シメチジン。 シメチジン:タガメット

周期性発熱~PFAPA症候群~

シメチジン

胃潰瘍、十二指腸潰瘍:シメチジンとして1日800mgを2回 朝食後及び就寝前 に分割して経口投与する。 また、1日量を4回 毎食後及び就寝前 に分割もしくは1回 就寝前 投与することもできる。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 吻合部潰瘍、Zollinger-Ellison症候群、逆流性食道炎、上部消化管出血 消化性潰瘍、急性ストレス潰瘍、出血性胃炎による :シメチジンとして1日800mgを2回 朝食後及び就寝前 に分割して経口投与する。 また、1日量を4回 毎食後及び就寝前 に分割して投与することもできる。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 但し、上部消化管出血の場合には、注射剤で治療を開始し、内服可能となった後は経口投与に切り替える。 急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変 糜爛、出血、発赤、浮腫 の改善:シメチジンとして1日400mgを2回 朝食後及び就寝前 に分割して経口投与する。 また、1日量を1回 就寝前 投与することもできる。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 用法・用量に関連する使用上の注意• 腎障害のある患者では、血中濃度が持続するので、投与量を減ずるか投与間隔をあけて使用する。 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 重大な副作用 頻度不明• ショック、アナフィラキシー様症状:ショック、アナフィラキシー様症状 全身発赤、呼吸困難等 が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少:再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少が現れることがあるので、初期症状として全身倦怠、脱力、皮下出血・粘膜下出血、発熱等がみられたら、その時点で血液検査を実施し、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。 間質性腎炎、急性腎不全:間質性腎炎、急性腎不全が現れることがあるので、初期症状として発熱、腎機能検査値異常 BUN上昇、クレアチニン上昇等 等が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。 皮膚粘膜眼症候群 Stevens-Johnson症候群 、中毒性表皮壊死症 Lyell症候群 :皮膚粘膜眼症候群 Stevens-Johnson症候群 、中毒性表皮壊死症 Lyell症候群 が現れることがあるので、観察を十分に行い、このような症状が現れた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。 肝障害:黄疸、また、AST上昇 GOT上昇 、ALT上昇 GPT上昇 等が現れることがあるので、定期的に肝機能検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止する。 房室ブロック等の心ブロック:房室ブロック等の心ブロックが現れることがあるので、このような場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 意識障害、痙攣:意識障害、痙攣が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行い、特に腎機能障害を有する患者において現れやすいので、注意する。 その他の副作用:次のような副作用が認められた場合には、必要に応じ、減量、投与中止等の適切な処置を行う。 腎臓: 頻度不明 BUN上昇、一過性クレアチニン上昇。 過敏症: 頻度不明 発疹、*末梢神経障害 *:過敏性血管炎に基づく末梢神経障害が報告されている [これらの症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う]。 内分泌: 頻度不明 女性化乳房、乳汁分泌、帯下増加、勃起障害[これらの症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う]。 精神神経系: 頻度不明 可逆性の錯乱状態、痙攣、頭痛、眩暈、四肢のしびれ・四肢こわばり感、眠気、ヒポコンドリー様症状、無気力感、うつ状態、幻覚。 循環器: 頻度不明 頻脈、徐脈、動悸。 消化器: 頻度不明 便秘、腹部膨満感、下痢。 その他: 頻度不明 発熱、全身熱感、排尿困難、筋肉痛、膵炎、脱毛。 使用上の注意 禁忌 シメチジンに対し過敏症の既往歴のある患者。 慎重投与• 腎障害のある患者。 肝障害のある患者。 薬物過敏症の既往歴のある患者。 高齢者。 重要な基本的注意 治療にあたっては経過を十分に観察し、病状に応じ治療上必要最小限の使用にとどめ、本剤で効果がみられない場合には他の療法に切り替える。 なお、血液像、肝機能、腎機能等に注意する。 相互作用 併用注意:• プロカインアミド[これらの医薬品の血中濃度を高めることが報告されているので、これらの医薬品を減量するなど慎重に投与する 本剤が近位尿細管におけるプロカインアミドの輸送を阻害し、腎クリアランスを減少させる ]。 エリスロマイシン[これらの医薬品の血中濃度を高めることが報告されているので、これらの医薬品を減量するなど慎重に投与する 機序不明 ]。 高齢者への投与 高齢者では減量するか投与間隔を延長するなど慎重に投与する[本剤は、主として腎臓から排泄されるが、高齢者では腎機能が低下していることが多いため血中濃度が持続する恐れがある]。 妊婦・産婦・授乳婦等への投与• 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。 授乳中の婦人への投与は避けることが望ましいが、やむを得ず投与する場合は授乳を避けさせる[母乳中に移行することが報告されている]。 小児等への投与 小児等に対する安全性は確立していない 使用経験が少ない。 過量投与• 症状、徴候:外国において、シメチジン20gから40gを投与後に意識喪失等の重篤な中枢神経症状が発現した症例、及び40g以上のシメチジンを単回経口服用した成人での死亡症例の報告がある。 日本では1回50錠 10g 、外国では100錠 20g までの過量投与の報告があるが、特に重大な影響はみられなかった。 処置:過量投与時、催吐、胃洗浄等を行うとともに適切な療法を行う。 適用上の注意 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている。 その他の注意• 動物の毒性試験で弱い抗アンドロゲン作用に基づく前立腺重量減少及び精嚢重量減少が報告されている。 ラットに24カ月投与した毒性試験で良性精巣間細胞腫の発生が増加したとの報告がある。 本剤の投与が胃がんによる症状を隠蔽することがあるので、悪性でないことを確認のうえ投与する。 取扱い上の注意• 取扱い上の注意:光にさらされることによりわずかに着色することがあるため、開封後の保存に注意する。 安定性試験:PTP包装 PTPシートをアルミピロー包装 及びバラ包装 アルミ袋 したものを用いた長期保存試験 室温、4年間 の結果、通常の市場流通下において4年間安定であることが確認された。

