灯は正式には「高輝度放電灯」と呼び水銀蒸気中の放電による発光を利用し安定器を用いたランプのことをさします。 高輝度放電灯はHID(High Intensity Discharged Lamp とも呼ばれ光が強く工場や倉庫、体育館、街路灯など広範囲を照らす場所に適しているため主に工場、倉庫、商業施設、体育館、街路灯などに使用されていますがランプ効率や演色性があまり高くありません。 省エネと演色性が必要な場所ではメタルハライドランプやLEDに切替っています。 この水銀灯の種類は大きく4つに分類することができます。 水銀灯• 高圧ナトリウムランプ• メタルハライドランプ その他にも• セラミックメタルハライドランプ• 高圧ナトリウムランプ+水銀ランプ• 高演色形HIDランプ• 演出照明用HIDランプ• 低圧ナトリウムランプ など特殊なHIDランプもあり用途に応じて使い分けされています。 この水銀灯は2021年以降はによって製造、輸入、輸出が禁止となります。 ただし高圧ナトリウムランプとメタルハライドランプは一般照明用の水銀ランプとは異なり高効率な水銀灯のため規制の対象外とされています。 今後、一般照明用の水銀灯はLEDやセラミックメタルハライドランプなどの高効率光源への切替えが進んでいくでしょう。 演色性が悪くRa14~Ra45となっています。 そのため水銀灯の使用下に行くと、なんとなくグリーンがかった印象の空間に見えるかもしれません。 人によってその見え方は違いますが暗い印象を受けます。 色温度は4,100K~5,700Kと高めで寿命は12,000時間程度が一般的です。 省エネを強く望まれるところでは高圧ナトリウムランプに、省エネと演色性を望まれるところではメタルハライドランプに切り替わってきています。 水銀灯の消費電力は40W~2,000Wまで幅広くありますが工場や倉庫の5M~7Mの天井高では400Wや700Wの水銀灯が主に使用されています。 7M~10Mになると700W~1,000Wの水銀灯が使用されています。 ・安定器の役割 ランプが必要とする始動電圧 2次無負荷電圧 を印加し適正なランプ電流波形を供給し、安定した点灯を維持し一次力率を高力率に改善す役割をしています。 水銀灯を点灯させるにはランプ電流を適当な値に制限し適合した安定器が必要となります。 ・安定器の寿命 安定器の平均的な寿命は一般的な使用状態でおおよそ8年~10年と考えられています。 この平均的な寿命は安定器を標準条件で使用した場合となります。 安定器の寿命を保持させるには周囲温度を高くしないように、通風、冷却をすることが大切です。 また異常温度上昇の状態の維持時間を短くすること器具内に取り付けるものはランプの熱の影響を少なくするなどの注意は必要です。 主な設置場所:街路灯 ・水銀灯が使用される施設• 道路、駐車場、交通広場、商店街、工場構内等の屋外照明• 投光照明、野球場、ゴルフ場等の各種スポーツ施設照明• 公園、庭園樹木の照明• 寿命は水銀灯ランプの2倍ほどあり主に道路の街路灯や商業施設などにつかわれております。 またほとんどの製品は水銀ランプ同様点等方向も任意となっております。 【用途】 ・道路,駐車場,交通広場、商店街、工場構内等の野外照明。 種類も多いため幅広い用途で使用されてコンパクトなものもあり屋内でも使用されています。 主にスポーツ施設や商業施設、精密工場などで使用されています。 このため始動時の入力電流が小さくなり 安定時との差が少なくなる 、配線容量を低減できます。 低力率安定器にコンデンサを内蔵して、力率を改善したものです。 力率は90%と高く、水銀ランプの点灯回路として経済的です。 また、コンデンサには、保護機能を付けて安全性を高めています。 力率が60%前後の安定器です。 電源電圧10%の変動に対して、ランプ電力は18~22%変化します。 波高率が1. 4~1. 例えば、工場や倉庫、体育館などで使用されている水銀灯は400W~1,000Wのものが多く使用されています。 