ツヴィリング。 凄まじい切れ味の包丁!ツヴィリング「MIYABI6000MCT」

人気包丁ブランド「ヘンケルス」と「ツヴィリング」の特徴と選び方

ツヴィリング

Zwilling J. Henckels AG 略称 Henckels, ヘンケルス 設立 事業内容 刃物、家庭用品の製造 関係する人物 Peter Henckels Johann Abraham Henckels 外部リンク ツヴィリング J. ヘンケルスジャパン株式会社 Zwilling J. Henckels Japan Ltd. 設立 (昭和48年) 事業内容 刃物類、食器、台所用品等の輸入及び販売・製造 代表者 Michael G. Gordner 資本金 90,000,000円 従業員数 118名 外部リンク ツヴィリング J. ヘンケルス( Zwilling J. Henckels AG)は、のに本拠を置く、刃物などのメーカー。 「ツヴィリング」や「ヘンケルス」などの名前で知られている。 双子のマークが有名。 社名の「ツヴィリング」は、ドイツ語で「双子」の意。 概要 [ ] ツヴィリング J. ヘンケルス社の創業は、にヨハン・ペーター・ヘンケルス( Johann Peter Henckels)がゾーリンゲンのに双子のマークを登録した年とされている。 その後、 ヨハン・アブラハム・ヘンケルス( Johann Abraham Henckels)が、ベルリンに第1号店をオープンさせた。 社名の J. は彼の名前の略である。 日本へは、の際に万能料理バサミが便利なドイツ製キッチン用品としてドイツ館で紹介されて以来、ゾーリンゲンの名前とともに知られるようになった。 ドイツ本社はゾーリンゲン市の歴史的建造物として保存されている。 ブランド [ ] この会社は、 ツヴィリング( ZWILLING)と ヘンケルス( HENCKELS)の2つのブランドを持っている。 日本では同社の製品を区別なくヘンケルスと呼ぶ者も多いが、実際には別々のブランドである。 ツヴィリングブランド (ZWILLING J. HENCKELS) よく知られ、以前からあるブランドで、双子のマークで有名である。 価格は後述の ヘンケルスブランドよりプレミアム性の高い商品。 主にドイツ・日本などで製造されているが、一部の製品はスペインや韓国や中国などで生産されている。 日本においては「ツバイリング」と記された時期があり、今でもそう記載・呼称されることがある。 ヘンケルスブランド (J. HENCKELS INTERNATIONAL) 1895年に加えられたブランドで、双子ではなく1人のマークである。 各国の支社がその国の料理文化に合わせた商材を展開しており、価格は前述の ツヴィリングブランドよりリーズナブルに抑えられている。 主に日本・中国・スペインなどで製造されている。 商材はどちらのブランドもゾーリンゲンの品質管理の上、製作されている。 STAUBブランド 鍋のブランド。 鋳物ホーロー鍋、セラミック鍋、リッドホルダーやトリベットなどの鍋アクセサリーを取り扱う。 製法がフランス伝統製法を用いていることもあり、主にフランスで製造されている。 MIYABIブランド 2004年に岐阜県関市のナイフメーカーを子会社化し、 MIYABIブランドとして立ち上げた。 マークは漢字で 雅と日の丸をモチーフした赤丸となる。 両刃包丁以外に片刃包丁を取り扱っている(海外販売のみ)。 DEMEYEREブランド 2008年にベルギーの老舗ステンレススチール製調理用品メーカーを子会社化した。 TWEEZERMANブランド ビューティーケア用品を扱うブランド。 BSFブランド 主に銀器を扱うブランド。 Fontignacブランド• Tondeoブランド• Jaguarブランド• alessandro INTERNATIONALブランド• QVS Globalブランド 製品 [ ] 刃物が広く知られるが、日本では以下の製品などが販売されている。 事務用はさみ• 台所用はさみ• キッチン用品 など。 ヘンケルスの刃物には必ずFrio durというマークが入っている。 これは冷たくして硬くしたという意味である。 社長の女性秘書が、あるとき刃物を氷水の中につけたらよく切れるようになるのを発見し、社長に報告したことに始まる [ ]。 参考文献 [ ]• 大和久重雄『鋼のおはなし』日本規格協会、1984年 脚注 [ ] [] 注釈・出典 [ ]• 双子の性別は両方とも中性とされている。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。 この項目は、に関連した です。

