グループ音声通話が開始されました。 みんなでしゃべろう! LINEの「グループ音声通話機能」

Skype で通話をする方法を教えてください。

グループ音声通話が開始されました

0、パソコン版「LINE」バージョン6. 0以上で利用できます。 「LINE」のグループ通話はオンライン会議システムやオンラインコミュニケーションに馴染みがない人でも、誰でも無料で簡単に利用できることが特徴です。 普段から使っている「LINE」のグループトークや複数人トークのメンバーと音声通話やビデオ通話を楽しめます。 このグループ通話の参加上限人数を、グループトークの参加上限人数と同様の500名へと変更しました。 グループ通話(ビデオ通話、音声通話)の参加上限人数が500人になることにより、さらに大規模な人数でのオンラインコミュニケーションが可能となります。 500名が参加してグループ通話をしても、参加者みんなを確認しながら会話を楽しめます。 グループで音声通話をする場合は画面を上下にスクロールして参加者全員のアイコンを、ビデオ通話をする場合は横にスワイプして参加者の顔や様子を確認することができます。 また、グループ通話の付随機能を活用すれば利用シーンが広がります。 スマートフォンでグループビデオ通話中には各種フィルターやエフェクトなどを使用して雰囲気を変えて会話に参加することも可能です。 さらに、今回、グループトークや複数人トークで参加しているメンバーとライブ映像の中継ができるチャットライブの最大人数も500名へと拡大しました。 【グループ通話の詳しい使い方】 みんなの使い方ガイド: 今後も「LINE」はユーザーニーズに合わせたアップデートを行い、友だちや家族などの親しい人とのコミュニケーションをコアバリューとしながらも、個々人に最適化されたコミュニケーションと情報の出会いを提供し、皆様の生活により密接な存在となることを目指します。 【ご参考】 2020年3月以降、「LINE」のグループコミュニケーションやビデオコミュニケーションの利用が増加していることを受け、オンラインでのグループコミュニケーションの円滑化に貢献できるよう、グループ通話のアップデートを行っています。 LINE、グループビデオ通話と音声通話を大幅にアップデート LINE、グループビデオ通話中、 スマホの「LINE」でもパソコン画面を一緒に見れる 新機能「画面シェア」を提供開始•

次の

LINEでグループ通話する方法 かけ方・切り方から便利機能まで【スマホ/PC】

グループ音声通話が開始されました

LINEビデオ通話なら無料で最大200人まで同時参加が可能 外出自粛が続く中、ビデオ会議やオンライン飲み会に注目が集まっていますよね。 しかし、ビデオ通話のツールがいろいろあり過ぎて、「どれがいいかわからない」「難しい登録や設定はしたくない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 そんな方には、 LINE(ライン)がおすすめ! 普段からLINEを使っている方なら、わざわざ新規登録やインストールなどをすることもなく、手軽にビデオ通話ができます。 LINEのビデオ通話なら、 最大200人まで時間制限なしで無料通話が可能。 さらに、PC版のLINEをインストールすれば、パソコン上でもLINEのビデオ通話を利用することができますよ。 今回は、そんなLINEのビデオ通話の使い方をご紹介します。 なお、PC版LINEでビデオ通話をするには、マイク・カメラが必要です。 お手持ちのパソコンに搭載されていない場合は、別途ウェブカメラを接続してください。 マイク内蔵Webカメラのオススメ商品はこちら。 LINEビデオ通話を複数で行う場合【スマホ版】 3人以上の複数人のグループで、ビデオ通話をする方法をご紹介します。 グループを作成する方法は。 画面を縮小すれば、ビデオ通話をつないだまま、他のトーク画面にも移れるため、「来ているLINEを返したい!」という時にも便利です。 好きな位置に移動させることもでき、縮小された画面をタップすれば、元のサイズに戻ります。 エフェクトとは、ビデオ通話中に、加工した状態の映像を表示させられる機能のことです。 背景を隠すものから顔の一部を加工するもの、顔全体を隠すものなど、種類は様々です。 左上の「ダウンロード」をクリックし、 「Windows版をダウンロードする」を選択します。 言語を「日本語」に設定し、「OK」をクリックしてください。 「次へ」をクリックすると、利用規約が表示され、「同意する」を選択後、インストールが開始されます。 デスクトップに追加されたLINEを開くと、ログイン画面が表示されます。 スマホで使っているアカウントでログインする場合は、メールアドレス・パスワードを入力してください。 PC版とスマホ版は、同じアカウントでの同時ログインが可能です。 なお、パソコンで新規登録をする場合は、「新規登録ボタン」をクリックし、画面に沿って、アカウントを作成(無料)をしてください。 PC版LINEでも、スマホ版と同様、友だちになっているユーザー同士で、ビデオ通話をすることができます。 パソコンからビデオ通話をかけるには、 「友だちリストからかける」「トークルームからかける」の2つの方法があります。 LINEビデオ通話を複数で行う場合【PC版】 パソコンでも、複数人のグループでのビデオ通話ができます。 基本的な操作方法は、スマホ版とほとんど一緒です。 グループを作成する方法は。 「参加」ボタンをクリックすることで、ビデオ通話に参加することができます。 LINEのビデオ通話では画面シェア(画面共有)ができる【PC版】 PC版LINEでは、パソコンの画面が共有できる 「画面シェア」という機能があります。 画面シェアのやり方は、こちら。 画面シェアを終了したい場合は、右下の「停止」をクリックすれば、終了しますよ。 ただし、画面に映せる人数には上限があり、人数が増えると、全員の顔を同時に見ることはできません。 最大表示数は、 iPhone:4人、Android:6人、PC版:16人です。 つまり、スマホの場合、自分も含め、5人または7人以上のグループ、PCの場合、17人以上のグループでビデオ通話をすると、全員画面に映りきらないというわけです。 映らない人は、右側に丸いアイコンで、プロフィール写真が表示されます。 映す人を変える場合は、友だちのアイコンを切り替えたい友だちの画面までスワイプ(ドラッグ)すれば、変更できます。 LINEのビデオ通話が聞こえない場合の原因と解決方法 LINEのビデオ通話で、「相手の声が聞こえない」または「自分の声が相手に聞こえていない」という場合の原因や対処法を解説していきます。 LINEを最新版にアップデートしていない LINEアプリをアップデートせずに、古いバージョンのまま利用していると、声が聞こえないなどの不具合が生じる可能性があります。 App StoreもしくはGoogleストアから、最新版にアップデートしてみてください。 ビデオ通話をする際に、「端末の[設定]>[LINE]で、マイクへのアクセスを許可してください。 」と表示されたら、「設定」をタップし、端末のマイク設定をオン(緑色)にしてください。 スピーカーがオフになっている スピーカーがオフ、つまり、ミュートの状態になっている場合、自分の声は相手に聞こえません。 また、相手側がオフになっている場合は、相手の声が自分に聞こえません。 端末の音量が小さくなっている スマホやPCの音量を絞っていると、ビデオ通話の声も小さくて聞き取りにくくなります。 ボリュームボタンで、音量を調整してみてください。 Wi-Fiの電波が弱い LINEは、インターネット回線を利用しているため、Wi-Fiの通信環境が悪いと、ビデオ通話の映像や音声が不安定になります。 お店や駅など、街のWi-Fiは電波が弱いことが多いので、その場合は、モバイルデータ通信(LTE に切り替えてみてください。 ただし、長時間のビデオ通話はデータ通信量が大きく、契約プランによっては、すぐに速度制限がかかる原因になってしまうため、なるべく、Wi-Fi環境での通話をおすすめします。