次の

薬局で買える薬

シメチジン

今回は実際に受けた処方についての記事です。 最初よく分からなかったので備忘録として書いてみます。 処方内容 3歳の子供 14kg の処方箋。 4g 30日分』。 周期性発熱・・・まぁ、読んで字のごとく周期的に繰り返す発熱ということくらいしか分からなかったので、調べてみることに。 周期性発熱の種類 や免疫不全が否定された場合には自己炎症性症候群による発熱を疑うようです。 周期性発熱(periodic fever)を伴う自己炎症性症候群にもいくつか種類があります。 ・PFAPA症候群(syndrome of periodic fever, aphthous stomatitis, pharyngitis,and adenitis) ・家族性地中海熱(FMF) ・TNF受容体関連周期性症候群(TRAPS) ・高IgD症候群(HIDS) ・クリオピリン関連周期熱症候群(CAPS) これを見ても何ひとつピンとこない・・・。 PFAPA症候群って? PFAPA症候群: アフタ性、、頸部リンパ節炎、腹痛などを伴う周期性発熱を伴う症候群。 平均発症年齢は 2. 8 歳。 予後:良好で通常4~8年程で治り、成長・は報告されてない。 検索してみた 自分はEBMの超初心者でろくに論文検索もできないのですが、ブログを書きだしたせいか、シメチジンにはどれくらいの効果があるんだろうか?よしっ!で検索してみよう!と勢い良く検索してみるものの・・・ 見つからない!? 探し方が悪かったのか??結局うまく見つけることができなかったので、に聞いてみると日本語文献がいくつか出てきました。 何か思ってたのと違う。 なぜかで検索すれば何かしらRCT ランダム化比較試験 の論文が簡単にヒットしてラクトだけでも読んでみようとか思ってたんですよね。 改めて分かったことがあれば記事を更新していこうと思います。

