ハッピーホルモン。 新型コロナの今こそ!“ハッピーホルモン”で不安ストレス撃退

幸せホルモン『オキシトシン』!効果や増やし方は?食べ物で増える?

ハッピーホルモン

スポンサーリンク 幸せホルモンとは? 幸せホルモンとは心と体が安らぐ作用を持つホルモンのことを言います。 脳から分泌されると情緒が安定して 幸福感を得られることから 『幸せホルモン』と呼ばれるようになりました。 幸せの定義って人それぞれ違うので明確に解説することは難しいですが、分かりやすく理解してもらうために具体例を紹介します。 例えば• 家族と過ごしているとき• 友達と遊んでいるとき• 恋人とデートしているとき って不思議と心が落ち着いて幸せだと感じますよね? その理由は幸せホルモンが脳から分泌されているからなんですよ! あと、人生が辛いと感じるのは幸せホルモンが足りていない証拠! 幸せホルモンと呼ばれる3種類のホルモンとは? 記事の冒頭にも書きましたが、幸せホルモンには 『オキシトシン』・『セロトニン』・『ドーパミン』の3種類があります。 というわけで、それぞれのホルモンが持つ作用と分泌を促進して増やす方法について見ていきましょう! オキシトシンとは? オキシトシンは家族や友達など心許せる好きな人と一緒にいるときや、飼っているペットと触れ合っているときに分泌されます。 恋人とハグやキスなどスキンシップをすると言葉では言い表すことができないぐらい幸せな気持ちになりますが、この理由はオキシトシンが分泌されているからです。 愛情に深く関係する行動をしたときに分泌されるので 『愛情ホルモン』と呼ばれることもあります。 出産後の女性だと母乳の分泌を促す作用もあり、母性にも深く関係しているんです。 主な作用• 安心感が増して幸福感を得られる• 他人に対して愛情深くなる• 不安感や恐怖心が緩和される• コミュニケーション能力が上がる• 学習意欲と記憶力が高くなる• 睡眠を促す 増やす方法• 家族や友達と過ごす• 恋人とハグやキスをする• 子供と手を繋ぐ• ペットと触れ合う• 新しいことにチャレンジする• 他人に感謝されることをする(褒められることをする) セロトニンとは? セロトニンは太陽の光を浴びると分泌されます。 感情や心を安定させる作用を持っておりストレスも緩和されます。 不足すると情緒不安定になり感情をコントロールすることが難しくなってしまい、うつ病の原因になりかねません。 嫌なことや落ち込むことがあったわけじゃないのに、情緒不安定でイライラしやすいときはセロトニンが不足しているのかもしれませんね。 また、他の精神伝達物質を適切に制御する働きも持っており、 精神を安定させるうえで最も重要なホルモンと言っても過言ではありません。 冬になると気分が落ち込みやすいのは、日照時間が短くてセロトニンが十分に分泌されないのが大きな理由なんですよ。 だから、冬場は意識して日光を浴びるように心がけましょう! 主な作用• 精神の安定• 脳の覚醒• ストレスが解消される• 神経伝達物質の制御 増やす方法• 太陽の光を浴びる• ウォーキングなどで一定のリズム運動をする• 食事をよく噛んで食べる• トリプトファンが含まれる食べ物を摂取する ドーパミンとは? ドーパミンは楽しいことや嬉しいことがあったとき、目標を達成したときなどに分泌されるホルモンで、脳に快感をもたらします。 分泌されるほど人間は快感を得られることから 『快楽物質』や『脳内麻薬』と呼ばれることもあります。 勉強・仕事の『やる気』をあげる作用もあるので、小さな目標を立てたり自分へのご褒美を用意したりして、ドーパミンを常に出すようにすると、どんどん『やる気』がみなぎってきます。 意識して幸せホルモンの分泌を促そう 幸福感のある楽しい人生を過ごすには意識して幸せホルモンの分泌を促してください。 暗い気持ちで何もしないままだと幸せホルモンが分泌されないので、いつまでたっても暗い気持ちから抜け出すことができませんし、うつ病になるリスクもあります。 誰しもが必ず一つは夢中になれることがあるはずですから、そのことを思いっきり楽しむことからはじめてみてはどうでしょうか? その他にも• 趣味や特技に熱中する• 興味のある習い事をはじめる• 勉強・仕事に目標を作る• 朝のジョギングを日課にする• 家族と旅行に行く• 友達と遊びに行く などが幸せホルモンを増やすのに効果的! 思いっきり楽しいことをして気分転換して前向きな思考を取り戻しましょう! 恋愛をするのもおすすめです 幸せホルモンを分泌させるには恋愛をしてパートナーと愛を育むのもおすすめ。 ラブラブな恋人と一緒にいると気持ちが落ち着いて幸福感を得られますよね? 言葉ではうまく言えないけど、不思議な幸福感に包まれるのは幸せホルモンのおかげなんです! 特にスキンシップをするのが効果的なので、ぜひ意識して回数を増やしてください。 見つめ合う• 手を繋ぐ• ハグをする• キスをする• イチャイチャする• エッチをする この中で最も幸福感を得られるのはエッチをすることです。 快感によりドーパミンが分泌、そして終わった後にはオキシトン・セロトニンが分泌されます。 エッチが終わると眠くなるのは疲労の他に、オキシトシン・セロトニンが分泌されたことで心が安心するのも理由なんですよ。 まとめ オキシトシン・セロトニン・ドーパミンが分泌されると人間は幸せな気持ちになります。 生きるのが辛いとか自分は不幸だと感じるときは、幸せホルモンを意識的に分泌させることをしてください。 そうしないと、どんどん気持ちが沈んで負の連鎖から抜け出せなくなります。 辛いときこそ幸せホルモンが分泌される楽しいことをして、幸せを得ることが大切なんですよ。

