オンライン中にフォルダーを切り替えたらアイテムを消去する。 共有フォルダーのデータを簡単に復元する|キヤノンシステムアンドサポート株式会社

自動的に削除済みアイテムを空にする

オンライン中にフォルダーを切り替えたらアイテムを消去する

ユーザー情報 名前 お名前や企業名などを記入. (日本語入力可)受信者側で表示されます。 ドメイン名またはIPアドレス (サーバー移行中の方はIPアドレスを入力) 送信メールサーバー SMTP O : smtp. ドメイン名またはIPアドレス (サーバー移行中の方はIPアドレスを入力) メールサーバーへのログイン情報 アカウント名 U : メールアドレスを入力 ( の前部分のみ入力されているので ドメイン名を追記) パスワード P : コントロールパネルでユーザー登録した際に設定したパスワードを入力 パスワードを保存する(R): チェックを入れます。 メールサーバーがセキュリティで保護 されたパスワード認証 SPA に 対応している場合には、チェック ボックスを オンにしてください O チェックは入れないでください。 [IMAP接続される場合の設定] 各項目を入力した後、[詳細設定]をクリック ユーザー情報 名前 お名前や企業名などを記入. (日本語入力可)受信者側で表示されます。 ドメイン名またはIPアドレス (サーバー移行中の方はIPアドレスを入力) 送信メールサーバー SMTP O : smtp. ドメイン名またはIPアドレス (サーバー移行中の方はIPアドレスを入力) メールサーバーへのログイン情報 アカウント名 U : メールアドレスを入力 ( の前部分のみ入力されているので ドメイン名を追記) パスワード P : コントロールパネルでユーザー登録した際に設定したパスワードを入力 パスワードを保存する(R): チェックを入れます。 オフラインにしておくメール: 既存のメールを同期させておく期間を決めます。 「1か月、3か月、6か月、12か月、24か月」から選択できます。 サーバーから削除する(R)[ ]日後 上記にてチェックが入っている場合、サーバーから削除する日数を 指定できます。 [削除済みアイテム]から削除されたら、サーバーから削除 M こちらにチェックが入っていないと受信メールを削除した後もサーバー内に残り続けて容量を圧迫しますので、コピーを置くにチェックを入れた場合には、こちらにもチェックを入れることを推奨いたします。 アイテムを削除対象としてマークするが、自動的には移動しない K 初期値ではチェックは入っていません。 チェックを入れると削除対象アイテムは自動的には削除されず、手動でアイテムを消去したときに削除されます。 オンライン中にフォルダーを切り替えたらアイテムを消去する P 初期値ではチェックが入っています。

次の

IMAP4 サーバーでアイテムが削除されない現象について

オンライン中にフォルダーを切り替えたらアイテムを消去する

スポンサードリンク Outlook Microsft Outlook2019で、 Outlookデータファイル 拡張子ostファイル の保存場所の変更方法です。 なかなか変更できず調べて、面倒で時間かかってしまったのでメモしておきます。 複数のメールアドレスを使用している場合は参考にしてください。 データファイルの場所を変更しようとしても、「参照」ボタンが押せなくなっている。。 変更手順 変更前の準備 変更前の準備として、Outlookデータファイル 拡張子ost を新しい移動先のフォルダにコピーしときます。 1.Outlookを起動します。 2.「ファイル」をクリック。 2.「アカウント設定」ボタンで表示するメニューの「アカウント設定」をクリック 3.「データファイル」タブを選択。 一覧の中で、メールアドレスを選択して「ファイルの場所を開く」をクリック。 4.現状の保存先の場所 フォルダ が開きます。 そのフォルダの中の「Outlookデータファイル」 拡張子ostファイル をコピーして、移動先にするフォルダに貼り付けしておきます。 変更の手順 0.Outlookは終了しておきます。 1. 「コントロールパネル」を開きます。 2.「コントロールパネル」画面の「Mail(Microsoft Outlook 2016)」をクリック。 3.表示した画面で「プロファイルの表示」ボタンをクリック 4.「追加」ボタンをクリック 5.「プロファイル名」に新しく追加するプロファイル名を入力して「OK」ボタン。 6.「電子メールアカウント」にメールアドレス、パスワードを入力。 手動設定の「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定」でも同様にできるかと思います。 7.この画面で、画面下にある「アカウント設定を変更する」にチェックします。 8.「次へ」ボタンをクリック 9.「詳細設定」ボタンをクリック 10.「詳細設定」タブを選択して、「Outlookデータファイルの設定」ボタンをクリック 11.この設定が重要です。 「変更前の準備」で移動先のフォルダにコピーして貼り付けた「Outlookデータファイル」 拡張子ostファイル を設定します。 12.「OK」ボタンをクリック 13.「完了」ボタンをクリック 14.「常に使用するプロファイル」で新しく作ったプロファイルを選択して、「OK」ボタンをクリック。 15.Outlookを起動して、問題や異常がないか確認します。 古いプロファイルを削除 1.「変更の手順」1,2,3の「コントロールパネル」の「Mail(Microsoft Outlook 2016)」をクリック。 2.「プロファイル」で古いプロファイルを選択して、「削除」ボタン 3.「はい」ボタンをクリック 4.「OK」ボタンをクリック.

次の

Microsoft Outlook 2013の設定

オンライン中にフォルダーを切り替えたらアイテムを消去する

ユーザー情報 名前 お名前や企業名などを記入. (日本語入力可)受信者側で表示されます。 ドメイン名またはIPアドレス (サーバー移行中の方はIPアドレスを入力) 送信メールサーバー SMTP O : smtp. ドメイン名またはIPアドレス (サーバー移行中の方はIPアドレスを入力) メールサーバーへのログイン情報 アカウント名 U : メールアドレスを入力 ( の前部分のみ入力されているので ドメイン名を追記) パスワード P : コントロールパネルでユーザー登録した際に設定したパスワードを入力 パスワードを保存する(R): チェックを入れます。 メールサーバーがセキュリティで保護 されたパスワード認証 SPA に 対応している場合には、チェック ボックスを オンにしてください O チェックは入れないでください。 [IMAP接続される場合の設定] 各項目を入力した後、[詳細設定]をクリック ユーザー情報 名前 お名前や企業名などを記入. (日本語入力可)受信者側で表示されます。 ドメイン名またはIPアドレス (サーバー移行中の方はIPアドレスを入力) 送信メールサーバー SMTP O : smtp. ドメイン名またはIPアドレス (サーバー移行中の方はIPアドレスを入力) メールサーバーへのログイン情報 アカウント名 U : メールアドレスを入力 ( の前部分のみ入力されているので ドメイン名を追記) パスワード P : コントロールパネルでユーザー登録した際に設定したパスワードを入力 パスワードを保存する(R): チェックを入れます。 オフラインにしておくメール: 既存のメールを同期させておく期間を決めます。 「1か月、3か月、6か月、12か月、24か月」から選択できます。 サーバーから削除する(R)[ ]日後 上記にてチェックが入っている場合、サーバーから削除する日数を 指定できます。 [削除済みアイテム]から削除されたら、サーバーから削除 M こちらにチェックが入っていないと受信メールを削除した後もサーバー内に残り続けて容量を圧迫しますので、コピーを置くにチェックを入れた場合には、こちらにもチェックを入れることを推奨いたします。 アイテムを削除対象としてマークするが、自動的には移動しない K 初期値ではチェックは入っていません。 チェックを入れると削除対象アイテムは自動的には削除されず、手動でアイテムを消去したときに削除されます。 オンライン中にフォルダーを切り替えたらアイテムを消去する P 初期値ではチェックが入っています。

次の