オレンジ フェリー 臼杵。 宇和島運輸のフェリーは使いやすい、というお話

宇和島運輸のフェリーは使いやすい、というお話

オレンジ フェリー 臼杵

九四オレンジフェリーについて オレンジフェリーは四国開発フェリーが運航しており、九四オレンジフェリーも同様です。 大分県の臼杵港と愛媛県の八幡浜港を1日7往復運航しています。 真夜中も運航しているのが特徴で、九州と四国の貨物輸送を担っている重要な航路と言えます。 また、 同じ航路には宇和島運輸フェリーも運航していて、競合路線になっています。 料金: 2等大人2,550円(~2020年3月31日まで)、 2,750円(2020年4月~) 1等室、特等室は 別途客室使用料が必要。 1等室 6名定員 は8,400円、特等室 2名定員 は10,400円 燃料油価格変動調整金の変更により、時期によって料金の多少の変動があります。 現在の最新情報は公式ホームページを参照してくださいね。 フェリーターミナルに入ってすぐの所にはオレンジフェリーの窓口、奥には宇和島運輸フェリーの窓口があります。 同じ航路もあり、各社ともに往復割引を設定するなどして、顧客獲得に努めている印象を受けます。 オレンジフェリーの乗船名簿を書いて、窓口に提出の後乗船券をもらいます。 八幡浜港ターミナル内には、売店もあります。 すこしレトロな建物内でなつかしさを覚えます。 八幡浜港では、船首部分の口が開いて車両が出入りします。 徒歩乗船の人は、タラップから歩いて乗船です。 オレンジフェリーといえば、このマークですよね。 乗船です。 船内の様子 船内図は、このようになっていて、客室は2階と3階にあります。 2等客室 椅子席や カーペット敷きの席もあります。 共有スペース 2階にはフロントと売店があります。 売店では、軽食も販売されています。 売店前には無料のドリンクコーナー。 またフロントの横にはスタンプ台があり、「おれんじ四国」のスタンプを押すことができました。 記念撮影コーナーも設置されています。 3階にはゲームコーナーや スカイラウンジがあります。 3階のドアから外に出ることもできます。 晴れていて、とても気持ちいいです。 ファンネルは2つあります。 出港後、宇和島運輸フェリーの「あけぼの丸」と反航します。 船は順調に航行。 途中で、オレンジフェリーの「おれんじ九州」と反航します。 途中タンカー?とすれ違います。 臼杵港へ入港 臼杵港へ入港です。 転回してから、着岸です。 臼杵港の隣には、臼杵造船があり何やら大きな船を造船していました。 臼杵港のターミナル内 臼杵港のターミナル外観 臼杵港は、臼杵駅へ徒歩10分 臼杵港から臼杵駅へは、歩いて10分ほど。 歩いて臼杵駅へ 臼杵駅の駅名標。 笑 普通列車に乗って、大分駅へと帰りました。

次の

九四オレンジフェリー「おれんじ九州」乗船記

オレンジ フェリー 臼杵

これから九四オレンジフェリーでふたたび豊後水道をとって返し、臼杵へ渡る(右図の (3) )。 ここまで雨のカーテンの隙間を縫うような航海だったが、到着すると同時にいよいよ本降りとなった。 下船タラップからターミナルまでのわずかな距離を進むうちにも雨脚は強まり、通路の天幕からあふれ落ちる水と桟橋をたたく雨しぶきで、一帯は白く煙ったようになった。 風はさほどでもないから次の航海に支障はあるまいが、と案じながら臼杵までの乗船券を購入する。 次の臼杵行き「おれんじ四国」の発船は12時45分で、別府からの「あかつき丸」の到着からわずか15分後だ。 八幡浜〜臼杵間は2社運行で便数は少なくはないが、明るいうちに再び別府まで戻って大阪行きのさんふらわあに乗ろうとすると、次の14時35分発「おれんじ九州」では遅い。 まさか別府から臼杵まで、わざわざ八幡浜を経由して行く(私のような)人のために意図的に接続を組んだとは思えないから、これは奇跡といってもいい。 雨脚は一向に収まらず、タラップの屋根の切れ間を大急ぎで駆け上がって臼杵行きに跳び込む。 「おれんじ四国」。 2918トン・全長119. 9mの数字より 大きく感じます 鋭意荷役中。 「ええいっ!」といっております 臼杵行き、別府行きが続けて出航。 ターミナルはそこそこの賑わい おれんじ会員1割引で2080円。 なにしろ九四オレンジフェリーには、この名物「フェリーちゃんぽん」がある。 名前は聞いていたが、乗るのが初めてだから食べるのも初めてだ。 さっそくいただくことに。 売店でオーダーするとしばらく奥の方でゴソゴソと作る気配が続き、待つほどもなく出来上がる。 飲食施設という雰囲気とはちと異なる、オシャレな売店のカウンターから、濃厚な白濁スープの匂いを立てたちゃんぽんがトレイに載って差し出される。 洗練された新鋭船内にただよう、こってりちゃんぽんの匂い。 この不思議なミスマッチ、しかしこれもまた旅情哉、とひとり納得して、いざ実食。 具沢山にモッチリ太麺の食べ応えで、たかが船内の軽食とはあなどれない本格的な味を堪能するうち、もやった窓外を通り過ぎるいくつかの船影がある。 上に載せた運用ダイヤ図の通り、臼杵までの間に3本の対向船とすれ違うのだ。 1本目は、僚船「おれんじ九州」。 13時20分ころ対向予定だったが、シャワーを使っているうちに撮り損ねた。 2本目は13時50分頃に宇和島運輸フェリーの「さくら」、3本目は14時50分頃に「おおいた」、と続く。 2時間半弱の航海で3本とすれ違うのだから、なかなかに運行密度が高い航路だ。 西から変わる天気に逆行して荒天域を抜け、航海の後半は雨が収まり視界もやや回復した。 短距離航路に充実した設備を投入したオレンジフェリーの心意気に感服しつつ臼杵に上陸し、ひなびた小都市の風情を路地裏に感じながら臼杵駅まで歩いて第3レグを終えた。 八幡浜を出て荒涼とした海へ わずか15分ながら 印象深い滞在でした 具沢山のちゃんぽんは、 期待以上の本格派! 食べ応え十分の太麺です 2階窓際の軽食コーナー。 けなげな姿ですね 臼杵も近くなった頃、「おおいた」と 今日2度目のすれ違い 「あかつき丸」とすれ違った後、 臼杵から折り返してきたのです ほどなく臼杵に到着 九州に戻ってきました こうして見ると いっちょまえの オレンジフェリーですね 堂々たるものです 出船・入船が一段落したターミナル 「じゃこ天入荷」の張り紙も誇らしげ すでに乗船が始まろうとするころ 歩いて港を後にしました。 また乗りたい船でした C KIXLOCAL Takashi Kishi all rights reserved, 2016. kakko.

