でんきタイプ 対策。 【ポケモン鎧の孤島】マリルリの育成論と対策|おすすめ性格【剣盾】|ゲームエイト

【ポケモンGO】ゼクロム対策ポケモン一覧。高火力のドラゴンタイプやじめんタイプがオススメ!

でんきタイプ 対策

2340 ゼクロムがトップ! 攻撃種族値は6月17日から登場する 「 ゼクロム」が 275 でトップ、そのあとに 「ボルトロス けしんフォルム 」「サンダー」「エレキブル」と続きます。 「エレキブル」以降も攻撃種族値が高いポケモンが続きますが、攻撃以外の種族値と最大CPを考慮すると6位までの「ジバコイル」がずば抜けて高く耐久力にも期待できます。 攻撃特化型のポケモンが多い 全体的に見ても第8位までが攻撃種族値 230 以上、10位全てのポケモンが 210 以上と攻撃力の高いポケモンが多いです。 しかし、「サンダース」「レントラー」「ライボルト」のように 防御・HPの種族値が低めなポケモンが多く、最大CPが 2,500 に届かないポケモンもいます。 攻撃種族値だけが突出して高いポケモンが多いですので、 アタッカーとして活躍させるにはしっかりと相手の技を避けたり、タイプの弱点を突かれないようにしたいところです。 優秀わざ構成ランキング 相手に多くのダメージを与えるには、 攻撃種族値だけでなく 覚えるわざも重要です。 ジムバトル/レイドバトルにおける、 攻撃種族値に覚えるわざの性能を加えた トップ10 一覧です。 上位はスペシャルアタックに「ワイルドボルト」を覚えているポケモンが多いです。 「でんきタイプ」のスペシャルアタックでは、この 「ワイルドボルト」の性能が一つ抜け出て優れています。 2ゲージで使い勝手が良く、威力も90かつスピードもそこそこ速めで申し分ない強さです。 攻撃種族値の高い上位6位「ゼクロム/ボルトロス けしん /サンダー/エレキブル/ライコウ/ジバコイル」では、 「ボルトロス」と「サンダー」がこの「ワイルドボルト」を覚えることができず、その分順位が下がっています。 ノーマルアタックはどれも優秀 「でんきタイプ」のノーマルアタック(技1/通常技)は、「でんきショック」「スパーク」「チャージビーム」などいくつかありますが、 どれも技のエネルギー増加効率が高く使い勝手良しです。 特に「でんきショック」と「スパーク」は硬直時間も短く、ジムバトルでは相手のわざを避けながら攻撃することで有利にバトルを進めることができるため、この2つのノーマルアタックを覚えていると戦いやすいです。 そのため、相性の良い2ゲージわざの「ワイルドボルト」と「10まんボルト」と組み合わせて使うことができる 「レントラー」「サンダース」も技構成としては優秀でおすすめです。 391 弱点が少なく汎用ジムバトルアタッカーとしておすすめ 「でんき」単体タイプのポケモンは、弱点となるタイプが「じめん」のみなので、ポケモン全体の中でも弱点が少ない部類です。 そのため、 弱点の少なさと攻撃力の高さを活かして、きちんと強化して ジムバトルの多くのポケモンに対応できるアタッカーとして育成するのがおすすめです。 良くジムに置かれる「ギャラドス」は2重弱点を突けるのでもちろんのこと、「ハピナス/カビゴン」のノーマルタイプポケモンを始め、「メタグロス」や「トゲキッス」にも等倍以上でダメージを与えることができます。 ジムバトルでは、 防御・HPが高く耐久力があるため連戦でき、わざ構成も良くてダメージをガンガン与えることができる「ライコウ」が一番のおすすめです。 ジム・レイドバトルアタッカー総合おすすめランキング 当サイトの独断ですが、 これまでの内容を考慮した 「でんきタイプ」のジムバトル/レイドバトルにおける総合おすすめランキングを発表します! レイドバトルで「でんきタイプだけど全て異なるポケモン」でバトルパーティを作りたい場合の参考として、トップ6 までをご紹介しています。 1位:ゼクロム.

