あおいちゃん 素顔。 【1game】あおいちゃんが可愛いけど性別は男?素顔や女装と年齢・wiki的プロフィール紹介

1GAME・あおいはかわいいけど男?すっぴんや素顔は?女装やメイクも

あおいちゃん 素顔

歌ってみたYouTuberとして人気上昇中のかにちゃんねる。 今回は、かにちゃんねるの運営者・かにちゃんさんの本名や年齢や身長、高校・大学などの学歴や現在の仕事などのプロフィールをまとめていきます。 加えまして、かにちゃんねるのオススメ動画や、魅力的なところ・参考になるところなどの感想をお届けします。 かにちゃんは、可愛らしい男子のイラストがトレードマークのユーチューバーさんです。 かにちゃんは、学生さんのようで若々しくて元気な声が印象的です。 最近はゲストを招いて歌を歌わせるスタイルが続いていて、歌声に特典をつけて競い合っています。 大きなテロップが挿入されていて、見やすい動画を上げてくれています。 かにちゃんねるを作ってる人はこういう人なんだ、というのをご参考ください。 この記事でわかることはこちら かにちゃん 基本情報 YouTubeチャンネル名:かにちゃんねる YouTuber名:かにちゃん 本名:未公表 年齢:20歳 誕生日:1999年12月28日 身長:168cm 高校・大学などの学歴:大学生 所属事務所:ちょこらび 仕事:学生 簡単ではありますが、このようなプロフィールとなります。 それでは個別に見てみましょう。 本名 かにちゃんの本名は未公表です。 かにちゃんのTwitterやインスタグラムをザっと見ていきましたが、本名に関する内容に記載されていませんでした。 「甲殻類の王子様」というキャッチフレーズで、「かに」をベースとしたキャラクター性を持っていますね。 まさに蟹の王子様に相応しいイケメンです! 素顔もイケメンでしょうね! 年齢 かにちゃんの年齢は、現在のところ20歳です。 こちらに、かにちゃんの20歳の誕生日に関するツイートがありました! また、誕生日が12月28日となっているので、計算すると1999年生まれであることがわかります。 インスタグラムに、このような写真を見つけました。 168cmとそこまで高身長ではありませんが、細身でスタイルが良くて浴衣がよく似合っていますよね! 学歴 高校・大学など かにちゃんさんの学歴 高校・大学など は大学生となります。 YouTubeのプロフィール欄でも、かにちゃん自身が学生であることを載せていますね。 ただ、どこの大学かまでは明かされていません。 学生として勉学を学んでいる傍ら、ちょこらびメンバーとして活動をしている、ということですね。 所属 かにちゃんさんの所属事務所は「ちょこらび」となります。 なお、「ちょこらび」は「ちょこれーとらびっつ」の略名が正式名になっているようですね。 尚、ちょこらびメンバーは下記となります。 青色担当自称リーダーポケカメン 赤色担当自称リーダーの金玉まいたけ 紫色担当踏み台にしようとしてる男ゆぺ かわいいのかよくわからない黄色担当自称リーダーかにちゃん 優しい声に裏があるピンクの闇担当さくら 自分が上にたつものだと勘違いしてるオレンジ色担当ふぇにくろ かにちゃんは黄色担当で、自称リーダー?として活動しています。 以上が、かにちゃんさんのプロフィールです。 人気ユーチューバーの本名や年齢を知りたい方って結構おられるんですよね。 もはやユーチューバーも芸能人のようなポジションになってきたと言っても過言ではないかもしれません。 かにちゃんの素顔は? ちょこらび黄色担当のかにちゃん。 イラストはカニの飾りと付けたイケメンキャラですが、素顔は一体どのようなお顔なのでしょうか? ということで、かにちゃんの素顔に迫ってみましょう! こちらはかにちゃんのSNSを見たら、素顔全体ではないにしろ、ある程度の顔が公開されています。 instagram. instagram. 是非、ちょこらびのイベントに参加してみてくださいね! Sponserd Links かにちゃんのオススメ動画は!? 動画でも一般ウケ、マニアックなどなど色んなものがありますよね。 個人的な意見にはなりますが、是非ご参考ください。 