エヴェルトン。 エヴェルトンの使い方とレベマ能力値!スカウト情報!有能金玉選手【ウイイレ2020】【ウイイレアプリ】

エヴェルトン・ダ・シウヴァ・ペレイラ

エヴェルトン

欧州挑戦が取り沙汰されるブラジル代表FW 24 だが、所属先のグレミオに対して関心クラブから具体的な打診がないという。 『フットボール・イタリア』が報じた。 昨年のコパ・アメリカで得点王に輝いたエヴェルトンを巡ってはそれ以降、欧州クラブの熱視線が報じられ続けており、エバートンやナポリらの関心が浮上している。 しかし、『Radio Marte』のインタビューに応じた会長の話によると、現時点でいかなる具体的なオファーも届いていないという。 「もう一度、私からそうしたストーリー 憶測 が事実じゃないことを言っておかなければならない。 グレミオは今のところ、正式なオファーを受け取っていないよ」 なお、エヴェルトンはグレミオとの契約を2023年まで延長。 次の移籍市場での去就に注目が集まるが、契約解除金6000万ユーロ 約70億7000万円 が設定してある模様だ。 関連ニュース ナポリがグレミオのスター獲得に近づいているようだ。 選手の父親が明かした。 ナポリが狙っているのは、グレミオに所属するブラジル代表FWエヴェルトン 24。 2019年のコパ・アメリカで得点王に輝き、注目を集めると、エバートンやナポリへの移籍が浮上。 しかし、グレミオの会長は「正式なオファーは受け取っていない」と主張していた。 エヴェルトンには、契約解除金1億2000万ユーロ 約141億5000万円 とう破格の契約条項があり、各クラブが手を出せない状況に。 しかし、グレミオは交渉の余地があるとしていた。 そんな中、エヴェルトンの父親であるカルロス・アルベルト・ソアレス氏がブラジル『Gaucha ZH』で息子についてコメント。 どうやら、ナポリは明確なプロジェクトを持っているようだ。 「ナポリが彼のところにやってきて、プロジェクトについて話していた」 「彼らは来週、公式なオファーをグレミオに送るべきだよ。 ナポリは美しい街で、クラブは定期的にチャンピオンズリーグに出場しており、とても良いチームだ」 「安定した財政状態にあったので、グレミオは反対していたが、今回の危機は全ての人を襲い、ヨーロッパのクラブはそれを理解している」 「彼はすでに24歳であり、移籍するかどうかについて不安があるのも事実だろう」 グレミオの会長の言葉通り、クラブへの正式オファーはなされていないものの、選手へ計画が伝わった模様。 近日中にもオファーを出す可能性はある。 一方で、新型コロナウイルス COVID-19 の感染拡大により、クラブの財政問題が発生。 グレミオとしては売却して現金を手にしたいところだが、ナポリがどのように交渉をするのか注目だ。 2020. 21 13:40 Thu FC東京のブラジル人MFレアンドロが将来的な母国復帰願望を明かした。 ブラジル『Esporte Interativo』が伝えている。 グレミオでプロキャリアをスタートさせたレアンドロは、2014年にパルメイラス入り。 その後、母国の複数クラブでレンタルでプレーした後、2017年に鹿島アントラーズへ期限付き移籍。 翌年には完全移籍を果たすと、今季はFC東京に期限付き移籍で加入している。 日本でのプレーは4年目となっているレアンドロだが、やはり母国のクラブへの愛情は大きいようだ。 「いつかまたグレミオでプレーしたい。 そのクラブは僕の存在を証明したクラブで、僕がプロになる機会を与えてくれた。 ブラジル最大のクラブの1つで、グレミオでプレーしたがらない選手はいない」 「僕は心のクラブのためにプレーするという夢を実現するためにパルメイラスに移籍した。 それはすべて信じられないほど、そして魔法のようだった。 さらに僕はブラジル・セリエBのチャンピオンになり、クラブのトップスコアラーであった」 また、レアンドロは当時、パルメイラス時代の活躍が認められ、2013年4月にA代表にも招集。 バルセロナやミランで活躍した元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏ともプレーしている。 「ロナウジーニョは、僕が子供の頃から常に、僕のサッカーのインスピレーションだった。 彼と一緒に代表チームに参加し、彼と一緒に集中できたことは素晴らしかった。 本当に素晴らしかったよ。 まるで子供のように、サッカーのアイドルを見ていたようなものだった。 信じられないほどの気持ちだった」 2020. 19 22:00 Tue グレミオの選手らが、ある試合でマスクを着けて入場したことが大きな話題となっている。 猛烈な勢いで世界中へ拡大を続ける新型コロナウイルス。 