バンタム級四天王。 【RIZIN.17 開催直前見どころコラムVol.1】緊張感MAXの果たし合い:矢地vs朝倉&バンタム級四天王サバイバルマッチ!

【修斗】扇久保博正は強い?【RIZIN 戦績】

バンタム級四天王

日本柔術界の父と名高い 中井祐樹さんによって設立され、東京を本部とし全国各地に存在します。 中でもパラエストラ松戸は、元ONE世界ストロー級・元修斗世界フライ級王者である 内藤のび太選手や、男女共に人気のある 浅倉カンナ選手も所属しています。 名門パラエストラで培ってきた技術と根性、 泥水をすすってでも生き残ってやろう!と思わせる程の覚悟と闘気を纏いながら、地位・名声を博した修斗のトップランカーである扇久保選手! 中々にドラマがある道のり、どんなタイトルを獲得しているのでしょうか。 右手首脱臼の手術をしていた事もあり、扇久保選手にとっては 約1年ぶりの復帰戦となった一回戦目。 初めてフライ級まで体重を落とした事による減量のキツさや、その他コンディションの面から、3R中にスタミナも切れて気持ちも折れてしまっていた事、後に清々しくぶっちゃけています。 それでも準決勝に一本勝ちで何とか自信を取り戻し、いざ決勝へ駒を進めたのですが… この準決勝試合の1ヶ月前、実は手術した手首をまた負傷してしまっていたんですね。 『 右手を使えない中での準決勝一本勝ち』という事もあって自信を取り戻した面もあるのでしょうが、決勝戦でも負傷した右手首は治らずに 右手が使えない状態で試合をする事に。 迎えた決勝戦、相手は シーザー・スクラヴォス選手。 — 2017年 7月月23日午後7時36分PDT 4歳の頃から高校卒業まで極真空手を学んでいた扇久保選手、空手の文化・作法でもある 十字礼( 顔前で両腕を十字に組んでから下へ払う様に振り下ろす押忍!って奴です)をしてから、リングインする事でも知られています。 高校卒業と同時に上京し、現ジムであるパラエストラ松戸にて日々練習に励み、2006年の 19歳の時にプロデビューを果たします。 その翌年に 修斗フェザー級の新人王トーナメントに出場し、しっかりと 優勝。 11 — 2020年 1月月1日午後11時15分PST 割と低めの重心にオーソドックスな構え。 前手を伸ばしてディフェンスを固め、距離を測りながらも、 嫌なローやキレのあるハイで確実に相手のテンポを壊していきます。 カウンターを狙いにいくと言うよりは、 自らが攻撃を仕掛けて攻め崩す事が出来る選手ですね。 意外にもブンブン丸要素がある右フックは半端無い威力なのは見ていても分かりますし、単純に 力が強いイメージでしょうか、「 響いて揺れる」より「 硬くて痛い」打撃を放っている印象が強いです。 からの恐れを知らないタックルは、 1度2度切られた位じゃ諦めない 蟻地獄の様なしつこさを持っています。 しつこいと言うと聞こえが良く無いかもしれませんが、ガツガツのストライカーに対し、 打撃を貰う事を恐れずに食いつく勇気は皆発揮できるものではありません。 踏ん張りが凄く、タフさも兼ねているので…きっとそれだけでも相手にとってはプレッシャーになっているのではないでしょうか。 21の試合ですね。 火山のようなお互いの熱い気持ちが終始伝わる内容ですね。 判定も割れ、最後のレフェリーのジャッジ待ちの瞬間と言ったら…! 会場に観戦に行っていた私の心臓まで口から出そうでした。 まとめ 関連する記事• 2020. 22 どうも、ゲーム熱が再開している神田です。 今回の選手図鑑は「壊しのベビーフェイス」や「足立区のヤンキー」のキャッチフレーズでもお馴染みの、武居由樹選手[…]• 2020. 19 どうも神田です。 格闘選手図鑑でご紹介したい選手が増えすぎて、追いつかない日々です。 今回はそんな追いつかない日々の中から厳選した選手。 K-1で活躍す[…]• 2019. 24 こんにちは、沖縄に行きたい神田です。 今回は格闘界のスーパースター。 強さ、人柄、功績、全てにおいてパーフェクト。 史上最強のMade In JAPA[…]• 2019. 04 こんにちは。 ハンドドリッップを覚えたい神田です。 今回は元パンクラスバンタム級王者。 5度にのぼる防衛を果たし、業界内での評価もスカイツリー並みのト[…]• 2019. 今回ご紹介するのは俳優・モデル顔負け、RIZIN出場経験もある「正真正銘のイケメンシュートボクサー」の海人選手です[…].