オススメ動画その1 《【日本一可愛く】ファンサ歌ってみた verかにちゃん》 大学生である男性のかにちゃんが精一杯可愛らしい声を出して、「ファンサ」を歌っている動画です。 バックに流れるアニメの完成度も高く、可愛らしい女の子が描かれています。 動画の内容は、ライブ会場でヒロインが歌うという設定で、その動画が感動的でちょっと切ない気にもさせてくれます。 オススメ動画その2 《歌凸に来た鳥肌が立つほど高音で歌う男性がヤバすぎたw》 かにちゃんが、ヤマ汁さんを招いてヤマ汁さんに歌を歌ってもらっている動画です。 ヤマ汁さんの声がとても高くて、歌がうまいことがわかりました。 その歌声の点数はかなりの高得点です! このように、かにちゃんの歌に関する動画は、YouTuber仲間とのコラボ動画が多いです。 オススメ動画その3 《成人男性が歌うアンパンマンが上手すぎるw》 この動画では、「柊虎雨」さんをゲストに招いて歌ってくれます。 歌ってくれたのは、アンパンマンのテーマでした。 彼の歌を聞いて、かにちゃんは「うまいよー」と絶賛して興奮しています。 笑いが止まらない、かにちゃんには、彼の歌がツボにハマったようです。 特に彼が歌を歌う時の、アニメーションはヒロインの女の子が可愛らしく、ストーリー性もあり、とても美しいです。 一切顔出しをせず、自分自身の姿をアニメキャラクターとして表示していて、ちょっとVTuberさんのようにも感じます。 動画ではアンケート結果という独自の特典をつけて、みんなの歌声を採点しています。 みんながこれまでよりも高得点を取ろうと頑張って歌ってくれていますが、回を重ねるとともに得点が上がっている様子がわかります。 また、招いているゲストも、コナンに声が似ていたり、アンパンマンの歌がうまかったりなど、個性豊かなところも面白いです。 YouTubeチャンネル名:かにちゃんねる YouTuber名:かにちゃん 本名:未公表 年齢:20歳 誕生日:1999年12月28日 身長:168cm 高校・大学などの学歴:大学生 所属事務所:ちょこらび 仕事:学生 正確な情報が得られていないものもあって申し訳ございません。 未公表・不明な項目、間違った内容に関しては、追って詳細を確認していきたいと思います。 先程も申し上げたように、人気ユーチューバーは芸能人なみの人気を誇る人も大勢おられます。 また、再生数が多くなればなるほど、YouTuberってお金を稼ぐこともできるんですよね。 かにちゃんねるがさらに人気が出るかどうかは、これからの動画次第でもあります。 かにちゃんさんも視聴者に喜んでもらえるように、一生懸命ネタを考えて、面白い動画を作ろうと頑張っている事でしょう。

次の

1GAMEのトークライブに行った話 ~てつさんの本も読んで、その素顔に迫りたい~

あおいちゃん 素顔

どうもみなさん御機嫌よう、岡井です。 パチンコ・パチスロコンテンツの書籍出版としては、ライターや漫画家が雑誌連載物を出版することは過去にもありましたが、ユーチューバーをメインの肩書とされていることに動画コンテンツの隆盛という時代を感じますね。 私も発売直後に購読しましたが、いつもメイクしているし BATMANのjokerがよっぽど好きなんだなと思っていたら、「別に好きじゃねーよ」みたいなことが書かれていたりするのでけっこう面食らいます。 ちなみにメイクの理由は別途語られているので、関心のある方は購読してみてはいかがでしょうか。 てつさんが代表を務める『1GAME』という集団。 現在パチンコ・パチスロ動画ではトップクラスの再生数を誇る人気者ですが、知らない方々のために少し説明しますと。 【1GAMEとは? 】 ユーザー、ファン自身の力でパチンコ・パチスロ業界を盛り上げようという集団です。 『遊技人口回復』を最大目標とし、現在は動画コンテンツを中心にコラム・イベント・アプリなどの活動を行っています。 1GAME より ということですが、古くはてつさんのブログ『パチスロバカ一代』で知っているという方もいるでしょうし、動画から知ったという方も多いでしょう。 動画演者としてはてつさん、ヨースケさん、ガット石神さん、あおいちゃんが知られていますが、裏方スタッフさんも多く存在しています。 ちなみにパチ7でも過去何度か取材しております。 ・ ・ ・ ・ 今アベンジャーズよりも脂の乗った集団と一部で噂の1GAMEがトークライブを開催との情報が、これは女房を質屋に入れてでも行くしかない、女房いないけど。 しかしシークレットライブということは、ひょっとしたら日時や場所まで秘密なのでは、突然交差点にトレーラートラックで乗り付けた てつさんが看板動画「妖回胴中記」のオープニングみたいにバットを振り回しながらダイブするのではと心配しましたが、普通に新宿ロフトプラスワンのスケジュール表に掲載されてあったので杞憂に終わりました。 来場したお客さんから挙手制でテーマをもらう方式でスタート。 ファンイベントという趣もあり会場はかなり良いムード。 てつさんも「こんなにホーム感あるのはじめて、出たての頃は完全アウェイだった」とジョーカーメイクをニッコリ、 目元真っ黒だったけど多分ニッコリ。 最初のテーマは【初恋の話】ということで、それぞれが「あー、どうだったかな」と甘酸っぱい話をするなか、ヨースケさんだけは相手の名前やシチュエーションに至るまで妙に細かく記憶していて、ちょっと怖かったです。 その後【何フェチか】【収録で印象に残った人】等テーマを変えて進行していきましたが、【動画の苦労】という話題で あおいちゃんが「ガット石神さんのような失敗をしないように……」と話したところ、本人が横から「俺は失敗の見本か!! 」とツッコむ場面で会場も大爆笑。 てつさんも「ガット石神も頑張ってるんだよ」とフォローを入れていましたが、最終的に一緒になってカカカと笑っていました。 数多の動画出演を経て各人トークはお手のもの、テーマごとに話す順番なんかを変えてうまくオチにつながる構成になっているのは見事です。 特にてつさんとヨースケさんはどちらかが自然に話をまとめる役目を担っており、翼くんと岬くんばりのコンビネーションをみせてくれます。 トークライブならではのテーマとしては【嫌いな台】の話題になった時、ヨースケさんは 某ゲーム原作の6号機を「あれは中学生が作ったハーデス」と評して笑いをとり、あおいちゃんが「人気作の後継機がダメになると残念ですね」と妙に大人のまとめをしてたことが印象的です。 そして1GAMEで普段は裏方スタッフとして活躍されているAKKYさんの話題になった時には、出演予定じゃなかったのに呼び出され、AKKYさん急遽ステージに登場。 身に着けていた某ブランドファッションについて会場から 「なんかやだ、もう着ないでください」と言われ早々に引っ込められるという雑な扱いを受けていました。 呼ばれてディスられて帰される。 小気味よい理不尽が、今後彼の精神状態に悪影響を及ぼすのではとまことに心配です。 ぅおい!! ガットさんかい!! 聞けばガットさんのウィッグやメイクはあおいちゃんが手配したものらしい、 なるほどたしかに「あおいちゃんによる恥ずかしい恰好」には違いない。 最低で最高だ。 そしてそのまま後半トークスタート。 【好きな食べ物】の話でてつさんがカレー、ヨースケさんが家系ラーメンと答える中、あおいちゃんがロールキャベツという女子力? の高い回答で会場を沸かせます。 未だかつて好きな食べものを言うだけでここまで盛り上がるライブがあっただろうか。 そして お色直し後のガット石神ちゃんも「マカロンでぇす」という高女子力回答、直後に嘘つけとツッコまれ、実はラーメンですと白状する等、それぞれの個性が光るトークが続きました。 楽しい時間はあっという間で、最後はオリジナルグッズや各社協賛品がもらえる抽選会、こちらもかなりの豪華景品かつ品数でライブは最後まで大盛り上がり。 ノープランだと始まったものの、蓋を開けてみれば飽きさせない構成と抱負なファンサービスで会場も大満足だったことは言うまでもないでしょう。 今回のライブの狙いや目標を教えて下さい。 特に何か狙いがあったワケではなく、ライブハウスの人が1GAME TVの視聴者さんで「ライブやってみませんか? 」的な問い合わせがあったことがキッカケです。 それを受けて「面白そうだしタレント陣が揃うことって滅多に無いからやってみよう」という、完全にただのノリでやりました。 やってみた率直な感想を教えて下さい。 数年前に同じ場所に立った時のアウェイ感に比べると、恐ろしいほどの温度差があるなと。 何を言ってもスベらないという、ホーム感があって楽しかったです。 