ゆうちょ 銀行 から 三井 住友 銀行 振込。 三井住友銀行に振込(ゆうちょATM振込操作方法解説)

SMBCダイレクトとゆうちょダイレクトの比較、振込手数料はどちらが安い?

ゆうちょ 銀行 から 三井 住友 銀行 振込

振込以外の送金方法 振込手数料を無料にする方法を説明する前に、まずは銀行口座間で資金を移動する方法をまとめてみます。 銀行振込• 現金入出金• 定額自動送金• 定額自動入金• 送金アプリ 銀行振込は、送金先銀行・口座番号を指定し、現金を送る方法です。 もっとも一般的なやり方ですね。 同一銀行の口座間で資金を移動する方法が 振替です。 大手銀行の場合は同一名義の口座間の移動を振替と呼んでいますが、ゆうちょ銀行の場合は口座名義に関係なく、ゆうちょ銀行間での資金移動をすべて振替と呼んでいます。 送金先銀行のキャッシュカードを持っていれば、送金元銀行から引き出した現金をATMで 現金入出金することで、資金が移動できることになります。 当然、送金先は自分自身や家族の口座に限られますが、銀行振込に比べて、手数料が安くなりやすいです。 定額自動送金は銀行振込を定期的に行うというサービスです。 定額自動入金は、送金先銀行で手続きをすることで、他の銀行の自分の口座からお金を入金できるというものです。 ネット銀行が始めたサービスで、手数料が格安です。 送金アプリは、スマホアプリで入出金する方法です。 自分名義の口座間で送金するには、送金アプリ「pring」がおススメです。 それでは、各銀行ごとに無料で送金する方法を詳しく説明していきます。 三菱UFJ銀行のコンビニATM利用料を無料にするには、会員ランクがシルバーステージ以上の場合です。 預金残高30万円を確保しておくと、シルバーステージになるので、定期預金などで30万円預け入れしておきましょう。 さらにその後、「三菱UFJ銀行のインターネットバンキング」で三菱UFJ銀行の相手方口座への振込を行います。 振込手数料はかかりません。 pringで「auじぶん銀行」に送金してから振り込む 送金アプリpringを使い、auじぶん銀行経由で振り込む方法です。 「auじぶん銀行」の口座を持っている人なら使える方法です。 あらかじめ、pringに「ゆうちょ銀行の口座」と「auじぶん銀行の口座」を登録しておきます。 振込は以下の手順で行います。 ゆうちょ銀行からpringにチャージします。 pringからauじぶん銀行へ送金します。 auじぶん銀行のインターネットバンキングで、三菱UFJ銀行へ振り込みます。 auじぶん銀行から三菱UFJ銀行への振込手数料は、金額や支店に関係なく、無料です。 pringの使い方は以下の記事を参考にしてください。 住信SBIネット銀行の定額自動入金と定額自動振込を利用する 毎月一定額をゆうちょ銀行から三菱UFJ銀行へ振り込む必要がある場合、住信SBIネット銀行を使うと無料で資金移動できます。 ゆうちょ銀行から三井住友銀行への送金 E-net ATMで出金と入金を行う 「振込先の三井住友銀行のキャッシュカード」が手に入る場合の方法です。 ファミリーマートやスーパーに設置されている イーネットATMで、 「ゆうちょ銀行のキャッシュカード」を使い、現金を引き出します。 平日8:45~18:00および土曜日9:00~14:00であれば、現金払い戻しに手数料はかかりません。 その後、同じコンビニATMで 「三井住友銀行のキャッシュカード」を使い、 現金を入金します。 三井住友銀行のコンビニATM利用手数料は有料ですが、 条件付きで無料(月3回まで)になります。 預金残高を30万円以上にするなど、SMBCポイントパックの手数料無料条件を満たしておきましょう。 pringで三井住友銀行に送金してから振り込む 送金アプリpringを使う方法で、自分名義の三井住友銀行の口座が必要です。 あらかじめ、pringに「ゆうちょ銀行の口座」と「三井住友銀行の口座」を登録しておきます。 振込は以下の手順で行います。 ゆうちょ銀行からpringにチャージします。 pringアプリを使って、三井住友銀行へ送金します。 