次の

5分で分かる!今から楽しむ!激アツ RIZINバンタム級戦線!!

バンタム級四天王

スポンサードリンク 朝倉海のプロフィール 名前 朝倉未来(あさくら かい) 生年月日 1993年10月31日 身長 172cm 階級 フライ級 バンタム級 所属 トライフォース赤坂 獲得タイトル 初代THE OUTSIDER 55-60kg級王座(2014年) Twitter Instagram YouTube 引用: 強さと戦績 海選手のキャリアのスタートはTHE OUTSIDER(ジ アウトサイダー)です。 戦績は 「15戦13勝2敗」と圧倒的な戦績を残しています! その後 DEEP、 ROAD FCと活躍の場を広げます。 そして2017年12月29日からRIZINに初参戦し4連勝と波に乗っています。 下記はRIZINでの直近4試合です。 対戦相手 試合結果 ムン・ジェフン 5分3R終了 判定3-0 トップノイ・タイガームエタイ 5分3R終了 判定3-0 マネル・ケイプ 5分3R終了 判定2-1 才賀紀左衛門 2R 2:39 TKO RIZINバンダム級四天王 打倒堀口恭司を掲げる者たち 出典: RIZINバンダム級のトップは堀口恭司選手です。 ベラトールとRIZINの2つのベルトを所持する堀口恭司選手に挑戦状を叩きつける選手は多くいます。 RIZIN. 17では堀口選手に挑むにふさわしい4人を選抜し試合が行われました。 元谷友貴 元DEEPバンタム、フライ級王者。 扇久保博正 元修斗バンタム級王者。 石渡伸太郎 バンタム級キング・オブ・パンクラシスト。 佐々木憂流迦 元修斗環太平洋バンタム級王者。 UFCでも活躍。 4選手全員に共通するのは打倒堀口恭司選手です! そして佐々木憂流迦選手を除き、みな 堀口恭司選手と対戦し敗れています。 RIZIN. 17で堀口恭司への挑戦権を獲得するのは誰だ!?という意味合いが含まれた査定試合のような形で組まれたのでした。 の試合映像は 4人の立ち位置はの動画でも詳しく紹介されています。 堀口恭司への挑戦権を得る 出典: 先に挙げた通り、RIZINバンダム階級は選手層がとても厚いです。 朝倉海選手もRIZINバンダム級の四天王のうちの1人的な存在でした。 そんな中、アウトサイダーはもちろん、 RIZIN4連勝という実績が買われ、堀口恭司選手への挑戦権を得たのでした。 スポンサードリンク KAI Channelというyoutube活動も! 出典: youtube活動もはじめました。 動画の 初投稿は2019年6月25日です! 兄弟揃ってYouTuberとなりました! 海選手は爽やかイケメンなので、twitterなどを見てても女性受けが良い印象がありますね! 今後のYouTube活動にも注目必至です! 朝倉海選手のYouTubeチャンネルは 女性ファン必見!質問コーナー KAI Channelでの質問コーナーの動画での一幕です。 ちなみに変態度診断テストを5つ盛り込んでいました(笑) 女性ファン必見の内容ではないでしょうか! Q. 好きな体系は? A. 細身 Q. 家族を増やすとしたら誰が欲しい? A. 弟がいたら可愛い Q. 海選手が所属するジム、トライフォース赤坂に行ったら会えますか? A. 夜なら結構いる Q. 恋人と2人きりになりたい!どこへ行こうか? A. 自宅に誘う 料理作ってあげるからおいでよ Q. 気になる人がいます。 どうしますか? A. ガンガンアタックする Q. あなたにとて理想の女性とは? A.

次の

8月の横浜2DAYSでRIZINが復活! 扇久保vs朝倉海のバンタム級王者決定戦!