動画以前と動画以後で1GAMEに何か大きな変化はありましたか? メチャメチャあります。 ブログ読者中心だった頃に比べて、ファン層が超絶ライトになりました。 当時は所謂「濃いスロッター」がメインでしたが、今は全く違っていて、下手するとスロット打ったこと無い人にも観てもらえています。 第2回の予定はありますか? 今のところありません。 が、また突然ノリで開催したりするかもしれません。 今後の動きで未発表系のものがあれば、こっそり教えてくれると嬉しいです! ヒントだけでも! Youtubeというプラットフォームから飛び出して色んなメディアに露出します。 あと、パチンコ・スロット以外の番組プロジェクトが進行中です。 詳しく言えなくてすいません。 以上、てつさんありがとうございました!! 私は今回のライブを1GAME TVのコメント欄のような雰囲気だと思いました、「あの話をして!! 」「ここが面白い!! 」「もっとこうして欲しい!! 」そうしたファンの要望に文字通りライブで即レスが返って来る、そんな素敵な空間でした。 パチンコ・パチスロ動画というジャンルはもうすっかり馴染みのものとなりましたが、今回の1GAME SECRET LIVEはそこからさらに飛び出し、遊技機やお店を介在しないエンターテイメントの姿をみせてくれたような気がします。 業界の行く末や遊技者の未来がどうなるかは誰にもわかりませんが、 彼らのような集団がいる限り今後も面白くなりそうだという期待を持ち続けられるのではないでしょうか。

次の

SUGAO白猫ポーチの在庫は?当たりハズレがある?ぶさかわ?

あおいちゃん 素顔

受賞 優秀主演女優賞 『』 『』 『』 『』 優秀助演女優賞 『』 2016年『』 その他の賞 主演女優賞 『ツレがうつになりまして。 』『』『わが母の記』 助演女優賞 『怒り』『バースデーカード』 石原裕次郎賞 2016年『怒り』『バースデーカード』 新人女優賞 『』 放送賞(ドラマ部門) 『』 演劇新人賞 『星の王子さま』 最優秀新人女優賞 『』 主演女優賞 『害虫』 山路ふみ子女優賞 『怒り』 女優賞 『純情きらり』 個人賞 『』 備考 主演(放送開始時の年齢22歳1か月は、大河ドラマの主役としては当時歴代最年少) 宮﨑 あおい(みやざき あおい、 - )は、の。 旧芸名、 宮崎 あおい。 本名、 岡田 あおい(おかだ あおい、旧姓: 宮﨑) [ ]。 実兄は元俳優の。 夫はの。 略歴 4歳の時、母親の「思い出に残るように」という理由で デビュー。 CM(「緑水」、など)や雑誌を中心に活動した。 ドラマや映画にも出演していたが、名前の付かないような脇役が多かった。 役名をもらい、本格的に女優業を始めたのは - 頃から。 、映画初主演の『』で、第23回コンペティション部門主演女優賞を受賞(映画公開は)。 2002年には、『』で第16回最優秀新人女優賞を受賞した。 またこの年は、の『』で連続テレビドラマに初主演した。 、初舞台で主演をつとめたミュージカル『』(演出:)で、第41回演劇新人賞を受賞。 同年、アニメ『』で声優初挑戦。 その後も、アニメの映画やドラマ、ドキュメンタリーのナレーションなど、声に関わる仕事もしている。 、とダブル主演を務めた『』が、2005年度実写邦画観客動員数第2位、興行収入40億円の大ヒットとなりブレイクのきっかけとなった。 、の『』では・有森桜子役を演じ、同作で第44回ゴールデン・アロー賞放送賞(ドラマ部門)を受賞した。 、NHK『』で、主人公のを演じる。 放送開始時の年齢22歳1か月は、大河ドラマの主役としては当時歴代最年少(それまでは『』のの23歳9か月が最年少であった)であった。 、(制作)『』で10年ぶりに民放の連続ドラマに出演。 秋から春まで、『』以来の2度目の出演となるNHK連続テレビ小説『』で、主演のとのダブルヒロインとなる姉・はつ役を演じる。 2018年の第1子出産に伴う産休を経て、2019年10月公開の『』で洋画吹き替えに初挑戦 、2020年1月放送の『』にて女優業に復帰した。 私生活 2007年、知人の紹介で知り合い10代の頃から7年間交際していた俳優のと婚姻届を提出し電撃結婚 、にて7月25日に挙式し 、2008年3月に披露宴を開いたが 、約4年半の結婚生活を経てに離婚した。 