ブラジルやアルゼンチンといった南米では日本や欧州ほどの被害は出ていないものの、全12カ国で感染が報告されており、もはや他人事では済まない状況となっている。 その為、ブラジルではサッカーの試合の延期を望む声が相次いでいるが、サッカー連盟や政府等は未だにその決断には至っていない。 そんな中15日、カンピオナート・ガウショのグレミオvsサン・ルイスが行われた。 無観客のその試合でグレミオの選手たちはマスクを着けて入場。 連盟や政府に対する反抗の意思を示した行動なのだが、何とも珍しい光景だ。 南米では一方で、カタール・ワールドカップ予選は延期が決まっている。 果たして各国のリーグ戦の行く末はどうなるのだろうか。 取り返しのつかない事態になる前に早急な対処が求められる。 2020. 16 05:00 Mon グレミオは1日、かつてレアル・マドリーに所属していた元U-23ブラジル代表MFルーカス・シウバ 26 の加入を発表した。 契約期間は2023年12月までとなる。 ルーカス・シウバは、クルゼイロやナシオナルで育ち、2015年1月にクルゼイロからマドリーへと完全移籍。 大きな期待が寄せられていたが、2015年8月から1年間はマルセイユへ、2017年1月から半年間はクルゼイロへとレンタル移籍を経験。 2019年9月にマドリーとの契約を解除していた。 マドリーではラ・リーガでわずか8試合の出場にとどまり、公式戦でも9試合の出場と結果を残せず。 マルセイユでは33試合に出場していた。 フリーの状態であったルーカス・シウバは、自身のツイッター 16LucasSilva で、「ブラジル、そして世界のサッカーにおいて、この素晴らしいユニフォームを着るという挑戦を受け入れることに大きな誇りを大きな満足がある」とコメントしている。 2020. 02 20:30 Thu 南米のクラブ王者を決める大会であるコパ・リベルタドーレスの準決勝2ndレグが現地時間23日に行われた。 ブラジルのフラメンゴvsグレミオの対決となったこの試合は、フラメンゴが5-0で勝利。 2戦合計6-1でフラメンゴが決勝進出を決めた。 フラメンゴはリーグ戦でも好調を維持するFWガブリエウ・バルボサを1トップに置き、アトレティコ・マドリーから加入したDFフィリペ・ルイスが左サイドバック、右サイドバックにはバイエルンから加入したDFラフィーニャを配置。 トップ下にはウルグアイ代表MFジョルジアン・デ・アラスカエタを起用した。 対するグレミオは、ビッグクラブも注目するブラジル代表FWエヴェルトンが先発出場。 FWジエゴ・タルデッリはベンチスタートとなった。 フラメンゴの本拠地であるマラカナンで行われた一戦。 多くのフラメンゴサポーターが集結した試合は、ホームチームが圧倒する。 フラメンゴは11分、右サイドからのクロスにガブリエウ・バルボサがヘッドで合わせるもGKがキャッチ。 19分にはグレミオが反撃。 ボックス内左からエヴェルトンがグラウンダーのクロスを上げると、最後はボックス中央でマイコンがシュートを放つも、GKがなんとかセーブする。 27分にはフラメンゴが決定機。 アーリークロスに飛び込んだブルーノ・エンリケがダイビングヘッドで合わせるも、シュートはわずかに右に外れる。 40分には、ボックス中央で縦パスを受けたガブリエウ・バルボサがDFを背負いながらも反転シュート。 強烈なシュートが飛ぶも、GKが正面でキャッチする。 それでも迎えた42分、ブルーノ・エンリケのスルーパスに反応したガブリエウ・バルボサがボックス内からシュート。 GKがセーブするも、こぼれ球をブルーノ・エンリケが蹴り込み、フラメンゴが先制に成功する。 1点リードで後半を迎えたフラメンゴは、一気に突き放す。 46分、左CKを得ると、こぼれ球をボックス内でガブリエウ・バルボサが左足でシュート。 これがネットを揺らし、フラメンゴがリードを広げる。 2点リードを得たフラメンゴは、56分にPKを獲得。 これをガブリエウ・バルボサがしっかりと決めて3点差に。 67分には、パブロ・マリがCKをヘディングで合わせて4点目。 71分にはロドリゴ・カイオがボックス左からのクロスに頭で合わせ、試合は決した。 結局後半で4ゴールを奪ったフラメンゴが5-0で圧勝。 2戦合計6-1とし、フラメンゴが決勝に進出。 1981年以来、実に38年ぶりの決勝進出となった。 なお、決勝はボカ・ジュニアーズとのアルゼンチン対決を制したリーベル・プレートとの対戦。 リーベルは連覇を目指す。 フラメンゴ 5-0 AGG:6-1 グレミオ 【フラメンゴ】 ブルーノ・エンリケ 前42 ガブリエウ・バルボサ 後1 ガブリエウ・バルボサ 後11 パブロ・マリ 後22 ロドリゴ・カイオ 後26 2019. 24 20:30 Thu.