次の

でんきタイプとは (デンキタイプとは) [単語記事]

でんきタイプ 対策

やをしたが持っている。。 のにはあまり多くないため、にのを付与したが多いが機物系のもたまにいる。 系はいが多い。 を通して最も有名と思われる・がこのを持っている。 そのがで役をっているため、では関連の描写がやや多め。 また、後の世代でもの系のが毎回登場している。 全体的には素さと特攻が高く、攻撃とが低め。 防御面もあまり高いものはいない。 素さをに特殊攻撃を仕掛けるのが基本となるがもちろん違った戦法を得意とするも存在する。 でんきタイプ技には相手を「まひ」にするを持つものが多い。 よりでんきタイプ自身は「まひ」にならないと言うが付加され、そのを止めるのが難しくなった。 でんきタイプを含むはまでで種類発見されている。 そのうち最終を終えた・最初からしないは種類。 (の全フォルムをあわせて1種類と数えた場合) タイプの特徴• マヒにならない。 でんきタイプ単体では技が弱点。 弱点が一つしかないのは優秀だがはなほうである上、でんきやはがねの対策としてじめん技を一つ入れるのはもはや定石となっている。 また、軽減も3あり、そのうちひこうとはがねは攻撃としてはあまりではなかったが、六世代ではやス(というか)の登場とはがね弱点のの登場で受けられる機会が非常に多くなった。 速攻のが多い割に、相性は実は防御寄りである。 弱点は地面のみで、弱点1に対し耐性3と相性は優秀だが、肝心のなに対しては等倍であり、電気タイプの防御が低い傾向にあるので総合的な防御は低い。 ただし複合の場合は話は変わり、特に地面を効化するやなどは優秀な「防御」として。 また、が第5世代からフォルェンジでが変わるようになった。 特になのはでんき・のらしい。 もで「」を持っているため、の弱点は実質のみ。 詳しくはの記事を参照。 でんきタイプの弱点であるじめん技を効化し、かつの弱点であるでんき技をしたでんき・はの専売だった。 最近はや(一応も)この複合を持つ。 尚、単でんきタイプに「」がつくと弱点がくなる、最近はなんてのが出てきている。 みず、に強く、、くさ、でんきにいまひとつ。 にはを与えられない。 意外と苦手な相手が多く感じられるが、、とも絶が多く、対戦でもよく見かけるため刺さる相手は多い。 読まれてを出されるのが問題となる。 にはに攻撃される場合が多いため、でんきのアタッは極他のの技も所持しておきたい。 ウェとしてなのはくさまたはだが、どちらもあまり覚えられないためが使用される場合が多い。 尚、はを含めでんき技でマヒしない。 しびれごなやなどは効く。 第5世代になって、「ひらいしん」の効果が変更。 でんき技の攻撃対を全て自分にするのは変わらず、「ひらいしん」を所持しているのに関わらず効化する効果が追加された。 おかげでんき技が通らない相手が増えてしまった…。 相性についていろいろと書いたが、最終的には相性を考えてよりも技の効果を考えてでんき技が採用されるのほうが多い。 たとえば、威の「」は状態で必中になるため「」と組み合わせて使うと強。 じめんを出してもみず技を放てば片づいてしまう。 第3世代まではでんき技はすべて特殊技に設定されていた。 技ごとに・特殊が設定された第4世代以降は、でんき技とでんき特殊技は大体半々くらい存在する。 ただしでんき技はーを除いて威が弱めであったが、第5世代でが追加された。 第1世代より登場し、も現役で使われ続けるでんき技。 命中率と威のが良く、によって覚えさせることも可。 でんき以外でも覚えられるは多く、覚えさせておいて損はない技。 ではの得意技であり、でいきなり「!!」なんてこともしょっちゅうある。 元はのであったが、のでからが自で覚えられるようになった。 は系列も自で覚える。 「そらをとぶ」で空中にいる相手にも当たる。 第1世代より登場し、も現役で使われ続けるでんき技その2。 としても店売りされており入手は容易。 と較すると威との率が高い代わりに命中率がと低く、やなど他のの同威とべても命中しにくい。 その分同威帯ではPが10ある。 