映画『』、『』での共演を経て友人関係にあったのと2015年春より交際を開始し、約2年半の交際期間を経て2017年12月23日に婚姻届を提出し再婚した。 翌、のと結婚(再婚)したことを、2人の連名によるFAXで発表した。 挙式や披露宴や新婚旅行などの予定はないとのこと。 、岡田の所属するを通じて、第1子妊娠が公表された。 同年、第1子男児出産を発表した。 から2001年に放送された『』および『』で共演した、、、、と仲が良い。 4人共フォトエッセーに寄稿している。 リンゴの皮剥きが得意であり 、のCMの中でもその腕前を披露している。 趣味は写真。 特技は。 芸名を長らく「宮崎」として活動していたが、2005年1月から「宮 﨑」に名義を変更した。 自身は「どちらでも特にこだわっていません。 」とのこと [ ]。 女優のとは生年月日が全く同じである。 二人は2012年の映画「」で初共演した。 2017年の映画祭でも共演したことがある。 映画とNHKのテレビドラマへの出演が多く、のテレビドラマ出演が少ない理由について、「10代のころは若いだけでアイドル視される傾向があったので映画だけに出演したいというこだわりがあったが、今では(ドラマでも映画でも演技者として)伝えるものに変わりはないとわかって、そういうこだわりはなくなった。 」と語っている。 『あにいもうと』で大型トラック運転手を演じるにあたり、実際に大型自動車免許を取得している。 自身は、女優業に関しては演技が好きなわけではなく、嫌になったら辞めると発言したことがある。 (1999年) - 小林玉 役• (2000年) - 淀川富子 役• (2000年) - 水瀬双美 役• (2001年) - 田村梢(ヒロイン) 役• (2002年) - 北サチ子 役• (2002年) - 日野ひかる 役• (2002年) - 橋本登美恵 役• (2003年) - 川奈依里子 役• (2004年) - 小諸観幸 役• (2004年) - 佐伯このみ 役• (2004年) - 石田由香里 役• (2004年12月25日) - 女子高生 役• 「ねぇ、マリモ」(2005年) - 美香 役• (2005年) - 小松奈々 役• (2006年) - 路木麻里 役• (2006年) - ハナ 役• (2006年) - ユウ(17歳) 役• (2006年) - みすず 役• (2006年) - 里中静流 役• (2006年) - 楓 役• (2007年) - ナレーター• (2007年) - アイドルDJ 役• (2007年) - 佐々木七重 役• (2007年) - 田村梢 役• (2008年) - 安城杏 役• (2008年) - 音羽恵子 役• (2009年) - 栗田かんな 役• (2009年) - 日本語版のナレーション• (2009年) - 柴崎葉津よ 役• (2010年) - 井上芽衣子 役• (2010年) - 森井月子 役• (2011年) - 栗原榛名 役• (2011年) - 髙崎晴子 役• (2012年) - 伊上琴子 役• (2012年) - 村瀬えん 役• (2012年) - 安藤結花 役• (2013年) - 妻利愛子 役• (2013年) - 林香具矢 役• (2013年) - ジンコ 役• (2013年) - 学校の先生 役(兼ナレーター)• (2014年) - 栗原榛名 役• (2014年)- 笹谷トヨ子役• (2016年) - 僕の初恋の彼女 役• (2016年) - 槙愛子 役• (2016年) - 芳恵 役• (2017年) - 山形千鶴 役 テレビドラマ• 第10話・第12話(1997年、) - あゆみ(悪魔) 役• 第7作「恐山殺人事件」(1998年、) - 唐橋春美(子供時代) 役• 第38話(1999年9月26日) - 矢頭さよ 役• (2008年) - 役• (1999年、NHK) - キキョウ 役• 第25話(1999年 - 2000年、テレビ東京) - 魔女っ子カメちゃん 役• (2000年、) - 中願寺栞 役• (2000年、) - 南あずさ 役• 「天使の居場所」(2000年、日本テレビ)• (2000年 - 