三井住友銀行のインターネットバンキングで、相手方の三井住友銀行の口座へ振り込みます。 pringの使い方は以下の記事を参考にしてください。 ゆうちょ銀行から「りそな銀行」「埼玉りそな銀行」への送金 pringで「りそな銀行」に送金してから振り込む 送金アプリpringを使う方法で、自分名義のりそな銀行の口座が必要です。 あらかじめ、pringに「ゆうちょ銀行の口座」と「りそな銀行の口座」を登録しておきます。 振込は以下の手順で行います。 ゆうちょ銀行からpringにチャージします。 pringアプリを使って、りそな銀行へ送金します。 りそな銀行のインターネットバンキングで、相手方のりそな銀行の口座へ振り込みます。 pringの使い方は以下の記事を参考にしてください。 ゆうちょ銀行から「みずほ銀行」への送金 pringでSBJ銀行に送金してから振り込む この方法を使うには、の自分名義の口座が必要です。 口座がない人は、口座開設しておきましょう。 事前に、送金アプリpringに自分名義の「ゆうちょ銀行の口座」と「SBJ銀行の口座」を登録しておきます。 振込は以下の手順で行います。 ゆうちょ銀行からpringにチャージします。 pringの送金機能を使い、SBJ銀行の自分名義の口座へ送金します。 「SBJ銀行」のインターネットバンキングで、自分名義の口座から相手先の口座へ振り込みます。 通常、みずほ銀行のE-net ATM利用には手数料が必要です。 ただし、みずほマイレージクラブに入会し、みずほ銀行の口座残高30万円をキープしておくと、コンビニATM利用手数料・時間外手数料が月4回まで無料になります。 住信SBIネット銀行の定額自動入金と定額自動振込を利用する 毎月一定額をゆうちょ銀行から三井住友銀行へ振り込む必要がある場合、住信SBIネット銀行を使うと無料で資金移動できます。 ゆうちょ銀行からJAバンクへの送金 E-net ATMで出金と入金を行う 「振込先のJAバンクのキャッシュカード」が手に入る場合の方法です。 ファミリーマートやスーパーに設置されている イーネットATMで、 「ゆうちょ銀行のキャッシュカード」を使い、現金を引き出します。 平日8:45~18:00および土曜日9:00~14:00であれば、現金払い戻しに手数料はかかりません。 その後、同じATMで JAバンクのキャッシュカードを使い、現金を入金します。 現金預入も、平日8:45~18:00および土曜日9:00~14:00であれば、手数料はかかりません。 住信SBIネット銀行の定額自動入金と定額自動振込を利用する 毎月一定額をゆうちょ銀行から三井住友銀行へ振り込む必要がある場合、住信SBIネット銀行を使うと無料で資金移動できます。 ゆうちょ銀行から住信SBIネット銀行・ソニー銀行・auじぶん銀行への送金 E-net ATMで出金と入金を行う 「振込先のキャッシュカード」が手に入る場合の方法です。 ファミリーマートやスーパーに設置されている イーネットATMで、 「ゆうちょ銀行のキャッシュカード」を使い、現金を引き出します。 平日8:45~18:00および土曜日9:00~14:00であれば、現金払い戻しに手数料はかかりません。 その後、同じATMで 「住信SBIネット銀行・ソニー銀行・auじぶん銀行のキャッシュカード」を使い、現金を入金します。 住信SBIネット銀行・ソニー銀行は、現金預入で手数料はかかりません。 auじぶん銀行のATM利用手数料は有料ですが、条件付きで無料になります。 「預金残高を10万円以上」にしておくと、月1回までゆうちょ銀行のATM利用手数料がかかりません。 定額自動入金サービスを利用する 毎月一定額を住信SBIネット銀行・ソニー銀行・auじぶん銀行に振り込む場合なら、 定額自動入金サービスが便利です。 これは入金先の住信SBIネット銀行やソニー銀行が提供しているサービスになるのですが、 他の銀行の自分の口座から毎月一定額を入金できるという内容です。 たとえば、ゆうちょ銀行に振り込まれる給与のうち、毎月3万円を住信SBIネット銀行で積み立てたいというような用途に使えます。 手数料はかかりません。 