浪漫 と 算盤 歌詞。 【椎名林檎と宇多田ヒカル/浪漫と算盤】歌詞の意味を徹底解釈!卓越した人生観がここに。

浪漫と算盤

浪漫 と 算盤 歌詞

『 ニュートンの林檎 〜初めてのベスト盤〜』 の リリース 2019年11月13日 2019-11-13 時間 1: 58: 34 チャート最高順位• デイリー1位()• 週間1位()• 2019年11月度 月間1位• 週間1位 2週連続 ()• 週間1位()• 週間1位()• 週間1位(Billboard JAPAN Top Albums Sales)• 週間1位(Billboard JAPAN Top Download Albums)• 2019年度年間22位(オリコン)• ゴールド() アルバム 年表 『』 (2019年) 『ニュートンの林檎 〜初めてのベスト盤〜』 (2019年) 『 ニュートンの林檎 〜初めてのベスト盤〜』(ニュートンのりんご はじめてのベストばん、英題: Apple of Universal Gravity)は、日本のシンガーソングライター・による初のである。 2019年11月13日によりリリースされた。 概要 [ ] 1998年から2019年までのシングル14枚、アルバム9枚を総括した椎名林檎初の。 CD2枚組で構成されており、各ディスクには1曲ずつ新曲が収録され、Disc 1には本作のために書き下ろされたとのデュエット曲「浪漫と算盤 LDN ver. 」 、Disc 2には系の『』の主題歌である「公然の秘密」が収録された。 なお、すべての楽曲はレコーディング・エンジニアのがミックスを全編アップデートしたリニューアル音源となっている。 曲はリリース順ではなく、アルバム収録順を基本として収録されている。 また、長らくアルバム未収録だった「」「」「」「」が晴れて初収録となった他、「」「」はシングルバージョンがアルバム初収録となった。 また、初回生産限定盤のみ特典として以下の三大特典が付いてくる。 ボーナストラック• 特製! 重力半減ケース• AR()対応ブックレット 楽曲一覧 [ ] Disc 1 タイトル 作詞 作曲・編曲 編曲者 時間 1. 「浪漫と算盤」 LDN ver. 歌唱:椎名林檎と 椎名林檎、(管弦打) 4:26 2. 「」 『幸福論』 1998 より 3:42 3. 「すべりだい」 『幸福論』 1998 より 亀田誠治 4:00 4. 「正しい街」 『』 1999 より 亀田誠治 3:52 5. 「」 『無罪モラトリアム』 1999 より 亀田誠治 2:55 6. 「」 『無罪モラトリアム』 1999 より 亀田誠治 3:55 7. 「」 『無罪モラトリアム』 1999 より 亀田誠治 4:19 8. 「」 『』 2000 より 亀田誠治、椎名林檎 5:29 9. 「」 『勝訴ストリップ』 2000 より 亀田誠治、椎名林檎 4:41 10. 「」 『勝訴ストリップ』 2000 より 亀田誠治、椎名林檎 4:15 11. 「」 『真夜中は純潔』 2001 より 4:18 12. 「迷彩」 『』 2003 より 椎名林檎、 3:46 13. 「」 『茎 STEM 〜大名遊ビ編〜』 2003 より 4:20 14. 「」 『りんごのうた』 2003 より 3:27 初回生産限定盤ボーナストラック タイトル 作詞 作曲・編曲 編曲者 時間 15. 「公然の秘密」 椎名林檎、村田陽一(管弦打) 3:01 2. 「」 歌唱:椎名林檎と 『』 2007 より 3:28 3. 「流行」 『』 2009 より 、椎名林檎 4:17 4. 「旬」 『三文ゴシップ』 2009 より 、斎藤ネコ(弦) 4:47 5. 「」 『』 2014 より 椎名林檎 3:33 6. 「」 『日出処』 2014 より 斎藤ネコ 2:59 7. 「」 『日出処』 2014 より 椎名林檎、斎藤ネコ(弦) 3:53 8. 「」 『日出処』 2014 より 5:40 9. 「青春の瞬き」 『』 2014 より 5:18 10. 「人生は夢だらけ」 『』 2017 より 村田陽一 3:14 11. 「」 『逆輸入 ~航空局~』 2017 より 椎名林檎、斎藤ネコ(弦) 4:17 12. 「獣ゆく細道」 歌唱:椎名林檎と 『』 2019 より 3:42 13. 「」 歌唱:椎名林檎と 『三毒史』 2019 より 椎名林檎、村田陽一(管) 4:09 14. 「目抜き通り」 歌唱:椎名林檎と 『三毒史』 2019 より 斎藤ネコ 3:14 初回生産限定盤ボーナストラック タイトル 作詞 作曲・編曲 編曲者 時間 15. 2019年11月25日付のオリコン週間アルバムランキングでは97212枚を売り上げ、初登場1位を獲得。 椎名林檎のアルバムが1位を獲得したのは「」以来10年5ヶ月ぶり、通算6作目となった。 2019年11月25日付のBillboard Japan Hot Albumsでは初登場1位を獲得した。 2019年11月度のオリコン月間アルバムランキングでは150218枚を売り上げ、1位を獲得した。 脚注 [ ]• ORICON NEWS. 2019年11月12日. 2019年11月20日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年11月19日. 2019年11月20日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年11月19日. 2019年11月20日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年11月19日. 2019年11月20日閲覧。 2019年11月19日. 2019年11月20日閲覧。 2019年11月19日. 2019年11月20日閲覧。 2019年11月19日. 2019年11月20日閲覧。 ユニバーサルミュージック. 2019年10月18日閲覧。 音楽ナタリー. ナターシャ 2019年11月1日. 2019年11月2日閲覧。 黒猫堂. 2019年10月18日閲覧。 HMV. 2019年10月18日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年11月19日. 2019年11月20日閲覧。 2019年11月20日. 2019年11月20日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年12月15日閲覧。 外部リンク [ ]• - ユニバーサルミュージック• - 黒猫堂• - 黒猫堂.

