ラーメン ショップ 金田 亭。 分厚いチャーシューがおいしい!ラーメンショップ金田亭(埼玉県幸手市)

ラーメンショップ金田亭 埼玉の幸手にある美味しいラーメン屋さん

ラーメン ショップ 金田 亭

今年出会った私のイチーメン。 埼玉県より徒歩約15分のところにあります、「 金田亭」 大通りをずーっとまっすぐ進んだ左手にこちら。 「 うまい」の文字がかわいいです。 メニューはこちら。 入り口の自販機で購入。 ネギチャーシューメン 950円 をチョイス。 🔴大きい。 ボリューム満点! 🔴具がどれもクオリティが高く絶品。 とにかく美味しい。 「おいしい」じゃなくて「美味しい」がぴったりの、 ひとつの作品として完成してる感じです。 芸術です。 イマイチポイントがないんです。 強いていうなら 🔵量が多過ぎて苦しい、カロリーが気になる ぐらいでしょうか。 噛まなくてOK!しっかり味が染み込んでいるお肉は、柔らかいながら、油で柔らかいのではなく煮込んで柔らかい感じ。 くどくなくおいしくいただけます。 ネギと同じような形になっています。 よくある、メンマ食べたら冷たくて繊維が残るタイプではありません。 特有のくさみもなく、ここでもこだわりというかお店の愛情を感じます。 スープとよく絡みます。 ちゅるちゅるしてないところが好きです、程よく小麦感があるというか。 海の幸山の幸が織り成すハーモニーをお楽しみください」とのこと。 にんにく好きとしては、例えばとんこつラーメンだと、にんにくを入れることでさらにおいしくなると思っているのですが、 このネギチャーシューメンに限っては、 にんにく入れなくて全然イケる! むしろ、入れたくない。 この完成したハーモニーを崩したくない!と思ってしまいました。 (連休の特権であるにんにくを自ら封じた!) 彼は「特チャーシューメン」1150円をチョイス。 こちらは豚バラ・肩ロースの分厚いチャーシューがポイント。 ただし、絶品ネギはついていないので注意。 あとはお店の昔ながらのノスタルジックな雰囲気が素敵です。 (写真撮ってもいいですかとお伺いしたら大丈夫ですとの事でしたが、ラーメンのことだけかもしれないし、人物に関しては念のためお顔隠した方が良いんでしょうね。 失礼します。 厨房はベテランの方々がこだわりと愛情を持って作ってくださっている感じ。 麺の硬さやスープの濃さの個別オーダーはもちろん、お子様でも食べやすい「ぬるいラーメン」たるものもありました。 きめ細かいサービスですね。 確かに家族連れのお客さんが多かったです。 店内は12名ぐらいで満席になります。 味も雰囲気もすべて含めて応援したいラーメン屋さんです。

次の

うまい ラーメンショップ うまい … 愛すべきラーメンチェーン・ラーショまとめ ※追記あり

ラーメン ショップ 金田 亭

「金田亭」の雰囲気 食券制で、お水は配膳されます。 食券をスタッフさんに渡す時に、 油の量と 麺の固さを指定できます。 私は「油少し多め、麺硬め」でオーダー 店主さんと、助手さんの2人体制で、座席はカウンター8席とテーブル席が2卓。 なので少人数の方が、安心して食事ができそう 卓上には豆板醤やおろしニンニク、ブラックペッパーなどが鎮座。 座席につき10分ほどで運ばれてきました。 「金田亭」のネギミソチャーシューメンです! ライト感あるスープ スープは20種類の材料を使用して作られた、こだわりのもの。 濃厚さはそこまでないですが、旨味もしっかりと感じられ、物足りなさは皆無。 そこに合わせられたミソは白味噌ベースで、ほんのりと甘め。 若干のボソッと感もありますが、このスープにはこの麺が相性の良い感じ。 中細麺で、麺の量は180g弱程とのことですが、結構すんなりと食べきってしまう量 トロトロチャーシュー チャーシューメンというだけあって、なかなかの量のチャーシューが入っています。 塊のようなものと、ロールタイプのものが4〜5枚。 熱でほぐれてしまうほど。 味はちょっと塩っぱめですが、許容範囲内。 ネギは辛味やキツイ匂いも抑えられていますので、シャキッと感を楽しみつつ、良いアクセントとなってナイスなアイテム。 ワカメは何気に合いますね。 味変! やはりラーショならこの味変をやらなくては!ということで、ニンニクと豆板醤を投入。 海苔にニンニクを乗せての麺は、素晴らしくパンチのある味で、ニンニク好きには最高な食べ物が完成。 さらにそこに豆板醤も加え、絡みと独自の酸味が加わって、こちらも美味しいですね。 そんなんで、味変も堪能して美味しく完食! 「ラーメンショップ金田亭」で食べてみて 総評:ラーショ行くならここ! さて今回は初めて「ラーメンショップ幸手 金田亭」さんにお邪魔し、ネギミソチャーシューメンを頂きましたが、その評判通りの美味しさでした。 ただしこの辺は好みになるでしょうが、やはり味噌ラーメンにはラードが欲しいかなと思った次第です。。 それでも、ラーメンショップ中でもかなりの評価店なので、気になる方は是非食べて見てください! ごちそうさまでした!!! 「ラーメンショップ金田亭」の駐車場など 【店名】ラーメンショップ幸手 金田亭 【住所】埼玉県幸手市東2-15-19 【TEL】048-044-1045 【営業時間】8:00〜20:00 【定休日】月曜日、第2、4火曜日 【駐車場】有り 第2駐車場もあり、路地を入って50mほどのところ 【最寄駅】東東武線「幸手駅」(900m 【予算】¥750〜¥1. 150 お店の公式ホームページはです。

