黒死牟 過去。 【鬼滅の刃】こくしぼう(黒死牟)が死亡!最後は誰が倒した?

鬼滅の刃20巻174話ネタバレ考察!十二鬼月 上弦の壱・黒死牟の過去

黒死牟 過去

コミック 2019. 15 2020. 18 mie96259625 gmail. com 黒死牟(こくしぼう)の「月の呼吸」と「始まりの呼吸」の関連性が判明!|無惨や無一郎、炭治郎と黒死牟の関係性を考察 「鬼滅の刃」の165話では、上弦の壱、黒死牟(こくしぼう)の経歴が少しずつ明らかになってきました。 鬼の中でも呼吸法を扱う特異な存在だった黒死牟ですが、なんと、すべての呼吸法のもとである「始まりの呼吸(日の呼吸)」の剣士に関わりがある可能性が出てきました。 そんな黒死牟の 「月の呼吸」「始まりの呼吸」の情報と、鬼殺隊剣士、時透 無一郎と炭治郎との関係についてまとめてみました。 黒死牟の能力「月の呼吸」「始まりの呼吸」とは? 黒死牟が持つ「月の呼吸」と「始まりの呼吸」とはどんな技や特徴があるのでしょうか? 呼吸法から黒死牟の能力を見ていきましょう。 黒死牟が「始まりの呼吸」の使い手であることでパワーアップされ、緩急自在に姿を消すことができる時透無一郎でさえ、即座に腕を切り飛ばされています。 上弦の鬼の中でも別格の強さといえるでしょう! そして、第178話で 「月の呼吸」は「始まりの呼吸(日の呼吸)」から派生した呼吸法であることが判明しました。 その「月の呼吸」を黒死牟から引き出したのは、他ならぬ黒死牟の弟の緑壱でした。 「始まりの呼吸(日の呼吸)」 始まりの呼吸(日の呼吸)は 、後に発生する全集中の呼吸はすべてここから派生したものです。 日の呼吸の特徴的な能力として 「透き通る世界」という物を透視する能力があります。 出典:鬼滅の刃 8巻 日の呼吸に選ばれた者は、黒死牟や炭治郎のように 生まれつき額に赤い痣が発現しています。 また、 炭治郎がつけている日輪が描かれた花札風の耳飾りが「日の呼吸の継承者の証」であることが判明しています。 このことから、黒死牟と炭治郎の祖先は、過去に浅からぬ因縁があったと考えられるでしょう。 2人はどちらも 赤い痣を持つ能力者でした。 しかし、圧倒的な強さを持つ弟の縁壱に、巌勝は激しい嫉妬心を抱いていました。 この弟への嫉妬心が、黒死牟という鬼へと変貌させた要因の一つとなったように思います。 いつの時代も、親族間の争いは、あらゆる問題の引き金となることが多いですよね。 鬼舞辻と知り合った詳しい経緯はまだ分かりませんが、いずれ判明することになるでしょう。 なお、黒死牟は、時透 無一郎に「 お前は私が、継国家に残してきた子供の末裔、つまり私の子孫だ」と伝えています。 この時、無一郎は「 黒死牟は始まりの呼吸の剣士ではないか?」と推測していましたが、12巻の99話で登場した人物が、本来の始まりの呼吸の剣士である 「継国縁壱(つぎくによりいち)」だったのではないかと推察します。 日の呼吸の継承者の証である「 花札風の耳飾り」をつけていますね。 この剣士が「大切なものを何一つ守れなかった」という言葉は、兄・巌勝の鬼化を止められなかったことを指しているのかもしれません。 出典:鬼滅の刃 12巻 出典:鬼滅の刃 12巻 なお、この剣士が話をしている「 炭吉(すみよし)」という炭屋を営んでいる男は、炭治郎の400年前の祖先のように見えます。 