重要なのは、「あめがふりつづいている」状態では必中攻撃となること。 威の必中攻撃となっりは 非常に強。 をに戦う場合には是非入れておきたい。 尚、ふくがんを持つが使用すれば命中となり使いやすい。 オーソドックスなでんき技。 と較すると威が低い代わりに相手をまひ状態にするが高い。 威よりも相手の行動を奪いたいときにどうぞ。 なお、この技はのときには相手2体と味方にまとめて当たるためでは注意して使う必要がある。 を使うのも良いが、でんきを持つがいれば効化しつつ加速できる。 交代先のポケモンは、トレーナーが手持ちの中から自由に選ぶことが出来る。 手持ちに戦闘に出ることが出来るポケモンが居ない場合、攻撃はしても交代はしない。 第5世代より登場。 の「がえり」と同様、攻撃後に交代できる。 有利対面で相手が交換してきたときに、を与えながら交換先に有利なに交代できるため、戦で有利になれる。 や「ちくでん」などのに交代されるとこちらが交代ができなくなってしまうのは、効化されることのない「がえり」との大きな違い。 以外にも使い手が多い「がえり」と違い、覚えられるはほとんどがでんきタイプ。 そのぶんは出やすく、有利対面からの一貫性もとりやすい。 特攻の高いやが「」を持って連打するだけででんきタイプへの一貫性を切れないには脅威となる。 攻撃技として見た場合には威も命中率も中途半端。 だが高で自分の特攻が上がる効果がついている。 狙っていくのはちょっと難しいが、うまく使えれば威の上がる強い技になる。 第5世代で登場した新技。 最終系では(と)。 威は低いが相手の素さを下げる効果がある。 使う側はあまり効果を感じないが使われる側からはこの上なくうっとおしい。 以降ので、を持ったを親にすることで、から生まれてくるが習得する。 はッッカァアア!の……ではなく、の『マン』の名。 もの威と引き換えに自分もを受けるでんき版。 覚えさせる手順が少々面倒だが、威が非常に高いため攻撃重視なら絶対に入れておきたい。 「」で初登場した高威技。 気分は。 威上はーを下回るがあちらは系統。 こっちはも存在するため、もっと汎用的なでんきタイプ技ということになる。 ののに出来るだけの威はあるため、技として今後の活躍に期待が持てる。 また、ディやも覚えるので、は警すべき技になりそうである。 非常になでんき技。 「」のころはとだったが「」では化し多くのが覚えられるようになった。 「」以降はから外されたものの「」「」「」でおしえ技化し またしても多くのが覚えるように。 が、「」でまたしてもから外された。 どうも、時期によって覚えさせやすかったりそうでなかったりする技のようである。 の「」では使用可なは多いもののや第4世代経由が必要であり、高威技が登場したため使用者は限られることになった。 威と効果自体は並であり、相性上の弱点をするために覚えさせるのが一般的。 第4世代で登場した、いわゆる三色牙のひとつ。 他の「 こおりの」「 ほのおの」同様、を2種類持ち、どちらかが低で発生する。 (まひとひるみの両方は同時に発生しない) 威はという控えめなものであり、これをに据えるのは少々もの足りない。 と同様、などの4倍弱点をピンで狙うような用法がだろう。 かつてのはこの技が最高威のでんきわざだったことから、低威のこれを使うか特殊でもを使うかという苦渋の二択を強いられた。 命中率低い。 第代から登場した高威。 以上の攻撃と当たると耐性がない限り必ずという強ながあるが、2回に1回しか当たらない。 で登場し、第代限定で7で覚えることもできた。 第4世代で威の引き上げが行われたものの、のばくれつほどの相性のいいがおらず、やはり使用率は依然低い。 のに使えるくらいか…… 同系統の「命中わざ」に同時期に登場したばくれつや、第5世代で登場したれんごくがある。 強な変化技。 まひ状態になった相手は素さが遅くなる上たまに行動できなくなる。 これ一つでアタッはほとんど機しなくなるし、動けない効果はにも痛い。 上級者ならすべし。 その他、効果が永続するための捕獲時になか便利な技となる。 