次の

みんなでしゃべろう! LINEの「グループ音声通話機能」

グループ音声通話が開始されました

やっと追加された複数でのLINE無料通話機能 これまでLINEの無料通話機能は1:1でしか利用できませんでしたが、最新 バージョンの6. 0から、ついにグループ通話が可能となりました。 他のメッセンジャー&通話アプリの多くが複数での通話が以前から可能だったのに対し、LINEは複数通話機能が使えなかっただけに、待ちに待った機能という方もいらっしゃるでしょう。 新たに追加されたLINEのグループ通話機能は、最大200人と同時に通話ができ、スマホからだけではなくパソコン版のアプリでも利用可能です。 この機能を使うためにはLINEの最新バージョンが必要ですから、利用する前にアップデートを済ませておきましょう。 同様に、グループ通話機能を利用するためには、グループの他メンバーにもバージョン6. 0にアップデートしてもらいましょう。 古いバージョンを使っているメンバーはグループ通話機能が利用できません。 グループ通話機能を利用してみよう グループ通話機能を利用したい場合は、事前にグループを作っておく必要があります。 グループではなく複数人トーク画面からの利用も可能です。 グループ内の誰かが参加すると、グループのトーク画面に「グループ通話が開始しました」というメッセージが表示されるので、このメッセージの「参加」ボタンをタップすれば、グループ通話に参加できます。 その代わり通常のトークのメッセージと同様、メッセージ通知だけがグループメンバーに通知されるので、頻繁に着信音が鳴って困るというようなことにはなりません。 自分が参加しているグループで通話が開始されると、グループトーク画面に「グループ通話が開始されました」というメッセージが表示されます。 メッセージ下にある「参加」をタップし「グループ通話に参加しますか?」で「はい」をタップすれば通話に参加できます。 参加したくない場合は、「参加しない」というボタンはありませんのでそのままメッセージを放置しておけば良いでしょう。 一度通話を終了しても、再度メッセージ画面の「グループ通話」をタップすればいつでも参加し直すことができます。 急いでいる時は個別に通話した方が確実でしょう。 そんな時は通話画面にてメンバーのアイコン上に音声マークが表示されます。 また、通話ボタン上に今話している相手のアカウント名が表示されます。 常時誰が喋っているかを画面上で確認したい場合は、通常のケータイを耳につける通話スタイルではなく、ハンズフリーやイヤフォンを使うのがスタンダードな通話方法になります。 グループ通話画面を隠したい時は画面左上の「隠す」アイコンをタップします。

次の