他の鬼とは異なり、自分と対等な位置に据えているのだからその実力は計り知れないものがあります。 鬼殺隊すべてを返り討ちにしているせいか、交戦記録が一切残っていないのも不気味です。 黒死牟・時透 無一郎・炭治郎の関係性は? 黒死牟・時透 無一郎・炭治郎の3人には、特別な結びつきがあるということが判明してきました。 この3人の関係性について見ていきましょう。 黒死牟と時透 無一郎の関係 166話において、黒死牟は「 お前は私が、継国家に残してきた子供の末裔、つまり私の子孫だ」と時透 無一郎に伝えています。 無一郎は風の呼吸法「霞」を使う剣士であると同時に日の呼吸の剣士の子孫でもあり、黒死牟と血縁関係があるのは納得できますね。 そもそも、日輪刀を握ってたった2ヶ月で柱となれたのは、日の呼吸の剣士の子孫のため特別な才能があったからとも考えられます。 悲しい予想ですが、無一郎は同系統の力を持つ黒死牟には及ばず、鬼にされてしまう気がしてなりません。 炭治郎と時透 無一郎の関係 無一郎の父親は炭治郎の父親と同じく赤い瞳の持ち主です。 そして、炭治郎の家「竈門家」には、代々伝わる「ヒノカミ神楽」という神事が存在します。 呼吸法は「日の呼吸」に関連しているようですが、詳しくは炭治郎自身も分かっていません。 どちらも赤い瞳の父親を持ち、かつ「日の呼吸」を継承するところから、 2人は遠いところで縁戚関係があるのではないかと推察します。 なお、炭治郎は「ヒノカミ神楽」を、十二鬼月の下弦の伍・累との戦闘時より用いており、全集中の呼吸で剣技に使うと水の呼吸を上回る威力を発揮します。 出典:鬼滅の刃 5巻 しかし、反動が強すぎて肉体が追いつかず、激しく消耗する点が難点です。 逆を言えば、ヒノカミ神楽を使いこなせれば、無一郎と同等の柱の実力を持てるポテンシャルを秘めているのです。 出典:鬼滅の刃 8巻 炭治郎と黒死牟の関係 先ほども述べましたが、 12巻の99話で登場した剣士が黒死牟で、一緒に話をしていた「炭吉」という男が炭治郎の祖先ではないかと推察します。 実際、このシーンは炭治郎が夢の中で回想しており、祖先の遠い記憶が炭治郎の中に残っていたのではないでしょうか。 出典:鬼滅の刃 8巻 始まりの呼吸の剣士と、炭焼きを生業(なりわい)としている炭吉との接点が何なのか明確な説明はありません。 炭吉はこの剣士を「命の恩人」と呼んでいることから、何らかのいきさつがあって、知り合いになったようです。 どういう経緯で「始まりの呼吸=日の呼吸」が炭治郎の祖先に受け継がれていったのか、物語が進むにつれて判明するでしょう。 黒死牟(こくしぼう)が持つ「月の呼吸」「始まりの呼吸」と3人の関係性のまとめ この記事では、「月の呼吸」「始まりの呼吸」の特徴や、黒死牟、時透 無一郎、炭治郎の3人の関係性をご紹介しました。 黒死牟は、無一郎でさえ全く歯が立たないほどの凄まじい能力の持ち主です。 「はじまりの呼吸」の剣士の可能性が高い黒死牟と戦うためには、炭治郎が「ヒノカミ神楽」を完璧に使いこなせることが必須となるでしょう! 黒死牟の「月の呼吸」と炭治郎の「ヒノカミ神楽」、この先、必ず激突することになるでしょう。