でんきタイプの大半と、の一部や補助寄りのがよく使用するほか、でも覚えるは少なくないため、使われる頻度は意外に高い。 特にや等の鈍足のはこの技を使っても抜けない相手がかなり増えるのでが大きい。 最終進化系 種族値 1 タ イ プ 2 H P 攻 撃 防 御 特 攻 特 防 素 合 計 () でんき - (「」所持) 4 5 でんき - 5 () でんき パー 5 () いわ でんき 5 でんき - 0 でんき - 5 (「はやあし」発動時) 1 2 5 でんき ひこう 0 みず でんき 76 76 4 でんき - (「」発動時) 4 1 569 3 でんき - 0 でんき - 4 (「」発動時) 1 9 3 でんき - 5 (「」発動時) 9 4 でんき - 5 (「」発動時) 4 でんき - (「こんじょう」発動時) 5 8 でんき - 5 でんき はがね 5 でんき - 0 でんき 0 () でんき ほのお 86 0 (ウォッシュ) でんき みず 86 0 (スピン) でんき ひこう 86 0 () でんき くさ 86 0 () でんき こおり 86 0 でんき - 7 でんき ひこう むし でんき 4 でんき - 5 じめん でんき 66 81 99 4 (けしん) でんき ひこう 111 0 (れいじゅう) 0 でんき 1 でんき 81 4 むし でんき 43 (ぱちぱち) でんき ひこう 476 でんき はがね 4 でんき 0 でんき - 0 でんき - 69 1 0 でんき どく 2 (「」「」 発動時) 1 5 5 でんき - 15 4 でんき あく 436 でんき 5 (「はりきり」発動時) 1 9 3 でんき こおり 5 均(禁止級・除く) 76 81 8 でんき 0 でんき - 5 均(禁止級除く・込み) 2 でんき 0 でんき - 0 均(全て含む) 78 8• 各につき、最もの伸びがいいものを 、伸びにくいものを で表示してます• 均値は点以下を• ・によって常時補正の入るは、「振り時~全振り時」で別途記載。 を避けるため、補正の入ったは均値の計算からは除外。 にはフォルェンジした状態のを利用。 で表記してある(このでは)は参考のために書いたものです。 均値計算からは除外してあります。 でんきタイプのは均値で見ると特攻が一番高いが、単体では素さに長けているも多い。 どおり、を取り高い特攻で相手を圧倒するのが得意。 逆に防御とが低い傾向にあるため、には乏しい。 素さは高いので滅多にないが、を取れなかった場合は逆に苦戦を強いられるだろう。 もちろん例外的なも何体かいる。 や(・ウオッシュ)のような逆に向けなのとか。 でんきポケモン全表 図鑑別 No. ~ 0 026 074 0 076 081 0 --- --- No. 1~ 2 9 --- --- --- ~386 --- --- --- --- --- --- --- No. 3~3 5 4 466 4 --- --- --- --- No. 4~9 2 7 5 6 2 3 4 8 2 4 ~1 6 6 2 No. 2~9 7 8 7 7 6 7 ル No. でんきタイプ.

次の

ゼクロム対策のタイプ相性解説と対策ポケモン紹介【ポケモンGO】【伝説レイドゼクロム編】

でんきタイプ 対策

39倍 参照元: タイプ相性の倍率早見表 相性補正 倍率 2つのタイプのどちらにも 「こうかはばつぐんだ」 約2. 56倍 「こうかはばつぐんだ」 約1. 6倍 相性なし 1倍 等倍 「こうかはいまひとつ」 約0. 625倍 2つのタイプのどちらにも 「こうかはいまひとつ」 約0. 39倍 原作での「こうかがないようだ」 約0. 39倍 原作での「こうかがないようだ」 +「こうかはいまひとつ」 約0. ポケモンGOにおいては「こうかなし」の代わりに0. 39倍となる。 2重相性で倍率が激化 2タイプを持つポケモンに対して、両タイプとも「こうかはばつぐん」取れる場合にはダメージが2. 56倍となる。 また、2タイプとも「こうかはいまひとつ」となる場合には、ダメージは0. 39倍まで軽減される。

次の