次の

不安ストレス撃退法!ハッピーホルモンって何?ガッテン4月22日!

ハッピーホルモン

日々つのる、不安やストレスの軽減。 それを実現してくれるのは、あなたの体の中の「ハッピーホルモン」です。 正式名称は「オキシトシン」。 親しい人と触れ合ったときなどに、脳から出てきます。 ストレスの軽減以外にも、痛みが和らいだ、認知症の症状が改善したなどさまざまな報告があり、現在も研究が続けられています。 ならばすぐにでも親しい人とタッチしたいところですが、現在は新型コロナウイルスの影響で、人と会うことすら難しい状況ですよね。 そんなときにおすすめしたいのが、電話を使っての会話。 アメリカ・ウィスコンシン大学で行われた研究などから、人は触れ合うことができなくても、親しい人の声を聞くだけでオキシトシンが増えることがわかってきました。 それは、「もっと肉食べるようにしなよ」。 実は厚生労働省が毎年行っている国民健康栄養調査の結果から推計すると、70歳以上の3~4人に1人に、低栄養(栄養失調)の恐れがあることがわかりました。 低栄養になると、肺炎や心筋梗塞になったり、介護が必要になったり、死亡するリスクが高まることが、さまざまな研究からわかってきています。 では、一体どうすれば低栄養を防ぐことができるのでしょうか。 ずばり、それは「たんぱく質」の摂取。 卵や大豆、魚、肉などの食品を積極的に食べることが推奨されています。 特に肉は体内のたんぱく質を効率的に増やすのに優れています。 「もっと肉食べるようにしなよ」。 電話をかける際、ぜひ使ってみてください。

