為替予想 2020 2021。 楽天イーグルスのトレード予想!噂の交換要員一覧【 2020年~2021年版】

トルコリラ円予想 2020、2021、2022

為替予想 2020 2021

こんにちは! 総合商社マンです! 総合商社各社の決算が出揃ったよ! !• 7大総合商社各社の決算発表終了 7大総合商社の決算発表が本日終了しました。 笑 個別企業の決算記事は最後にリンクを張り付けているので御覧ください。 ではまとめていきましょう! 7大総合商社・2020年3月期(2019年度)決算まとめ 7大総合商社各社の2020年3月期決算をまとめたいと思います。 主に、以下点を順番に見ていきます。 2019年度純利益実績ランキング• 2020年度の利益予想ランキング• 2020年度の各社利益予想前提条件(為替・原油)• 配当の状況• 配当利回り では順番に見ていきましょう! 2020年3月期 2019年度 純利益ランキング 2020年3月期 2019年度 決算での純利益順に並べています。 御覧の通り、王者 三菱商事が5,354億円、次いで 伊藤忠が5,013億円とトップ争いは王者三菱商事が勝者となりました。 そして3位に 三井物産が3,915億円で続き、4位に 住友商事1,714億円、5位に 豊田通商1,355億円、6位に 双日608億円という結果です。 その中で 対前年比で利益を伸ばしたのは伊藤忠商事と豊田通商の2社のみという状況で、それ以外の商社は皆前年比減益という内容です。 上記は単純に純利益を並べた時のランキングですが、少し違う観点から見てみましょう。 上記表に敢えて私は2019年度の各社期初予算を記載しました。 7大商社の内、期初予算を達成したのは唯一、伊藤忠商事のみというのが分かります。 ここに近年の伊藤忠商事の株価の飛躍の要因があるのだと思われます。 株主へのコミットメント力が半端ありません。 私個人的には三菱商事の株をこの中では一番保有しているので三菱商事を応援しているのですが、伊藤忠の株も保有しており、近年の上昇で伊藤忠株が三菱商事株の損失をカバーしてくれている感じです。 笑 2021年3月期 2020年度 の利益予想ランキング 7大総合商社の2021年3月期見通しもまとめてみましょう。 要は今期の各社発表の決算予想ですね。 以下の通りです。 こちらも純利益予想順に並べています。 御覧の通り、7社中3社が今期の予想を未定としています。 既に発表している各社も軒並み前年比減益となる中、前期赤字だった丸紅だけは黒字浮上ということで前年比増という状況です。 個人的に注目なのは以下です。 一つ目は、 三菱商事と伊藤忠のトップ争いがどうなるか。 王者三菱商事は今回未定としているので、伊藤忠を上回ることが出来るのか注目です。 ちなみに伊藤忠の個別記事でも書きましたが、 伊藤忠はこの予算に500億円の損失バッファがあるということなので、想定していない損失が出なければ4,500億円の期待値があります。 それにどう三菱商事が立ち向かうのか、注目です。 二つ目は、 三井物産の上方修正可能性です。 三井物産は今期の利益予想でエネルギーセクターの利益予想をゼロとしての1,800億円という予算数字です。 足元やや資源価格が落ち着いてきていますので、今後さらなる回復があれば、三井物産の上方修正期待が高まります。 2021年3月期 2020年度 の各社前提条件 2020年度の各社の為替と原油価格の前提条件は以下の通りです。 御覧の通り各社まちまちです。 資源については各社取り扱い資源量や種類がまちまちで、本来は原油よりも鉄鉱石や原料炭、一般炭の価格のほうが重要だったりはする企業もいたりするのですが、とりあえず為替と原油価格の比較だけにしました。 まず為替ですが、各社 105円~110円のレンジで設定してきています。 伊藤忠商事がもっとも保守的に見ており105円、三井物産・双日が足元の為替とほぼ同レベルの108円、そして三菱商事・丸紅が110円と楽観的な為替設定を行っているのが分かります。 住商・豊通は非公表のようです。 一方、原油についてですが、これも各社取り扱い原油がまちまちでWTI、Brent、Dubai原油と公表前提はバラバラなので、一概に比較できませんが、ご参考までに以下が足元の直近限月の各原油価格です。 