さらに定額入金と言いつつも、 入金する金額は毎月変更できるので、使い勝手が良いです。 注意点としては、引き落とし日が毎月5日もしくは27日となり、入金日がその4営業日後になること。 また、 入金は1万円以上という制限もあります。 振込に取って代わるサービスで、画期的ですね。 特に、住信SBIネット銀行は使い勝手が良いネット銀行の一つです。 ゆうちょ銀行から楽天銀行への送金 楽天銀行の入金サービスを使う ゆうちょ銀行と楽天銀行の口座名義が同一の場合に使える方法です。 楽天銀行には、ゆうちょ銀行の口座から手数料無料で入金できるサービスがあります。 これを利用すれば、ネットでの手続きだけで無料で入金ができます。 pringで「楽天銀行」に送金してから振り込む 送金アプリpringを使う方法で、自分名義のりそな銀行の口座が必要です。 あらかじめ、pringに「ゆうちょ銀行の口座」と「楽天銀行の口座」を登録しておきます。 振込は以下の手順で行います。 ゆうちょ銀行からpringにチャージします。 pringアプリを使って、楽天銀行へ送金します。 楽天銀行のインターネットバンキングで、相手方の楽天銀行の口座へ振り込みます。 pringの使い方は以下の記事を参考にしてください。 住信SBIネット銀行の定額自動入金と定額自動振込を利用する 本人名義ではない楽天銀行口座への振り込みや、毎月一定額を定期的に振り込む必要がある場合、住信SBIネット銀行を使うと無料で資金移動できます。 ゆうちょ銀行から複数の銀行口座へ送金を行う場合 ゆうちょ銀行の口座から複数の口座へお金を分散して移動する必要がある場合、 住信SBIネット銀行をハブ銀行として利用する方法がお勧めです。 まず、「ゆうちょ銀行から住信SBIネット銀行・ソニー銀行への送金」で紹介した方法で、住信SBIネット銀行へ入金します。 その後、住信SBIネット銀行からネットで振込を行います。 住信SBIネット銀行からの振込は、 月末残高が30万円以上あれば、月3回まで無料です。 ちなみに、振込先が多い我が家ではこの方法を使って、振込手数料を0円にしています。

次の

三井住友銀行に振込(ゆうちょATM振込操作方法解説)

ゆうちょ 銀行 から 三井 住友 銀行 振込

振込以外の送金方法 振込手数料を無料にする方法を説明する前に、まずは銀行口座間で資金を移動する方法をまとめてみます。 銀行振込• 現金入出金• 定額自動送金• 定額自動入金• 送金アプリ 銀行振込は、送金先銀行・口座番号を指定し、現金を送る方法です。 もっとも一般的なやり方ですね。 同一銀行の口座間で資金を移動する方法が 振替です。 大手銀行の場合は同一名義の口座間の移動を振替と呼んでいますが、ゆうちょ銀行の場合は口座名義に関係なく、ゆうちょ銀行間での資金移動をすべて振替と呼んでいます。 送金先銀行のキャッシュカードを持っていれば、送金元銀行から引き出した現金をATMで 現金入出金することで、資金が移動できることになります。 当然、送金先は自分自身や家族の口座に限られますが、銀行振込に比べて、手数料が安くなりやすいです。 定額自動送金は銀行振込を定期的に行うというサービスです。 定額自動入金は、送金先銀行で手続きをすることで、他の銀行の自分の口座からお金を入金できるというものです。 ネット銀行が始めたサービスで、手数料が格安です。 送金アプリは、スマホアプリで入出金する方法です。 自分名義の口座間で送金するには、送金アプリ「pring」がおススメです。 それでは、各銀行ごとに無料で送金する方法を詳しく説明していきます。 三菱UFJ銀行のコンビニATM利用料を無料にするには、会員ランクがシルバーステージ以上の場合です。 預金残高30万円を確保しておくと、シルバーステージになるので、定期預金などで30万円預け入れしておきましょう。 さらにその後、「三菱UFJ銀行のインターネットバンキング」で三菱UFJ銀行の相手方口座への振込を行います。 振込手数料はかかりません。 pringで「auじぶん銀行」に送金してから振り込む 送金アプリpringを使い、auじぶん銀行経由で振り込む方法です。 「auじぶん銀行」の口座を持っている人なら使える方法です。 