香港 人権。 2019年香港人権・民主主義法

中国、香港に「国家安全法」導入か 「香港の終わり」と民主派反発

香港 人権

(-)議員が2019年6月13日にとして上院に提出。 で審議。 2019年11月19日に上院通過。 2019年11月20日に下院通過。 2019年11月27日に大統領が法案に署名。 2019年香港人権・民主主義法(2019ねんほんこんじんけん・みんしゅしゅぎほう、: Hong Kong Human Rights and Democracy Act of 2019)は、の法律 S. 1838 Public Law No: 116-76,Nov. 27, 2019 133 STAT. 1161。 のによるに対し、へのに関するの主要官員を牽制するため 、にの議員と議員によって提出され、2019年に成立した。 措置 [ ]• のに定められた原則を再確認する。 そして、香港における、および十分に自立していることの重要性をもって、アメリカの法律の下に本国とは違った待遇を受けるものとすることを含む。 制定後90日以内およびまでの毎年、香港におけるアメリカの利益に関する条件についての報告書をが発行することとする。 この報告書には香港の民主的制度についての動向を含むものとする。 香港についてと異なる扱いをする新しい法律、協定を制定する前に、は香港が十分に自立していることを確認すること。 は香港の特定の、に対して、、、を行った責任者を明らかにすること。 また基本的自由を抑圧したりなどの行動については、その者のアメリカ合衆国における資産を凍結し、その者のアメリカへの参入を拒否すること。 2014年に香港に居住したビザ申請者は、香港の選挙に関する非暴力的な抗議活動に参加したとして逮捕されたり、拘留されたり、その他の不利となる政府の措置を受けたことがあっても、それを理由にビザを拒否されることがないものとする。 法案提出と審議の経緯 [ ]• にの議員によって、に高度の自治を認めた「」が守られているかどうか毎年検証することを付ける2019年香港人権・民主主義法案(H. 3289 - Hong Kong Human Rights and Democracy Act of 2019)が、に提出される。 に下院への法案(H. 3289)と同内容の法案が、の議員によってに提出される。 、は下院に提出された法案を発声投票で可決。 2019年には、上院に提出された法案(S. 1838)を全会一致で可決した。 また、同時にや、、などのをに輸出することを禁止する法案 も可決した。 2019年には、上院で可決された法案(S. 1838)を賛成417票対反対1票で可決した。 同時に上院から送付された「や、、などのをに輸出することを禁止する法案も可決した。 2019年、は「私は()と中国、香港市民に敬意を表して法案に署名した。 中国と香港の指導者や代表者が対立を友好的に解消し、長期的な平和と繁栄をもたらすよう期待する」と述べて2019年香港人権・民主主義法案及び香港に対する非致死性武器の禁輸法案に署名し、法案が成立した。 2019年香港人権・民主主義法は、Public Law No: 116-76 、非致死性武器の禁輸法は、 Public Law No: 116-77 との法番号が付された。 反応 [ ] 米国 [ ] は、条例改正案は「後の20年間にわたり米国と香港の間で発展した強力な関係を脅かし」、「」の内で香港に「十分な」があるかどうか再評価する法制を米議会に呼び掛け、香港人権・民主主義法案が早く提出されることを心待ちにしていると述べた。 中国 [ ] は法案に対し、だとして強い非難を示し、報復措置を発動すると警告した。 関連項目 [ ]• (Responsibility to Protect) 脚注 [ ]• Library of Congress. 2019年12月16日閲覧。 Library of Congress. 2019年12月16日閲覧。 「」『』毎日新聞、2019年10月16日。 2019年10月16日閲覧。 Bloomberg. com. 2019年11月20日閲覧。 「」『Reuters』、2019年11月20日。 2019年11月20日閲覧。 日本経済新聞 電子版. 2019年11月20日閲覧。 2710 - A bill to prohibit the commercial export of covered munitions items to the Hong Kong Police For• Library of Congress. 2019年12月16日閲覧。 2019年11月28日. 2019年11月28日閲覧。 2019年11月28日. 2019年11月28日閲覧。 Bloomberg. com. 2019年11月20日閲覧。 「」『Reuters』、2019年11月20日。 2019年11月20日閲覧。

次の

【香港人権法とは】わかりやすく簡単に解説!米中関係、為替や株価への影響など特集!