WTI:24ドル台• Brent:29ドル台• Dubai:27ドル台 三菱商事は業績発表はしていないものの、謎に為替と原油価格想定は発表しており、ちょっと他社と比べて楽観的な予想となっているのが気になります。 一方、丸紅はWTI20ドルで置いている一方、足元24ドル程度で推移していますので、既に前提より上回って推移しているので、これは追い風ですね。 7大総合商社の配当状況は? 総合商社各社の配当状況を見てみましょう。 こちらをご覧ください。 御覧の通り増配したり、減配したり各社まちまちで、大きく以下の4グループに分けられます。 増配をしたグループ:三菱商事、伊藤忠商事• 配当を維持したグループ:三井物産、住友商事• 減配をしたグループ:丸紅• 配当未定のグループ:豊田通商、双日 増配をしたグループ 増配をしたグループには 三菱商事、伊藤忠商事の2社が含まれます。 そして、この2社のすごいところは 累進配当(ここでは毎期増配の意味)を掲げているところです。 さすがトップを争う2社だけありますね!株主にとっては頼もしい限りです。 配当を維持したグループ 配当を維持したグループには 三井物産と住友商事の2社が含まれます。 まず 三井物産ですが、今回大幅減益を発表しましたが、今回発表した中期経営計画では毎期80円を下限保証するという、圧巻の配当方針を掲げました。 もう一社の 住友商事ですが、一見上記の表では減配しているように見えますが、前年は記念配10円が含まれていましたので、実質配当維持ということで、このグループに入れています。 両社共に、株主を大切していることが伝わってくる内容です。 減配をしたグループ 減配発表をしたのは今回決算が散々となった 丸紅です。 そして丸紅は今回の中期経営計画中は自社株は実施しないことまで宣言しました。 相当苦しい状況に追い込まれているのが分かります。 配当未定としたグループ 配当未定としたグループには 豊田通商と双日の2社が含まれます。 まず 豊田通商ですが、豊田通商は今期の業績予想を未発表としている一方、配当性向は25%を予定ということなので、業績予想を発表する時点で配当予想も発表してくると思われます。 一つ豊田通商が残念だったのは、まじめにこの25%の配当性向を守っているところです。 笑 今回の豊通の個別決算記事にも書きましたが、2020年3月期決算ではしれっと直近予想から10円減配してしまっていますので、この会社は利益が減れば配当性向を守って「しっかり」配当も減らすという方針ということです。 この方針を貫く限りは増益しないと配当も増えませんので、 今期は恐らく減配することになるでしょう。 双日に関しては今期の業績予想は発表したものの配当は未定としました。 ただ、30%程度の配当性向を掲げているので、仮に今期業績見通しから逆算すると配当は10円程度となる見込みです。 つまり豊田通商と共に減配グループになる可能性大です。 以上の通り、結構配当に対する対応は各社ばらつきがあるのが分かります。 引き続き伊藤忠の自社株買い枠の行方が気になります。 総合商社各社の決算記事 総合商社各社の決算発表記事は以下にリンクがありますので、ご覧ください。 双日 豊田通商 三井物産 丸紅 伊藤忠商事 住友商事 三菱商事 最後に いかがでしたでしょうか?私個人的な話ですが、現在三菱商事、伊藤忠商事の株を保有しており(丸紅昨日売りました。 笑 100株だけだけだったけど)、その中でも三菱商事の保有が多いので、両社切磋琢磨してもらいながら、なんとか (株価上昇に向けて)首位奪還に向けて頑張って欲しいところです。 笑 さて、今後の総合商社のイベントは6月後半の株主総会になります。 スケジュールは以下記事に纏めていますので、興味のある方は御覧ください。 この株主総会のタイミングで、現在業績予想を未発表としている三菱商事・住友商事・豊田通商が見通しを出すのか注目ですね。 そしてもう一つ、 この株主総会の時期は自社株買いを発動する企業も過去いたので、それが今年もあるのかないのかも注目です! ということで総合商社決算ウイーク、終了です!! 総合商社の時価総額ランキングにも動きが出ているので、それについてはまた別記事で。