あらかじめ、pringに「ゆうちょ銀行の口座」と「auじぶん銀行の口座」を登録しておきます。 振込は以下の手順で行います。 ゆうちょ銀行からpringにチャージします。 pringからauじぶん銀行へ送金します。 auじぶん銀行のインターネットバンキングで、三菱UFJ銀行へ振り込みます。 auじぶん銀行から三菱UFJ銀行への振込手数料は、金額や支店に関係なく、無料です。 pringの使い方は以下の記事を参考にしてください。 住信SBIネット銀行の定額自動入金と定額自動振込を利用する 毎月一定額をゆうちょ銀行から三菱UFJ銀行へ振り込む必要がある場合、住信SBIネット銀行を使うと無料で資金移動できます。 ゆうちょ銀行から三井住友銀行への送金 E-net ATMで出金と入金を行う 「振込先の三井住友銀行のキャッシュカード」が手に入る場合の方法です。 ファミリーマートやスーパーに設置されている イーネットATMで、 「ゆうちょ銀行のキャッシュカード」を使い、現金を引き出します。 平日8:45~18:00および土曜日9:00~14:00であれば、現金払い戻しに手数料はかかりません。 その後、同じコンビニATMで 「三井住友銀行のキャッシュカード」を使い、 現金を入金します。 三井住友銀行のコンビニATM利用手数料は有料ですが、 条件付きで無料(月3回まで)になります。 預金残高を30万円以上にするなど、SMBCポイントパックの手数料無料条件を満たしておきましょう。 pringで三井住友銀行に送金してから振り込む 送金アプリpringを使う方法で、自分名義の三井住友銀行の口座が必要です。 あらかじめ、pringに「ゆうちょ銀行の口座」と「三井住友銀行の口座」を登録しておきます。 振込は以下の手順で行います。 ゆうちょ銀行からpringにチャージします。 pringアプリを使って、三井住友銀行へ送金します。 三井住友銀行のインターネットバンキングで、相手方の三井住友銀行の口座へ振り込みます。 pringの使い方は以下の記事を参考にしてください。 ゆうちょ銀行から「りそな銀行」「埼玉りそな銀行」への送金 pringで「りそな銀行」に送金してから振り込む 送金アプリpringを使う方法で、自分名義のりそな銀行の口座が必要です。 あらかじめ、pringに「ゆうちょ銀行の口座」と「りそな銀行の口座」を登録しておきます。 振込は以下の手順で行います。 ゆうちょ銀行からpringにチャージします。 pringアプリを使って、りそな銀行へ送金します。 りそな銀行のインターネットバンキングで、相手方のりそな銀行の口座へ振り込みます。 pringの使い方は以下の記事を参考にしてください。 ゆうちょ銀行から「みずほ銀行」への送金 pringでSBJ銀行に送金してから振り込む この方法を使うには、の自分名義の口座が必要です。 口座がない人は、口座開設しておきましょう。 事前に、送金アプリpringに自分名義の「ゆうちょ銀行の口座」と「SBJ銀行の口座」を登録しておきます。 振込は以下の手順で行います。 ゆうちょ銀行からpringにチャージします。 pringの送金機能を使い、SBJ銀行の自分名義の口座へ送金します。 「SBJ銀行」のインターネットバンキングで、自分名義の口座から相手先の口座へ振り込みます。 通常、みずほ銀行のE-net ATM利用には手数料が必要です。 ただし、みずほマイレージクラブに入会し、みずほ銀行の口座残高30万円をキープしておくと、コンビニATM利用手数料・時間外手数料が月4回まで無料になります。 住信SBIネット銀行の定額自動入金と定額自動振込を利用する 毎月一定額をゆうちょ銀行から三井住友銀行へ振り込む必要がある場合、住信SBIネット銀行を使うと無料で資金移動できます。 ゆうちょ銀行からJAバンクへの送金 E-net ATMで出金と入金を行う 「振込先のJAバンクのキャッシュカード」が手に入る場合の方法です。 ファミリーマートやスーパーに設置されている イーネットATMで、 「ゆうちょ銀行のキャッシュカード」を使い、現金を引き出します。 