次の

『宮崎・大分・愛媛旅行記2017年冬(8)九四オレンジフェリー乗船編』臼杵・津久見(大分県)の旅行記・ブログ by fuming64さん【フォートラベル】

オレンジ フェリー 臼杵

大人 小学生 片道 2,000 1,000 グリーン料金 500 250 グリーン料金(繁忙期) 1,000 500• 往復で購入すると復路が1割引き• 繁忙期はGW、お盆、年末年始 和歌山港のアクセス 最寄り駅は南海電鉄の和歌山港駅で、フェリー乗り場から徒歩数分だ。 到着時は05:41発の難波行きが接続(土・休日は05:45発の和歌山市行き)しておりスムーズに移動できる。 問題は乗船時で、残念ながら和歌山港駅に到着する最終列車は21:29着と、出港まで5時間以上もある。 隣の和歌山市駅であれば最終列車が00:41着と遅くまで走っているので、和歌山市駅から徒歩かタクシーを利用する事になる。 和歌山市駅からフェリー乗り場までは3キロ程あり歩くと約40分である。 徳島港のアクセス 最寄り駅はJR徳島駅で、フェリー乗り場までは4キロ以上あり徒歩で1時間程だ。 フェリー乗り場へは徳島市営バスの路線があるが、残念ながら深夜や早朝の運行はなく、到着時も乗船時も接続するバスはない。 そのためJR徳島駅までは徒歩かタクシーで移動する事になる。 ちなみにフェリー乗り場の始発バスは06:45発(休日は06:55発)で、到着する最終バスは21:30着である。 オレンジフェリー(大阪〜東予) 距離の割に設備が充実しており、個室・レストラン・浴室等がある。 乗船も20時から可能なのでゆったり過ごす事ができ、フェリー乗り場へのアクセスも充実している。 運行時刻 定員 大人 小学生 特等 2名 15,940 7,970 特等室A 2名 10,800 5,400 特等室B 4名 9,770 4,885 1等室 4名 8,740 4,370 2等寝台 8名 6,690 3,345 2等指定 — 5,660 2,830• 往復で購入すると復路が3割引き• 個室を定員未満で利用する場合は貸し切り料金が必要 大阪南港のアクセス 最寄り駅はニュートラム南港ポートタウン線のフェリーターミナル駅で、フェリー乗り場とは徒歩数分で移動できる。 関空や堺、USJへの連絡バスもあり詳しくはを参照。 東予港へのアクセス 最寄り駅は予讃線の玉之江駅で、3km以上あり徒歩40〜50分程度である。 有料・無料の連絡バスが充実しており、詳しくはを参照。 オレンジフェリー(神戸〜新居浜) フェリー1隻が往復している航路なので、神戸行きの夜行便は無い。 また貨物がメインの航路のため平日の運行が主で、連絡バスもないので徒歩利用にはあまり向かない。 運行時刻 定員 大人 特別室 2名 15,940 2等寝台 8名 6,690• 小学生は半額• 特別室を1名で利用する場合は貸切料金が必要 神戸港のアクセス 最寄り駅は神戸六甲ライナーのアイランド北口駅で、徒歩で約20分である。 01:10発のフェリーに接続するバスはないので、徒歩かタクシー利用となる。 神戸六甲ライナーは0時過ぎまで運行しているので利用可能である。 新居浜東港のアクセス 最寄り駅は予讃線の多喜浜駅で、約2. 5kmあり徒歩で約30分である。 こちらも接続するバス路線はないので、徒歩かタクシー利用となる。 松山・小倉フェリー(小倉〜松山) 時間帯も港へのアクセスも良いので徒歩利用に便利な航路。 運行時刻 大人 繁忙期 特等A 15,430 16,870 特等B 11,310 12,550 1等 9,260 10,180 2等寝台D 7,710 8,230 2等 5,450 5,860• 往復で購入すると復路は1割引き• 小学生は半額 小倉港のアクセス 小倉駅まで1kmも無いので、歩いても10分少々と便利な場所にある。 松山観光港のアクセス 最寄り駅は伊予鉄高浜線の高浜駅で、徒歩で約10分の距離にある。 