ポケモン フシギバナ 育成論。 【ポケモン剣盾】フシギバナの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

【ピカブイ】フシギバナの入手方法と育成論

ポケモン フシギバナ 育成論

【良いところ】• 安定した能力を持ちます。 特殊耐久は特に高く、特防特化にすれば、特攻無振りの「れいとうビーム」「だいもんじ」を受けることができます。 タイプ不一致弱点技を耐えることができるので、特殊受けが安定します。 「あまえる」と合わせて居座りを狙ってもよいです。 種族値が平均的なので、努力値配分で型が大きく変わります。 特殊受け型、やどみが耐久型、意表をついて特殊or物理アタッカー型などいろいろな型があります。 特殊耐久が高く電気技・水技・草技に耐性を持ちます。 サンダースやライコウなど特殊電気アタッカーや、ミロカロスなど耐久水ポケモン、ジュカインなど特殊草アタッカーを中心に受けることができます。 毒タイプのため格闘技を半減で受けることができます。 格闘受けを考えるなら防御に振ってもよいです。 防御特化で拘り系アイテム持ちのポケモンの格闘技を受ければ安定です。 多くの役立つ補助技を覚えることができます。 「ねむりごな」「あまえる」「こうごうせい」「やどりぎのタネ」「ほえる」「ひかりのかべ」など。 毒タイプのため、耐久型の天敵「どくどく」が無効です。 フシギバナを出すだけでコチラの場の「どくびし」の撤去ができます。 延命アイテムとして「たべのこし」ではなく、相手に奪われるとデメリットアイテムとなる「くろいヘドロ」を使うことができます。 フシギバナと同タイプにはロズレイドがいるため、差別化したいところです。 フシギバナはロズレイドに比べ物理・特殊ともに耐久が高いです。 HGSSのタマゴ技で「パワーウィップ」を習得しました。 攻撃・特攻ともに微妙な種族値で、突破力に欠けます。 メインウェポンの草技は半減されやすいです。 またメインウェポンが草技・毒技となるため、ハッサムを始めとする鋼タイプに弱いです。 特殊型にするなら「めざめるパワー炎」はかなりオススメできます。 素早さを調整しフシギバナでハッサムを抜いておけば、勝手に受けに来て勝手に倒されてくれることも。 その他、草技を半減してくる飛行タイプも苦手です。 攻撃技を「パワーウィップ」「じしん」としてしまうと特に。。 草タイプに毒タイプがついたことで、メジャーな「じしん」を半減で受けられなくなってしまいました。 同タイプのロズレイドに比べ、素早さが遅く、特攻が低いです。 速攻特殊アタッカーにするならロズレイドを使いましょう。 また、やどみが戦法で重要な素早さでロズレイドに負けています。 また、ロズレイドに習得できる「どくびし」をフシギバナは習得できません。 フシギバナの型 性格 : おだやか 努力値: 特防252、素早さ調整、残りHP 持ち物: くろいヘドロorオボンのみor半減実 メイン: リーフストームorくさむすびorエナジーボール、ヘドロばくだん サブ技: めざめるパワー炎 補助技: あまえる、やどりぎのタネ、みがわり、ねむりごな、こうごうせい 特殊耐久の高さを生かし、電気・水・草タイプの特殊技読みで場に出します。 出した後は交代読み「みがわり」を張ったり、「リーフストーム」を撃ったり。 性格・努力値について。 特防特化をベースにしますが、仮想敵のスイクンや、草・毒技読みで出てくるハッサムを意識した素早さ調整をします。 スイクンを意識する場合は、4振り85族抜き調整をします。 ハッサムはアタッカーの場合素早さ調整をかけていることがあるため、素早さ全振り性格補正無しハッサムまで抜いておけばOKです。 持ち物について。 毒タイプですし、延命アイテム「くろいヘドロ」がオススメです。 他には、「オボンのみ」や「れいとうビーム」対策の「ヤチェのみ」など半減実があります。 技について。 「リーフストームorくさむすびorエナジーボール」「めざめるパワー炎」「選択肢」「選択肢」という技構成とします。 草技は好みで決めてOKです。 「リーフストーム」は高威力ですが、使用後特攻が2段階下がってしまうため撃ち逃げ用の技です。 また威力が高いとはいえ、特攻無振り「リーフストーム」ではHP振りミロカロス・スイクンすら確1にできません。 居座りを狙うなら、「くさむすび」「エナジーボール」がオススメです。 「くさむすび」はミロカロス・スイクン等重いポケモンを狙うならオススメです。 シャワーズ・ランターン等軽い水ポケモンに対しても安定させたいなら「エナジーボール」です。 「めざめるパワー炎」はメインウェポンの草技と相性の良い技です。 草技に耐性のある鋼・虫・草タイプに効果抜群で、特にハッサムの4倍弱点をつくことができます。 一応確定技ですが、粘るのがどーしてもイヤ!という方はハッサムは諦めるか、「あまえる」「ねむりごな」でも撃っておきましょう。 選択肢には「ヘドロばくだん」か補助技が入ります。 「ヘドロばくだん」は威力90のメインウェポンとなりえる技ですが、草技を半減してくる鋼タイプには無効という欠点があります。 「めざめるパワー炎」を粘りたくない場合は、対草タイプの技として持っておきましょう。 「あまえる」は物理アタッカーへの交代読みで使い、居座りを狙います。 フシギバナが居座りに失敗しても、後続が受けるダメージを減らすことができます。 「やどりぎのタネ」は「みがわり」「くろいヘドロ」と組み合わせて使うと相性の良い技です。 「みがわり」は交代読みのリスクを減らすために使います。 「ねむりごな」は、ラティオス、ボーマンダなど相手の強力なアタッカーへの交代読みで決まるとおいしいです。 「こうごうせい」は便利な再生回復技です。 コレがあると、耐久型同士のバトルに持ち込まれてしまった時に強くなります。 技スペースがきついですが・・ 関連• ライコウ 獲物• ロズレイド 獲物• ジュカイン 獲物• 獲物?• 獲物?• 狩るか狩られるか・・・• 毒をぬかれた草• ロズレイド 同タイプ・やどみが仲間• ワタッコ やどみが仲間• 催眠厨仲間.