平日8:45~18:00および土曜日9:00~14:00であれば、現金払い戻しに手数料はかかりません。 その後、同じATMで JAバンクのキャッシュカードを使い、現金を入金します。 現金預入も、平日8:45~18:00および土曜日9:00~14:00であれば、手数料はかかりません。 住信SBIネット銀行の定額自動入金と定額自動振込を利用する 毎月一定額をゆうちょ銀行から三井住友銀行へ振り込む必要がある場合、住信SBIネット銀行を使うと無料で資金移動できます。 ゆうちょ銀行から住信SBIネット銀行・ソニー銀行・auじぶん銀行への送金 E-net ATMで出金と入金を行う 「振込先のキャッシュカード」が手に入る場合の方法です。 ファミリーマートやスーパーに設置されている イーネットATMで、 「ゆうちょ銀行のキャッシュカード」を使い、現金を引き出します。 平日8:45~18:00および土曜日9:00~14:00であれば、現金払い戻しに手数料はかかりません。 その後、同じATMで 「住信SBIネット銀行・ソニー銀行・auじぶん銀行のキャッシュカード」を使い、現金を入金します。 住信SBIネット銀行・ソニー銀行は、現金預入で手数料はかかりません。 auじぶん銀行のATM利用手数料は有料ですが、条件付きで無料になります。 「預金残高を10万円以上」にしておくと、月1回までゆうちょ銀行のATM利用手数料がかかりません。 定額自動入金サービスを利用する 毎月一定額を住信SBIネット銀行・ソニー銀行・auじぶん銀行に振り込む場合なら、 定額自動入金サービスが便利です。 これは入金先の住信SBIネット銀行やソニー銀行が提供しているサービスになるのですが、 他の銀行の自分の口座から毎月一定額を入金できるという内容です。 たとえば、ゆうちょ銀行に振り込まれる給与のうち、毎月3万円を住信SBIネット銀行で積み立てたいというような用途に使えます。 手数料はかかりません。 さらに定額入金と言いつつも、 入金する金額は毎月変更できるので、使い勝手が良いです。 注意点としては、引き落とし日が毎月5日もしくは27日となり、入金日がその4営業日後になること。 また、 入金は1万円以上という制限もあります。 振込に取って代わるサービスで、画期的ですね。 特に、住信SBIネット銀行は使い勝手が良いネット銀行の一つです。 ゆうちょ銀行から楽天銀行への送金 楽天銀行の入金サービスを使う ゆうちょ銀行と楽天銀行の口座名義が同一の場合に使える方法です。 楽天銀行には、ゆうちょ銀行の口座から手数料無料で入金できるサービスがあります。 これを利用すれば、ネットでの手続きだけで無料で入金ができます。 pringで「楽天銀行」に送金してから振り込む 送金アプリpringを使う方法で、自分名義のりそな銀行の口座が必要です。 あらかじめ、pringに「ゆうちょ銀行の口座」と「楽天銀行の口座」を登録しておきます。 振込は以下の手順で行います。 ゆうちょ銀行からpringにチャージします。 pringアプリを使って、楽天銀行へ送金します。 楽天銀行のインターネットバンキングで、相手方の楽天銀行の口座へ振り込みます。 pringの使い方は以下の記事を参考にしてください。 住信SBIネット銀行の定額自動入金と定額自動振込を利用する 本人名義ではない楽天銀行口座への振り込みや、毎月一定額を定期的に振り込む必要がある場合、住信SBIネット銀行を使うと無料で資金移動できます。 ゆうちょ銀行から複数の銀行口座へ送金を行う場合 ゆうちょ銀行の口座から複数の口座へお金を分散して移動する必要がある場合、 住信SBIネット銀行をハブ銀行として利用する方法がお勧めです。 まず、「ゆうちょ銀行から住信SBIネット銀行・ソニー銀行への送金」で紹介した方法で、住信SBIネット銀行へ入金します。 その後、住信SBIネット銀行からネットで振込を行います。 住信SBIネット銀行からの振込は、 月末残高が30万円以上あれば、月3回まで無料です。 ちなみに、振込先が多い我が家ではこの方法を使って、振込手数料を0円にしています。

次の

ゆうちょ銀行から口座なしで三井住友銀行への振込は可能でしょうか?ま...

