ダイヤ の a アクト 2 動画。 ダイヤのA(act2)動画24話アニメ無料視聴・見逃し配信まとめ!未完成ネタバレ感想

ダイヤのA act2(3期)は原作何巻のどこまで放送?4クール以上の放送との噂も! | マジマジ情報局

ダイヤ の a アクト 2 動画

4回戦の八弥王子戦に先発している降谷は5回、最後のバッターを 155キロのストレートで空振り三振に抑え、この回を 三者連続三振に切って取りました。 5回を終えた時点で、早くも10個の三振を奪っています。 ギャラリー「おぉ…自己最速!?」 「出たな、センバツ越え!」 「いや…球速以上のものがあるよ、降谷の球は!!」 御幸『力みがない分キレが出てきたな』 沢村「…そうでなきゃな」 降谷『あと4回…』 降谷の圧巻のピッチングを嬉しそうに見ていた沢村に、奥村が声を掛けました。 奥村「 準備しますか? そろそろ… 今 手が空いているので…」 川上「いいよ、ブルペン使って」 沢村「ノリさん、あざす!! 奥村 お借りします!!」 川上「静かにな!」 沢村「おっしゃあ、いくぞ!!」 奥村「静かに…と」 ダイヤのA act2 165話より引用 「小湊シフト」 5回裏、青道はワンアウトから倉持がフォアボールを選び、 すかさず盗塁を決めました。 ギャラリー「一番塁に出しちゃいけない男を…」 「これまで守備に助けられ、1点に抑えてきたとはいえ…初回から結構捉えられてんだよな」 「あのピッチャーも相当 神経削られてるだろ…」 打席に小湊を迎えたところで、八弥王子のピッチャー・夏目は二塁へ素早く牽制しますが、倉持が何とか帰塁しました。 ギャラリー「あぶねー! 狙ってたな牽制ー!!」 倉持『今まで隠してやがったな…』 夏目『ほっておかないよ、こんなデカいリード』 そして、八弥王子の野手陣が細かいポジションの確認を行います。 小湊『ファースト ライン際閉めて、セカンド深め…右方向かなり意識してる。 ダイヤのA act2 165話より引用 「ブースター」 しかし、八弥王子打線の前に降谷が立ちはだかります。 5番の森が低めのスプリットを振らされ、あっけなく三振に倒れると八弥王子ナインも言葉を失います。 川端『だから… あのスピードで落とされたら手が出るって…御幸のヤロー』 さらに6番・田村の打席で、降谷がスライダーで空振りを奪うと、御幸もこの日の降谷を絶賛しました。 御幸『力みも少なく、変化球にキレもある。 最後は 154キロのストレートで2者連続の三振を奪いました。 スポンサーリンク 163話のあらすじ セカンドに打ってしまえば望みはありません しかし、八弥王子打線の前に降谷が立ちはだかります。 3回表の投球は、最後のバッターを スプリットで見逃し三振を奪い、攻撃を3人で退けました。 八弥王子ナイン「ゾーンに…」 「続けてスプリット!?」 川端「ははは これだよ! これがセンバツで見た降谷暁だよ! 打ち崩しがいがあるだろ!?」 ベンチでは沢村が降谷に水を手渡しました。 降谷「やっぱり今日は出番なさそうだよ」 沢村「いーや 準備するね! 夏は何があるかわからん!」 降谷「…なんか 栄純が言うと説得力があるね」 沢村「そ…それは初戦のことを言ってんのか!」 3回裏、この回先頭の倉持が一・二塁間に打球を飛ばすと、今度は川端のグラブの先を抜けていきました。 ついに試合が動き出す! カテゴリー• 124• 2 最近のコメント• に mangashare より• に 岡 より• に mangashare より• に 李真 より• に mangashare より トップページと管理人紹介• アーカイブ•