次の

シメチジンの効果と副作用や市販薬!石灰化や適応外についても

シメチジン

H2ブロッカーと肩関節周囲炎 シメチジン(タガメット)やファモチジン(ガスター)などのH2ブロッカーが、石灰沈着性の腱板炎や関節周囲炎に使われることがある。 効果を示すメカニズムは明確にはなっていませんが、カルシウム代謝に関連する副甲状腺ホルモンの分泌抑制作用や、末梢のH2受容体に対する直接作用などが考えられています。 ちなみに適用外使用です。 H2ブロッカーの石灰沈着症に対する効果は、原発性副甲状腺機能亢進症患者にシメチジンを投与し、副甲状腺ホルモン(PTH)や血清カルシウム濃度が正常化したとの報告がある。 作用機序は不明ですが、「カルシウムを溶かす薬」と説明されることもあり、そう言われると骨粗鬆症になりそうでちょっと怖い。 ガスターやタガメットの副作用には、骨に関する影響は見られないので、問題は無さそうですが。 五十肩や石灰沈着性腱板炎では、大抵NSAIDsなどの鎮痛薬が処方されており、胃腸障害の予防に胃薬が併用されることが多いので、その際H2ブロッカーを併用してみる、という選択もある。 石灰沈着性腱板炎にH2ブロッカーを用いる際には、消化性潰瘍に対する常用量を投与することが多く、治療効果は用量に依存するとされている。 ただし、石灰沈着性腱板炎に対する処方は適応外である。 そもそも石灰吸収は、自然経過を見ているにすぎず、H2ブロッカーと無関係であるとの意見もあり、さらなる臨床研究の積み重ねが必要とされている。 H2ブロッカーの作用機序 H2受容体拮抗薬に石灰沈着の減少作用や疼痛改善作用が報告されている。 この主要なメカニズムとしては、上皮小体のH2受容体を介したPTH分泌抑制作用だと考えられている。 これは、血中のカルシウム量が正常にもかかわらず、PTHが過剰に分泌される上皮小体機能亢進症患者にH2受容体拮抗薬を投与すると、PTHやカルシウム濃度が正常化したという報告があるためである。 また、骨格筋の中の末梢血管に存在するH2受容体への作用の関与も示唆されている。 五十肩と石灰沈着性腱板炎の違いは? そもそも五十肩の定義があいまいですが、医学的には肩関節周囲炎という。 全てひっくるめて、世間一般には「肩こり」と言われる。 しかし、「石灰沈着性腱板炎」と言うと重い疾患の印象を与える。 石灰沈着性腱板炎は、肩関節の関節包や滑液包(肩峰下滑液包を含む)の炎症であるいわいる五十肩(肩関節周囲炎)の症状とよく似ており、X線(レントゲン)撮影によって腱板部分に石灰沈着の所見を確認する事によって診断します。 肩関節石灰沈着性腱板炎 肩関節には棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の四つの筋腱からなる腱板がある。 そこにカルシウム塩が沈着し、炎症を起こすのが肩関節石灰沈着性腱板炎である。 40~50歳代の女性に多く発症し、安静時痛や患部の圧痛、疼痛による可動域制限が主な症状である。 肩関節の腫板への石灰沈着は、欧米では人口の2. 7~7. ただし、俗に「四十肩」「五十肩」と呼ばれる肩関節周囲炎とは別の疾患である。 石灰沈着性腱板炎の発症メカニズムは明らかにされていないが、更年期の女性に多いことから、カルシウム代謝の変化に伴う血中の副甲状腺ホルモン PTH およびカルシウムの濃度上昇が、腱板などへの石灰沈着を引き起こすという仮説が有力視されている。 急性期には石灰化による化学反応や石灰化巣の拡大による関節内圧の上昇により、激しい痛みを生じる。 慢性化するにつれ、肩峰下滑液包の肥厚や滑液包と腱の肩峰との衝突 インピンジメント による症状、さらには関節拘縮による痛みも加わっていく。 ちなみに、関節周囲に沈着しているカルシウム塩は、歯や骨を構成するヒドロキシアパタイトではなく、ヒドロキシル基を含まないカルボン酸アパタイトであることが報告されている。 石灰沈着性腱板炎の治療法としては、急性期には麻酔薬やステロイドの局所注入、非ステロイド性抗炎症薬 NSAIDs の投与が、慢性期には沈着した石灰の吸引除去や外科的摘出などが行われる。 五十肩と四十肩 五十肩も四十肩も正式には肩関節周囲炎といって同じ病気です。 五十肩より四十肩のほうがまだマシ、なわけではありません。 四十肩という呼び方は、以前はまれで、ほとんどが五十肩と呼んでいましたが、近年発症の低年齢化が目立つようになり、四十肩という呼び方が増えています。 私はまだ30代なので、三十肩です。 599• 265• 227• 147• 205• 217• 210• 113• 178• 101• 135• 153•

次の