香港 人権

香港の「高度な自治」の検証を、米国務省に義務付ける米国の法律。 2019年11月、で全会一致、下院でも圧倒的多数 反対票1 によって可決され、トランプ大統領が署名したことで成立した。 これにより米国が、19年6月から激化している市民による抗議行動 五大要求デモ を支持する、という明確な立場を内外に示すことになった。 米国はこれまで、香港中国返還と同時 1997年 に発効した「香港政策法」の下、一国二制度の維持を条件として、香港に関税率やビザ発券等で、中国とは異なる通商上の優遇措置を講じてきた。 米国にとっては、人権外交の推進、香港の米企業保護という狙いがあり、「香港人権法」はこの延長線上の法律とも位置づけられる。 今後、米国務省が行う毎年の検証の結果、一国二制度下での「高度な自治」や香港市民の人権が侵害されていることが判明すれば、米政府は優遇措置を見直し、侵害した人物や当局の責任者に一定の制裁を科すことが可能となる。 また、香港デモの発端となった「逃亡犯条例」 その後撤回 を念頭に、同種の法が制定された場合には米国人を保護するという内容の条文を盛り込むなど、香港政府や中国当局を強く牽制 けんせい している。 同時に、香港当局がデモ制圧のため使っていた催涙ガスやゴム弾などの武器を香港に輸出することを禁じる法律も成立させている。 これに対して、香港政府は「重大な内政干渉であり、情勢改善につながらない」と抗議。 中国外務省も「露骨な覇権行為であり、深刻な国際法違反」と米国を激しく非難し、断固たる報復措置を取るという方針も表明した。 大迫秀樹 フリー編集者/2020年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について.