次の

【ポケモンGO】フシギバナのおすすめ技と最大CP&弱点

ポケモン フシギバナ 育成論

グソクムシャの特徴 種族値・タイプ・特性 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 75 125 140 60 90 40 タイプ タイプ1 タイプ2 むし みず 特性 ききかいひ 残りHPが半分になると手持ちに戻る 長所・短所 まず真っ先に目が行くのは 530もの高さを誇る合計種族値。 特に 攻撃125、防御140と物理方面が非常に優秀で、その他の能力も 無駄が少ない配分です。 種族値だけなら 低速物理アタッカーとして大いに活躍が期待できるでしょう。 …ええ、 種族値だけならです。 唯一の特性である ききかいひはHPが半分を切ると 自動で発動するので、足の遅さと相まって 何もできないまま交代させられるケースが多発しています。 この特性はダイマックス中でも発動するので、下手をすれば せっかくのダイマックスが中断させられることも。 総じて扱いが難しく、使いこなすには慣れが要るポケモンです。 幸い 先制物理技には恵まれているので、高い攻撃種族値を活用して 先制技で削り取る戦法が有効かと思われます。 また、 ききかいひは不利な点ばかりでもなく、行動順次第では 行動してから交代できるという特殊な動きが可能です。 これを利用して、 交代先を守るためのクッションとして活用するのも有りでしょう。 育成論 物理型 努力値 HP:252(実数値182) 攻撃:252(実数値194) 特防:4(実数値111) 技構成 解説 先制技とゴツゴツメットで相手の体力を削りながら交代する型です。 主戦力が先制技である関係上大した火力はありませんが、それでも種族値の高さからある程度のダメージは出せます。 ですので、その「ある程度」を底上げするため 攻撃に努力値を振り、ききかいひの発動を遅らせることとクッション運用をしやすくするのを兼ねて HPにも振りましょう。 HPが努力値で上がった分、 ききかいひの発動条件である半分が遠のくので結果として 長時間戦えるようになります。 また、元々の防御の高さから 物理受けとしてもある程度使えるので ゴツゴツメットを持たせます。 こうすることで、大半が接触技である物理技を受け切れ、なおかつ ゴツゴツメットのダメージで相手のHPも削れます。 なので、この構成なら クッション運用とダメージ稼ぎが両方同時に可能になります。 技構成としては、まず タイプ一致・高威力・先制と三拍子揃った であいがしらは確定。 最初の一発でしか使えないというデメリットもあるので、それを補うためのタイプ一致先制技の アクアジェットも欲しいところ。 他にはタイプ一致で通りやすい高威力技の アクアブレイクと、好みで何らかの補助技を入れましょう。 なお、この構成では ちょうはつを採用し、物理技を使わせて ゴツゴツメットで削りつつ次に繋ぐのを想定しています。 実演してみた では、このグソクムシャが実際に戦っているシーンを見てみましょう。 今回はこちらの相手との対戦を使います。 正直グソクムシャはあんまり刺さってない気がしますが、それならそれでクッション運用という手があります。 対戦よろしくお願いします。 やだ…かっこいい… グソクムシャは初手に であいがしらを食らわせるのが基本ですが、対面次第では別の手を使うのも有効です。 例えばこういう耐久型やサポート型に対しては ちょうはつを使うとか。 場合によっては わるあがきしかできなくなり、 反動とゴツゴツメットで一瞬で消えてくれる事すらあります。 想定した使い方とは違いますが、物理性能の高さから こういう戦法も取れるというのは強みかと。 また、ダイマックス運用なら であいがしらを基にしたダイワームで虫タイプの強力な攻撃技を使えるので、水タイプが通らない時に有効です。 ここまで何度も言ってますが、物理性能は非常に高いので火力は保証できますし。 ただし、この状態でもHPが半分を切るとききかいひで交代させられるので要注意です。 対戦、ありがとうございました。 まとめ 特性のせいで扱いが難しい重火力アタッカー、グソクムシャの育成論でした。 HPに努力値を振っていたおかげか意外とタフで、 一撃で特性が発動することはほぼありませんでした。 このおかげで先制技を2回使えるため、特性で交代させられるまでのアタッカーとしては有力かと思われます。 管理人、八卦がお送りしました。 ではまた次回もよろしくお願いします。

