ムン 大統領。 文在寅

韓国の文在寅大統領、ストレスで12本の歯を失う —— 駐ポーランド大使が明かす

ムン 大統領

社長文在寅(ムン・ジェイン)二国間関係の強化にタイ、東南アジアの彼の3カ国ツアーの最初の脚、そして首相プラユット・チャンオチャとの首脳会談に到着した9月2日に韓国と東南アジア諸国連合(ASEAN)との関係。 約2時間にわたる首脳会談の後、共同記者会見の両首脳は、朝鮮半島の相互繁栄、友好関係の強化、平和のための協力について合意に達したことを発表しました。 プラユット首相は、両国関係は単なる二国間関係を超越する韓国-ASEAN関係に対して協力すべき点が多いと述べた。 彼は相互信頼と友情に基づく二国間協力を強化する必要性を強調した。 両首脳は、観光と文化交流における両国間の毎年230万人の人と人との交流は、二国間関係の強力な礎石となっていると述べた。 彼らはまた、韓国の研究を専攻しているタイの学生へのサポートを強化し、お互いの国の国民の権利を保護するための制度的基盤を強化することを誓約した。 両首脳はまた、経済部門での協力に同意し、第4次産業革命での協力に関する覚書を承認し、バイオ部門、スマート電気自動車、新産業における協力を強化するための共同作業部会を結成した。 大統領府は、ソウルの新南部政策の重要なパートナーであるタイとの二国間協力の強化が、ASEANとの首脳会談の成功と11月に釜山で予定されている最初の朝鮮メコン首脳会談の基礎を築いたと述べた。 メコン大会では、ベトナム、タイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、メコン川が流れるアセアン5か国の参加が特徴です。 文大統領は7年間でタイを訪問した最初の韓国大統領になった。 彼は1950年のタイの朝鮮戦争への参加、1958年の外交関係の確立、および2012年の二国間関係の「戦略的パートナーシップ」のレベルへの上昇に言及した。 また、両国が「協力的で友好的で未来志向の関係」を継続することへの希望を表明した。 タイでの1日の旅程の後、ムーン大統領は9月3日から5日までミャンマーを公式訪問します。

次の

盧武鉉の「生き写し」韓国新大統領、文在寅の末路が目に浮かぶ

ムン 大統領

対日批判は抑制 【ソウル池田郷】韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は1日、日本の植民地統治に抵抗して1919年に朝鮮半島で起きた「三・一独立運動」を記念する政府式典で演説し、「日本は常に最も近い隣国だ」と述べた上で、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ「共に危機を克服し未来志向の協力関係へ努力しよう」と呼びかけた。 演説は感染の封じ込めに向けて国民に団結を訴える内容に時間を割き、対日批判のトーンは抑制した。 国内でのウイルス感染拡大を受け、韓国政府は危機レベルを4段階で最高の「深刻」に引き上げている。 式典も例年より規模を縮小し、参加者を50人程度に絞った。 文氏は演説で独立運動の精神が「新しい時代を開く力になってきた」と韓国の歴史を振り返り、「われわれは必ずウイルスに打ち勝ち、経済を活気に満ちたものに回復させるだろう」と述べた。 対日関係を巡っては「過去を直視してこそ傷を克服できる。 過去を忘れることはない」とする一方、「われわれは過去にとどまることもない。 日本もそうした姿勢を見せてほしい」と注文した。 懸案の元徴用工や元従軍慰安婦を巡る問題には直接言及しなかった。 ウイルス対策に集中するため、解決が難しい外交課題への深入りを避けた格好だ。 また、感染の世界的な拡散を受けて「国境を超えた協力の必要性を痛感した」と指摘。 感染症や災害などに対応するため、日本や中国、北朝鮮などと協力する考えを強調した。 独立運動から100年の節目だった昨年の式典は1万人余りが参加した。 今年はウイルス感染が集中している南東部大邱市で陣頭指揮を執る丁世均(チョンセギュン)首相も参加を見送った。