ゆうちょ 銀行 から 三井 住友 銀行 振込

ゆうちょ口座間の送金 電信振替 や、他行あて振込(銀行振込)の操作は出来ません。 >ゆうちょ口座からゆうちょ口座に送金できますか? 前述したように、ゆうちょ口座同士の送金は「電信振替」という操作・手続きで、ゆうちょ銀行(郵便局)の管理ATMでのみ可能です。 支店や郵便局や、スーパーやデパートなどに設置の、ゆうちょATMなら電信振替は可能です。 一般的なコンビニATMは、都市銀行や地方銀行が管理するもので、ゆうちょの送金・振込システムが独自なものなので、前述したように出来ないのです。 A ベストアンサー >コンビニ(ファミリーマート、サークルK)にATMがありますが、 そこから銀行(三菱東京UFJ)へと振り込むことはできるのでしょうか? まず、下記のホームページをよく読んでみてください。 family. html 質問者さんが下記銀行に口座を持っていて、キャッシュカードもお持ちであれば、カードによる振込みが可能です。 みずほ銀行,三菱東京UFJ銀行 旧東京三菱銀行 ,三井住友銀行,りそな銀行,埼玉りそな銀行,北海道銀行,青森銀行,群馬銀行,足利銀行,常陽銀行,武蔵野銀行,千葉銀行,北陸銀行,北國銀行,スルガ銀行,百五銀行,中国銀行,親和銀行,琉球銀行,北洋銀行,京葉銀行,住友信託銀行 もし、キャッシュカードをお持ちでなければ、振込みは不可能です。 キャッシュカードがない場合には、最寄の銀行へ行ってください。 現金だけでも銀行に設置されているATMにて振込みが可能です。 注1)ただし振り込み金額は10万円まで。 10万円以上は窓口で 注2)現金振込みできる時間帯は銀行によって違うが、大体9時から6時までの間。 以上です。 もし、お近くにampm(エーエムピーエム)と言うコンビニがあれば、そのコンビニのATMなら現金による振込みが可能だと思います。 何か分からない点があれば、お礼の欄にでも書いてください。 その際に、出来れば、自分が使っている銀行名、支店名、 自分の住んでいる場所(都市名、例えば名古屋市中区など) も書いておいてくれれば、アドバイスしやすいです。 >コンビニ(ファミリーマート、サークルK)にATMがありますが、 そこから銀行(三菱東京UFJ)へと振り込むことはできるのでしょうか? まず、下記のホームページをよく読んでみてください。 family. html 質問者さんが下記銀行に口座を持っていて、キャッシュカードもお持ちであれば、カードによる振込みが可能です。 みずほ銀行,三菱東京UFJ銀行 旧東京三菱銀行 ,三井住友銀行,りそな銀行,埼玉りそな銀行,北海道銀行,青森銀行,群馬銀行,足利銀行... A ベストアンサー もう一番下の方の回答のところにお礼が書かれてから 質問者さんが登場されてませんので 無駄な補足に なりますが 少し勘違いされてるかたもいらっしゃるので。 2番さんが 一度受け付けた荷物は、きちんとデータが登録され、送り主、受取人とも、氏名、住所、連絡先がすぐに分かるようになっています。 とありますが これは伝票番号が判っていて発店の 営業所に伝票が残ってるから それを調べて 訂正してくださいと言えるわけです。 例えば夜中 に間違いに気づいて本社などの代表番号に かけても営業所が空なら訂正のしようがありません。 コンピューターには住所や氏名などのデータは 入っていません。 翌朝住所があると思われる担当の営業所に荷物が着き ドライバーがこの区域は私の区域と思って 伝票を抜き機械にかけて情報を送って初めて 配達近くの営業所に着いたという情報がうちこまれるのです。 ですから どういう風に間違えたのですか?と聞いたわけです。 人間が分けますから時には間違えて営業所に来る荷物も あります誤着という情報がこの場合打ち込まれます。 そして支店に送り返されます。 