次の

鬼滅の刃174ネタバレ!上弦の壱黒死牟の過去で縁壱との勝負で死亡!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

黒死牟 過去

鬼滅の刃177話のネタバレ 縁壱と黒死牟の過去 との過去が描かれる。 黒死牟が生まれた時代は双子は跡目争いの原因となるため不吉とされていた。 双子の弟の縁壱には生まれつき不気味ながあったこともあり、黒死牟の父は「殺す」と言っていた。 しかし、それを止めるために母親が烈火のごとく怒り狂ったため縁壱は殺されることは免れ、十歳になった時に寺へ行かせ出家させる手筈となった。 継国兄弟は部屋も着物も教育も食べるものでさえも大きく差をつけて育てられた。 また、縁壱が母離れができず常に母親の左脇にぴたりとくっついているのを見て、黒死牟は子供ながらに「可哀想だ」と思っていた。 黒死牟は父の目を盗んで縁壱の部屋に行き笛を作って渡したが、縁壱はにこりとも笑うことはなかった。 それは赤子の頃からで、七つになるまで喋ることがなかったので耳が聞こえない子だと思われていた。 縁壱の才能 しかし、黒死牟が庭で素振りをしていると縁壱は「兄上の夢はこの国で一番強い侍になることですか?」と声を発する。 縁壱はそれ以後黒死牟の稽古中に「剣を教えてほしい」と頼むようになったため、黒死牟に剣の指南をしていた父親の輩下が竹刀を渡し、持ち方と構えを軽く教えた。 すると、縁壱は黒死牟の指南役を圧倒する剣捌きを見せる。 黒死牟がどれ程打ち込んでも一本も取れなかった父親の輩下は瞬きをする間に縁壱に四発打ち込まれて失神してしまった。 縁壱は人を打ちつける感触が耐え難く不快だったため、その後「侍になりたい」と言うことはなかった。 その強さをどうしても知りたかった黒死牟が縁壱に問い詰めると、縁壱には生き物の体が透けて見えていることが明らかになる。 生まれつきの痣に加え、生まれつきの特別な視覚も持っており、それに即応できる身体能力も持っている。 今まで哀れんでいた縁壱は、自分よりもはるかに優れた才能を有していた。 縁壱の才能を知り黒死牟は「立場が逆転した」「家を継ぐのは縁壱だ」と考えていた。 そんな時に縁壱から「母親が死んでしまった」という報告が入る。 そして、縁壱は黒死牟に別れの挨拶をして「今すぐに寺に発つ」と言う。 「いただいたこの笛を兄上だと思いどれだけ離れていても挫けず日々精進します」と。 縁壱は外れた音しか鳴らないがらくたの笛を宝物のように懐にしまったが、黒死牟はなぜそんな嬉しそうなのかわからず縁壱を気味悪がっていた。 そして、縁壱は家を去っていった。 母親の日記によると、縁壱は後継に据えられていることに気づき早々に家を出ることにしたことがわかった。 母親の病にも縁壱は気づいており、母親は何年も前から左半身が不自由になり苦しんでいたのであった。 「左半身」という字を見て、黒死牟は縁壱が母親にしがみついていたのではなく、本当は病で弱った母親を支えていたことに気づく。 そして、縁壱という天才を心の底から憎み嫉妬するようになってしまった。 鬼滅の刃177話の感想 黒死牟と縁壱の過去が明らかになりましたね。 黒死牟が縁壱に嫉妬する理由も明かされました。 縁壱の才能はちょっと別格すぎましたねww確かに、こんな双子の弟がいたら兄としてはきついかも。 黒死牟のような嫉妬心を持ってしまうのも納得です。

次の

黒死牟【こくしぼう】の能力や強さまとめ!上弦最強の鬼を調査!