次の

ドル円予想 2020、2021、2022

為替予想 2020 2021

こんにちは! 総合商社マンです! 総合商社各社の決算が出揃ったよ! !• 7大総合商社各社の決算発表終了 7大総合商社の決算発表が本日終了しました。 笑 個別企業の決算記事は最後にリンクを張り付けているので御覧ください。 ではまとめていきましょう! 7大総合商社・2020年3月期(2019年度)決算まとめ 7大総合商社各社の2020年3月期決算をまとめたいと思います。 主に、以下点を順番に見ていきます。 2019年度純利益実績ランキング• 2020年度の利益予想ランキング• 2020年度の各社利益予想前提条件(為替・原油)• 配当の状況• 配当利回り では順番に見ていきましょう! 2020年3月期 2019年度 純利益ランキング 2020年3月期 2019年度 決算での純利益順に並べています。 御覧の通り、王者 三菱商事が5,354億円、次いで 伊藤忠が5,013億円とトップ争いは王者三菱商事が勝者となりました。 そして3位に 三井物産が3,915億円で続き、4位に 住友商事1,714億円、5位に 豊田通商1,355億円、6位に 双日608億円という結果です。 その中で 対前年比で利益を伸ばしたのは伊藤忠商事と豊田通商の2社のみという状況で、それ以外の商社は皆前年比減益という内容です。 上記は単純に純利益を並べた時のランキングですが、少し違う観点から見てみましょう。 上記表に敢えて私は2019年度の各社期初予算を記載しました。 7大商社の内、期初予算を達成したのは唯一、伊藤忠商事のみというのが分かります。 ここに近年の伊藤忠商事の株価の飛躍の要因があるのだと思われます。 株主へのコミットメント力が半端ありません。 私個人的には三菱商事の株をこの中では一番保有しているので三菱商事を応援しているのですが、伊藤忠の株も保有しており、近年の上昇で伊藤忠株が三菱商事株の損失をカバーしてくれている感じです。 笑 2021年3月期 2020年度 の利益予想ランキング 7大総合商社の2021年3月期見通しもまとめてみましょう。 要は今期の各社発表の決算予想ですね。 以下の通りです。 こちらも純利益予想順に並べています。 御覧の通り、7社中3社が今期の予想を未定としています。 既に発表している各社も軒並み前年比減益となる中、前期赤字だった丸紅だけは黒字浮上ということで前年比増という状況です。 個人的に注目なのは以下です。 一つ目は、 三菱商事と伊藤忠のトップ争いがどうなるか。 王者三菱商事は今回未定としているので、伊藤忠を上回ることが出来るのか注目です。 ちなみに伊藤忠の個別記事でも書きましたが、 伊藤忠はこの予算に500億円の損失バッファがあるということなので、想定していない損失が出なければ4,500億円の期待値があります。 それにどう三菱商事が立ち向かうのか、注目です。 二つ目は、 三井物産の上方修正可能性です。 三井物産は今期の利益予想でエネルギーセクターの利益予想をゼロとしての1,800億円という予算数字です。 足元やや資源価格が落ち着いてきていますので、今後さらなる回復があれば、三井物産の上方修正期待が高まります。 2021年3月期 2020年度 の各社前提条件 2020年度の各社の為替と原油価格の前提条件は以下の通りです。 御覧の通り各社まちまちです。 資源については各社取り扱い資源量や種類がまちまちで、本来は原油よりも鉄鉱石や原料炭、一般炭の価格のほうが重要だったりはする企業もいたりするのですが、とりあえず為替と原油価格の比較だけにしました。 まず為替ですが、各社 105円~110円のレンジで設定してきています。 伊藤忠商事がもっとも保守的に見ており105円、三井物産・双日が足元の為替とほぼ同レベルの108円、そして三菱商事・丸紅が110円と楽観的な為替設定を行っているのが分かります。 住商・豊通は非公表のようです。 一方、原油についてですが、これも各社取り扱い原油がまちまちでWTI、Brent、Dubai原油と公表前提はバラバラなので、一概に比較できませんが、ご参考までに以下が足元の直近限月の各原油価格です。 