2001年、) - 高原零 役• (2001年、フジテレビ) - 高原零 役• 第5話・第6話(2001年、) - 野村ゆかり 役• (2001年、) - 結城杏子 役• (2001年、日本テレビ) - 内山楓 役• (2002年、TBS) - 笹本萌 役• (2002年 - 2003年、) - 銭形愛 役• 「ポートタウン」(2003年、) - 紺野奈美 役• 68FILMS 第2話「寄生木 YADORIGI」(2003年、BS-i、BSフジ) - 主演• (2004年、NHK) - 天城秋日子 役• (2004年、) - 石田由香里 役• (2004年、日本テレビ) - 朝井ほのか 役• (NHK)• (2006年) - 有森(松井)桜子 役• (2015年 - 2016年、NHK) - 今井はつ 役• (2011年、NHK) - 伊東蝶 役• (2012年、) - 下島菜穂 役• (2017年、NHK) - 役• (2018年、TBS) - 赤座桃子 役• 新春ドラマ特別企画「」(2020年1月、TBS)- 小野寺理紗 役 その他のテレビ番組• 「おとなりさん」(初回放送2006年9月7日 - 純情きらりの放送期間中) - 朗読• (フジテレビ) - ナレーション(不定期)• 「宮崎あおい愛しき津波の島へ」(2006年10月15日) - 出演• 「康子のバラ〜19歳、戦渦の日記〜」(2009年8月2日) - 出演(ナレーション・日記朗読)• MUFGスペシャル 未来の子どもたちへ 地球の危機を救うお金の使い方(2007年9月3日、TBS)• (2008年11月17日、)• 感動地球スペシャル 宮崎あおい、心にしみるアフリカ〜生命輝く大地・ルワンダ〜(2009年3月1日、)• 「武器を持つ? 持たない? 〜紛争解決人 」(2009年10月4日、NHK総合) - ナレーション• 「ふしぎがり〜まど・みちお 百歳の詩〜」(2010年1月30日、NHK総合) - ナレーション ラジオドラマ• 「翔べない豚さん」(2002年2月9日、) - 山瀬あずみ 役• 「経済学部上村教授」(2002年8月19日 - 22日、) - ゲスト出演・上村春子 役• (2004年5月4日、TOKYO FM) - 廣瀬亜紀 役 テレビアニメ• (2003年1月 - 3月、テレビ朝日) - 菊池ユメ 役• (フラニーズ・フィート)(2007年 - 2011年、) - フラニー 役 劇場アニメ• (2006年) - トゥーラ 役• (2010年) - 佐野唱子 役• (2012年) - 花 役• (2015年) - 九太(少年期) 役 吹き替え• (2019年) - リュミール() 役 舞台• ミュージカル (2003年8月初演、2005年8月再演) - 星の王子さま 役• (2009年2月) - 主演• ウーマンリブ VOL. 12「SAD SONG FOR UGLY DAUGHTER」(2011年6月) ミュージックビデオ• 「I Don't Know」 映画「害虫」の映像から• 「UNDER THE BLUE SKY」• 「」「」• 「」 映画「NANA」の映像から• 「」 映画「初恋」の映像から• 「」 映画「ただ、君を愛してる」の映像から• 「未来 〜風の強い午後に生まれたソネット〜映画ver. 」 映画「初雪の恋 ヴァージン・スノー」の映像から• 「My Angel」• 「あおいMIX」 E-SYSTEMキャンペーンから• RIP SLYME「Tales」 「TOKYO HEART」のCMから• 「眠り姫」 広告 太字は現在契約中• (1990年)• 「ふきんクイックル」(1992年)• 「」(兄と共演)(1993年)• 「お子様セット(現ハッピーセット)」(1993年)• (1994年)• 「Frosch」(2012年3月 - )• (1995年)• 「MKレストラン」(1996年)• (1997年)• 「」(1998年)• 「」(1998年)• 「」(1998年)• 「」(1999年)「Drive earth」(2008年9月 - )• 「DIGITAL FACE」(2000年10月 - 2001年9月)• 「」(兄と共演)(2001年1月 - 2002年4月)• 