JR松山駅に出るには伊予鉄バスが接続していて便利で、到着時は05:15発の道後温泉行きに乗車すれば20分程で到着する、運賃は460円である。 逆に乗船時はJR松山駅を19:15発のバスに乗れば19:35に松山観光港へ到着する。 宇和島運輸フェリー(別府〜八幡浜) 航行時間は短く深夜に到着してしまうのだが、早朝まで船内休憩が出来るため使いやすい。 運行時刻 大人 小学生 特等 8,750 4,380 1等 5,660 2,830 2等 3,100 1,550• 特等を1人で利用の場合は貸切料6,130円が必要• 往復購入の場合は復路が1割引き 別府港のアクセス 最寄り駅はJR別府駅で、徒歩の場合は3km近くあるため、30分〜40分程度かかる。 バス利用の場合は、フェリー乗り場最寄りのバス停は別府交通センターで、フェリー乗り場から徒歩約1分の距離にある。 乗船時は別府駅を22:10発か22:40発のバスが利用可能で、別府交通センターまで10分で到着する。 問題は下船時で、05:00に下船しても06:45発の別府行きまでバスは無く、待つか歩くかタクシー利用となる。 八幡浜港のアクセス 最寄り駅はJR八幡浜駅で、約2kmあり徒歩で約30分である。 宇和島自動車と伊予鉄バスの2路線が乗り入れており、通常はフェリーと組み合わせて利用しやすい。 しかし残念ながら早朝や夜間の便がなく、深夜便を利用する場合は徒歩かタクシー利用となる。 ちなみにバスの場合は乗船時は伊予鉄バスの19:29発が最終便となり、下船時は07:35発なので、どちらもフェリー乗り場で数時間待つ事になる。 宇和島運輸フェリー(臼杵〜八幡浜) 宇和島運輸のもう1つの航路だが、運行時刻的には別府航路と大して変わらないのだが、残念ながら船内休憩が出来ないので深夜に放り出される事となり、徒歩利用なら同じ宇和島運輸フェリーの別府航路の方が使いやすい。 最もこちらの方が少し安いというメリットもある。 運行時刻 大人 小学生 特等 6,690 3,350 1等 4,210 2,110 2等 2,310 1,160• 特等を1人で利用の場合は貸切料4,690円が必要• 往復購入の場合は復路が1割引き 臼杵港のアクセス 最寄り駅はJR臼杵駅で、バス路線はないが1kmしか離れていないため歩いても15分程度である。 JR臼杵駅で接続する列車は、到着時の大分方面は06:10発の亀川行きまで待つ事になり、佐伯方面は7時過ぎまでない。 乗船時は延岡方面の場合20:46着の特急が最終で、大分方面からは0時過ぎまで列車があるので、接続は問題ない。 八幡浜港のアクセス を参照。 九四オレンジフェリー(臼杵〜八幡浜) 宇和島運輸フェリーと同じ臼杵〜八幡浜の航路だが、こちらも発着時間が半端で徒歩利用には使いにくい。 船内休憩可能な便もあるが発時刻が使いにくい。 運行時刻 大人 小学生 1等 3,660 1,830 2等 2,630 1,315 ファミリー室料 5,140 —• 往復購入の場合は復路が1割引き 佐伯港のアクセス 最寄り駅はJR佐伯駅で、接続するバスはないので徒歩かタクシー利用となる。 駅までは700m位しか離れていないので、歩いても10分程度と、徒歩アクセスは小倉港と並んで最も良い場所だ。 佐伯駅からは延岡・宮崎方面へは06:18発の普通列車が始発となる。 ちなみにこの列車は1日3往復しかない宗太郎越えの普通列車だ(この次は17:15発までない)。 大分方面は05:49発の大分行きがある。 宿毛港のアクセス 最寄り駅は土佐くろしお鉄道の宿毛駅で、2km以上あり徒歩で30〜40分程度かかる。 バス路線はあるものの深夜便に接続するバスは走っていないので、徒歩かタクシー利用となる。 宿毛駅に22:15着の列車があり、それから歩くと丁度良い。 記載内容は間違いや変更等がある可能性もありますので、正確な情報は必ず公式サイト等で確認してください。

次の