次の

新型肺炎「日本と克服」 韓国・文大統領 三・一独立運動式典で演説|【西日本新聞ニュース】

ムン 大統領

タグ 2002年日韓ワールドカップの誤審 開城団地・金剛山観光の制裁免除 韓国の国家債務 韓国の国家不渡り 韓国の半導体関連 韓国の半導体輸出 韓国のあり得ない対応 韓国のあり得ない反応 韓国のGDP 韓国のFTA 韓国が日本をWTOに提訴 韓国から日産撤退 韓国LGにサイバー攻撃 韓中首脳会談 金沢港クレーン破損 韓国の家計債務 金正恩重体 金正恩死亡 臨時レポ機構 脱北者団体の詐欺 米韓首脳会談 米韓為替スワップ 米韓合同軍事演習 米朝首脳会談 米国大統領選挙の韓国人の選挙妨害 米中貿易戦争 米中戦争 竹島領土問題 犬食文化 韓国の外貨準備高 韓国の山火事 東海・日本海併記問題 韓国市場の動向 GSOMIA破棄 G20 ASEAN+日中韓通貨スワップ 黒人暴行抗議デモで韓国系逮捕 韓米通貨スワップ 韓国食品 韓国軍の爆笑兵器 韓国車炎上 韓国自動車危機 韓国総選挙 韓国経済の実情 韓国産の赤貝 韓国大統領府国民請願 韓国の景気見通し 韓国冷遇 韓国人の火病 韓国人の入国制限措置 韓国人のパクリ自慢 韓国人のあり得ない反応 韓国ネットの反応 韓国へG7招待 韓国のCPTPP参加 韓国の輸出 韓国の航空会社危機 韓国の経済成長率 韓国の海外建築 韓国の格付け 瀬取り 最低賃金引き上げ FCレーダー照射事件 サムスン電子の凋落 ムンジェノミクス ムンの時代 ヘル朝鮮 ブラック睡眠部屋 フェイクニュース バリアオプション「KIKO] ノーベル症 トルコと通貨スワップ デフォルト危機 ダイナミックコリア セルコリア ジム・ロジャーズ サムスン電子の不祥事 モルゲッソヨ コリア・プレミアム ゲイポップ ギャラクシーフォールド キャンドル革命 カカオ株 アカデミー賞 うどんの起源 いちごさん LG電子のロゴ隠し LG系列の工場で有毒ガス漏れ K防疫 KOSPI、ウォン、サムスン電子株 G20 ムンディール ライダイハン 日韓関係 徴用工問題 日韓通貨スワップ 日韓旭日旗騒動 日韓慰安婦合意 日韓WTO紛争関連 日本製品不買運動 日本の入国規制強化措置 日本の入国制限 新型コロナウイルス【武漢肺炎】 新型コロナウイルス 文大統領家族の海外移住 文在寅大統領 政治的パフォーマンス 慰安婦詐欺ビジネス 左翼メディアの実態 ルノーサムスン撤退危機 対イラン輸出 家計債務 天皇陛下への謝罪発言問題 外国人献金 在韓米軍駐在費交渉 在韓米軍駐在費 在韓米軍撤収 反中国経済ブロック構想(EPN 南北首脳会談 北朝鮮の韓国攻勢 北朝鮮が電話に出ない 北朝鮮から銃撃 偽の5G K防疫 韓国政治、〔ムン君はいらない〕文大統領、「米朝首脳会談に参加させてほしい」と執拗に要求も米朝が完全拒否 記事要約:どうやら2回行われた米朝会談で、文在寅大統領は「米朝首脳会談に参加させてほしい」と執拗に要求したにもかかわらず、米朝に完全拒否されていたことがわかった。 数年前のことなので時系列を整理するために最初の文章を読んで欲しい。 これは例のボルトン氏の暴露本からだ。 >文在寅(ムン・ジェイン)大統領が2018年6・12シンガポール米朝首脳会談と2019年6・30板門店(パンムンジョム)米朝首脳会談に出席を希望したが、北朝鮮と米国はこれを望まなかったことが分かった。 韓国の文在寅大統領が米朝の仲介役だったはずなのに、なぜか、米朝から出石を拒否されているという現実。 結局、ムン君は両者の邪魔をしかしてなかったという証左だな。 どちらからも嫌われているわけだし。 >21日中央日報が入手した内容によると、シンガポール会談を控えていた2018年6月1日北朝鮮労働党中央委員会の金英哲(キム・ヨンチョル)副委員長が金正恩(キム・ジョンウン)委員長の親書を持ってホワイトハウスを訪れてドナルド・トランプ米大統領と会談した。 この席で金英哲副委員長は「今回は米朝首脳会談」としながら「韓国は要らない」と言い切った。 ボルトン氏はこれについて「トランプ大統領と金英哲副委員長間会談であった唯一の良いこと」だったと評した。 米国も韓国・米国・北朝鮮の会談を歓迎しなかったということを示唆する。 北朝鮮ははっきりしているな。 「韓国は要らない」と言い切ったのか。 