次の

「浪漫と算盤 LDN ver.」椎名林檎と宇多田ヒカル。時代の冒険者たちの輝かしい讃歌!

浪漫 と 算盤 歌詞

椎名林檎 「浪漫と算盤」。 ベストアルバム 「ニュートンの林檎 ~初めてのベスト盤~」への収録が決定している、 盟友・宇多田ヒカルさんとのデュエット曲です。 お二人が共演するのはアルバム「Fantome」の収録曲「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」以来3年ぶり。 椎名林檎より いかにも椎名林檎さんらしいタイトルの楽曲ですが、一体彼女は盟友とのデュエットで何を歌ったのか。 ここではその歌詞に注目して、楽曲を紐解いていければと思います。 タイトル「浪漫と算盤」の意味 タイトル 「浪漫と算盤」。 なんでも宇多田ヒカル氏が知人と 「それはゆみちん(椎名のこと)ならうまいこと書きそう」と話していたテーマが「ロマンとソロバン」で、それを今回林檎氏が楽曲に仕上げたとのことです。 「浪漫と算盤」。 それはつまり 「ロマン」と 「ソロバン」の対比を示していて、 「夢や理想を追い求めること」(ロマン)と 「利益や成功を追及する経済的な営み」(ソロバン)という、相交えない二つの事柄を提示しているように思います。 これを椎名林檎氏と宇多田ヒカル氏の視点に置き換えるならば、それは 楽曲の芸術性の追求(ロマン)と 音楽家としての利益・成功の追求(ソロバン)。 自信の信念・理想を貫き、信じた音楽をひたすらに作り続けることも大切なのでしょうが、それが世の中に受け入れられるかというのはまた別の話です。 ディープに作りこんだ楽曲が大衆からは評価されず、自己満足のような状態に陥ることだってあるでしょう。 ロマンの追求故に音楽家としてこれ以上成功できないかもしれません。 音楽を創造する芸術家でありながら、 聴き手がいて初めて成り立つ商売人である、というある種の矛盾を抱えた彼女たちの在り方を歌った楽曲である、と言えるのではないでしょうか。 「浪漫」の追求 主義をもって利益を成した場合は 商いが食い扶持以上の意味を宿す 義務と権利双方重んじつつ飽く迄 両者割合は有耶無耶にしていたい 玄人衆素人衆皆の衆賛否両論 頂戴 置きに行こうなんぞ野暮 新しい技毎度繰出したいです 浪漫と算盤 作詞 椎名林檎 「主義をもって利益を成した場合は 商いが食い扶持以上の意味を宿す」。 平易に言い換えるならば、 「自身の信念により利益が出るのなら、商売が食費稼ぎ以上の意味を持つ」といったところでしょう。 商売でただ食費を得るだけでなく、自身の主義・理想をも追求できる。 芸術家として財を成すことの面白さです。 どっちが大事、なんて結論は出さないままで。 賛否両論いただきながらも、置きにいくなんてつまらないことはせず、私は新しい技を繰り出していきたい、と。 