次の

うまい ラーメンショップ うまい … 愛すべきラーメンチェーン・ラーショまとめ ※追記あり

ラーメン ショップ 金田 亭

ラー友が「自分のホーム」と胸を張るお店である。 その方は自分と同じアブラーマン(背脂ラーメン大好き)である。 大いに期待する。 天下の国道4号からちょっと入った所にそのお店は佇む。 食券制、最近歳のせいかラーショの甘辛しょっぱくどい味が苦手になった。 ラーメンの食券購入、店員に味薄めと申告する。 しかし歳をとっても「脂多め」は変わらない。 ちょうど昼頃。 店内満員、外待ち4人ほど。 店員は男性二人、女性一人。 いずれも胸に「金田亭」とネームが入る。 屋号の入るラーショは珍しい。 今はラーショだが以前はこの屋号の店を営んでいたのか?と推測してしまう。 カウンターには割り箸とエコ箸がある。 ラーメンにはやはり割り箸が似合うと思うのは自分だけであろうか? 「どうしても安定した味がいいのならラーショやチェーン店へでも行けばいい」とは誰が言った? おそらく業務用スープと貶したいのであろうが・・・ 下手な個人店(ラーショも個人店だが)よりずっと味を吟味している。 加えてこちらの「和風だしラーメン」なるメニューは無化調だと言う。 ラーショで無化調?次回の訪店が楽しみになる。 厨房で念入りに背脂をゴリゴリするのが見える。 自分のラーメンと確信する。 予感は的中、そのラーメンが目の前に置かれる。 ラーメン(味薄め・脂多め) 550円 味薄めのせいか?淡い感じのラーメンの彩り。 ほうれん草のみどりが映える。 貼り紙のとおり、うっすらコラーゲンが膜を張る。 しっかりダシを取っている証であろう。 どろどろ~と流れ込んでくる背脂。 艶かしい食感は官能的である。 臭みはなく質の高さ、処理の丁寧さを十分に感じる。 味薄めにするとダシのよしあしがよくわかる。 うまみいっぱいなスープがカエシにアシストされていっそう豊かな味になる。 下手な店ではコクも旨みもない水っぽい味で化けの皮が剥がれる。 以前はボソっぽい食感だと思っていたが最近は撮影後に食べるせいか? もっちり感を感じるようになったラーショの麺。 脂っぽいスープにまみれて一体感を持つ。 マッチングは絶妙であろう。 大きく厚いチャーシューはバラロールの煮豚で箸で持ち上げようとするとバラバラになってしまいそう・・・あまり味は着いておらずほのかな肉の旨みを楽しめる。 こちらチャーシューも販売しているとの事(100g350円、半分or一本で販売。 一本で2500円位との事)。 買う価値はあると思う。 青みは昆布かほうれん草のラーショ。 ほうれん草は茹でた物で特に味は着いていない。 箸休めにはいいかも? スープに似つかわしいわずかに甘めな味付けのメンマ。 くどすぎない味つけと柔らかな食感。 脂にまみれていっそう味がマイルドに・・・ 冷めるに従いコラーゲンがその姿をあらわにする。 しかし過多でないところがミソである。 多すぎるコラーゲンは味わいを損なうと思う。 味が鈍重でキレがなくなると思う。 しかしよく出来たラーショは「キレ」と「重さ」が見事にバランスされるのだ。 さすがにラー友のホームであった。 最後まで飽きが来ないのはスープの出来が秀逸だからであろう。 完飲であった。 普段食べているラーメンを「味薄め」で頼むと新しい発見があると思う。 一度試してもらいたいと思う。 ラーメンショップ 金田亭 埼玉県幸手市東2-15-19 TEL 0480-44-1045 営業時間 8:00~19:00 定休日 月曜日 第二火曜日(7~9月は第二火曜日営業) 席数 カウンター9席 テーブル2卓 喫煙 不可 駐車場 あり ホームページ 交通アクセス 国道4号を東京、春日部方面より北上。 幸手駅入り口にもなる「東二丁目」信号右折、約300m先左手。

次の