黒死牟 過去

長かった。 勝敗を決めたのは玄弥が打った銃弾でしたね。 玄弥は強い鬼を食べると一時的にパワーアップする能力を持っています。 彼はその能力を使い、黒死牟の髪の毛と折れた刀を先を食べることで銃弾に植物のような性能を持たせて強化させました。 それにより黒死牟は動けなくなり、鬼殺隊の隊士によって狩られる寸前の状態に追い込まれてしまいました。 死を悟った黒死牟が見たのは、過去の記憶。 400年前の弟との思い出でした。 これまで他のキャラと比べても圧倒的な実力を持っていた黒死牟ですが、今回の描写により実は誰よりも深い嫉妬心を持つ「人間らしい」キャラクターであることが判明します。 本作での鬼は人間の弱さから生まれる生き物。 その弱さというのは戦闘力であったり、心の弱さだったり、人によりますが、人間は己が弱いと自覚するからこそその弱さを埋めるために鬼になります。 今回黒死牟が鬼になった理由、つまりは人間としての弱さが発覚したことにより、最強の鬼の人間らしい一面が垣間見れてました。 黒死牟も人間らしい心を持っていたことがわかり、なんだか彼のことがほっとけない人間だなと思えるようになりますね。 明かされる黒死牟の過去• 黒死牟には縁壱という自分より実力のある弟がいた• 彼は弟に嫉妬しており、それゆえに鬼になったと思われる• その弟と再会する• 60年ぶりに合わせ負けそうになるものの、弟が戦闘中に寿命が尽きて死んでしまう 黒死牟の過去についてまとめるとこんな感じですね。 ざっくり言うと自分よりも優れた能力を持つ弟がいて、彼の才能に嫉妬していたと言う感じでしょう。 その気持ち、すごく分かります。 スポーツでも勉強でもなんでも自分よりも優れた能力を持っていた人がいるのであれば誰でもその人のことを妬ましいと思ってしまうはずです。 逆に他の人に対して嫉妬とか殺意とか、ネガティブな感情を抱いたことのない人間は、何かに対して真剣に取り組んだことのないのでしょう。 こんな風に書くと「俺だって頑張ってるわ!」とか思われてしまいそうですが、おそらくそういう人って努力が足りていないのかなと思います。 こんな私の人生論は置いておいて、話題を黒死牟の過去や人物像に戻していこうと思います。 個人的には人間が鬼になるということは悪いことではないと考えております。 もちろん本作の読者の中には風柱のように「鬼は全て悪者!悪鬼殲滅!」という意見を持っている方もいるはずです。 よく考えてみてください。 ) 自分では到底叶えられないような願いを叶えるためにあらゆる手段を尽くすのは決して悪いことではありません。 むしろ自分のできる事をやらないで後悔する方が悲惨です。 そういう意味では、魂を売る代わりに力をくれる鬼舞辻無惨を頼るのは悪いことではありません。 では本作では誰がいちばんの悪者なのか。 それは鬼舞辻無惨でしょう。 彼は非力な人間では叶えられないような願いを叶えると装い、人間を鬼にして力を与えたものの、鬼にした人間を捨て駒のように扱います。 中には大切な人と一緒にいたいと願い鬼になったのに、その大切な人を殺してしまったということになった人間も存在しています。 鬼舞辻無惨は人間のちょっとした幸せを叶えると装い、尊厳や自由、自分の命よりも大切な人など、人間が人間らしく生きるのに必要なものを全て奪ってしまいます。 鬼になった人間は悪くありません。 一番の悪党は鬼を生み出す鬼舞辻無惨なのです。 黒死牟は「弟よりも劣っている兄」というレッテルを剥がすべく鬼になりました。 自分の目的のためならなんだってする精神は悪いものではなく、誇らしいものです。 黒死牟ただ己の命を預ける相手が悪かったのだと考えした。 炭治郎の夢の中に時折登場する人物。 上弦の陸の堕姫・妓夫太郎と戦った遊郭編終了後など、炭治郎が戦闘後にぶっ倒れた時に夢の中にたびたび登場しました。 出番があまりないので、その正体はあまり明かされておらず多くの謎が存在しています。 痣を持っているのに60年以上生きている 過去に黒死牟は痣を発現させた岩柱・悲鳴さんに対して痣を発現させた剣士は25歳までに死ぬと発言していました。 しかし縁壱は悲鳴さんと同様に痣を発現させたのにも関わらず、80年以上生きています。 