「」(2001年4月 - 2002年3月)• (2001年4月 - 2002年9月)• 「CUPOP」(2001年4月 - 2004年3月)• BS放送キャンペーン(2001年12月 - 2002年3月)• (2001年12月 - ) - 澤田菜穂子 役• 「緑水」(2002年3月 - 2003年2月)• 「絹の贅沢」(2011年4月 - )• 「烏龍茶」(2012年4月 - )• 「カップスープ」(2002年9月 - 2005年8月)「ほんだし」(2008年9月 - )• 「ピコラ」、「ビッツサンド」(2003年4月 - 2005年3月)• 「」(2004年4月 - 2007年4月)• 「」(と共演)(2005年6月 - 2006年6月)• 「手作りチョコレート」(2005年11月 - 2006年5月)• 「『』」(声のみの出演 2006年10月 - )• (2006年10月 - )• 「カコナール2」(2006年10月 - )• (2006年10月 - 2006年11月)• 「『』」(2006年)• 「ウメッシュ」(2007年1月 - )• (2007年 - )• 「」(2009年7月 - )• 企業CM「私の写真は、私の今だ」篇(2014年9月 - )• アイス「Def(デフ)」(2007年3月 - )• 「朝食りんごヨーグルト」(2007年10月 - )• (2007年4月 - 2010年3月)• 「洗顔専科パーフェクトシリーズ」 パーフェクトホイップ、パーフェクトリキッド(2007年 - )• (2008年1月 - )• (2008年12月 - )• (2009年5月 - )• 「」(2010年3月 - )• 「」(2010年3月 - )• 「」(2010年9月 - )• 「」 FOG BARBER styling(2010年9月 - )• 「SUGAO」(2014年3月 - )• 「クリア」(2014年4月 - )• 「トマトジュースプレミアム」• 「トマト、澄みわたる。 」篇(2015年8月 - )• 「キリン 杏露酒 ひんやりあんず」(2016年)• 「」『LG21マーチ オフィス』篇・『LG21マーチ 社員食堂』篇(2019年5月 - ) - と共演 ポスター• 百万人のキャンドルナイト2004 (2004年)• カレンダー(2005年)• 「発見。 夏の100冊」、「発見。 角川文庫」(2005年6月 - 2006年5月号) 映像作品• 映画「ラブドガン」オフィシャルフォトブック LOVE GUN(2004年6月15日、リトルモア、)• フォトエッセイ集 祈り(2005年11月30日、ネコ・パブリッシング、)• 写真集 イクない? (2001年5月25日、、)• 写真集 少女日記(2001年12月25日、、)• 写真集 Happy Tail(2002年4月26日、ソニーマガジンズ、)• デジタル写真集 Nature(2003年6月9日)(インターネットダウンロード型)• 写真集 20TH ANNIVERSARY 光(2005年11月30日、ネコ・パブリッシング、) 雑誌連載• ()「春夏秋冬 はる なつ あき ふゆ」(2003年5・6月号 - 2006年5・6月号)• Cut()「宮崎あおい日々のあわ」(2005年11月号 - 2012年5月号)• ()「あおい歳時記」(2006年7月号 - 2007年7月号 )「なんてことない今日だけど」(2007年8月号 - 2009年5月号) 受賞歴• 2001年• 第16回 最優秀新人女優賞『』• 第11回 新人奨励賞『』• 2002年• 第23回 主演女優賞『』• 第15回 新人賞映画『』• 2006年• 第50回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞『』• 第44回 放送賞『純情きらり』• 第15回『純情きらり』• 第41回演劇新人賞受賞『』• 2008年• 第59回 主演女優賞『』• 第45回 個人賞『』• 2009年• 2009年 新人賞• 優秀主演女優賞『』• 2011年• 第24回日刊スポーツ映画大賞 主演女優賞『』『』• 優秀主演女優賞『ツレがうつになりまして。 