経済的・社会的名声や利益に縛られず、ひたすらに浪漫を追い求める姿勢というのはきっと芸術家たるものの性というものなのではないでしょうか。 「算盤」の必要性 宇宙を因数分解したとこで自由と 孤独だけが待っているんでしょう 玄人で素人で労働者で生活者の侭 おもしろおかしく居させて 煩わしい役毎度請け負いたいです 浪漫と算盤 作詞 椎名林檎 その一方で、ロマンを追い求めることはいつだって孤独です。 「宇宙を因数分解したとこで自由と孤独だけが待っているんでしょう」 漠然とした表現ですが、ここでの「宇宙」は「浪漫」の言い換えではないか、と個人的には捉えています。 未知にあふれる宇宙は人々のロマンの塊。 宇宙を構成する全てを解き明かすことは途方もない労力を要するはずです。 しかし人々の信念を追及し、そのすべてを紐解いたとて何が得られるわけでもないわけで。 ただそこには 「自由」と 「孤独」が待つだけなのです。 同様に、音楽家として自身のロマンを追及することも自由で孤独。 その過程はきっと誰にも理解されないだろうし、聴き手に受け入れてもらえるとも限らない。 ファンを置いてけぼりにしてしまうかもしれないし、万が一真理にたどり着いたとて、それ以上はロマンの存在しない 「自由」と 「孤独」が待っているのでしょう。 だからいつだって「労働者」で「生活者」のままでありたいと願うのです。 表現者として素人だ玄人だという階段を上っていきたい一方で、地に足つけて生きていきたいと思う。 労働者として、生活者として、いつだって算盤抱えて生きていたいのです。 きっと、そう浪漫抱えたら算盤弾いて 両極のど真中狙い撃てお願い勇気をくれ 浪漫と算盤 作詞 椎名林檎 浪漫と算盤。 ミュージシャンであり、それぞれに曲を聴いてくれるファンがいて、養うべき家族がいる椎名林檎と宇多田ヒカル。 芸術家であり商売人である彼女たちの葛藤です。 答えはお互いの存在 そんな彼女たちに答えを与えるのが、 お互いの存在でした。 夢と現、理想と現実、浪漫と算盤。 それは 椎名林檎における宇多田ヒカルなのかもしれないし、 その逆も然りなのかもしれません。 椎名さんはこの曲に関して、「 唄うのにやや照れました。 」とコメントを残しています。 何故林檎さんはヒカルさんとのデュエットにこの曲を選んだのか。 世の中まだまだ捨てたものではありません。 それこそがこの問いの答えで、浪漫と算盤、その両方を抱えたままに歩き続けることはきっと可能なのです。 「ただ生きようと」 ただ自分らしくあろうと思える理由がそこにはあります。 『なお、二十年間、頑なに「国産採れたて」に拘って参りましたものの、これからさきはもっとのびのび自由奔放に書きたいです。 どうぞ今後なお一層、よろしくお願い致します。 』 林檎さんはこの楽曲によせてこのようにコメントしています。 今後彼女がどんな音楽を生み出していくのか。 活動からますます目が離せません。

