みらい メディカル。 株式会社みらいメディカル

長崎みなとメディカルセンター|長崎市のがん診療・地域医療専門病院です。

みらい メディカル

特徴 東京メトロ丸ノ内線・茗荷谷駅から徒歩1分。 「みらいメディカルクリニック茗荷谷」は、「松本医院」として地域の人に親しまれてきた診療所の後を引き継ぐかたちで、2011年にリニューアルオープン。 2015年に現在の名前に改称した。 院内は木調とグリーンを基調にした温かみのあるインテリアで、くつろげる雰囲気だ。 診療ではそれぞれ専門の異なる複数の医師が、一般内科・小児科を中心に幅広くカバー。 浜口玲央(れお)先生は一般内科のほかに、がんの外来を担当し、月に1度、浜口先生の恩師である京都大学名誉教授の和田洋巳先生の診療も行われている。 このほか、高血圧、脂質異常症、検診で異常を指摘された人が対象となる検診二次、腎臓病、糖尿病などが専門の松本昌和先生、ペインクリニックが専門の小林玲音(れおん)先生が在籍。 また、週に1度自身も子育て中の女性医師による小児科診療も行っている。 生活習慣病に対する総合的な治療や、睡眠時無呼吸症候群、女性の更年期障害、企業検診、区民検診、予防接種にも対応している同院。 なんでも話せる町のクリニックとして、地域に根差した診療をめざしている。 女性医師在籍• クレジットカード対応• エレベーターあり• 日本内科学会総合内科専門医• 日本小児科学会小児科専門医• 日・祝診療可• 日本呼吸器学会呼吸器専門医• バリアフリー対応• 駅徒歩5分圏内• 予約可 ドクターズファイル トピックス• 対応できる検査内容• CPAP療法• アレルギー検査• ウイルス検査• ツベルクリン反応検査• ニコチン依存症スクリーニングテスト(TDS)• ホルター心電図検査• 眼底検査• 血清学的検査• 呼吸機能検査(スパイロメトリー)• 骨密度検査• 細菌検査• 心電図検査• 超音波検査• 尿検査• 病原体検査(感染症検査)• 東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅• 施設情報 施設名 みらいメディカルクリニック茗荷谷 診療科目• アレルギー科• 小児科• 呼吸器内科• 消化器内科• 循環器内科•

次の

横浜の医学部受験予備校エースメディカルみなとみらい

みらい メディカル

東京大学病院第3内科にて主に消化器疾患の研鑽を積み、今や当たり前となっている消化管内視鏡の研究開発の時代から消化器疾患を中心に診療を行ってきました。 その傍らで、地域医療の必要性を感じ、約40年前に「松本医院」を開業。 茗荷谷駅周辺では1、2を争う歴史ある開業医です。 往診のために地域を自転車で疾走する姿は、今現在も昔からの患者さんの目に焼き付いているようで、ユーモアとともに語られています。 歯に衣着せぬ言い回しで毒づくことも多かった、典型的な昭和の町医者ですが、裏返せば頼りがいのある優しさの塊でもありました。 盆・正月休みもろくにとらず、土日曜診療も急な往診も昔はひとりで行ってきた原動力は、ひとえに医師という職業魂と責任とプライドからくるものでした。 生涯 現役を貫き、 新患は診ませんが、現在も総監督としてクリニックを守っています。 金沢大学医学部医学科卒業 日本内科学会認定内科医 呼吸器専門医 がん治療認定医 株式会社ジーンサイエンス 指導監督医 東京大学大学院医学系研究科社会人大学院生 内科疾患全般全般の診療を行う傍ら、京大名誉教授、和田洋巳教授に師事。 がん診療のなかでも、主に食事・栄養の改善、免疫力の向上を目指し、がんの炎症、代謝を考慮したがん診療を行っています。 がん診療に携わっていると、ときに驚くような改善例に出会ったり、病気を持ちながらも、ほとんど進行せず、上手に生活している方に出会うことがあります。 こういった方々は、多くの場合、治療のために色々なことを行っていますが、共通していることがあります。 それは、『食事をかえること』です。 食事を見直し、自身の栄養状態に目を向け、がんになりにくいからだ、がんに負けないからだづくりを指導しています。 近年の分子生物学の発展により、がんがどのように代謝し、どのような環境を好むかがわかってきました。 これは、がんの『微小環境』と呼ばれますが、これに影響を与えるのが食事、栄養です。 自分の栄養状態を知り、それを改善していくことは、がん予防やがん治療の助けとなります。 現在がん治療中の方のセカンドオピニオンも承ります。 東海大学医学部医学科卒業 順天堂大学大学院医学研究科腎臓内科学講座卒業 順天堂大学医学部 腎臓内科学講座 非常勤助教 医学博士 みらいメディカルクリニック茗荷谷 副院長 みらいメディカルグループ 代表 「内科らしい内科」を目指し、順天堂大学付属順天堂医院にて研修後、同院の腎・高血圧内科に入局、腎疾患と透析医療にあたりました。 大学院では主に、今や透析導入の一番の原因となる糖尿病合併症、糖尿病性腎症の研究を行いました。 大学院を卒業後、出向した御殿場の中核病院「有隣厚生会 富士病院」にて腎臓疾患、透析医療のみならず、総合内科医として経験を積みました。 その後8年にわたる透析専門クリニック「御徒町腎クリニック」の院長を経て、現在は「みらいメディカルグループ」の代表として関連の3クリニックにて外来診療・運営全般に関与しており、茗荷谷院においては木曜の午後と金曜の終日、内科診療を行なっています。 患者さんと向き合い、家族背景や個々の状況に応じたテイラーメード的な診療計画をたてることを心がけています。 順天堂大学付属順天堂医院の腎臓内科非常勤助教として勤務していた経験を活かし、大病院・町医者それぞれの立場・役割を担うことを重んじ、常に患者さんの側にたって、待ち時間や負担が少なく、かつ高い治療効果が得られるような診療を心がけています。 やっと時代が追い付いてきた、と感じざるをえないホルモン補充療法ですが、この元気ホルモンの概念の提唱者でもある熊本医師は、「日本男性医学の父」の異名をもち、今年で90歳で現役です。 そんな熊本医師と、いきいき楽しく人生を送るためのホルモン補充療法を学び、治療していきましょう! 女性の多くがお悩みの 「骨盤底筋群の筋力低下」「尿もれ」の治療としてのホルモン補充療法も注目されています。 また、内科的にいえば、 糖尿病の患者さん、透析療法を受けている患者さんにおいても、テストステロンの低下と病態の悪化は関連があることが明らかとなっており、テストステロン補充療法をおこなうことで、長年改善が見られなかったデータに改善がみられることもあります。 お気軽にご相談ください。

