横浜 ポケモン マンホール。 ポケモンのマンホール「ポケふた」が全国に! 8.5からは横浜にピカチュウ柄設置 / 2019年8月6日

横浜|ポケふたピカチュウのポケモンマンホール5個の設置場所まとめ

横浜 ポケモン マンホール

今回設置されるピカチュウマンホール(ポケふた)は全部で5箇所! まず1箇所は桜木町駅前!ピカチュウ2匹が向き合った可愛いデザインですがこちらは長期に渡り設置されるそうです!つまり期間限定ではないのでずっと設置されたままになります。 広場は広く、目の前はバスターミナルになっていますよ。 右側がドックヤードガーデン、左奥に見えているのが日本丸メモリアルパークです。 この道の向こうが桜木町駅になります。 場所は大桟橋付近の大きな交差点の近くになります。 交差点を渡った反対側には開港広場という横浜の歴史遺産の1つがあり、その名も「旧横浜居留地煉瓦造下水道マンホール」という日本で最初の近代下水道があります!実は今回のこのピカチュウマンホール企画は横浜市が「下水道事業のPR」および「横浜の魅力発信と地域の活性化」を目的として行うもの。 なのでここを無くしてマンホールは語れない・・・ということでここに間違いないだろう!と筆者は思っております。 ちょっと場所は遠いですが、大桟橋、象の鼻、山下公園・・・と観光としてステキな場所なのでぜひ行ってみてくださいね。 写真には写っていませんが、左奥が大桟橋になります。 写真には写っていませんが、右奥にはインターコンチネンタルホテルがあります。 ちょうどこの右手がみなとみらいホールです。 なお、公式サイトの地図は上記写真左側の横断歩道を渡った部分だと指しているので、反対側になりますのでご注意ください。 まとめ 「ピカチュウマンホールの場所はどこ?」ポケふたの横浜みなとみらいスポットをご紹介しました! 設置されるのは8月5日から、8月6日〜12日の間に開催される「ピカチュウ大量発生チュウ2019」の期間と重なって大混雑が予想されると思います。

次の

ポケモンのマンホール「ポケふた」が全国に! 8.5からは横浜にピカチュウ柄設置 / 2019年8月6日

横浜 ポケモン マンホール

なぜ「ポケふた」が設置されるの? ポケモンマンホール蓋「ポケふた」が設置される理由として、公式は 各地の来訪客数の増加を目指す ということを挙げているようです。 もともと、ご当地マンホール蓋というのが人気になっており、コレクター向けにカードも販売され好評を博しているので、ポケモン&マンホール蓋の取り合わせは注目されそうですね。 この「ポケふた」は全てオリジナルの特注品で、世の中でたった一枚しかないものなのだとか。 超貴重品ですね。 不埒な輩が持っていってしまったりしないことを祈るばかりです。 もちろん、防犯カメラ等の設備が整った場所に設置するのでしょうけれど。 ポケモンマンホール蓋「ポケふた」の設置場所は? ポケモンマンホール蓋「ポケふた」は2019年8月5日から順次設置されていきます。 設置が完了したかどうかは公式サイト等で確認する必要があります。 設置場所・設置予定場所は次の通りです。 その他4ヶ所に9月1日までの期間限定でシルエットの「ピカチュウ」YO,KO,HA,MAがそれぞれ設置されます。 2月には、駅前のイーブイのみ見たポケモンマンホール。 ポケモンローカルActsも順調 ポケモンと地域の連携活動では、地域それぞれの「推しポケモン」を決めて、各地の魅力を国内外に発信する活動「ポケモンローカルActs」も始まっています。 2019年8月時点では下記の地域がポケモンとのコラボでイベントやグッズの販売に取り組んでいます。 「ポケモンローカルActs」実施地域で販売されているオリジナルグッズはお土産品としてもおすすめです。 ポケモンGOの仲間にあげるリアルギフトとして最適かも。 福島ではラッキーのコラボ商品が続々登場。 これは欲しいかも・・・。 伝統技法との融合です。 旅行先でのポケモンGOの楽しみ方がますます増えそうです。 地域の活性化にもつながり、観光地がよりにぎやかで楽しい場所になるきっかけになるといいですね。 なお、旅行を楽しくするゲーム・アプリについては下の記事にまとめてあります。 ぜひ参考にしてください。

次の

ポケモンマンホール(ポケふた)桜木町ピカチュウ蓋を全部撮ってきた

横浜 ポケモン マンホール

今回設置されるピカチュウマンホール(ポケふた)は全部で5箇所! まず1箇所は桜木町駅前!ピカチュウ2匹が向き合った可愛いデザインですがこちらは長期に渡り設置されるそうです!つまり期間限定ではないのでずっと設置されたままになります。 広場は広く、目の前はバスターミナルになっていますよ。 右側がドックヤードガーデン、左奥に見えているのが日本丸メモリアルパークです。 この道の向こうが桜木町駅になります。 場所は大桟橋付近の大きな交差点の近くになります。 交差点を渡った反対側には開港広場という横浜の歴史遺産の1つがあり、その名も「旧横浜居留地煉瓦造下水道マンホール」という日本で最初の近代下水道があります!実は今回のこのピカチュウマンホール企画は横浜市が「下水道事業のPR」および「横浜の魅力発信と地域の活性化」を目的として行うもの。 なのでここを無くしてマンホールは語れない・・・ということでここに間違いないだろう!と筆者は思っております。 ちょっと場所は遠いですが、大桟橋、象の鼻、山下公園・・・と観光としてステキな場所なのでぜひ行ってみてくださいね。 写真には写っていませんが、左奥が大桟橋になります。 写真には写っていませんが、右奥にはインターコンチネンタルホテルがあります。 ちょうどこの右手がみなとみらいホールです。 なお、公式サイトの地図は上記写真左側の横断歩道を渡った部分だと指しているので、反対側になりますのでご注意ください。 まとめ 「ピカチュウマンホールの場所はどこ?」ポケふたの横浜みなとみらいスポットをご紹介しました! 設置されるのは8月5日から、8月6日〜12日の間に開催される「ピカチュウ大量発生チュウ2019」の期間と重なって大混雑が予想されると思います。

次の