次の

The SUN & MOON

浪漫 と 算盤 歌詞

椎名林檎 『ニュートンの林檎 〜初めてのベスト盤〜』収録の新曲 「浪漫と算盤 LDN ver. 」 この 「浪漫と算盤 LDN ver. 」という曲は2019年11月13日(水)にリリースされる椎名林檎のタイトル通り初めてのベストアルバムに収録される新曲です。 ベスト盤に収録される新曲って、そのアーティストにとって結構な勝負曲を持ってくるものだと思いますが、これ以上の豪華でガチの曲って、そうそうないですよね。 さすがは林檎嬢。 このベスト盤の特設サイトに、この曲に対する 椎名林檎と 宇多田ヒカル、両者のコメントが掲載されています。 新たな作品に着手する際、わたしはいつも、なにかしら初めての試みをするようにしております。 今回はとにかく、和声から旋律からなにから、いつもみたく扇情的にせぬよう注意深く編みました。 ヒカル氏の声の成分がよく馴染む、酸素や水のような曲にしたくて。 いつになくまろやかな響きを、味わっていただけますと幸いです。 椎名林檎 ここで私が注目したのは いつもみたく 扇情的にせぬよう注意深く編みました。 ヒカル氏の声の成分がよく馴染む、 酸素や水のような曲にしたくて。 いつになく まろやかな響き というところ。 確かに、林檎嬢のいつものセンセーショナルなまでの攻撃的かつ情動的な様はなりを潜め、ロンドン・シンフォニック・オーケストラの管楽器、弦楽器の華麗な旋律やよく転がるジャジィなピアノにのせ、2人の歌声が有機的に絡み合います。 で、「まろやか」とは言いつつも、その意匠はまるで 「新しい007のテーマ曲はこれだよ」 と言われても納得するようなラグジュアリーさでもって徹底されています。 林檎嬢はこのような豪華絢爛な、映画的な曲を作るのに長けていますが、その筋の曲で言うと、昨今でも一番の出来になっていると思います。 椎名林檎と宇多田ヒカル そんでもってこのとびきりの林檎嬢に伴奏するのが、天下の宇多田ヒカル嬢なんだから、全くもって神すぎる。 この2人は昔からお互いの才能を認め合っていて。 似ているようで似ていない、「個」としてのお互いの強さにエールを送り合う姿が微笑ましくも、勇ましくて。 もともと2人の激ファンでもある私には、本当に喜ばしいコラボレーションですし、私と同じように喜び狂ってるファンもたくさんいらっしゃると思います。 長丁場のMV撮影の待ち時間も、こんなに楽しく笑って過ごしていいのかというくらい楽しく過ごせて、全てが贅沢な時間でした。 宇多田ヒカル 或る日ヒカル氏が「それはゆみちん(椎名のこと)ならうまいこと書きそう」などと共通の知人らと話していたらしいテーマが「ロマンとソロバン」でした。 椎名林檎 こんなに楽しく笑って過ごしていいのかと… とか ゆみちん… とか…。 あんまり普段使わないし、若ぶりたくもないけれど、ここで使わなきゃいつ使うんだワードいきます。 尊い……。 この2人だけが醸し出すケミストリー、令和初の国宝にここで認定! 椎名林檎と宇多田ヒカル、これまでのコラボ曲 冒頭でこの曲は、2人の3回目のコラボと書きました。 1度目はこれ! 「浪漫と算盤 LDN ver. 」歌詞の解説・解釈 で、この歌詞がですね。 lyrical-nonsense. lyrical-nonsense. 商業主義であり、作品主義でありたいと。 lyrical-nonsense. こういう野暮ったいことはしない。 新しい技=新しい創造性 にチャレンジしていきたいと。 賛否両論上等だと。 反応がないような大人しい毒にもならないものではなく、賛否どちらもあるものであれと。 まさに椎名林檎の音楽活動はずっとそれをしてきたわけです。 lyrical-nonsense. それこそ椎名林檎にとって宇多田ヒカルであると。 この曲は、お互いを褒め称え合う讃歌であり、お互いのこれからもエールしていくという歌であると。 lyrical-nonsense. この部分がこの歌の中で一番好きかもしんない。 いち生活者として。 玄人ではないし、素人で労働者で生活者である私もこのように生きていきたいと思わせる眩しさ。 これはやはり時代の先端をゆく2人の勇者、冒険者たちが称え合う輝かしい歌なんだと思います。 lyrical-nonsense. そういった歌なんだと解釈しました。 この2人の勇者にただただひれ伏して、どこまでもついていく所存でございます!.

次の