WTI:24ドル台• Brent:29ドル台• Dubai:27ドル台 三菱商事は業績発表はしていないものの、謎に為替と原油価格想定は発表しており、ちょっと他社と比べて楽観的な予想となっているのが気になります。 一方、丸紅はWTI20ドルで置いている一方、足元24ドル程度で推移していますので、既に前提より上回って推移しているので、これは追い風ですね。 7大総合商社の配当状況は? 総合商社各社の配当状況を見てみましょう。 こちらをご覧ください。 御覧の通り増配したり、減配したり各社まちまちで、大きく以下の4グループに分けられます。 増配をしたグループ:三菱商事、伊藤忠商事• 配当を維持したグループ:三井物産、住友商事• 減配をしたグループ:丸紅• 配当未定のグループ:豊田通商、双日 増配をしたグループ 増配をしたグループには 三菱商事、伊藤忠商事の2社が含まれます。 そして、この2社のすごいところは 累進配当(ここでは毎期増配の意味)を掲げているところです。 さすがトップを争う2社だけありますね!株主にとっては頼もしい限りです。 配当を維持したグループ 配当を維持したグループには 三井物産と住友商事の2社が含まれます。 まず 三井物産ですが、今回大幅減益を発表しましたが、今回発表した中期経営計画では毎期80円を下限保証するという、圧巻の配当方針を掲げました。 もう一社の 住友商事ですが、一見上記の表では減配しているように見えますが、前年は記念配10円が含まれていましたので、実質配当維持ということで、このグループに入れています。 両社共に、株主を大切していることが伝わってくる内容です。 減配をしたグループ 減配発表をしたのは今回決算が散々となった 丸紅です。 そして丸紅は今回の中期経営計画中は自社株は実施しないことまで宣言しました。 相当苦しい状況に追い込まれているのが分かります。 配当未定としたグループ 配当未定としたグループには 豊田通商と双日の2社が含まれます。 まず 豊田通商ですが、豊田通商は今期の業績予想を未発表としている一方、配当性向は25%を予定ということなので、業績予想を発表する時点で配当予想も発表してくると思われます。 一つ豊田通商が残念だったのは、まじめにこの25%の配当性向を守っているところです。 笑 今回の豊通の個別決算記事にも書きましたが、2020年3月期決算ではしれっと直近予想から10円減配してしまっていますので、この会社は利益が減れば配当性向を守って「しっかり」配当も減らすという方針ということです。 この方針を貫く限りは増益しないと配当も増えませんので、 今期は恐らく減配することになるでしょう。 双日に関しては今期の業績予想は発表したものの配当は未定としました。 ただ、30%程度の配当性向を掲げているので、仮に今期業績見通しから逆算すると配当は10円程度となる見込みです。 つまり豊田通商と共に減配グループになる可能性大です。 以上の通り、結構配当に対する対応は各社ばらつきがあるのが分かります。 引き続き伊藤忠の自社株買い枠の行方が気になります。 総合商社各社の決算記事 総合商社各社の決算発表記事は以下にリンクがありますので、ご覧ください。 双日 豊田通商 三井物産 丸紅 伊藤忠商事 住友商事 三菱商事 最後に いかがでしたでしょうか?私個人的な話ですが、現在三菱商事、伊藤忠商事の株を保有しており(丸紅昨日売りました。 笑 100株だけだけだったけど)、その中でも三菱商事の保有が多いので、両社切磋琢磨してもらいながら、なんとか (株価上昇に向けて)首位奪還に向けて頑張って欲しいところです。 笑 さて、今後の総合商社のイベントは6月後半の株主総会になります。 スケジュールは以下記事に纏めていますので、興味のある方は御覧ください。 この株主総会のタイミングで、現在業績予想を未発表としている三菱商事・住友商事・豊田通商が見通しを出すのか注目ですね。 そしてもう一つ、 この株主総会の時期は自社株買いを発動する企業も過去いたので、それが今年もあるのかないのかも注目です! ということで総合商社決算ウイーク、終了です!! 総合商社の時価総額ランキングにも動きが出ているので、それについてはまた別記事で。