次の

人権?経済?香港問題を巡るアメリカ、中国の立ち位置と狙い

香港 人権

米中の貿易交渉で協議が続くなか、香港情勢へのけん制を強めた形で、米中の対立が深まることは避けられない情勢です。 アメリカのホワイトハウスは27日、トランプ大統領が香港での人権と民主主義の確立を支援する 「香港人権・民主主義法案」 に署名したと発表し、これにより法律が成立しました。 成立した法律は、香港での人権抑圧に関わった中国の当局者への制裁を可能にし、香港に高度な自治を認めた一国二制度が中国政府によって損なわれていないかアメリカ政府に検証を求める内容です。 アメリカ議会の与野党の対中強硬派の議員が提案し、上下両院で圧倒的支持を受けて可決されていました。 トランプ大統領は署名にあたって声明を出し、 「習近平国家主席と香港の人々への敬意をこめて署名した」 としたうえで、 「中国や香港の指導者たちが立場の違いを友好的に乗り越え、長期的な平和と繁栄につなげられるよう願っている」 としています。 トランプ大統領はこれまで中国との貿易交渉で第1段階の協定の合意に向けて詰めの協議が続くなか、 「香港を支持しなければならないが、友人である習近平国家主席も支持している」 と述べて、中国政府への配慮をにじませていました。 しかし、議会で超党派の支持を集める法案への早期の署名を求める声が上がり、大統領の拒否権を発動しても議会で覆されることが確実なことから、署名に踏み切ったとみられます。 これに対し中国政府は報復措置も示唆し、激しく反発していて、米中の対立が深まることは避けられない情勢です。 また、対中強硬派で知られる共和党のルビオ上院議員は 「アメリカは中国政府が香港の内政に影響を及ぼしたり、介入したりするのを防ぐ重要な手段を得た」 として、今後、アメリカ政府として香港の一国二制度が損なわれてないか厳しく監視する必要があると主張しました。 民主党のメネンデス議員も 「この法律によって、民主主義と自治を求める香港市民の願いがさらに強まるのが楽しみだ」 として、香港の民主派への支持を訴えました。 中国外務省は28日午前、声明を発表し、 「中国の内政に著しく干渉し、赤裸々な覇権行為であり、中国政府と国民は断固として反対する」 「アメリカに対し、独断で行動しないよう忠告する」 「さもなければ中国は必ず報復し、一切の悪い結果はアメリカが負うことになる」 として、報復措置を辞さない考えを重ねて示しました。 また 「この法案とされるものは、香港の同胞を含む中国国民にアメリカの腹黒い魂胆と覇権主義の本質をはっきりと認識させ、より一致団結させるだけであり、そのたくらみは必ず失敗する」 と激しく反発しています。 この法案をめぐって中国外務省は先週、北京にあるアメリカ大使館の幹部を呼んで抗議したのに続いて、3日前にもブランスタド大使を呼び出し、 「内政干渉をやめなければ、一切の悪い結果はアメリカが負うことになる」 と強く警告していました。 中国は香港の抗議活動についてアメリカなどが背後であおっていると激しく批判していて、法律の成立によって抗議活動がさらに勢いづくことを警戒しているものとみられます。 また習近平指導部としては、みずからの権威を守るために国内で弱腰だと批判されるのを避けたいものとみられ、どの程度の対抗措置をとるか、慎重に検討しているものとみられます。 28 11:14 【ワシントン=黒瀬悦成】 トランプ米大統領が 「香港人権民主法」 を署名成立させたのは、米中関係の最重要懸案である貿易交渉での合意は目指しつつ、香港の自治や住民の人権を侵害する行為は米政権として容認しないとの立場を中国の習近平体制に明確に打ち出す狙いがある。 ただ、同法の成立が貿易交渉に悪影響を及ぼす恐れは排除できず、トランプ氏にとっては苦しい決断となった。 トランプ氏は人権民主法案に関し、拒否権を行使するか、署名をせずに来月3日に自然成立させることで法案への 「反対」 姿勢を中国に示す選択肢もあった。 しかし、いずれを選んだとしても、来年の大統領選でトランプ氏の再選阻止を目指す民主党から中国への 「及び腰」 姿勢を非難されるのは避けられない。 しかも、仮に拒否権を発動しても、上下両院で3分の2以上の議員が再び賛成すれば法案は成立する。 法案はほぼ全会一致で両院を通過しており、拒否権が覆されるのは確実だった。 また、署名せずに自然成立させたとしても、中国が反発してくることに変わりはなく、同氏としてはむしろ、進んで署名することで中国に対して決然とした姿勢を示した方が得策と判断したとみられる。 24日実施の香港区議選で民主派が圧勝したことも、トランプ氏を署名に傾斜させた公算が大きい。 トランプ氏は一方、署名に際して発表した声明で同法について 「一部の条項が大統領に憲法上保証された外交政策遂行上の権限に干渉している」 と主張して内容への不満をにじませ、運用には慎重を期する立場を示した。 同法は、香港経済に依存する中国に対し、香港への優遇措置の停止をちらつかせて圧力をかけることを狙ったものだ。 ただ、実際に優遇措置が停止され、香港が国際商業都市としての特色を失った場合、現地に展開する米企業も打撃を受ける恐れが高い、との指摘もある。 国務省によれば、香港には約8万5000人の米国民が居住。 米企業の数は約1300社にのぼる(いずれも2018年7月現在)。 貿易収支では、米国の貿易相手国・地域の中ではここ数年、米国が最大の黒字を記録している。 トランプ氏が最後まで同法を成立させるかどうか態度を明確にしなかったのは、こうした事情も勘案していたとみられる。 28 09:27 【ワシントン=黒瀬悦成】 トランプ米大統領は27日、中国の習近平体制に香港での抗議デモの弾圧を自制するよう圧力をかけることを狙った 「香港人権民主法案」 に署名し、法案は成立した。 法案は今月20日までに上下両院を通過し、トランプ氏が署名するかどうかが注目されていた。 中国は、トランプ氏が法案を成立させた場合は報復措置に踏み切ることを示唆しており、米中の緊張が激化する事態も予想される。 香港人権民主法は、 「一国二制度」 を前提に香港に認められている関税や査証(ビザ)に関する優遇措置について、中国が同制度を守っているかどうかを米政府が検証し、措置存続の是非を毎年見直すことを義務づけた。 人権抑圧に関与した中国と香港の当局者に制裁を科す条項も盛り込まれた。 トランプ氏はまた、香港警察が抗議デモの制圧に使っている催涙ガスやゴム弾、スタンガンなどの装備を輸出することを禁じる法案にも署名した。 