2012年• 優秀助演女優賞『わが母の記』• 2013年• 優秀主演女優賞『舟を編む』• 2016年• 第40回 山路ふみ子女優賞『』• 第29回石原裕次郎賞・助演女優賞『怒り』『』• 優秀主演女優賞『怒り』• 優秀助演女優賞『』 脚注 [] 注釈• NHKニュース NHK. 2017年12月24日. の2017年12月24日時点におけるアーカイブ。 2019年4月13日閲覧。 小学館から刊行「たりないピース」より• 2015年4月24日. 2015年7月17日閲覧。 MANTANWEB. 2019年9月19日. 2020年6月3日閲覧。 2019年12月25日. 2020年6月3日閲覧。 online. 2007年6月15日. の2008年2月24日時点におけるアーカイブ。 2020年6月3日閲覧。 2017年8月1日. 2020年6月3日閲覧。 スポーツニッポン新聞社. 2018年3月4日. 2020年6月3日閲覧。 MSN産経ニュース. 2011年12月28日. の2011年12月28日時点におけるアーカイブ。 2019年4月13日閲覧。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2011年12月29日. の2011年12月29日時点におけるアーカイブ。 2019年4月13日閲覧。 スポーツニッポン新聞社. 2011年12月29日. 2020年6月3日閲覧。 2017年12月23日. 2020年6月3日閲覧。 online. 2017年12月25日. 2020年6月3日閲覧。 スポーツ報知. 2017年12月24日. 2017年12月24日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2017年12月25日. 2019年4月13日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2018年5月19日. 2018年5月19日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年10月16日. 2018年10月16日閲覧。 サイゾーウーマン 株式会社サイゾー. 2017年11月18日. 2019年4月13日閲覧。 2018年5月8日. 2018年6月29日閲覧。 wezzy 株式会社サイゾー. 2018年5月27日. 2019年4月13日閲覧。 シネマカフェ イード. 2014年9月16日. 2019年4月13日閲覧。 日刊スポーツ 2015年8月20日. 2015年8月20日閲覧。 映画ナタリー 2016年2月16日. 2016年2月16日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年7月18日. 2016年7月19日閲覧。 MANTAN. 2019年11月1日. 2019年11月1日閲覧。 「宮崎あおい 18 アニメヒロインのアフレコに挑戦」-『』紙、2005年6月28日号、22面。 メディア芸術データベース. 2016年11月29日閲覧。 Movie Walker 株式会社ムービーウォーカー. 2012年4月5日. 2019年4月13日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年4月13日. 2015年4月13日閲覧。 映画ナタリー. 2019年9月19日閲覧。 Sankei Biz. 2014年9月25日. 2014年9月26日閲覧。 マイライフニュース ヒューマン・データ・ラボラトリ株式会社. 2014年3月12日. 2019年4月13日閲覧。 2014年11月29日閲覧。 まんたんウェブ 2015年8月7日. 2015年8月7日閲覧。 MANTANWEB. 2016年4月11日. 2016年4月12日閲覧。 2007年9月19日閲覧。 公式サイト. 2014年1月18日閲覧。 スポーツ報知. 2016年10月17日. の2016年10月18日時点におけるアーカイブ。 2019年4月13日閲覧。 関連項目 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク• - 公式サイト•

次の