次の

ダイヤのA 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

ダイヤ の a アクト 2 動画

バットを抱いて眠るほど練習に熱心に打ち込む星田に対して 市大三高の田原監督も全幅の信頼を置いています。 対する薬師バッテリーは、友部の長身を活かしたコーナーを突く投球で 星田との勝負を凌いで良い流れを取り戻そうとします。 試合前夜にもバットの精と話していた星田は打席でも対話をしているのか バットを撫でながら、ぶつぶつと話し掛けているようで その後、星田はアウトコースのボールを打ち上げてしまいますが もう少しでスタンドに入るほどの大きな当たりとなり 遂に市大三高が先制点を取りました! 星田本人も二塁へ進塁。 追加点のチャンスがまだまだ続きます。 ですが、ここは雷市のジャンピングキャッチで3アウトチェンジ。 先制は許したものの、追加点は与えず凌ぎ切りました。 友部は自分の投球に自信があるタイプなのか、まだ性格の程はわかりませんが 4番バッターに対してインコースを投げ込むなど、かなりの図太さはあるようでした。 ベンチに戻る際、冷静な表情ではありますが 星田たちに自身の投球を捉えられ、外野まで運ばれたことを気にしている様子で まだまだ1年生としての投球内容の未熟さが垣間見られました。 大人ピッチング 2回表・薬師高校の攻撃に移り、再びマウンドに立つ天久。 天才肌故かどうにもムラっ気の多い天久に対して 田原監督は下位打線からだといって油断しないようにと声を掛けます。 天久は試合の最中でも頭の中で試合以外のことを考えながら投げます。 時に相手打者をいじってみたり、時に漫才のことを考えてみたり…… 今回も集中とは無縁のようなことを考えながらも たった7球でスリーアウトを奪ってしまいます。 どんな強敵に対しても変に気負うことのない天久だからこそ出来る 余裕ある大人な投球を見せ、薬師の友部との違いを見せていました。 打球が高く上がった分、落下まで時間が掛かったせいで 薬師高校の選手にも大きな驚きを与えるものでした。 一方で薬師高校も後続打者にヒットは許さず これまで穴だった雷市もファインセーブで守備に貢献していました。 薬師の先発を務める友部は自身の投球が捉えられることを気にしていて 図太い神経の持ち主ではあるものの、まだエースと言えるほどの球威は無いことと 市大三高の打撃力の強さが示されている場面でした。 方や先発からエースの天久を登板させる市大三高ですが 先制点を奪った星田の足の遅さに文句を言うなど相変わらずリラックスした様子で 投球中も捕手とコミュニケーションを取っている様子が見えませんが たった7球で1回を終えるなど絶好調のようでした。 彼にとっては関係のないことを考えられているくらいの方が 調子の良い証拠なのかもしれませんね。