家庭用に使用されている一般的な蛍光灯が1本40Wですから、水銀灯1台当たり少なくとも10倍の電気代がかかるということになります。 これをLED照明に変えることで、消費電力・電気代を約3分の1まで削減することができます。 この点において、照明のLED化は経費削減に大きく貢献することでしょう。 寿命の面においても大きな差があります。 消費電力400Wの水銀灯は寿命が3,000時間から12,000時間であるのに対し、同等のLED照明では40,000時間となっています。 水銀灯は工場や倉庫、体育館で使用されていることが多く、比較的高い場所に設置されています。 そのため、交換には高所作業車が必要となる場合があり、費用が高くなってしまいます。 寿命が長いということは、交換頻度を減らすことができるわけですから、長期的な経費の削減に繋がるでしょう。 その他にも、水銀灯とLED照明では、いくつかの大きな違いがあります。 LED照明は瞬時に点灯するのに対し、水銀灯は点灯するまでに5分程度の時間が必要となります。 また、消灯後すぐに再点灯しようとする場合には、それまで点灯していたときに発生した熱を、冷ますための時間を空ける必要があります。 つまり、点灯・消灯が簡単には行えないということとなり、作業効率の低下に繋がります。 点灯時の発熱量もLED照明と比べて、水銀灯はその3倍以上となります。 これは夏場における空調に大きく影響します。 LED照明は紫外線放射が少ないため、虫が寄り付きにくくなっています。 虫の侵入が、生産に影響することがある工場におけるLED化は、虫による被害(虫害)を防止するための有効な手段となります。 さらに「水銀に関する水俣条約」を日本が締結したことに伴い、2020年には水銀灯の製造・輸入・輸出が原則として禁止されます。 すでに使用しているものを同じものと交換したり、継続して使用することは可能ですが、いずれは流通しなくなってしまいます。 例えば、工場に400Wの水銀灯が10台使用されていたとします。 1日当たりの点灯時間が10時間で、1ヶ月当たりの稼働日数が22日として計算してみます。 まず、水銀灯には安定器が付属しています。 この安定器も電力を消費しているので、その分も加算する必要があります。 400Wの水銀灯では、安定器で30Wが消費されています。 つまり、400Wの水銀灯における消費電力は、実は1台当たり430Wとなるのです。 電気代は電力の契約の種類によって使用量単価が違いますが、ここでは従量電灯の場合で1,000W(1kW)当たり平均26円として計算します。 つまり、水銀灯は1台当たりの消費電力が大きい分、使用する台数が少なくても電気代が非常に高くなってしまいます。 これが屋外になると、消費電力はさらに大きくなります。 工場や倉庫、体育館などでは消費電力が400Wのものが使用されているのに対して、ゴルフ場やスタジアム(野球場、サッカー場、陸上競技場など)などでは1,000W以上のものが使用されており、台数も数百台単位で必要となります。 電気代が非常に高くなるのは言うまでもないでしょう。 これをLED照明に交換すれば、消費電力を3分の1に抑えることが可能となり、大幅に電気代を削減することができます。 試算した例では、年間で約30万円かかっていた電気代が、約10万円程度まで抑えられることになります。 また、ランプ自体の寿命も3倍以上となっているため、交換頻度が少なくなり、将来的な維持経費も抑えることができます。 「電気代が安くなっても、交換するための工事にお金がかかったら、意味がないのでは?」 そんな疑問があるのは当然です。 確かに、交換にかかる工事費用は大きくなります。 高所に設置されている場合は高所作業車が必要となります。 また、ランプだけでなく照明器具全体を交換したり、落下防止対策を実施する場合には、大規模な工事が必要となることがあります。 そこで、具体的な工事内容についての見積りを取ってみて、将来的な電気代や維持経費との比較による検討をしてみることをお勧めします。 工事不要で交換できる!おすすめのLED水銀灯.