バンタム級四天王

どちらかと言えば華がない地味なカードに見えますが、個人的にはかなりの好カードだと思う。 単純にバンタム級四天王の中で誰が1番強いのか?という部分もファンの中では気になる人も多いでしょうし、何より予想が本当に難しい一戦だと感じる。 まさに好カード。 予想が難しいですが、2019年大晦日RIZIN20の「石渡伸太郎vs扇久保博正」の好カードの勝敗予想をしていければと思います。 【追記】 試合の感想を書いたので興味があれば以下の記事もお読みください!• 石渡伸太郎選手は同じく四天王のひとり、佐々木憂流迦選手に勝利し、扇久保博正選手もまた、同じく四天王の元谷友貴選手に勝利した。 石渡選手、扇久保選手ともに堀口恭司選手に敗れていますが、両選手は当時のRIZINのバンタム級の顔である堀口恭司選手を倒すことを目標に頑張ってきた。 そして当時のRIZIN側もすでに堀口恭司選手に敗れている両選手ですが、堀口恭司を倒せるのはバンタム級四天王しかいないと考えていたでしょう。 なので、当時の構想ではバンタム級四天王で最強を決めて、また堀口恭司と戦わせることを思い描いていたものだと思います。 しかし、それをぶっ壊したのが朝倉海選手。 「無理だ、まだ早い」など散々言われていたものの、1Rで堀口恭司にキャリア初のKO負けを味あわせた。 さらに四天王のひとりである佐々木憂流迦選手の顎も粉砕しあっという間にRIZINのバンタム級の勢力図をぶっ壊した。 石渡選手と扇久保選手ともに打倒堀口を目標に頑張ってきたので、複雑な気分だとは思いますが、堀口恭司が怪我で長期離脱したいま、バンタム級を自分が引っ張りたいと考えていることでしょう。 そういった意味では、石渡選手も扇久保選手もこの試合に勝って新王者になることを見据えているはずなので、どちらも絶対に負けられない試合になる。 この後簡単に両選手を紹介した後、勝敗を予想していきます! 石渡伸太郎 石渡伸太郎選手と言えば元バンタム級のキングオブパンクラシスト。 7年異常に渡り保有していたバンタム級の国内トップクラスの選手です。 特に彼の右フックは素晴らしい。 まさにストライカーです。 2013年に堀口選手に敗れており、リベンジを果たすべくRIZINに参戦するも、またしても堀口選手には敗れていますが、同じ四天王と称される佐々木憂流迦選手にも前回勝利している。 朝倉海選手が堀口選手に勝利したときに 「2度もやられている憎き堀口のはずなのに仲間がやられたような複雑な気持ちになった」と発言していて、恐らくバンタム級の新王者になるだろう朝倉海を自分が倒して堀口選手の敵を打ちたいと考えているでしょう。 しかし、石渡選手は頭がよく冷静に自分の立ち位置なども判断している。 素直に朝倉海選手が自分より上にいることを認めていますし、前回の憂流迦選手との試合も、試合中にプランを変更して柔軟に戦い勝利している。 個人的には新王者になるであろう朝倉海と石渡伸太郎のカードが見たいので頑張ってほしい。 扇久保博正 扇久保博正。 この男もまた堀口恭司に2度敗れている選手のひとりだ。 上で石渡伸太郎選手を簡単に紹介したときに言った言葉と同じように、憎き堀口の敵を打ちたいと考えているでしょう。 前回のバンタム級トーナメント決勝で堀口選手に敗れたものの、当時ベルトに1番近づいたのが扇久保博正選手です。 バンタム級四天王の元谷友貴との一戦はまさに名勝負を繰り広げた。 極真空手をバックボーンに持つ異色のグラップラーで、意外とかなり打たれ強い選手です。 堀口恭司選手でも倒せず判定まで行っているので、石渡選手が倒しきれるのかが見もの。 いやー予想はしましたが本当に難しい。 個人的な気持ちとしては石渡伸太郎選手のほうが好きな選手ですし、新王者は朝倉海だと思っているので、朝倉海と石渡or扇久保と考えたときに、「見たい!」と思うのは石渡選手。 なので石渡選手に頑張ってほしいというのが個人的な気持ちなのですが、堀口恭司選手でも倒しきれず打たれ強い選手でありながら、元谷相手にバックを取っていたので、扇久保選手のほうが一枚上手だと感じました。 石渡選手もグラップリングできないわけでもないですし憂流迦選手にノースサウスチョークで勝利しています。 ただグラップリングに関しては扇久保選手が有利でしょう。 でもこのカードの予想が難しいなと感じる1番の点は、扇久保選手のスタミナ面ですね。 やっぱりグラップラーですからスタミナをかなり消耗するわけです。 元谷戦でもそうでしたが、終盤はスタミナ切れが目立ってますし、ここ何戦か全部そんな感じです。 とは言え打たれ強くキャリアもあってうまい選手なので勝利してるので強いわけですが。 そんなときに石渡選手の右フックなどをもらおうものなら全然わからなくなります。 また、扇久保選手はバリエーションが少なくどの試合も同じような試合なので対策はしやすいのかなと言う気もします。 扇久保選手は石渡選手にタックルを仕掛てくると思うので、あっさりカウンターを合わせて終わる可能性も大いにある。 なので本当に予想が難しいのですが、扇久保選手の勝利なのかなと私は思いました。 これは予想も割れそうですねぇ。 本当に楽しみな一戦です。 まとめ お互いキャリアも豊富で国内トップクラスの選手同士の試合。 ファイトスタイルも真逆の両者でどちらが勝ってもおかしくないですね。

次の