つまりどこかのドライバーが持ち出しといって荷物を 車に積んでいる状態であれば初めてその場で住所の 訂正ができるというわけです。 ですから こういう場合受けて側でどういう風に 間違ってるか詳しくわからない場合は 近くの 営業所にその荷物が着いてるかどうかもわからないんですから 送り主側が発店に連絡するのが一番です。 もう一番下の方の回答のところにお礼が書かれてから 質問者さんが登場されてませんので 無駄な補足に なりますが 少し勘違いされてるかたもいらっしゃるので。 2番さんが 一度受け付けた荷物は、きちんとデータが登録され、送り主、受取人とも、氏名、住所、連絡先がすぐに分かるようになっています。 とありますが これは伝票番号が判っていて発店の 営業所に伝票が残ってるから それを調べて 訂正してくださいと言えるわけです。 例えば夜中 に間違いに気づいて本社などの代表番号に かけても... A ベストアンサー 振り込む相手先が銀行なら銀行へ、郵便貯金なら郵便局へ行きましょう。 振込先と同じ銀行のほうが手数料が安くなります。 同じ系列ならコンビニのATMでもいいですよ。 今時は銀行の支店に行っても振込ならATMでやってくださいと 誘導されますので最初からATMへ行ったほうがいいと思います。 その銀行にあなたが口座を持っている必要は全くありません。 ATMの画面を見ると「振込」というボタンがあるので、それを 押して後は画面の指示に従って行けばいいだけです。 現金で振り込むのかキャッシュカードから引き落とすのかを 聞かれますので考えておいてくださいね。 相手の銀行名の頭文字を入れると銀行一覧が出て、同じように 支店名を選んで口座種類、口座番号、相手の名前、自分の名前 などを入力していって最後にお金を入れます。 同じ口座に何度も振り込む場合は振り込みカードを発行して おくと便利ですよ。 銀行の支店にあるATMコーナーだったら案内係りの人がいるので 声をかけておけば近くにいてサポートしてくれますよ。 Q おはずかしい話ではありますが 郵便振替を一度も利用した事が無いので教えて下さい。 この度、オークションで落札した商品代の支払いに 郵便振替の指定がありました。 指定の口座に振り込む 手続きはどのような手段がありますか? 銀行の様に機械で振り込むの?それとも、手書きの 用紙にいろいろ記入するのでしょうか。 仕事の合間の30分の短い休憩時間を利用して行かな いといけないのでできるだけ手間のかからない方は どっちなのかも教えて頂けると嬉しいです 銀行での支払いは手数料が少しだけ高いので今回は 利用しない事にしています。 一般的に利用の多い取り扱いで説明いたします。 (1)送金先口座番号が「0」で始まる場合 一般振替口座あての送金になります。 「払込取扱票」という用紙が郵便局の窓口ロビーに備え付けてありますので、この用紙に「送金先口座番号、加入者名、送金する金額」を記入します。 また、通信欄もありますので、送金先へお伝えしたいことがございましたら、自由にお書き添えください。 「払い込む人の住所、氏名、電話番号」を用紙下部に記載し、郵便局の窓口へお持ちください。 この用紙が、複写式のものは「窓口専用」、2票式(ミシン目入り)のものは「窓口、ATM共用」です。 2票式の場合、ATMでも送金でき、手数料が若干安くなります。 (用紙に必要事項を記入し、送金ボタンを押して案内に従ってください) この用紙を使った場合は、銀行振込でいうところの「文書扱い」となりますので、送金を受けられる方へ入金の通知が入るのは、2~4日後となります。 電信扱いも出来ます(用紙が異なりますので、窓口へお申し出ください。 手数料は上がります)ので、必要に応じてご利用ください。 (2)送金先口座番号が「1」で始まる場合 ぱるる口座あての送金になります。 一般にATMから送金される方が多いようですが、窓口からでもご利用いただけます。 窓口の場合は、 「電信払込したい」と職員へお申し出いただければ、必要な用紙をお渡しします。 