老人となった縁壱を見た黒死牟はとても驚いていたことから、縁壱だけが特別に生き延びたと推測できますね。 ということは実力のある人間は例外に、痣を発現させても25歳を超えて生存できるということでしょうか? 個人的に気になるのは、縁壱や悲鳴さんのような痣持ちかつ25歳以上の人間が鬼になった場合どうなるのかです。 鬼舞辻無惨の目的は日光を浴びても生存できるようになること そのために「青い彼岸花」というものを探すか、陽の光を浴びても死なない鬼を生み出すことを目的としています。 そのため鬼舞辻無惨は陽の光を浴びても死なない鬼を生み出すために、特異体質の人間を優先的に鬼にしていました。 おそらく禰豆子を鬼にするためにわざわざ竈門家にやって来たのも、竈門家の人間が縁壱の関係者であることを知っていたからだと思います。 痣を出しても長い間生き延びた縁壱は、鬼舞辻無惨が狙っていた特異体質の人間だといっても過言ではありません。 そんな縁壱や悲鳴さんのような、25を超えて痣を出した人間が鬼になったらどうなるのでしょうか? 個人的に気になる点であります。 縁壱の持っていた刀こそが炭治郎の持つ『鬼滅の刃』なのでは? 縁壱が今回所持していた日輪刀。 その刀身は黒に染まっていた上に、「滅」の文字も刻まれていました。 これは刀鍛冶の里編にて炭治郎が入手した日輪刀と一致しております。 なぜ縁壱零式の中に縁壱の日輪刀が入っていたのか? 刀鍛冶の里ではとある剣士を題材にした戦闘用訓練用のからくり人形・縁壱零式が登場しました。 その名前からおそらく縁壱零式は、黒死牟の弟である縁壱をモデルにしていると思われます。 ここで疑問。 なぜからくり人形である縁壱零式の中から縁壱の日輪刀が出てくるのでしょうか? 縁壱は黒死牟との戦闘中に寿命を迎えて死んでしまいました。 なので彼が直接からくり人形を作れる人間に刀を預ける機会はなかったはずです。 なぜ炭治郎の持っている耳飾りをしていないのだろう? 炭治郎の持つ耳飾りは彼の家に代々伝わるものであり、それはヒノカミ神楽を使う剣士の証でした それを見た煉獄さんの親父は炭治郎のことを「日の呼吸(=ヒノカミ神楽)」の剣士だと勘違いしていました。 鬼舞辻無惨もその耳飾りを目印にさせて、部下の鬼たちに対して炭治郎を倒すように命令していました。 ここで気になったのは、縁壱が炭治郎と同じ耳飾りをしていなかった点です。 最期に黒死牟の眼の前に現れた時はもちろん、若い頃の姿を映したシーンでも耳飾りをしていませんでした。 縁壱がヒノカミ神楽の剣士の証である耳飾りをしていないのは謎である。 もしかしたら縁壱はヒノカミ神楽の剣士じゃない可能性もあるのでしょうか?• 黒死牟の弟・縁壱は最強クラスの剣士• おそらく炭治郎の夢に出てきたヒノカミ神楽の剣士• 痣を発現したのにも関わらず80年以上生きている• 縁壱零式の中に彼の日輪刀が入っていた理由は不明• なぜ縁壱は耳飾りをしていなかったのだろうか? 黒死牟の過去篇はどのような結末を迎えるのか 黒死牟は本作の中でも特異的なキャラクターであります。 剣士でありながら鬼でもある• 子孫である時透無一郎と同様に双子• ヒノカミ神楽の剣士の関係者 一時期はヒノカミ神楽の剣士だと思われていたので、炭治郎と戦うことになると考えていました。 しかしヒノカミ神楽の剣士は、彼の弟である縁壱である可能性が高いので、黒死牟と炭治郎の関係性は薄く2人は出会うような展開にはならないかと思います。 本作のテーマの一つとして「家族愛」が挙げられます。 炭治郎と禰豆子の関係や、上弦の陸の堕姫・妓夫太郎との戦いなどを通して、家族の愛情というのが深く表現されていました。 そのことを踏まえると、黒死牟の過去篇にも家族愛を思わせるようなシーンが出てくるかと。 弟に嫉妬していた黒死牟に対して、縁壱は兄を大切に思っていたからこそ鬼になった黒死牟を哀れんだように見えます。 うーん。 2人の過去が完全に明かされていない今では、推測でしか関係性を語れないのがもどかしいです。 黒死牟と縁壱の間にはどのような溝があったのか、それは次回明かされるでしょう。 最後に.

次の