次の

横浜の医学部受験予備校エースメディカルみなとみらい

みらい メディカル

東京大学病院第3内科にて主に消化器疾患の研鑽を積み、今や当たり前となっている消化管内視鏡の研究開発の時代から消化器疾患を中心に診療を行ってきました。 その傍らで、地域医療の必要性を感じ、約40年前に「松本医院」を開業。 茗荷谷駅周辺では1、2を争う歴史ある開業医です。 往診のために地域を自転車で疾走する姿は、今現在も昔からの患者さんの目に焼き付いているようで、ユーモアとともに語られています。 歯に衣着せぬ言い回しで毒づくことも多かった、典型的な昭和の町医者ですが、裏返せば頼りがいのある優しさの塊でもありました。 盆・正月休みもろくにとらず、土日曜診療も急な往診も昔はひとりで行ってきた原動力は、ひとえに医師という職業魂と責任とプライドからくるものでした。 生涯 現役を貫き、 新患は診ませんが、現在も総監督としてクリニックを守っています。 金沢大学医学部医学科卒業 日本内科学会認定内科医 呼吸器専門医 がん治療認定医 株式会社ジーンサイエンス 指導監督医 東京大学大学院医学系研究科社会人大学院生 内科疾患全般全般の診療を行う傍ら、京大名誉教授、和田洋巳教授に師事。 がん診療のなかでも、主に食事・栄養の改善、免疫力の向上を目指し、がんの炎症、代謝を考慮したがん診療を行っています。 がん診療に携わっていると、ときに驚くような改善例に出会ったり、病気を持ちながらも、ほとんど進行せず、上手に生活している方に出会うことがあります。 こういった方々は、多くの場合、治療のために色々なことを行っていますが、共通していることがあります。 それは、『食事をかえること』です。 食事を見直し、自身の栄養状態に目を向け、がんになりにくいからだ、がんに負けないからだづくりを指導しています。 近年の分子生物学の発展により、がんがどのように代謝し、どのような環境を好むかがわかってきました。 これは、がんの『微小環境』と呼ばれますが、これに影響を与えるのが食事、栄養です。 自分の栄養状態を知り、それを改善していくことは、がん予防やがん治療の助けとなります。 現在がん治療中の方のセカンドオピニオンも承ります。 東海大学医学部医学科卒業 順天堂大学大学院医学研究科腎臓内科学講座卒業 順天堂大学医学部 腎臓内科学講座 非常勤助教 医学博士 みらいメディカルクリニック茗荷谷 副院長 みらいメディカルグループ 代表 「内科らしい内科」を目指し、順天堂大学付属順天堂医院にて研修後、同院の腎・高血圧内科に入局、腎疾患と透析医療にあたりました。 大学院では主に、今や透析導入の一番の原因となる糖尿病合併症、糖尿病性腎症の研究を行いました。 大学院を卒業後、出向した御殿場の中核病院「有隣厚生会 富士病院」にて腎臓疾患、透析医療のみならず、総合内科医として経験を積みました。 その後8年にわたる透析専門クリニック「御徒町腎クリニック」の院長を経て、現在は「みらいメディカルグループ」の代表として関連の3クリニックにて外来診療・運営全般に関与しており、茗荷谷院においては木曜の午後と金曜の終日、内科診療を行なっています。 患者さんと向き合い、家族背景や個々の状況に応じたテイラーメード的な診療計画をたてることを心がけています。 順天堂大学付属順天堂医院の腎臓内科非常勤助教として勤務していた経験を活かし、大病院・町医者それぞれの立場・役割を担うことを重んじ、常に患者さんの側にたって、待ち時間や負担が少なく、かつ高い治療効果が得られるような診療を心がけています。 やっと時代が追い付いてきた、と感じざるをえないホルモン補充療法ですが、この元気ホルモンの概念の提唱者でもある熊本医師は、「日本男性医学の父」の異名をもち、今年で90歳で現役です。 そんな熊本医師と、いきいき楽しく人生を送るためのホルモン補充療法を学び、治療していきましょう! 女性の多くがお悩みの 「骨盤底筋群の筋力低下」「尿もれ」の治療としてのホルモン補充療法も注目されています。 また、内科的にいえば、 糖尿病の患者さん、透析療法を受けている患者さんにおいても、テストステロンの低下と病態の悪化は関連があることが明らかとなっており、テストステロン補充療法をおこなうことで、長年改善が見られなかったデータに改善がみられることもあります。 お気軽にご相談ください。

次の