トランプ氏は署名後、声明を発表し、 「習主席と中国、香港の人々に敬意を表して両法案に署名した」 と述べた上で 「中国と香港(の抗議デモ)の指導者と代表らが、全ての人々の長期的な平和と繁栄につながる形で対立を平和的に収拾することを望んで法案を成立させた」 と説明した。 一方、人権民主法案の共同提出者である共和党のルビオ上院議員は 「米国は、中国政府が香港にこれ以上影響力を行使し干渉するのを抑止するための新たな意味ある手段を手に入れた」 と指摘し、法案に署名したトランプ氏を「称賛する」とした。 28 08:28 【ワシントン=黒瀬悦成】 トランプ米大統領は27日、上下両院で可決した 「香港人権民主法案」 に署名し、同法案は成立した。 同法は、香港の高度な自治を保障する 「一国二制度」 を中国が守っているかどうかを米政府が検証し、香港に認められた関税などの優遇措置の是非を毎年、見直すことを義務づける内容となっている。 28 21:50 【香港=藤本欣也】 米国で香港人権民主法が成立したことについて、2014年の民主化運動 「雨傘運動」 の元リーダーで、同法の成立を米側に働きかけてきた黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏(23)が28日、記者会見し、米国に謝意を示した。 「(抗議デモが本格化した)6月9日からこれまでの間にさまざまな犠牲を払った香港人にも感謝したい」 「彼らの犠牲が米国を動かした」 と指摘し、 「香港各界の意見を集めて制裁リストを米側に提示していきたい」 と述べた。 28日夜には、香港中心部で米国に感謝する集会が行われ、集まった約1万人が米国国歌を歌うなどした。 子供連れで参加した女性(40)は 「今後、香港警察が(デモ参加者への)暴力をひかえることを期待している」 と語った。 一方、香港政府は同日、同法の成立を非難する声明を発表。 「香港の抗議者に誤った情報を発信し、香港情勢の緩和の助けにならない」 として、遺憾の意を示した。 一方、香港高等法院(高裁)は28日までに、デモ参加者のマスク着用などを禁じた 「覆面禁止法」 について、暫定的に12月10日まで有効とする決定を下した。 29 08:00 香港政府と中国共産党への抗議活動が本格化して5カ月余り。 催涙弾と火炎瓶が飛び交うデモ現場で恋が生まれることもある。 大学生のデニス君(19)=仮名=と高校生のルビーさん(17)=同=はそんなカップルだった。 2人が出会ったのは7月1日。 若者たちが立法会(議会)に強行突入した日のことだ。 デニス君は 「みんな、ガラスを割って建物に入っていったので、軽い気持ちでついていった」 という。 議場では、若者たちが鉄の棒やハンマーで机、いす、壁をたたき壊していた。 「手袋をしていない人は何も触るな」。 誰かの声が聞こえた。 指紋の証拠を残すなという意味だろう、素手だった彼は破壊活動に加わらなかった。 深夜になって外に出ようとしたとき、荒れた議場を見つめる少女がいた。 「何をいつまで見ているんだ。 一緒に逃げよう!」 警官隊が立法会に近づいていた。 黒いマスクにメガネ姿の2人は手を取り合って走って逃げた。 催涙弾が撃たれたのはその後だ。 ルビーさんはそれまで1人でデモに参加していた。 6月9日、香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする 「逃亡犯条例」 改正案への反対デモに出たのが1回目だった。 「今の自分に直接影響があるとは思わなかったけど、これを許したら、もっとひどいことが起きる気がしたんです」 それから、デモに加わるようになったルビーさん。 補給班に入り、前線に出たこともある。 両親は彼女の本当の姿を知らない。 父親は香港生まれで、母親は中国広東省出身。 両親とも政府・中国を支持し、デモ隊の若者たちを 「ゴキブリ」 「暴徒」 と非難する。 それを黙って聞いているのが一番つらい。 「口を開けばけんかになるし、外出を禁止されてしまうのは目に見えているから…」 デニス君は最初はデモに無関心だったが、過度な暴力を振るう警官に怒りがこみ上げ、参加するようになった。 その警官に殴られたことも、消火器を噴射し警官を撃退したこともある。 2人の気がかりは2047年だ。 さまざまな自由が認められた 「一国二制度」 が終わり、香港は共産中国についにのみ込まれる。 「独裁国家と1つになりたくない」(ルビーさん) 「香港はわが家。 自分で守らないと」(デニス君) 夢を尋ねた。 デニス君は「小学校の先生」。 ルビーさんは「お医者さん」と答えた。 目の前に座る2人はいつしかテーブルの下で手を握り合っている。 今から28年後、47歳と45歳になった2人が生きる香港はどうなっているだろう。 私だけではない。 彼ら自身が想像すらできないのだ。 28 20:11 【北京=西見由章】 中国当局は28日、米国で香港人権民主法案が成立したことについて 「極めて大きな憤りと最も強烈な非難」(駐香港連絡弁公室) を表明するなど強い言葉で米側を非難し、報復措置をとる考えを示した。 今後の焦点は、中国側がこうした強硬な態度を実行に移すかだ。 中国外務省の楽玉成次官は28日、米国のブランスタッド駐中国大使を呼び出し、 「強烈な抗議」 を伝えた上で同法を施行しないよう要求した。 中国側が同法に絡み、米大使館幹部を呼びつけるのは1週間余りで3回目となる異常事態。 大使自身の呼び出しも25日に続き2回目となった。 中国外務省は28日、 「香港と中国内政への重大な干渉で、むき出しの覇権行為だ」 との非難声明を出し、中国政府と人民の 「断固とした反対」 を表明。 「米国が独断専行を続けるならば中国側は必ず断固として反撃する」 「一切の結果は米側の責任だ」 と警告した。 中国人民大の時殷弘(じ・いんこう)教授は 「米国による香港情勢への初の法的介入であり非常に深刻だ」 「中国本土の金融や貿易への損害も生じる」 と指摘。 トランプ米大統領を譲歩させるためには 「貿易協議の終了通告や北朝鮮問題で米国に協力しない姿勢への転換、駐米大使の召還」 などの強硬な措置が必要だとの認識を示した。 一方で実際の報復措置について 「小規模な反撃は必ずある」 としつつ、 「これまでの経緯から判断すると、トランプ政権に深刻な打撃を与えられる可能性は5割以下だ」 とも述べた。 習近平国家主席は米上下両院が香港関連法案を可決した直後の22日、北京でのフォーラムで米中貿易協議の 「第1段階」 の合意に期待感を示した。 国内には香港問題と切り離して対応すべきだとの声もある。

次の