次の

【USUM】フシギバナの出現場所と種族値&覚える技【ポケモンウルトラサンムーン】

ポケモン フシギバナ 育成論

管理人がプレイしているのはソードバージョンです。 こんにちは!ユウキ()です。 フシギバナは 天候が日照りの時に最大限の力を発揮するため、コータスなどの登場と同時に日照り状態にできるポケモンとの相性は抜群です。 そこで今回は、 日照りを利用したフシギバナのオススメ育成論について紹介していきたいと思います。 フシギバナを育成する予定の人は、ぜひ参考にしてくださいね。 【フシギバナのオススメ育成論】高速晴れエース型 Lv50 実数値 種族値 努力値 個体値 HP 155 80 0 31 A 91 82 0 31 B 104 83 4 31 C 152 100 252 31 D 120 100 0 31 S 145 80 252 31 製作者 さん A=こうげき B=ぼうぎょ C=とくこう D=とくぼう S=すばやさ :タイプ【くさ・どく】 :夢特性【ようりょくそ】 天候が日照りの時に、素早さが2倍になる。 きのみの木を揺らすと入手できます。 :覚えさせるわざ• ソーラービーム• ウェザーボール【わざマシン46】• ヘドロばくだん【わざレコード22】• せいちょう わざマシン46は、ナックルシティのポケモンセンター 右 で購入できます。 わざレコード22は、レイドバトルで入手するか、ワットショップ ランダム で購入できます。 高速晴れエース型フシギバナの使い方 まずは 特性が「ひでり」のコータス、またはキュウコンを先発で出しておき、 「だっしゅつボタン」でフシギバナと入れ替わります。 天候が日照りになっているため、フシギバナは 特性「ようりょくそ」の効果で素早さが290となり、さらに「せいちょう」を使用して攻撃と特攻を2段階ずつ上昇させます。 もちろんソーラービームが1ターンで撃てるため、 みずタイプの受けポケモンはほぼ確定1発で吹き飛びます。 ドヒドイデは無理 また、ほのおタイプの威力100となったウェザーボールが使用できるため、アイアントやアーマーガア対策もバッチリです! ダイマックス時はダイアタックになるので注意 他にはヘドロばくだんを覚えさせているので、ダイマックスされなければトゲキッスやニンフィアも確定1発で粉砕できます。 警戒しなければならないのは、 天候を砂嵐にしてしまうバンギラスやカバルドンです。 また、ほのおタイプのポケモンでも簡単に受けられてしまうので注意してください。

次の