次の

南アフリカランド円予想 2020、2021、2022

為替予想 2020 2021

楽天ーグルス 2020~2021年トレード予想・噂の交換要員は? 釜田佳直 今年で27歳の右腕は先発の柱として期待されるも度重なる怪我で2018年から 中継ぎに配置転換。 しかし精彩を欠き、二軍落ちするなど不調が目立ちました。 能力の高さは認められるものの、 スぺ体質で戦力として計算しづらいのがネック。 2013年は右肘を疲労骨折、オフに右肘にボルトを埋め込む手術をしています。 2014年にば トミージョン手術、2016年は右肘の張りを訴え1か月の離脱。 2018年には右肩と右肘の手術など脆さを感じます。 まだ若く調子の良い時は好投を見せる事からトレード要員としての価値はありそうで、中継ぎ、先発両方を経験しているのもプラス材料になり 得意先である巨人とのトレードも考えられそうです。 福井優也 広島から楽天へトレード移籍し、2019年は新天地1年目となりましたが、 8試合に投げて3勝1敗で 3勝全てが西武からという「キラー」ぶりを発揮しました。 パ・リーグ覇者に強い福井投手はかなりアピールになったと思います。 ですが、シーズンを俯瞰してみると防御率5. 18は満足のいく内容ではなくまだまだアピールする立場。 年齢も今年で32歳と伸びしろはありませんし、トレードに出してサウスポーや捕手、外野手などの獲得の交換要員として名前を挙げる候補の一人には挙がりそうです。 スポンサーリンク 安樂智大 2014年のドラフト1位、未完の大器と言われる能力の高さはあれどまだ開花には至っておらず。 楽天は能力の高い選手がいながら育成し切れておらず育成下手が露呈しています オコエ、小野、藤平らなど、3年目4年目で出てきそうな選手も高い壁に当たっているのが現状で さらに大補強が向かい風となりアピールの場を求める選手らの立場は厳しいのかなと思います。 安樂投手は能力は高いですが、岸、則本の二枚看板の先発陣らの他にも期待の若手も多い事から 中継ぎも視野に入れていますが気安く配置転換する投手でもありませんし、度重なる怪我もありましたから 調整のしやすい先発で育ててあげる方が良いと思います。 そうしたゆとりのある環境にトレードする可能性は低くはないのかなと思います。 ドラ1のブランドもありますしトレードとして出せばかなりの選手は獲得できそうですから適材適所のトレードを好む楽天なら 放出はありそうです。 田中和基 大谷世代の選手で楽天で史上初となる野手の 「新人王」を2018年に獲得した田中選手。 今のご時世には珍しいスイッチヒッターで、ノーステップでのフォームが目を引いた田中選手ですが 2019年は台湾遠征中に守備で怪我をして右足首の捻挫を患いました。 シーズン中も怪我の影響もあり大不振となり 打率188という結果に。 新人王を獲得してから年月は経っていないものの、2018年もノーステップでの打撃はまぐれ当たりは感がありますし 研究されるとスイッチでは長い活躍は難しそうです。 また、田中選手は外野でリードオフマンタイプですが、同じタイプに オコエ、辰巳、小深田、鈴木大地などがいますし キャラの被りがある事からレギュラーを獲得するのはなかなかの倍率。 これからの活躍に期待できる反面、スタメン機会に恵まれない可能性を考えるとトレードに出すという選択肢もあるかもしれません。 スポンサーリンク 関連記事 まとめ 今回は楽天のトレード候補についての予想でした! 楽天はメジャー式を取り入れ、その時々の戦力不足を補う即効性の高いトレードをするようになってきましたが これからも名の知れた選手が移籍するという話は出てきそうです。

次の