しなやかケア。 【ラクトウェル】しなやかケアとの違いは?

ウェルネス通信がおススメする「年齢ペプチド」(ラクトトリペプチド)のサプリ「しなやかケア」

しなやかケア

2011. 09 「年齢ペプチド」配合の通販専用サプリメント 「健彩生活『しなやかケア』」 新発売 2011年10月5日より発売 カルピス株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:山田藤男)は、 「健彩生活『しなやかケア』」〔120粒パウチ:4,200円、120粒ボトル:4,200円(税込)〕、および 「健彩生活『しなやかケア』+カテキン」〔120粒ボトル:5,200円(税込)〕を、10月5日(水)から当社の通販チャネル「カルピス健康友の会」にて発売します。 当社独自の「L-92乳酸菌」を含む「健彩生活『アレルケア』」シリーズを中心に、安全・安心な品質や快適な毎日をサポートする食品のラインナップにご好評をいただき、好調に推移しています。 健康診断のたびに心配ごとが増える年代において、カラダの内側から「しなやかでいたい」という思いも次第に強まってきます。 「年齢ペプチド」は、「カルピス」の素となる発酵乳「カルピス酸乳」から生まれたペプチドで、しなやかで健やかな毎日を願う方々のためにはたらく、カルピス社独自の健康成分です。 この「年齢ペプチド」を1日の摂取目安量4粒に4. 8mg配合していますので、手軽に効率よく摂取していただけます。 茶カテキンを配合した 「健彩生活『しなやかケア』+カテキン」と共に、より若々しくしなやかな毎日を応援してまいります。 「健彩生活『しなやかケア』」 120粒パウチ、120粒ボトル)、「健彩生活『しなやかケア』+カテキン」 商品特長 1. 「健彩生活『しなやかケア』」は、「年齢ペプチド(=LTP)」を4粒(1日目安量)で4. 8mg配合した、健やかでしなやかな毎日をサポートするサプリメントです。 2. 「健彩生活『しなやかケア』+カテキン」は、「しなやかケア」に茶カテキン450mgを加えたサプリメントです。 プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。 最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

次の

【ラクトウェル】しなやかケアとの違いは?

しなやかケア

製品仕様 商品名 「しなやかケア」+カテキン120粒ボトル 名称 カゼインペプチド含有食品 賞味期限 商品裏面に記載 内容量 40. 364g]当たり) エネルギー…5. 28kcal たんぱく質…0. 46g 脂質…0. 04g 炭水化物…0. 77g 食塩相当量…0. 01〜0. 03g 「ラクトトリペプチド」…4. アレルギー物質(27品目中) 乳 保存方法 高温・多湿及び直射日光をさけて保存してください。 茶カテキンは緑茶などに含まれるポリフェノールの一種で、渋み成分でもあります。 その様々な健康作用が近年注目されており、「しなやかケア+カテキン」には4粒当たりに日本茶約5. 5杯分(湯のみ茶碗換算)の茶カテキン(450㎎)が含まれており、年齢や生活習慣が気になる方の健やかでしなやかな毎日を応援します。 その際はご使用を中止してください。 その際は医師にご相談ください。 生産国/ 商品区分 日本製/健康食品 製造者 販売者:アサヒカルピスウェルネス株式会社(東京都渋谷区恵比寿南2-4-1).

次の

「健彩生活『しなやかケア』」 新発売|アサヒカルピスウェルネス株式会社

しなやかケア

年齢ペプチドの効果 血管の柔軟性を向上 血管の内側にある血管内細胞は様々な状況にあわせて命令し物質を出して血管の健康を維持します。 年齢ペプチドはこの血管内細胞に働きかけることで、血管の柔軟性改善効果があることがわかっています。 8週間の摂取で柔軟性改善データが 1992年以来、研究され続けた年齢ペプチドの中で分かったことが、8週間の継続した年齢ペプチドの摂取が血管の柔軟性の改善に繋がったことです。 血管が高めの70名を2グループに分け、年齢ペプチドを含む食品とそうでない食品を8週間継続摂取するという試験が行われました。 年齢ペプチドを8週間継続したグループが大幅に血管の柔軟性が改善されるという結果となりました。 年齢ペプチドで血管のつまりの抑制が期待 高コレステロール結晶のマウスに年齢ペプチドを含んだ餌を31週間摂取させる試験。 年齢ペプチドを摂取していないマウスはプラーク(こぶ)が動脈に見られましたが、年齢ペプチドを摂取したマウスは動脈の肥厚(厚くなること)が抑制されました。 その為、年齢ペプチドは動脈硬化予防が期待されています。 その他にも、運動と年齢ペプチドによる血管のしなやかさ向上や、食事指導と年齢ペプチドによる血管年齢の低下などの効果が試験で確認されています。 このように様々な試験により、年齢ペプチドの凄い効果がどんどん判明してきており、現在、非常に期待されているのです。

次の