次の

欧州挑戦噂のエヴェルトンに「正式な打診ない」…グレミオ会長が主張(超ワールドサッカー)

エヴェルトン

エヴェルトン【写真:Getty Images】 ブラジル1部のグレミオに所属する23歳のブラジル代表FWエヴェルトンの獲得を目指し、ミランが代理人との接触を図っているようだ。 28日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。 グレミオとは2022年6月まで契約を残しているエヴェルトン。 しかし、同選手に複数のクラブが関心を示しており、夏に移籍する可能性もあるようだ。 同選手の代理人は「昨年以来、我々はいくつかのクラブと連絡を取り合っており、実際に交渉を始める可能性がある。 間違いなくミランは世界最高のクラブの一つだ。 野心的なプロジェクトもある。 ミランとは何度か連絡を取り合っているし、レオナルド氏は重要な人物だと思っている」と語り、ミランが接触してきたことを明かしている。 エヴェルトンは2018年9月に行われたアメリカ戦で代表デビューを飾った後、現在までに通算3試合出場している。 現地時間23日のパナマ戦でもプレーしていた。 代理人は「エヴェルトンが来季、欧州に行くかどうかを断言することは出来ない。 しかし、可能性はある」とも語っており、欧州行きを示唆している。 【了】.

次の

ルヴァンカップ 準々決勝 第2戦 vs 鹿島「エヴェルトンと関根がゴールを奪うもドローで準々決勝敗退」

エヴェルトン

国内リーグ戦に限る。 2018年10月19日現在。 2019年6月15日現在。 ・所属。 ブラジル代表。 ポジションは。 経歴 [ ] クラブ [ ] に生まれ、2012年にの下部組織からレンタル移籍での下部組織に移籍。 2013年10月に完全移籍でグレミオFBPAに加入するが、この時にはも彼に接触していた。 2014年始に監督によってトップチームに昇格、1月19日に行われたの戦でに代えて出場し選手としての初出場を果たした。 初得点は4日後の戦であった。 4月20日に行われた戦で初出場、この試合ではに代えての出場であった。 同年のカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでは出場機会が少なかったが翌シーズンはスターティングメンバーに名を連ねるようになり、2015年9月6日に行われた戦で同リーグ初得点を記録した。 2016年8月15日にグレミオとの契約を2020年まで更新。 同年11月23日に行われた決勝第1試合では、に代えて出場し3点目をあげて3-1の勝利に貢献した。 第2試合は1-1に終り、クラブにタイトルを齎した。 2017年3月9日に行われたの戦でに代えて出場した事によってグレミオでの100試合出場を達成。 クラブは同大会を勝ち進み優勝した。 代表 [ ] 2018年8月17日にに初招集され 、9月7日のとの親善試合で代表デビュー。 のメンバーにも選出され、ブラジルの初戦となった戦で途中出場すると、左サイドからドリブルで切り込んで強烈なシュートを叩き込み代表初得点を挙げた。 第3戦のペルー戦でも3-0とリードを広げるゴールを決めた。 決勝のペルー戦では先制点を決め、大会制覇に貢献、大会通算で3ゴールを決め、得点王に輝いた。 タイトル [ ] クラブ [ ] グレミオ• : 2016• : ブラジル代表 [ ]• コパアメリカ : 2019 脚注 [ ]• O Povo 2016年12月8日. 2017年4月28日閲覧。 UOL Esporte 2016年6月21日. 2017年4月28日閲覧。 Globo Esporte 2013年10月20日. 2017年4月28日閲覧。 2017年4月28日閲覧。 ESPN Brasil 2014年1月23日. 2017年4月28日閲覧。 Globo Esporte 2014年4月20日. 2017年4月28日閲覧。 Globo Esporte 2015年9月6日. 2017年4月28日閲覧。 ESPN Brasil 2016年8月15日. 2017年4月28日閲覧。 Globo Esporte 2016年11月23日. 2017年4月28日閲覧。 UOL Esporte 2016年12月7日. 2017年4月28日閲覧。 2017年4月28日閲覧。 Evolving Data Labo 2018年8月18日. 2019年6月18日閲覧。 Qoly 2019年6月16日. 2019年6月18日閲覧。 外部リンク [ ]• - Soccerwayによる個人成績• - transfermarkt.

次の