次の

包丁・ナイフ

ツヴィリング

ツヴィリング(ZWILLING)とは? ドイツ生まれのキッチン用品メーカーです。 正式には ツヴィリングJ. ヘンケルスと言います。 ヘンケルスも同じメーカーのブランドなので、聞いたことがある人は多いかもしれませんね。 日本刀の美しさと切れ味を受け継ぎながら、 手になじむグリップが特徴です。 MIYABIの中でも手が出しやすい「6000MCT」 僕が使っているMIYABI6000MCTは高級包丁の中でも お手頃です。 2万〜3万円程度で買えるので、ちょっと頑張ればいけます。 これより高い包丁だと切れ味の差はあまり無くなってきます。 たしかに高い方が切れますが 普段使いにはオーバースペックですね。 包丁は上をみたらキリがないです。 (笑)高いやつなんて5万、6万します、、、(デザインとかはすごいカッコいい グリップの握りやすさが秀逸 この包丁を買う決め手になったポイントは グリップの握りやすさです。 これより高級ラインの包丁やダマスカス模様のカッコいい包丁をお店で握らせてもらったんですが、しっくりきませんでした。 やっぱり包丁を使う上で大切なのは 手との一体感が重要です。 包丁を変えたいなぁって方は「握りやすさ」にこだわってみてくださいね。 これぐらい切れるよ!って言う動画 わかりやすい食材のトマトを切ってみました。 これほとんど力を入れていません。 「スーーーーっと」切れますよ。 ダマスカス模様は「デザイン」 ダマスカス模様の包丁ってかっこいいですが、実は 切れ味に関係ないんです。 「え〜!?」って思うかもしれませんが本当なんです。 切れ味は刃の硬度で決まるので模様はデザインなんですね。 高級ラインの包丁は刃の鋼材、デザインもこだわって作成させます。 なのでお値段が高くなるんですよ。 良い包丁でもお手入れは必要 「良い包丁を買えばずっと切れる」と思いがちですが、そんなことはありません。 笑 良い包丁は刃に使っている金属が硬めなんです。 この硬い金属のためで 切れ味が長持ちしやすいんですね。 長持ちなだけなので、使っている内に切れ味は落ちてきます。 1000番の砥石があれば刃もきちんと付けられますし、ある程度のカケにも対応できます。 1000番より細かい番手を使えばより切れ味がもちますが、そこまではいらないかなぁってとこが僕の感想です。 包丁の刃が欠けてしまったら 冷凍物を切ったり、固いものを無理やり切ったりすると刃が欠けてしまいます。 もし刃が欠けた場合は200〜500番手の砥石を用意しましょう。 200〜500番を使い粗めに研いでカケを直します。 仕上げに1000番で刃をつけたら完成。 大体のメンテナンスはこれでokです! さらに切れ味求める さらに切れ味を求める方は2000〜5000番手の砥石で仕上げをしてください。 ここからは自分の満足度ですかね。 (笑) 切れる包丁は「時短になる」 切れる包丁に変えてから1番実感していることは 料理にかかる時間が短くなったことですね。 料理って切る工程の時間が長いですから、切れ味の良い包丁を使えば結果的に時短になります。 「もっとはやく包丁を変えていれば」こんな感想がすぐにでました。 (笑) 料理へのモチベーションも上がる いい包丁を使っていると料理へのモチベーションが上がるんです。 いい包丁使っている自分かっこいい、、、みたいな。

次の

ツヴィリング・J.A.・ヘンケルス

ツヴィリング

ツヴィリング(ZWILLING)とは? ドイツ生まれのキッチン用品メーカーです。 正式には ツヴィリングJ. ヘンケルスと言います。 ヘンケルスも同じメーカーのブランドなので、聞いたことがある人は多いかもしれませんね。 日本刀の美しさと切れ味を受け継ぎながら、 手になじむグリップが特徴です。 MIYABIの中でも手が出しやすい「6000MCT」 僕が使っているMIYABI6000MCTは高級包丁の中でも お手頃です。 2万〜3万円程度で買えるので、ちょっと頑張ればいけます。 これより高い包丁だと切れ味の差はあまり無くなってきます。 たしかに高い方が切れますが 普段使いにはオーバースペックですね。 包丁は上をみたらキリがないです。 (笑)高いやつなんて5万、6万します、、、(デザインとかはすごいカッコいい グリップの握りやすさが秀逸 この包丁を買う決め手になったポイントは グリップの握りやすさです。 これより高級ラインの包丁やダマスカス模様のカッコいい包丁をお店で握らせてもらったんですが、しっくりきませんでした。 やっぱり包丁を使う上で大切なのは 手との一体感が重要です。 包丁を変えたいなぁって方は「握りやすさ」にこだわってみてくださいね。 これぐらい切れるよ!って言う動画 わかりやすい食材のトマトを切ってみました。 これほとんど力を入れていません。 「スーーーーっと」切れますよ。 ダマスカス模様は「デザイン」 ダマスカス模様の包丁ってかっこいいですが、実は 切れ味に関係ないんです。 「え〜!?」って思うかもしれませんが本当なんです。 切れ味は刃の硬度で決まるので模様はデザインなんですね。 高級ラインの包丁は刃の鋼材、デザインもこだわって作成させます。 なのでお値段が高くなるんですよ。 良い包丁でもお手入れは必要 「良い包丁を買えばずっと切れる」と思いがちですが、そんなことはありません。 笑 良い包丁は刃に使っている金属が硬めなんです。 この硬い金属のためで 切れ味が長持ちしやすいんですね。 長持ちなだけなので、使っている内に切れ味は落ちてきます。 1000番の砥石があれば刃もきちんと付けられますし、ある程度のカケにも対応できます。 1000番より細かい番手を使えばより切れ味がもちますが、そこまではいらないかなぁってとこが僕の感想です。 包丁の刃が欠けてしまったら 冷凍物を切ったり、固いものを無理やり切ったりすると刃が欠けてしまいます。 もし刃が欠けた場合は200〜500番手の砥石を用意しましょう。 200〜500番を使い粗めに研いでカケを直します。 仕上げに1000番で刃をつけたら完成。 大体のメンテナンスはこれでokです! さらに切れ味求める さらに切れ味を求める方は2000〜5000番手の砥石で仕上げをしてください。 ここからは自分の満足度ですかね。 (笑) 切れる包丁は「時短になる」 切れる包丁に変えてから1番実感していることは 料理にかかる時間が短くなったことですね。 料理って切る工程の時間が長いですから、切れ味の良い包丁を使えば結果的に時短になります。 「もっとはやく包丁を変えていれば」こんな感想がすぐにでました。 (笑) 料理へのモチベーションも上がる いい包丁を使っていると料理へのモチベーションが上がるんです。 いい包丁使っている自分かっこいい、、、みたいな。

次の