次の

今こそ大切なハッピーホルモン!たった3つの「セロトニン習慣」

ハッピーホルモン

この記事の目次• 積極的に身体を動かしてストレスを解消する セロトニンを増やすためには 適度に運動をすることが効果的です。 しかしどんな運動でもセロトニンを増やすことに役立つという訳ではなく、特に効果的なものがいくつかあります。 まずはセロトニンを増やすために効果的な運動のポイントを見ていきましょう! 好きなスポーツや運動 セロトニンを増やしたいからと言って、無理に苦手な運動をしてストレスの素を作ってしまうようでは逆効果です。 セロトニンを増やすために運動をする場合には、第一に 「自分が楽しんで行うことができる運動」を選ぶようにしましょう。 ダンスなどのリズミカルな運動 セロトニンを増やすためには、ダンスやウォーキングなどの リズミカルに行うことのできる運動が特に効果的です。 運動強度の高い運動はセロトニンを増やすことにはあまり向きません。 できるだけゆったりとしていて、あまり頭を使わなくてもできるような運動を選ぶことがセロトニンを増やすことに向いています。 特に ヨガやストレッチなどは、セロトニンを増やすための運動として有効です。 セロトニンは日中に分泌され、夜の間や寝ている間には分泌されません。 そのため、起き掛けにしっかりと朝日を浴びることや日中に自然光を浴びることが、セロトニンの分泌を促すためには欠かせないのです。 また夏場は特に日焼け対策で紫外線を浴びないような工夫をしている方も多いと思いますが、紫外線を浴びることで体内でのビタミンD生成が活発になります。 このビタミンDはセロトニンの生成をサポートしてくれる成分です。 朝に自然光を浴びることは、すっきりとした目覚めることにも効果的です。 朝が苦手な方なども、カーテンの隙間を少し開けておいたり光目覚まし時計を取り入れたりすることで、セロトニンの分泌を促しながらストレスフリーな朝を目指しましょう。 瞑想で無になる 瞑想をすることはセロトニンの分泌を促すためにも効果的な方法です。 何も考えず頭の中を無にして、自分の呼吸のリズムだけに集中します。 セロトニンの分泌を促すための瞑想では 「息を吐くことを意識した呼吸」が重要なポイントです。 ゆっくりと数を数えるような意識で息を吐きだすことで、セロトニンの分泌がより活性化されます。 ぜひ少し早起きをして、朝日を浴びながらの瞑想を朝のルーティンに加えてみてはいかがでしょうか。 食べ物の効果で身体の内側からアプローチする セロトニンの分泌を増やすためには、 普段の食生活も大切です。 セロトニンの分泌を促したりセロトニンの素となる栄養を積極的に摂ったりすることで、セロトニンの分泌を増やすことに繋がります。 どのような食材が効果的なのかを見ていきましょう。 牛乳やヨーグルトなどの乳製品 牛乳やヨーグルトなどの乳製品には、セロトニンの素となる 「トリプトファン」という栄養素が含まれています。 乳製品• バナナ• 大豆食品• 魚・肉 赤身 おやつにナッツを食べる ナッツ類にもトリプトファンが豊富に含まれています。 ナッツにはトリプトファンの他にも良質な脂肪分やビタミンなどの栄養が含まれているものも多く、健康的なおやつとしておすすめです。 またナッツ類は硬く歯ごたえがあるため、しっかりと咀嚼して食べる必要があります。 セロトニンは呼吸や咀嚼などのリズミカルな生命活動によっても分泌が促進されるので、セロトニンを増やすことにも効果的なのです。 ある実験では12週間ナッツを多く食べるもしくはナッツを避ける食事をした場合に、 ナッツを多く摂取した人たちの方がよりセロトニンの分泌が活発になっていた、という結果が示されています。 間食をしたくなったときには、ぜひナッツ類を よく噛んで食べてみましょう。 セロトニンを増やす習慣で毎日をよりハッピーに 今回は 「幸せホルモン」と呼ばれているセロトニンを増やす方法についてご紹介してきました。 セロトニンを増やすためには、 普段のちょっとした生活習慣や食事での心がけが大切です。 自分の生活を振り返ってみて、生活習慣の乱れや食事バランスの偏りなどに心あたりがある場合には、少しずつ改善してみましょう。 セロトニンが増えるとストレス耐性が強くなったり、感情をコントロールしやすくなって 幸せを感じやすくなったりします。 ぜひセロトニンを増やす方法を毎日の生活に取り入れて、よりハッピーな毎日を過ごしていきましょう!.

次の