既に完全にハシゴを外されているじゃないか。 しかし、これを見る限りでは、最初から北朝鮮は文在寅大統領を信用してないな。 我々の知っていたメディア報道が如何に誇張されていたのかがよくわかるな。 >ボルトン氏は文大統領が数回にわたってシンガポール会談への参加を希望したと書いた。 南北間板門店宣言翌日である2018年4月28日、文大統領がトランプ大統領に電話して「米朝首脳会談を板門店で開き、直ちに後続の韓国・米国・北朝鮮3者会談を開こう」と強く訴えたということだ。 だが、この時、米国はすでにスイス・ジュネーブとシンガポールを最適な場所として検討していた。 これを受け、金委員長がシンガポールを好むというと文大統領が退いたと伝えた。 この辺りの情報は一部出ていたな。 ムン君は板門店で開きたいが、北朝鮮がノーというから、シンガポールに決まったとか。 どちらにせよ。 行事に参加したかったが両者から拒否されたてことは事実のようだ。 韓国政治、〔ムン君はいらない〕文大統領、「南北首脳会談に参加させてほしい」と執拗に要求も米朝が完全拒否 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が2018年6・12シンガポール米朝首脳会談と2019年6・30板門店(パンムンジョム)米朝首脳会談に出席を希望したが、北朝鮮と米国はこれを望まなかったことが分かった。 ジョン・ボルトン前国家安保補佐官が23日、公式出版する予定の『それが起きた部屋:ホワイトハウス回顧録(The Room Where It Happened: A White House Memoir)』に公開した内容だ。 2018年会談には文大統領が出席することができず、2019年会合にはしばらく参加した。 21日中央日報が入手した内容によると、シンガポール会談を控えていた2018年6月1日北朝鮮労働党中央委員会の金英哲(キム・ヨンチョル)副委員長が金正恩(キム・ジョンウン)委員長の親書を持ってホワイトハウスを訪れてドナルド・トランプ米大統領と会談した。 この席で金英哲副委員長は「今回は米朝首脳会談」としながら「韓国は要らない」と言い切った。 ボルトン氏はこれについて「トランプ大統領と金英哲副委員長間会談であった唯一の良いこと」だったと評した。 米国も韓国・米国・北朝鮮の会談を歓迎しなかったということを示唆する。 ボルトン氏は文大統領が数回にわたってシンガポール会談への参加を希望したと書いた。 南北間板門店宣言翌日である2018年4月28日、文大統領がトランプ大統領に電話して「米朝首脳会談を板門店で開き、直ちに後続の韓国・米国・北朝鮮3者会談を開こう」と強く訴えたということだ。 だが、この時、米国はすでにスイス・ジュネーブとシンガポールを最適な場所として検討していた。 これを受け、金委員長がシンガポールを好むというと文大統領が退いたと伝えた。 当時、青瓦台(チョンワデ、大統領府)は韓米首脳の電話会談の事実を公開して「米朝首脳会談の場所として2~3カ所の候補地に絞って意見を交換した」と明らかにした。 青瓦台核心関係者は文大統領が候補地を勧めたかという質問に「文大統領が先に話した部分もある」と答えた。 「3者首脳会談の話も出てきた」と付け加えた。 ボルトン氏の回顧録通りなら、この時、文大統領が板門店を韓国・米国・北朝鮮の首脳会談場所として提案したと仮定できる。 ボルトン氏は、文大統領が2018年5月22日ホワイトハウス韓米首脳会談でも韓国・米国・北朝鮮3者会談のためにシンガポールに参加することを望み、さらに6月11日会談前日までもシンガポールに来ることを希望していたと紹介した。 これを「文大統領が2019年6月トランプ氏-金正恩氏の板門店会合の時のように写真行事に割り込みたがっていた」と表現した。 他の韓国の政治指導者たちと同じように 文大統領は、韓国内の問題が困難になるとき、日本を問題化しようと努力している」とボルトンは、陰謀論を提起した。 さらに何の根拠もなく「 文大統領は(トランプ大統領に) 過去の歴史、未来の関係を妨げてはならないのに、日本が過去の問題を問題化すると言ったが、歴史問題を提起することは、日本ではなく、 文大統領である。 彼はの目的のため問題化するだろう」と主張した。

次の