次の

LEDと水銀灯、安定器について|日本ユニバーサル電気株式会社

水銀灯

水銀灯をLEDに変えるには? 水銀灯と安定器 安定器とは... ? 水銀灯や蛍光灯などは明かりを点けるために、 「安定器」という機器を使用しています。 ガラス管の中に電気を放電させ明かりを点けるための機器で、始動、予熱(予熱電圧)、電源の安定などを担っています。 参考Wikipedia: ほとんどの水銀灯は安定器を使用しています。 体育館や倉庫、工場などに使用されている水銀灯の多くは安定器を使用しています。 LED製品と安定器 LEDは LED専用の電源を使用しているため、LEDを点灯するにあたっては 水銀灯安定器、蛍光灯安定器など は不要です。 現在、弊社で取り扱っているLED製品は 安定器不要タイプ(安定器は外します)と 安定器がそのままでも使用できるタイプの2種類があります。 LED水銀灯代替:安定器不要、器具交換タイプ メリット... 簡単取り付け、工事不要 ・ 安定器はそのままなので、工事不要、取り付けも簡単(電球交換の要領で交換できます。 放熱のためカサは外して頂く必要があります)。 ・ 工事ができない賃貸契約の建物などにも使用できる(安定器を外していなければ水銀灯電球をつけ直すことで、もとに戻せます)。 ・ デモ機も簡単に設置できるので、実際の商品をすぐ試すことができるので安心。 ・ 安定器はいずれ外したいが、今工事ができない。 また、工事タイミングを他の工事(改装など)と合わせたいが、LEDには先に設置したい。 デメリット... 取り付けられない器具がある ・ 既存の安定器が故障すると点灯しなくなります(安定器の故障によりLEDも故障する場合があります)。 (弊社取扱製品のは電源を直接接続しても使用できますので安定器が故障した場合は安定器を外して使用することができます。 ) ・ 器具交換不要のタイプに比べると形、サイズの制約があるためパワーが弱い傾向がある。 注意: ソケットの形状等によりお取り付けできない場合があります。 水銀灯電球と比べて重量がありますので、既存の器具が重量に耐えられない場合が考えられます。 対象商品 水銀灯をLEDに交換するときに共通する注意事項 水銀灯やメタルハライドランプ、ナトリウムランプとLED照明、LED電球を交換する場合のおおまかな注意点です。 LED照明への交換をご検討の場合はお読みいただいて、ご検討ください。 (弊社の製品だけでなく、ほとんどの製品に共通しています。 ) ・ 既存の照明(水銀灯電球など)と比べてLED照明が重く、取り付け場所が重量に耐えられない場合が考えられます。 (事前に建物側の確認が必要になる場合があります) 同じ梁に複数灯取り付ける場合などは、1灯づつの重量だけでなく全体の重量も考慮してご検討下さい。 ・ 既存の水銀灯とサイズ、外形が違いますので水銀灯を外した場所に取り付ける事を想定している場合、同じところに設置できない可能性があります。 LED照明用の取付金具が付けられない、カサが梁や壁等の障害物にあたってしまうなど、位置を変えなければ設置できない場合があります。 ・ 発光の仕方が水銀灯と違いますので、思っている場所、方向に明かりが及ばない場合があります。 また、逆に以前照らされていなかったところを照らせるようになる場合もあります。 (カサ角度や照明の方向、拡散パネルの設置などで解消される可能性があります。 ) ・ ケーブルの種類、太さは水銀灯と同じものが使用できます(VVFなど)。 水銀灯よりも電力使用量は下がりますので単体では太いケーブルになることはありません。 既存の古いケーブルを再利用したい場合は、そのまま使用できるものなのかどうかを工事会社等に確認してください。 ・ LED照明は水銀灯に比べて発する温度が低いので、部屋の温度などが変わります。 反対に水銀灯よりも外からの熱には弱い傾向にあるので、大型機械の真上など熱量が高すぎる場合は、設置すると異常発光(点滅など)や故障の原因となる場合があります(場所を少し移動することなどで回避できる場合があります)。

次の