次の

ダイヤのa アニチューブ2

ダイヤ の a アクト 2 動画

ちなみに215話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。 マウンドに立つエース・柳楽や奈良を含めた創聖高校選手達が「どの打者もスイングスピードが違う」と青道打線に対して警戒心を強める中、続く打席に立った降谷が柳楽のツーシームを見事に捉え、青道高校は6回裏で一気に4点を得る。 その後、創聖高校は意地の守りをみせ、打席に立った東条や結城を見事に抑える。 そして、青道高校と創聖高校の試合は6回が終わり、青道高校が4点リードしている中、7回を迎えて・・・。 青道高校の主砲・御幸、柳楽の決め球打つ 7回表、創聖打線を見事に抑えた降谷。 その後、7回裏、青道高校の攻撃では2アウトランナー一塁・三塁という場面で打席には青道高校の主砲・4番御幸が立つ。 御幸は創聖高校のエース・柳楽のツーシームを見事に捉え、センター前まで長打を飛ばす。 それにより三塁ランナー・金丸がホームベースに還り、1点追加点を得る青道高校。 青道高校は創聖高校に対して5点差のリードを広げるのであった。 御幸が「決め球打つの気持ちいー」と柳楽のツーシームを打てたことに歓喜する中、試合展開を見ていた観客席の観客達は「よく勝負に行ったよ」という柳楽に対する賞賛の声が上がり始めていた。 青道高校の怪物投手・降谷 続く、8回表の創聖高校の攻撃では創聖打者の1番菊永にヒットを打たれ、二塁まで進まれてしまう。 次の打席に立った奈良が粘るプレイを見せる中、渾身のストレートを投げる降谷。 奈良は降谷のストレートを体勢を崩しながら打つも、奈良の打球を待ち構えていた小湊により抑えられてしまった。 創聖戦での降谷のストレート平均球速は145kmという記録を叩き出し、打者31人に対して被安打6、四死球2、奪三振8であり、創聖戦を含めた2試合で失点1という春以降の不調を取り戻す成績で8回を投げ終えたのであった。 表情を変えずにマウンドからベンチに戻っていく降谷。 そんな降谷を御幸は不敵な笑みを浮かべながら視線を投げ、ベンチでは沢村が大きな拍手を送り、観客席のクリス達も何処か誇らしそうな笑みを浮かべながらマウンドを見つめていた。 青道高校の最終兵器・由井 8回裏、青道高校の攻撃では柳楽が1アウトから四球を出した所で小泉監督がエースである柳楽をセンターに置き、2番手投手・所が柳楽の代わりにマウンドに立つ。 そんな中、これを好機とした青道高校の 片岡監督は1年・由井を代打として起用し、打席に立たせる。 片岡監督に代打としと起用された由井がバットを持ちながら強い闘志を宿した眼差しで打席に視線を送る中、そんな由井を頼もしそうな笑みを浮かべながら沢村は見つめていた。 1アウトランナー一塁という場面で打席に立った由井は柳楽の代わりにマウンドに立った創聖投手・所の投球を初球から見事に捉え、打球は右中間を破る長打となる。 それにより、一塁走者・東条がホームベースに還り、再び追加点を得る青道高校。 青道高校と創聖高校の点差は6点差まで広がるのであった。 ベンチでは由井の活躍に対して、同じ1年生である奥村達がライバル心を燃やす中、沢村は由井は「かわいい顔して打球も身体もごつい」として由井ヘラクレスと名付けていた。 見事に代打としての責任を果たし、出塁した由井は自信に満ち溢れた笑みを浮かべながら「先輩である沢村に青道高校の秘密兵器と思われていたことが何より嬉しい」と心の中で呟いていたのであった。 青道高校の守護神・川上 そして、青道高校が6点リードする中で迎えた9回。 3年・川上をマウンドに送り、レフトには守備固めに3年・麻生が置き、盤石の体制で創聖高校を追い詰める青道高校。 川上は創聖打線をツーアウトまで追い込む。 最後の打席に向かう創聖打者に向けて創聖高校ベンチでは小泉監督を始め、柳楽達が声援を送る中、対する青道高校ベンチでもマウンドに立つ川上に対して声援の声が飛び交っていた。 マウンドで安定した投球を繰り出す川上の姿を見ていた奥村は、例え出番が9回でも試合に出ればベストを求められる程の川上の様な投手が後ろに控えてくれてることが先発投手である沢村や降谷にはどれだけ心強いかと改めて川上に偉大さを実感していた。 そんな中、青道高校の守護神としてマウンドに立った川上は最後の創聖打者を見事に打ち取るのであった。 それにより、西東京大会準々決勝は青道高校の勝利で幕を閉じる……。 U-NEXTを使えば週刊少年マガジン2020年29号も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。 また最後に1年生である奥村が、例え出番が9回でもベストを求められる守護神・川上に対して改めて偉大さを感じ、尊敬の眼差しを送る姿はとても感慨深かったです。 試合後、創聖高校が負けるのが当然と思っていた観客達に心境の変化が起こって欲しいですね…。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の