「送金先口座番号、口座名義、送金される金額」を記載してください。 「送金される方の住所、氏名、電話番号」を記入します。 必要に応じて通信文が入れられますが、有料です。 窓口へ用紙をお持ちください。 ATMからの場合は、「送金ボタン」を押し、郵便貯金キャッシュカード挿入、暗証番号入力、送金先記号(口座番号の先頭5桁)入力、確認ボタン、番号入力(口座番号の残りの部分)、確認ボタン、送金金額入力、確認ボタン、送金内容表示、確認ボタン、カード・明細受け取り、終了です。 元・郵便局員です。 一般的に利用の多い取り扱いで説明いたします。 (1)送金先口座番号が「0」で始まる場合 一般振替口座あての送金になります。 「払込取扱票」という用紙が郵便局の窓口ロビーに備え付けてありますので、この用紙に「送金先口座番号、加入者名、送金する金額」を記入します。 また、通信欄もありますので、送金先へお伝えしたいことがございましたら、自由にお書き添えください。 「払い込む人の住所、氏名、電話番号」を用紙下部に記載し、郵便局の窓口へお持ちください。 この用... Q 私は30歳で、17,8歳のときぐらいから毎回、ひどい生理痛に悩まされています。 倦怠感、ひどい腹痛にはじまり、ここ2,3年は腰に激痛、足のだるさ、ひどい偏頭痛も出てき出して経年とともにひどくなっているカンジです。 薬を飲むと気分が悪くなるし、逆に眠さで仕事が出来なくなるので家にいるときはなるべく飲まないようにし、会社ではぎりぎりまで我慢してもう駄目だと思ったら飲んでいます。 昨日から生理が始まり、昨日は家で必死に耐えていたのですが、今日仕事中に薬をのんでも効かず、今日はとうとう午後から休んでしまいました。 家に帰ってから一時は回復したのですが、今またいたるところに激痛の波がやってきています。 このまま痛みが引かなければ明日思い切って婦人科へ行こうかなと思うのですが、生理中でも診察なんかはしてもらえるのでしょうか。 回答お願いします。 A ベストアンサー こんにちは、 他の方がおっしゃっているように、診察にかんしては生理中でも問題ないです。 先生も慣れたもんです。 ちなみに、わたしは生理中ひどい腹痛(あとで腹膜炎と判明)になってうむをいわせず病院に。。。 このときやった検査はエコー、レントゲン、それで内膜症のうたがいもあって婦人科にまわされました。 実際、生理が重くなったと感じてきたところだったんですけど、やはり内膜症も発見されました。 このときの経膣エコーもやりました。 ただ、血液検査だけは、生理中だと正確な数値が出にくいそうで後日もう一度あらためてやりました。 だいたい体の調子が悪くなるときなんて日を選んじゃくれませんからね。 お医者さんも十分了解しています。 とりあえず、お医者様にいけば投薬とかなんらかの痛みに対する対処してもらえるとおもいますよ。 婦人科の病気は治療にしてもすぐに治るということが難しい場合も多く、頻繁でないしても定期的に長期、通うことになることが多いです。 また、病院やお医者様によっても治療方法、対応が違うことも少なくないです。 満足いく対応が期待できなかった場合もあるかもしれないので、そのときは複数の病院にいくくらいに思っておいたほうがいいかもしれません。 くれぐれも、ムリをなさらぬようおだいじに。。。 こんにちは、 他の方がおっしゃっているように、診察にかんしては生理中でも問題ないです。 先生も慣れたもんです。 ちなみに、わたしは生理中ひどい腹痛(あとで腹膜炎と判明)になってうむをいわせず病院に。。。 このときやった検査はエコー、レントゲン、それで内膜症のうたがいもあって婦人科にまわされました。 実際、生理が重くなったと感じてきたところだったんですけど、やはり内膜症も発見されました。 このときの経膣エコーもやりました。 ただ、血液検査だけは、生理中だと正確な数値が出にく...

次の